安部 博史

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/07 10:21
 
アバター
研究者氏名
安部 博史
 
アベ ヒロシ
URL
http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~abehiro
所属
北海道医療大学
部署
心理科学部臨床心理学科(多職種連携)
職名
教授
学位
博士(心理学)(筑波大学), 修士(心理学)(筑波大学), 学士(教育学)(東京学芸大学)
その他の所属
全学教育推進センターIR推進センター

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
北海道医療大学 心理科学部・全学教育推進センター・IR推進センター 教授
 
2017年8月
 - 
現在
北海道医療大学 心理科学部・大学教育開発センター 教授
 
2015年4月
 - 
2017年7月
北海道医療大学 心理科学部・大学教育開発センター 准教授
 
2010年4月
 - 
2015年3月
宮崎大学医学部附属病院 講師
 
2012年10月
 - 
2013年9月
モナシュ大学脳研究所 客員研究員
 
2008年4月
 - 
2010年3月
九州ルーテル学院大学 准教授
 
2007年4月
 - 
2008年3月
宮崎大学 医学部医学科臨床神経科学講座精神医学分野宮崎医科大学医学部精神医学講座  助教
 
2003年4月
 - 
2007年3月
宮崎大学 医学部医学科臨床神経科学講座精神医学分野宮崎医科大学医学部精神医学講座 助手
 
2002年6月
 - 
2003年3月
財団法人東京都医学研究機構東京都神経科学総合研究所 認知行動研究部門  客員研究員
 
2002年4月
 - 
2003年3月
筑波大学 心理学系  助手
 
1999年4月
 - 
2002年3月
筑波大学心理学研究科 日本学術振興会特別研究員
 
1999年4月
 - 
2002年3月
日本学術振興会  日本学術振興会特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
2002年
筑波大学 心理学研究科 心理学専攻
 
 
 - 
1997年
東京学芸大学 教育学部 障害児教育教員養成課程養護学校教育専攻
 

受賞

 
2002年8月
上武学術奨励賞
 
2005年5月
日本生理心理学会優秀論文賞
 

論文

 
Keiko Naono-Nagatomo, Hiroshi Abe, Hironori Yada, Kenichi Higashizako, Michihiko Nakano, Ryuichiro Takeda, Yasushi Ishida
Neuropsychopharmacology Reports   39(3) 164-172   2019年6月   [査読有り]
Development of the Undergraduate Version of the Interprofessional Learning Scale (UIPLS)
Abe H.Yada H.Yamamoto T.Sohma H.
Journal of Allied Health   48(1) 3-10   2019年   [査読有り]
A survey of the effects of ramelteon on benzodiazepine-dependence: comparison between a ramelteon add-on group and a continuous benzodiazepine administration group
Naono-Nagatomo K.Abe H.Araki R.Funahashi H.Takeda R.Taniguchi H.Ishida Y..
Asian Journal of Psychiatry   36 20-24   2018年   [査読有り]
医療系総合大学の多職種連携教育が看護学生の多職種連携コンピテンシーに及ぼす影響
川添恵理子,安部博史,三国久美,山田律子,石角鈴華
北海道医療大学看護福祉学部学会誌   14(1) 3-10   2018年   [査読有り]
Job-related Stress in Psychiatric Assistant Nurses
Yada H, Abe H, Omori H, Ishida Y, Katoh T.
Nursing Open   5 15-20   2017年   [査読有り]
Naono-Nagatomo K.Naono H.Abe H.Takeda R.Funahashi H.Uchimura D.Ishida Y..
Asian Journal of Psychiatry   25 36-41   2017年   [査読有り]
Miyoshi R.Matsuo H.Takeda R.Komatsu H.Abe H.Ishida Y.
Asian Journal of Psychiatry   24 5-9   2016年   [査読有り]
Ishida T, Ebihara K, Tabuchi M,Imamura S, Sekiguchi K, Mizoguchi K, Kase Y, Koganemaru G, Abe H, Ikarashi Y.
Biological & Pharmaceutical Bulletin   39(1) 104-113   2016年   [査読有り]
精神保健福祉士の職業性ストレス要因に関する質的分析
矢田 浩紀,安部 博史,大達 亮,岩永 靖,直野慶子, 石田康, 山根 俊恵
産業精神保健   24(4) 381-386   2016年   [査読有り]
矢田 浩紀,安部博史,大達 亮,岩永 靖,山根 俊恵
日本衛生雑誌   71(1) 47-54   2016年   [査読有り]
Yada H, Abe H, Omori H, Ishida Y, Katoh T.
International Journal of Nursing & Clinical Practice   2(145)    2015年   [査読有り]
Yada H, Lu X, Omori H, Abe H, Matsuo H, Ishida Y, Katoh T.
Nursing Research and Practice   805162    2015年   [査読有り]
Yasuda K, Abe H*, Koganemaru G, Ikeda T, Arimori K, Ishida Y.
Pharmacology, Biochemistry and Behavior   113 1-5   2015年   [査読有り]
直野慶子,安部博史,武田龍一郎,岩切久芳,蓮池悟,永田賢治,下田和哉,石田康
精神医学   57(6) 431-441   2015年   [査読有り]
医療系総合大学における多職種連携教育のあり方に関する考察 -北海道医療大学の現状と課題-
安部博史*,矢田 浩紀
北海道医療大学人間基礎科学論集   41 1-21   2015年   [査読有り]
Usher症候群患者の精神病症状にaripiprazoleが奏効した一例
倉増伸二,武田龍一郎,安部博史,大塚和之,石田康
最新精神医学   19(6) 529-534   2014年   [査読有り]
Yada H, Abe H, Lu X, Wakizaki Y, Omori H, Matsuo H, Ishida Y, Katoh T.
Environmental Health and Preventive Medicine   19 436-443   2014年   [査読有り]
Yada H, Abe H, Omori H, Matsuo H, Masaki O, Ishida Y, Katoh T.
International Journal of Mental Health Nursing   23(5) 468-476   2014年   [査読有り]
Takeda R, Ishida Y, Ebihara K, Abe H, Ikeda T, Koganemaru G, Kuramashi A, Funahashi H, Magata Y, Kawai K, Nishimori T.
Neuroscience Letters   573 19-23   2014年   [査読有り]
Koganemaru G, Abe H*, Kuramashi A, Ebihara K, Matsuo H, Funahashi H, Yasuda K, Ikeda T, Nishimori T, Ishida Y.
Pharmacology, Biochemistry and Behavior   126 103-108   2014年   [査読有り]
Blonanserin投与後の統合失調症患者の臨床症状および主観的評価の変化―Blonanserin非投与群を対象とした検討―
直野慶子,直野久雄,安部博史,武田龍一郎,牧田昌平,船橋英樹,松尾寿栄,内村大介,石田康
精神科   24(5) 601-608   2014年   [査読有り]
矢田浩紀,安部博史,加藤貴彦,大森久光,石田康
精神医学   56(9) 787-794   2014年   [査読有り]
赤瀬川豊,武田龍一郎,長友慶子,船橋英樹,蛯原功介,松尾寿栄,安部博史,有森和彦,石田康
精神医学   55(7) 645-651   2013年7月
大規模災害発生時の精神保健医療活動にかかわる情報伝達・共有システムの構築
安部博史,武田龍一郎,松尾寿栄,長友慶子,河野次郎,渡路子,石田康
臨床精神医学   41(9) 1345-1352   2012年9月
東日本大震災に伴う精神疾患の発症・症状憎悪-被災遠隔地における調査-
長友慶子,直野久雄,武田龍一郎,船橋英樹,松尾寿栄,安部博史,牧田昌平,河野次郎,内村大介,倉山茂樹,高宮眞樹,石田康
臨床精神医学   41(9) 1271-1277   2012年9月   [査読有り]
私の論文から Functional differece between rat perirhinal cortex and hippocampus in object and place discrimination tasks.
安部博史,石田康
九州神経精神医学 別冊   58(1) 62-68   2012年4月
統合失調症患者が示したaripiprazole内用液の「のみ心地」に関する検討
長友慶子,松尾寿栄,三好良英,安部博史,船橋英樹,蛯原功介,尾薗和彦,荒木竜二
臨床精神薬理   14 283-288   2011年6月   [査読有り]
Perospironeへの切り替えが統合失調症の精神症状,心理社会的機能,錐体外路症状を改善する.22例の後方視的検討
安部博史,長友慶子,安藤一博,橋口浩志,槇英俊,船橋英樹,武田龍一郎,松尾寿栄,石田康
精神科   18(4) 489-494   2011年4月
自閉症児における音楽活動を介した支援の効果について-自閉症児に対する行動療法的音楽療法の事例を通して-
倉田裕子,安部博史
応用障害心理学研究   10 97-104   2011年4月
うつ病と社交不安障害の併存の実態--宮崎県内の精神科医を対象に行ったアンケート調査
倉増亜紀,長友慶子,安部博史,石田康
精神科   17(6) 653-659   2010年6月
risperidone錠からrisperidone口腔内崩壊錠への切り替え後の患者を対象に行ったアンケート調査
長友慶子,松尾寿栄,石塚雄太,安部博史,石田康
臨床精神薬理   12(12) 2533-2539   2009年4月
矢田 浩紀,安部博史,大森 久光,石田 康,加藤 貴彦
産業医科大学雑誌   31(3) 293-303   2009年4月   [査読有り]
安藤一博,川原岳,船橋英樹,長友慶子,安部博史,木村佳代,石田康
精神医学   50(9) 885-892   2008年4月
執拗な身体的愁訴を伴ったうつ病エピソードにセルトラリンが著効した高齢者の4症例
船橋英樹,武田龍一郎,松尾寿栄,安部博史,尾薗和彦,谷口浩,三山吉夫,石田康
精神科   13(6) 502-512   2008年4月
自尊感情について -自尊感情尺度(SE尺度)および熊大式コンピタンス尺度を用いた検討-
一門惠子,住尾和美,安部博史
VISIO(九州ルーテル学院大学紀要)   37 1-7   2008年4月
松尾寿栄,安部博史,長友慶子,米良誠剛,倉山茂樹,石田康
精神医学   49(11) 1103-1110   2007年11月
執拗な身体的愁訴に対してフルボキサミンが著効した高齢者の4症例.
4) 船橋英樹,武田龍一郎,松尾寿栄,安部博史,尾薗和彦,谷口浩,三山吉夫,石田康
精神科   11(3) 260-266   2007年9月
疼痛治療における抗うつ薬の役割
石田康,武田龍一郎,安部博史,松尾寿栄,池田哲也,西森利數
臨牀と研究   84(2) 99-101   2007年2月
閉鎖性頭部外傷後の高次脳機能障害として認知症症状を呈した一症例
松田裕,石塚雄太,安部博史,長町茂樹,西井龍一,石田康
精神科   9(4) 351-354   2006年10月   [査読有り]
性同一性障害の診断と治療-診断から治療への流れ-
石田 康,安部 博史
宮崎県医師会医学会誌   29(2) 73-79   2005年4月
脳内自己刺激行動実験による脳内強化機構の解析.
石田 康,安部 博史,橋口 浩志,中原 大一郎
九州神経精神医学   51 139-148   2005年3月
Ishida Y, Kawai K, Magata Y, Takeda R,Hashiguchi H, Abe H, Mukai T, Saji H.
1 109-112   2004年   [査読有り]
情動ストレスによるラット視床下部室傍核のFos蛋白発現
8) 橋口浩志,石田康,武田龍一郎,安部博史,石塚雄太,河南洋,西森利數,中原大一郎
脳と精神の医学   14 331-337   2003年4月
脳内自己刺激行動に伴うモノアミン生合成の促進に及ぼす副腎摘除効果
石田康,中村直人,沖隆,安部博史,中原大一郎
脳と精神の医学   14 339-344   2003年4月
NMDA and muscarinic blockade in the perirhinal cortex impairs object discrimination in rats.
Abe H, Iwasaki T.
Neuroreport   12(15) 3375-3379   2001年4月   [査読有り]
嗅周皮質の学習・記憶機能に関する研究の動向
安部博史,岩崎庸男
筑波大学心理学研究   20 1-8   1998年4月

Misc

 
医学的に見る ペットのいる生活とは
安部博史
じゅぴあ   47-47   2012年2月

書籍等出版物

 
勉強をおしえるチカラ.教育心理学をきわめる10のチカラ〔改訂版〕
福村出版   2019年3月   
うつ病薬物治療のエクセレンス
アルタ出版株式会社   2010年12月   ISBN:978-4-901694-42-1
宮崎災害精神医学研究会平成23年度活動報告書
宮崎災害精神医学研究会   2012年3月   
脳からはじめるこころの理解-その時,脳では何が起きているのか.
福村出版   2012年4月   ISBN:4571210396

講演・口頭発表等

 
多職種連携教育科目における自己評価・ピア評価・第三者評価
安部 博史
第12回 日本保健医療福祉連携教育学会学術集会   2019年9月29日   
心理職を目指す学生に対する多職種連携教育と評価法について-多職種連携学習尺度学部生版(UIPLS)の開発-
安部 博史
日本心理臨床学会第38回大会.   2019年6月9日   
心理学部初年次生を対象にした多職種連携教育と事前事後デザインを用いた教育効果の検討
安部博史,矢田浩紀,山本武志,相馬仁
日本心理学会第82回大会   2018年9月25日   
医療関係職種養成施設の専門職連携教育に関する全国調査(第2報:IPE実装の効果と障壁の認識について)
山本武志,松平裕佳,山本道代,安部博史,井出成美,渡辺美保子,池西静江,酒井郁子
第11回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会   2018年8月11日   
初年次生を対象にした多職種連携教育(IPE)と事前事後デザインを用いた教育効果の検討
安部博史,矢田浩紀,山本武志,相馬仁
第10回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会   2017年9月9日   
多職種連携教育(IPE)と初年次における取り組み
安部 博史
第3回北海道医療大学リハビリテーション科学学会学術大会   2017年   
北海道医療大学における初年次生を対象にした多職種連携教育(IPE)と評価尺度作成の試み
安部博史,矢田浩紀,山本武志,相馬仁
第9回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会   2016年8月21日   
Effect of an N-methyl-D-aspartate receptor antagonist in animal models of schizophrenia: An immunohistochemical study in the rat
Matsuo H, Nishimori T, Abe H, Kuramashi A, Koganemaru G, Funahashi H, Ebihara K, Ikeda T, Ishida Y
44th Annual Meeting Society for Neuroscience, Washington D.C.   2014年11月15日   
臨地実習指導者の実習指導に対する役割認識と実践の状況調査 第一報
中村美保子,清水志希子,水永豊子,日髙真美子,安部博史
第45回日本看護学会―看護管理―学術集会   2014年9月25日   
「地方のGID診療の現場から」宮崎大学の場合
GID(性同一性障害)学会大会   2014年   
Effects of dopamine receptor agonist, cabergoline or rotigotine on tremulous jaw movements induced by acetylcholinesterase inhibitor, tacrine.
Koganemaru G, Abe H, Kuramashi A, Ebihara K, Matsuo H, Funahashi H, Yasuda K, Ikeda T, Takeda R, Nishimori T, Ishida Y.
43th Annual Meeting Society for Neuroscience   2013年11月13日   
Temperament and Character Inventory (TCI)を用いたうつ病・慢性疼痛併存患者における ハ?ーソナリティプロフィ-ルの検討
第66回九州精神神経学会   2013年   
Effects of dopamine agonist, cabergoline on the tremulous jaw movements produced by the acetylcholinesterase inhibitor, tacrine, and their related patterns of c-Fos expression in the striatum
11th?World Congress of Biological Psychiatry   2013年   
アセチルコリンエステラーゼ阻害薬が誘発する不随意運動に対するドパミン受容体作動薬の効果
第20回カテコールアミンと神経疾患研究会   2013年   
統合失調症患者の内分泌機能に対するAripiprazoleの影響―Aripiprazole非投与群を対象とした比較調査―
九州精神神経学会   2012年   
宮崎大学附属病院精神科における性同一性障害(GID)の診療報告.
九州精神神経学会   2012年   
Blonanserin投与による統合失調症の臨床症状およびのみ心地・QOLに関する調査―Blonanserin非投与群を対象とした比較調査―
九州精神神経学会   2012年   
谷口病院を初診した認知症症例の5年間の動向.
九州精神神経学会   2012年   
Effect of pretreatment with [Leu11]-hemokinin-1 on scratching induced by histamine or serotonin.
第42回北米神経科学会大会   2012年   
Effect of perospirone on methamphetamine-induced disruption of latent inhibition in rats.
第42回北米神経科学会大会   2012年   
統合失調症患者に対するブロナンセリンの臨床症状の評価と患者の服薬感・QOLに関する調査-ブロナンセリン非投与群を対象とした比較研究-
DSフォーラム2012   2012年   
メタンフェタミン誘発性潜在抑制障害に対するブロナンセリン,ペロスピロン,アリピプラゾールの効果
DSフォーラム2012   2012年   
慢性疼痛モデルラットを用いた抗うつ薬の疼痛緩和作用に関する行動薬理学的研究
第44回精神神経系薬物治療研究報告会   2011年   
パーキンソン病モデルラットのアロディニア様行動に対する神経細胞移植の効果
第8回宮崎ペインカンファレンス   2011年   
3DSRTを用いた精神疾患の治療前後の比較研究
第45回宮崎県核医学研究会   2011年   
Intrastriatal dopaminergic transplants improve allodynia-like withdrawal response to mechanical stimulus in a rat model of Parkinson's disease
41th Annual Meeting Society for Neuroscience   2011年   
東日本大震災に伴う精神疾患の発症・症状増悪?被災遠隔地における実態調査
第19回日本精神科救急学会   2011年   
グラフ化体重日記を用いた統合失調症患者の体重管理
DSフォーラム2011   2011年   
定型抗精神病薬からブロナンセリンへの切り替えにより絵画に影響を認めた1症例
DSフォーラム2011   2011年   
Functional dissociation between the perirhinal cortex and hippocampus for reference memory performance on object and place discrimination tasks in rats.
40th Annual Meeting, Society For Neuroscience   2010年   
Effect of aripiprazole on methamphetamine-induced disruption of latent inhibition in rats.
40th Annual Meeting, Society For Neuroscience   2010年   
診断に苦慮したミュンヒハウゼン症候群と見紛う2症例
第三十回日本精神科診断学会   2010年   
病院放浪をしない虚偽性障害の一例
第三十回日本精神科診断学会   2010年   
精神科における看護者のストレス要因 ―急性期病棟と療養病棟の比較―
日本産業衛生学会九州地方会学会   2010年   
SSRI・SNRIの抗不安作用におけるバゾプレッシンV1b受容体の関与
第14回神経科学領域における分子モニタリングシンポジム   2010年   
PregabalinとAmitriptylineが奏功した線維筋痛症の一例
第4回宮崎ペインカンファランス   2007年   
Analgesic effect of milnacipran is associated with anterior cingulate cortex in the rat
37th Annual Meeting, Society For Neuroscience   2007年   
Alteration of striatal [11C]raclopride and [18F]FDOPA uptake precedes development of methamphetamine-induced rotation in the unilateral 6-hydroxydopamine lesioned rats.
37th Annual Meeting, Society For Neuroscience   2007年   
The number of Fos-positive cells in the perirhinal cortex correlates negatively to the rate of correct responses but not to the number of trials in object discrimination task in rats.
37th Annual Meeting, Society For Neuroscience   2007年   
初診患者の予約の有無による疾病重症度調査
第60回九州精神神経学会   2007年   
セルフモニタリングシステムを用いた統合失調症患者の体重管理と気質・性格特性の関連
第56回宮崎県精神科医会懇話会   2006年   
アルツハイマー型認知症初診患者のMRI所見による予後の比較調査.
第59回九州精神神経学会   2006年   
糖尿病モデルラットの神経因性疼痛に対するSNRI,SSRIの疼痛軽減効果
第28回生物学的精神医学会   2006年   
心理ストレスに曝露された妊娠ラットから出生した仔ラットの認知機能異常とその神経生物学的基盤について
第28回生物学的精神医学会   2006年   
Involvement of vasopressin V1b receptor in the anti-anxiety action of SSRI and SNRI in mice
2006 COE International Symposium on Recent Advance in Biological Active Peptides and Signal Transduction   2006年   
妊娠中の心理ストレスが仔ラットのオープン・フィールド行動,強制水泳課題,脳内Fos蛋白発現,および血漿コルチコステロン量に及ぼす影響
第29回日本神経科学大会   2006年   
性同一性障害の診断と治療
平成18年度宮崎県医師会勤務医部会総会・講演会   2006年   
抗うつ薬ミルナシプランの疼痛軽減作用に関する行動・形態学的研究
第32回日本脳科学会   2006年   
妊娠ラットへのストレスが仔の学習・記憶および情動機能に与える影響
第2回Neuroscience Frontier Research Conference   2005年   
胎生期ストレスが思春期または成体期ラットの行動と視床下部室傍核のストレス誘発性Fos蛋白発現に及ぼす影響
第28回日本神経科学大会   2005年   
バソプレッシンV1b受容体ノックアウトマウスの不安行動に対するSSRI・SNRIの効果
第27回生物学的精神医学会   2005年   
ミルナシプランの疼痛軽減作用に関する行動・形態学的研究
第27回生物学的精神医学会   2005年   
胎生期ストレスが仔ラットの認知機能と視床下部室傍核のストレス惹起性Fos蛋白発現に及ぼす効果
第27回生物学的精神医学会   2005年   
バゾプレッシンV1b受容体ノックアウトマウスの不安行動に対するSSRI・SNRIの効果
第9回日本適応医学会学術集会   2005年   
胎生期ストレスが仔ラットの情動反応性および視床下部室傍核におけるストレス惹起性Fos蛋白発現に及ぼす影響
第9回日本適応医学会学術集会   2005年   
Effects of separate lesions of the hippocampus and the perirhinal cortex on performance in spontaneous recognition task for object and place. 日本生理心理学会2005年度優秀論文賞受賞講演
第23回日本生理心理学会大会   2005年   
胎生期ストレスが仔ラットの情動反応および学習行動に及ぼす影響
第23回日本生理心理学会大会   2005年   
胎生期ストレスが仔ラットの潜在制止および視床下部室傍核におけるストレス惹起性Fos蛋白発現に及ぼす影響
第23回日本生理心理学会大会   2005年   
NMDA and muscarinic blockade in the perirhinal cortex impair object discrimination and recognition in rats.
2004 COE International Symposium on Recent Advance in Biological Active Peptides and Signal Transduction   2004年   
醜形恐怖を呈したTurner症候群患者の一例
第57回九州精神神経学会   2004年   
宮崎大学精神科病棟における身体合併症への対応状況
第57回九州精神神経学会   2004年   
神経因性疼痛モデル動物に対するミルナシプランの疼痛軽減効果
第27回日本神経科学大会   2004年   
神経因性疼痛モデルラットに発現するアロディニアに対する抗うつ薬髄腔内投与の効果
第27回日本神経科学大会   2004年   
ラットの物体弁別および物体再認に及ぼす嗅周皮質内NMDA受容体またはアセチルコリン受容体遮断薬投与の効果
第27回日本神経科学大会   2004年   
Y字型迷路におけるα1b, α1bdアドレナリン受容体欠損マウスの学習・記憶行動
第26回日本生物学的精神医学会   2004年   
慢性疼痛モデル動物に対するミルナシプランの疼痛軽減効果
第26回日本生物学的精神医学会   2004年   
α1b, α1bdアドレナリン受容体欠損マウスの学習・記憶行動
第31回日本脳科学会   2004年   
性同一性障害の自験例
第51回宮崎県精神科医会懇話会   2004年   
ヒトにおける両価手がかり弁別課題遂行中の海馬活動:機能的MRIによる検討
第22回日本生理心理学会大会   2004年   
自発的空間位置再認記憶課題の遂行に及ぼすラット嗅周皮質損傷の効果
第22回日本生理心理学会大会   2004年   
Transverse Patterning Problem 遂行中のヒトにおける機能的MRI
第6回ヒト脳機能マッピング学会大会   2004年   
坐骨神経結紮モデルラットにおける神経因性疼痛行動に対する抗うつ薬,ミルナシプランの効果
第25回日本疼痛学会   2003年   
両価手がかり弁別課題遂行中のヒトにおける機能的MRI
第12回海馬と高次脳機能学会   2003年   
嗅周皮質の記憶機能
第49回宮崎県精神科医会懇話会   2003年   
ラットの物体再認記憶課題の遂行における嗅周皮質NMDA系及びアセチルコリン系の役割
日本生理心理学会第21回大会   2003年   
ラット嗅周皮質内NMDA型グルタミン酸またはムスカリン性アセチルコリンレセプター遮断は物体弁別を障害する.上武学術奨励賞受賞講演
筑波大学心理学系心友会   2002年   
ラットの物体弁別における嗅周皮質NMDA系の役割
日本生理心理学会第20回大会   2002年   
ラットの空間位置および物体弁別学習に及ぼす嗅周皮質又は海馬損傷の効果
日本動物心理学会第61回大会   2001年   
物体弁別課題の遂行に及ぼすラット嗅周皮質およびTE野部分損傷の効果.
日本生理心理学会第19回大会   2001年   
物体弁別課題および空間位置弁別課題の遂行に及ぼすラット嗅周皮質および海馬損傷の効果
日本心理学会第64回大会   2000年   
ラットの物体弁別課題の遂行における嗅周皮質アセチルコリン系の役割
第18回日本生理心理学会学術大会   2000年   
Effects of separate lesions of posterior parahippocampal, perirhinal and entorhinal cortices on delayed matching to position and to color in Japanese monkeys
第26回生理学研究所国際シンポジウム「Neural Mechanisms of Visual Perception and Cognition」   2000年   
Effect of separate lesions of perirhinal and postrhinal cortices on performance in delayed non-matching to sample and Morris water maze tasks in rats.
29th Annual Meeting, Society For Neuroscience   1999年   
ラットの対象再認記憶および空間記憶に及ぼす嗅周皮質・嗅後皮質損傷の効果
日本動物心理学会第59回大会   1999年   
Effect of separate lesions of posterior parahippocampal and perirhinal cortices on delayed matching to position and to color in Japanese monkeys.
28th Annual Meeting, Society For Neuroscience   1998年   
ラットの十字型迷路における物体を手がかりとする遅延非見本合わせ反応の形成
日本動物心理学会第58回大会   1998年   
サル海馬体周囲皮質摘除による場所と色の記憶障害
日本生理学会第75回大会   1998年   
宣言記憶における嗅周皮質の役割
日本神経精神薬理学会第250回抄読会   1997年   
視空間記憶に及ぼすサル嗅皮質摘除の効果
日本生理心理学会第15回大会   1997年   

Works

 
大規模災害発生時の精神保健医療活動にかかわる情報伝達・共有システムの構築
2012年5月 - 現在
物体についての記憶処理における嗅周皮質内シグナル伝達機構の解明
2006年4月 - 2008年3月

競争的資金等の研究課題

 
多施設共同研究による多職種連携教育の推進と縦断的評価
基盤研究(C)
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 山本武志 安部博史(分担者)
学校教員における職業性ストレスの評価と評価票の開発
基盤研究(C)
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 直野慶子 安部博史(分担者)
多職種連携教育における実証的な教育効果測定のための評価尺度作成と導入
平成29年度北海道医療大学教育向上・改善プログラム
研究期間: 2017年 - 2017年    代表者: 安部 博史
新規疼痛抑制ペプチドのラット神経系からの単離精製とそのバイオアッセイ法の確立
基盤研究(C)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 池田哲也 安部博史(分担者)
視覚性記憶に係わる嗅周皮質ニューロン内カルシウムイオン依存性情報伝達経路の役割.視覚性記憶に係わる嗅周皮質ニューロン内カルシウムイオン依存性情報伝達経路の役割
基盤研究(C)
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 安部 博史
生理活性を有するマレーシア産植物を利用した抗うつ薬の創製研究
第41回かなえ医薬振興財団アジア・オセアニア交流研究助成金(公益財団法人 かなえ医薬振興財団)
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 安部 博史
視覚性記憶に係る嗅周皮質ニューロン内カルシウムイオン依存性情報伝達経路の役割
平成24年度戦略重点経費 研究戦略経費 若手研究者の特色ある研究(国立大学法人 宮崎大学)
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 安部 博史
視覚的物体弁別課題遂行中の嗅周皮質ニューロンにおける神経栄養因子3の関与
若手研究(B)
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 安部 博史
視覚的物体弁別課題遂行中の嗅周皮質ニューロンにおける脳由来神経栄養因子の関与
若手研究(B)
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 安部 博史
物体についての記憶処理における嗅周皮質内シグナル伝達機構の解明
若手研究(B)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 安部 博史
視覚的同時的複式弁別課題遂行に関連する嗅周皮質内神経細胞の特徴について
平成17年度佐藤愛子学術奨励金(佐藤愛子学術奨励会)
研究期間: 2005年 - 2005年    代表者: 安部 博史
嗅周皮質の記憶関連ニューロンに関する神経薬理・免疫組織学的研究
若手研究(B)
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 安部 博史
ラット聴覚けいれんに伴う脳内GABA及びグルタミン酸神経系の形態学的変化
基盤研究(C)
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 石田康 安部博史(分担者)
ストレス負荷時の中枢神経系のバゾプレッシン1b・α1アドレナリン受容体の機能解明―ノックアウトマウス・マイクロダイアリシス法・免疫組織化学法による神経薬理・形態学的研究―
基盤研究(C)
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 石塚雄太 安部博史(分担者)
情動ストレスによるラット脳内転写調節因子発現とリン酸化グルタミン酸受容体との関連―新規抗うつ薬とアンチセンス法を用いた形態学的研究―
基盤研究(C)
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 橋口浩志 安部博史(分担者)
脳内神経変性疾患の早期検出を可能にする新規放射性診断薬の開発に関する研究
基盤研究(B)
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 川井恵一 安部博史(研究協力者)
ラット大脳基底核の転写調節因子発現とグルタミン酸受容体リン酸化との関連
基盤研究(C)
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 石田康 安部博史(分担者)
再認記憶における嗅周皮質・嗅後皮質アセチルコリン系の関与
特別研究員奨励費
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 安部 博史