橋本敦

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/16 10:44
 
アバター
研究者氏名
橋本敦
 
ハシモト アツシ
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/30462899.ja.html
所属
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
職名
主任研究員
学位
博士(工学)(名古屋大学)
科研費研究者番号
30462899
ORCID ID
0000-0003-4428-0406

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
 - 
現在
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
 

受賞

 
2018年4月
日本航空宇宙学会学会賞(技術賞、基礎技術部門)
 
2015年4月
平成27年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 開発部門
 
2013年4月
第44期年会講演会 若手優秀講演賞
 
2012年7月
第44回流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム2012 最優秀賞 数値シミュレーション部門
 
2011年12月
第24回数値流体力学シンポジウム 「ベストCFDグラフィックスアワード」第1位
 
2010年7月
第42回流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム2010 最優秀賞 数値シミュレーション部門
 
2008年8月
第50回構造強度に関する講演会 若手奨励賞
 

論文

 
Tsukasa Nagao, Atsushi Hashimoto, Tetsuya Sato
AIAA Aerospace Sciences Meeting, 2018      2018年1月
© 2018, American Institute of Aeronautics and Astronautics Inc, AIAA. All rights reserved. The convergence and accuracy of gradient values on high aspect ratio grids remain problems in CFD. One of the methods solving these problems is to use a hyp...
Yoimi Kojima, Atsushi Hashimoto, Masaharu Kameda
AIAA Aerospace Sciences Meeting, 2018      2018年1月
© 2018, American Institute of Aeronautics and Astronautics Inc, AIAA. All rights reserved. Open cavity in transonic flow is a common flow field in aeronautical engineering. Prediction of flow field over the cavity is still challenging due to its m...
Atsushi Hashimoto, Takashi Ishida, Yuya Ohmichi, Takashi Aoyama, Takashi Yamamoto, Kenji Hayashi
AIAA Aerospace Sciences Meeting, 2018      2018年1月
© 2018, American Institute of Aeronautics and Astronautics Inc, AIAA. All rights reserved. Predicting a transonic buffet over an aircraft is one of the challenging problems for the current CFD community due to the unsteady shock/boundary layer int...
Hidekazu Yoshida, Tsukasa Nagao, Akira Sato, Sho Wakabayashi, Tetsuya Sato, Atsushi Hashimoto, Takashi Aoyama, Takayuki Kojima
53rd AIAA/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference, 2017      2017年1月
This paper presents a numerical analysis on the air intake of HIMICO (High-Mach Integrated Control experiment). Mass capture ratio (MCR) of the intake in the supersonic wind tunnel test is different from that we analytically expected quantitativel...
Ohmichi Y, Ishida T, Hashimoto A.
AIAA SciTech Forum - 55th AIAA Aerospace Sciences Meeting      2017年   [査読有り]
Kitamura K, Hashimoto A.
Journal of Computational Physics   341 313-340   2017年   [査読有り]
Ito Y, Murayama M, Hashimoto A, Ishida T, Yamamoto K, Aoyama T, Tanaka K, Hayashi K, Ueshima K, Nagata T, Ueno Y, Ochi A.
AIAA SciTech Forum - 55th AIAA Aerospace Sciences Meeting      2017年   [査読有り]
Ishida T, Hashimoto A, Ohimichi Y, Aoyama T, Yamamoto T, Takekawa K.
AIAA SciTech Forum - 55th AIAA Aerospace Sciences Meeting      2017年   [査読有り]
Hashimoto A, Murakami K, Aoyama T, Tagai R, Koga S, Nagai S, Hayashi K.
54th AIAA Aerospace Sciences Meeting      2016年   [査読有り]
Kitamura K, Hashimoto A
Computers and Fluids   126 41-57   2016年   [査読有り]

Misc

 
橋本 敦, 石田 崇, 村上 桂一, 青山 剛史, 菱田 学
年会講演会講演集   49    2018年4月
橋本 敦
日本航空宇宙学会誌   66(8) 254-254   2018年
吉本 稔, 石田 崇, 橋本 敦, 青山 剛史
三菱重工技報 = Mitsubishi Juko giho   55(2) 63-67   2018年
小島良実, 小島良実, 橋本敦, 青山剛史, 亀田正治
日本航空宇宙学会論文集   66(1) 39‐45(J‐STAGE)   2018年
上島啓司, 菅原瑛明, 石田崇, 橋本敦, 口石茂, 青山剛史
飛行機シンポジウム講演集(CD-ROM)   55th ROMBUNNO.1D01   2017年
橋本敦, 青山剛史, 上野真, 中北和之, 浜本滋, 澤田恵介, 松島紀佐, 今村太郎, 越智章生, 吉本稔
飛行機シンポジウム講演集(CD-ROM)   55th ROMBUNNO.3A16   2017年
東貴弘, 大道勇哉, 小島良実, 橋本敦, 高橋孝, 稲田喜信
数値流体力学シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   31st ROMBUNNO.A01‐1   2017年
小島良実, 橋本敦, 亀田正治
飛行機シンポジウム講演集(CD-ROM)   55th ROMBUNNO.3D02   2017年
吉田秀和, 長尾志, 佐藤哲也, 牧野好和, 上野篤史, 橋本敦
飛行機シンポジウム講演集(CD-ROM)   55th ROMBUNNO.3A06   2017年
橋本敦, 石田崇, 青山剛史, 山本貴弘, 林謙司, 上島啓司
飛行機シンポジウム講演集(CD-ROM)   55th ROMBUNNO.3A11   2017年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 橋本 敦
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 砂田 茂
小型飛行機は風の影響を受け易く、風擾乱によって安全性を損なう危険性が高い。特に、機速の低い離着陸時に、その危険性が大きい。本研究では、風擾乱に強い翼として(スペース翼改め)スプリット翼を提案し、その性能を確認した。スプリット翼とは、以下の特徴を有する翼である。スパン方向に並んだ複数の低アスペクト比翼からなり、風擾乱が大きい時は低アスペクト比翼間の距離が大きく(コードの20%程度)、翼全体の性能は失速マージンの大きい低アスペクト比翼に近くする。一方、風擾乱が小さい時は低アスペクト比翼間距離を...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 砂田 茂
低レイノルズ数(10の3乗のオーダ)、高マッハ数(翼端で0.5程度)で作動するプロペラ性能を、3つの風洞を用いた実験、数値計算による解析によって調べ、その設計法を検討した。主な得られた知見は以下の通りである。(1)高レイノルズ数で用いられるブレード形状設計方法が、当該レイノルズ数でも有効である。(2)当該レイノルズ数で高い最大揚抗比を持つ翼型を提案した。(3)低レイノルズ数における翼型性能に対するマッハ数の効果は、プラントルグラワート則で評価される効果よりも小さい。(4)低レイノルズ数で高...