饗庭 絵里子

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/05 05:27
 
アバター
研究者氏名
饗庭 絵里子
 
アイバ エリコ
URL
https://sites.google.com/site/aebaeriko/Home
所属
電気通信大学
部署
大学院情報理工学研究科、情報理工学域機械知能システム学専攻、Ⅱ類(融合系)
職名
准教授
学位
博士(音楽学)(京都市立芸術大学)
科研費研究者番号
40569761

研究分野

 
 

経歴

 
2009年4月
 - 
2012年3月
関西学院大学 博士研究員
 
2012年4月
 - 
2013年10月
(独)産業技術総合研究所 日本学術振興会 特別研究員PD
 
2012年11月
 - 
2015年3月
京都工芸繊維大学 伝統みらい教育研究センター 特任准教授
 
2013年11月
   
 
関西学院大学 感性価値創造研究センター 客員研究員
 
2013年11月
   
 
電気通信大学 助教
 

受賞

 
2018年3月
日本音響学会 第5回学会活動貢献賞
 
2014年5月
日本音楽知覚認知学会 論文賞 和音進行による情動の知覚:fMRIおよび印象評価によるアプローチ
受賞者: 饗庭絵里子,田中里弥,藤澤隆史,赤塚諭,下斗米貴之,長田典子
 
2014年1月
電気学会 平成25年電気学会優秀論文発表賞 カーテンアニメーションカタログ作成のための感性指標と織布の物理特性の関係性に関する検討
受賞者: 飛谷謙介, 朴理紗, 石田適志, 梶聡介, 饗庭絵里子, 長田典子
 
2013年12月
日本音響学会 関西支部 奨励賞 和音進行による情動の知覚: MEG計測に向けた行動実験
受賞者: 高瀬雅良, 饗庭絵里子, 片平建史, 白岩史, 中川誠司, 長田典子
 
2013年9月
情報処理学会 FIT奨励賞 モチベーティブ・コミュニケーションモデルにおける動機からのユーザタイプ推定
受賞者: 白岩史,片平建史,饗庭絵里子,飛谷謙介, 長田典子, 藤巻志保,吉田功,小村規夫
 

論文

 
Eriko Aiba, Yutaka Sakaguchi
Frontiers in Psychology   10(3889) 1-14   2018年11月   [査読有り]
聴覚情報処理の概観とピッチ知覚
饗庭 絵里子
情報処理学会研究報告   2018-MUS-119(11) 1-3   2018年6月   [招待有り]
Characteristics of simultaneous tapping by different hands/feet
Yoshiyuki Sato, Kaori Sakai, Eriko Aiba, Yutaka Sakaguchi
Proceedings of the 33rd Annual Meeting of the International Society for Psychophysics   312-317   2017年10月
Practice Process Analysis Using Score Matching Method Based on OBE-DTW and its Effects on Memorizing Musical Score
Toru Nakashika, Eriko Aiba
Proceedings of International Symposium on Performance Science 2017 (ISPS2017)   66-67   2017年9月   [査読有り]
Effects of different violins on muscle activity of right hand during performance
Satoshi Obata, Eriko Aiba, Katuhiro Maki
Proceedings of International Symposium on Performance Science 2017 (ISPS2017)   132-132   2017年9月   [査読有り]

Misc

 
Tamaki Ando, Satoshi Obata, Eriko Aiba
The Journal of Acoustical Society of America   140(4) 3143-3143   2016年11月   [査読有り][依頼有り]
Eriko Aiba
The Journal of Acoustical Society of America   140(4) 3092-3092   2016年11月   [査読有り][依頼有り]
An analysis of breath timing in piano playing
Yutaka Sakaguchi, Eriko Aiba
Abstracts of the International Symposium on Performance Science 2015   115-115   2015年9月   [査読有り]
Behavioral changes in professional pianists during a short period of practice for a new piece
Eriko Aiba, Toshie Matsui
Abstracts of the International Symposium on Performance Science 2015   40-41   2015年9月   [査読有り]
Eriko Aiba, Koyu Numata, Takashi X Fujisawa, Noriko Nagata
Perception   42 191-191   2013年8月   [査読有り]

書籍等出版物

 
生き物と音の事典(仮)
饗庭絵里子 (担当:分担執筆, 範囲:動物の絶対音感(仮))
朝倉書店   2018年   

講演・口頭発表等

 
感性語を用いた感性評価の年代による違い [招待有り]
饗庭絵里子
自動車技術会 第4回音質評価技術部門委員会   2018年11月21日   自動車技術会 音質評価技術部門委員会
箏糸の材質による押し⼿(押絃)にかかる力の違い
安藤珠希,小幡 哲史,饗庭 絵里子
日本音響学会2018年秋季研究発表会講演論文集   2018年9月12日   
統計的学習に基づくピアニストの効率的な読譜
饗庭絵里子,阪口豊
第12回 Motor Control研究会   2018年8月19日   Motor Control研究会
聴覚情報処理の概観とピッチ知覚 [招待有り]
饗庭 絵里子
音学シンポジウム2018   2018年6月17日   情報処理学会 音楽情報科学研究会・音声言語情報処理研究会
ピアノ演奏への認知科学的なアプローチ [招待有り]
饗庭 絵里子
EATEC(電気通信大学企業家懇話会)   2018年4月19日   

担当経験のある科目

 

Works

 
饗庭絵里子, 浅野未麗   芸術活動   2018年11月 - 2018年11月
電気通信大学生活協同組合より、電気通信大学(UEC)基金を通じて、本学創立100周年の記念として、グランドピアノ2台(講堂及びB棟201教室へ設置)をご寄贈いただいた。このことを受けて、寄贈いただいたピアノによるお披露目のコンサートを下記のとおり開催した。
エルンスト・ザイラー先生追悼コンサート
芸術活動   2018年6月 - 2018年6月

競争的資金等の研究課題

 
視覚および聴覚情報の優先性による楽器演奏方略の違いに関する実験検証
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 饗庭 絵里子
視覚および聴覚情報の運動への変換方略メカニズムに基づく演奏教育プログラムの開発
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 饗庭 絵里子
演奏における視覚入力・聴覚入力の優先性 —個人差とその要因の実態調査—
ヤマハ音楽振興会: 研究助成
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 松井淑恵
スキル獲得プロセスにおける愉しみの喚起とその構造に関する研究:ピアノ演奏への応用
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月
蝸牛遅延特性を利用した聴覚末梢系の情報処理および可塑性メカニズムの解明
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 饗庭 絵里子

学歴

 
2000年4月
 - 
2004年3月
京都市立芸術大学 音楽学部 ピアノ専攻
 
2004年4月
 - 
2006年3月
京都市立芸術大学 音楽研究科 
 
2006年4月
 - 
2009年3月
京都市立芸術大学 音楽研究科 
 
 
 - 
2000年3月
同志社高等学校  
 

委員歴

 
2011年6月
 - 
2015年5月
日本音楽知覚認知学会  編集委員会担当幹事
 
2015年5月
 - 
2018年3月
日本音響学会聴覚研究会  幹事
 
2017年6月
   
 
日本音響学会 研究発表会準備委員会  幹事
 
2018年9月
   
 
日本音響学会音楽音響研究会  運営委員