相内 大吾

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/25 21:42
 
アバター
研究者氏名
相内 大吾
eメール
aigoobihiro.ac.jp
所属
国立大学法人帯広畜産大学
部署
グローバルアグロメディシン研究センター

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
帯広畜産大学 環境農学研究部門 助教
 
2015年4月
 - 
現在
帯広畜産大学 グローバルアグロメディシン研究センター 助教
 
2013年4月
 - 
2017年3月
帯広畜産大学 地域環境学研究部門 助教
 
2009年4月
 - 
2013年3月
帯広畜産大学 グローバルCOEプログラム 特任助教
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年3月
岩手大学大学院 連合農学研究科 生物生産科学専攻
 
2004年4月
 - 
2006年3月
帯広畜産大学 畜産学研究科 畜産環境科学専攻
 
1999年4月
 - 
2004年3月
帯広畜産大学 畜産学部 畜産環境科学科
 

論文

 
Ishii M, Kanuka H, Badolo A, Sagnon N, Guelbeogo WM, Koike M, Aiuchi D
Scientific reports   7(1) 3476   2017年6月   [査読有り]
Superiority of Malawian orange local maize variety in nutrients, cookability and storability
D. Murayama, T. Yamazawa, C. Munthali, E. N. Bernard, R. L. Gondwe, J. Palta, M. Tani, H. Koaze, and D. Aiuchi
African Journal of Agricultural Research   12(19) 1618-1628   2017年   [査読有り]
Gondwe Rodney Lindizga, Kinoshita Rintaro, Sano Mao, Suminoe Tsutomu, Aiuchi Daigo, Koaze Hiroshi, Palta Jiwan, Tani Masayuki
SOIL SCIENCE AND PLANT NUTRITION   63(2) 171-177   2017年   [査読有り]
小池正徳, 高橋尚樹, 笹原勇太, 斉佳鶴怜, 石井嶺広, 相内大吾, 浅野眞一郎
昆虫と自然   51(13) 39‐41   2016年12月
小池正徳, 斉佳鶴玲, 相内大吾, 石井嶺広, 浅野眞一郎
昆虫と自然   51(7) 45‐48   2016年6月
Potential of entomopathogenic Bacillus thuringiensis as plant growth promoting rhizobacteria and biological control agents for tomato Fusarium wilt
J. Qi, D. Aiuchi, M. Tani, S. Asano, and M. Koike
International Journal of Environmental & Agriculture Research   2(6) 55-63   2016年   [査読有り]
A Potential of biofilm formation by entomopathogenic Bacillus thuringiensis on tomato root surface
J. Qi, N. Takahashi, D. Aiuchi, M. Tani, S. Asano, and M. Koike
International Journal of Tropical Agriculture   34(2) 369-375   2016年   [査読有り]
Ishii Minehiro, Takeshita Junya, Ishiyama Mitsugu, Tani Masayuki, Koike Masanori, Aiuchi Daigo
FUNGAL ECOLOGY   15 39-50   2015年6月   [査読有り]
Y. Hayashi, T. Kozawa, D. Aiuchi, M. Tani and M. Koike
European Journal of Plant Pathology   138 247-256   2014年   [査読有り]
Y. Hayashi, T. Kozawa, D. Aiuchi, M. Koike, S. Akino, and N. Kondo
European Journal of Plant Pathology   140 787-795   2014年   [査読有り]
谷 昌幸, 加藤 拓, 相内 大吾, 宮竹 史仁, 小池 正徳, 徳安 健
農業施設   44(2) 51-58   2013年6月
Isolation and identification of endophytic entomopathogenic fungi from dent corn
D. Aiuchi, T. Takanami, S. Toba, M. Ishii, S. Asano and M. Koike
International Organization for Biological and Integrated Control of Noxious Animals and Plants / West Palaearctic Regional Section Bulletins   90 125-128   2013年   [査読有り]
小池 正徳, 相内 大吾
蚕糸・昆虫バイオテック   82(3) 3_169-3_173   2013年
Aiuchi Daigo, Saito Yuuna, Tone Jyunya, Kanazawa Miki, Tani Masayuki, Koike Masanori
APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY   47(4) 351-357   2012年11月   [査読有り]
風間 諒太, 谷 昌幸, 小池 正徳, 相内 大吾
Entomotech   36 11-14   2012年
This study aims to evaluate the control efficacy of greenhouse whitefly by co-application of entomopathogenic fungus Lecanicillium muscarium hybrid strain 2aF43 and greenhouse whitefly parasitoid Encarsia formosa, and to reveal the interaction bet...
Biological control of greenhouse whitefly, Trialeurodes vaporariorum by entomopathogenic fungus Lecanicillium spp. hybrid strain in greenhouse
International Organization for Biological and Integrated Control of Noxious Animals and Plants / West Palaearctic Regional Section Bulletins   66 255-258   2011年   [査読有り]
Potential of Aphidius colemani as a vector of entomopathogenic fungi Lecanicillium spp.
D. Aiuchi, Y. Saitou, J. Tone and M. Koike
International Organization for Biological and Integrated Control of Noxious Animals and Plants / West Palaearctic Regional Section Bulletins   66 191-194   2011年   [査読有り]
Biological control of greenhouse whitefly, Trialeurodes vaporariorum by entomopathogenic fungus Lecanicillium muscarium hybrid strain 2aF43 in greenhouse
International Organization for Biological and Integrated Control of Noxious Animals and Plants / West Palaearctic Regional Section Bulletins   66 195-198   2011年   [査読有り]
小池 正徳, 相内 大吾
バイオインダストリー   27(9) 34-41   2010年9月
ワタアブラムシAphis gossypii死体上におけるLecanicillium spp.の生育に及ぼす湿度の影響
渡邊 敏弘,相内 大吾,加藤 拓,谷 昌幸,小池 正徳
Entomotech   34 29-32   2010年   [査読有り]
Possibility of microbial control using entomopathogenic fungi Lecanicillium spp. hybrid strains and Beauveria bassiana against the diamondback moth
K. Yamada, D. Aiuchi, M. Koike and T. Masuda
International Organization for Biological and Integrated Control of Noxious Animals and Plants / West Palaearctic Regional Section Bulletins   45 331-334   2009年   [査読有り]
DNA polymorphisms in hybrid strains of entomopathogenic fungi Lecanicillium spp.
F. Kaibara, M. Koike, D. Aiuchi, H. Oda, Y. Hatakeyama and H. Iwano
International Organization for Biological and Integrated Control of Noxious Animals and Plants / West Palaearctic Regional Section Bulletins   45 279-282   2009年   [査読有り]
Lecanicillium spp.の葉面処理によるワタアブラムシAphis gossypiiに対する致死効果
堀江早弥佳, 相内大吾, 渡邊敏弘, 谷 昌幸, 山中 聡, 小池正徳
Entomotech   33 17-20   2009年   [査読有り]
昆虫寄生性Lecanicillium spp.を用いたビニールハウス栽培におけるオンシツコナジラミ(Trialeurodes vaporariorum)の防除
相内大吾, 堀江早弥佳, 渡辺敏弘, 谷 昌幸, 小池正徳
Entomotech   33 21-25   2009年   [査読有り]
昆虫寄生性糸状菌Lecanicillium属菌プロとプラスト融合株のコナガに対する病原性
山田 渓花,相内 大吾,増田 俊雄,山中 聡,小池 正徳
北日本病虫研報   60 212-215   2009年   [査読有り]
昆虫病原性糸状菌Lecanicillium属菌を用いたキュウリうどんこ病の発病抑制効果
原 裕芽子,相内 大吾,増田 俊雄,関根 崇行,小澤 徹,小池 正徳
北日本病虫研報   60 92-95   2009年   [査読有り]
李 香珍, 谷 昌幸, 相内 大吾, 小池 正徳, 倉持 勝久
土肥誌   80(4) 335-346   2009年
本研究では,堆肥化の進行や腐熟度が大きく異なる牛ふん尿堆肥について,堆肥製造業者や一般の畜産農家および畑作農家が製造し,かつ圃場還元している実際的な堆肥を対象に,牛ふん尿の堆肥化と腐熟化に伴う腐植酸およびフルボ酸の化学的特徴,および腐植酸のスペクトル解析から構造単位の存在割合の違いを明らかにした.さらに,土壌中での可動性が異なると考えられる腐植を水および水酸化ナトリウム溶液により抽出して比較し,その化学的特徴や構造単位の違いを明らかにした.堆肥化期間が異なる牛ふん尿バーク堆肥では,堆肥化に...
Goettel MS, Koike M, Kim JJ, Aiuchi D, Shinya R, Brodeur J
Journal of invertebrate pathology   98(3) 256-261   2008年7月   [査読有り]
Aiuchi Daigo, Baba Yukiko, Inami Keigo, Shinya Ryoji, Tani Masayuki, Koike Masanori
APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY   43(3) 427-436   2008年8月   [査読有り]
Shinya Ryoji, Aiuchi Daigo, Kushida Atsuhiko, Tani Masayuki, Kuramochi Katsuhisa, Koike Masanori
APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY   43(2) 227-233   2008年5月   [査読有り]
Shinya R, Aiuchi D, Kushida A, Tani M, Kuramochi K, Koike M
Journal of invertebrate pathology   97(3) 291-297   2008年3月   [査読有り]
Pre-inoculation of cucumber roots with Verticillium lecanii (Lecanicillium muscarium) induces resistance to powdery mildew
Hirano, E., Aiuchi, D., Tani, M. and Koike, M
Research bulletin of Obihiro University   29 83-95   2008年
A new method for producing hybrid strains of the entomopathogenic fungus Verticillium lecanii (Lecanicillium spp.) trough protoplast fusion by using nitrate non-utilizing (nit) mutants
D. Aiuchi, K. Inami, M. Sugimoto, R. Shinya, M. Tani, K. Kuramochi, and M. Koike
Micologia Aplicada International   20(1) 1-16   2008年   [査読有り]
新屋 良治, 渡部 愛, 相内 大吾, 谷 昌幸, 倉持 勝久, 串田 篤彦, 小池 正徳
日線虫誌   38(1) 9-18   2008年
ダイズシストセンチュウ(SCN)に対するVerticillium lecanii プロトプラスト融合株のSCN密度抑制効果およびダイズ被害抑制効果を調査し、微生物防除資材として有望な菌株を選抜した。また、融合株と親株の効果を比較することにより、本融合法が植物寄生性線虫の生物的防除において有用な手法となり得るかを検討した。まず、融合株162菌株と親株3菌株をポット試験に供試し、その結果いくつかの融合株はSCNによる被害を有意に抑制した。さらなる詳細な試験の結果、AaF42株処理...
溝田 千尋, 谷 昌幸, 李 香珍, 相内 大吾, 丹羽 勝久, 小池 正徳, 倉持 勝久
ペドロジスト   52(1) 19-34   2008年
本研究では,調査地点を北海道十勝管内に位置する芽室町中伏古(典型淡色黒ボク土),音更町西中音更(多腐植質厚層黒ボク土)および幕別町相川(細粒質普通褐色低地土)の3地点とした。各地点の農耕地1ヶ所および,それに隣接する未耕地1ヶ所の計6断面において断面調査を実施し,断面形態および理化学性の比較から未耕地および農耕地の層厚の相違の把握を行い,以下の結果を得た。(1)各調査地点の未耕地および農耕地における土壌断面形態の比較から,農耕地では,開墾作業および農業生産を行うことによる土壌の移動や減少,...
Koike Masanori, Sugimoto Midori, Aiuchi Daigo, Nagao Hideyuki, Shinya Ryoji, Tani Masayuki, Kuramochi Katsuhisa
JAPANESE JOURNAL OF APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY   51(3) 234-237   2007年   [査読有り]
Aiuchi Daigo, Baba Yukiko, Inami Keigo, Shinya Ryoji, Tani Masayuki, Kuramochi Katuhisa, Horie Sayaka, Koike Masanori
JAPANESE JOURNAL OF APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY   51(3) 205-212   2007年   [査読有り]
楠木 芳, 川井 彩子, 相内 大吾, 小池 正徳, 谷 昌幸, 倉持 勝久
帯広畜産大学学術研究報告 = Research bulletin of Obihiro University   27 39-47   2006年10月
ダイコンバーティシリウム黒点病に対する防除効果を昆虫寄生菌Verticillium lecaniiを用いて検討した。温室試験と圃場試験でV. lecaniiの7菌株(A-2、B-2、C-1、2aF30、2aF31、2aF43、AaF101)を用いて実施した。V. lecaniiの分生胞子を処理したポット試験では全てのV. lecanii菌株で高い防除効果があり、病原菌単独処理と比較して有意な差が認められた。なかでもB-2が最も高い防除効果を示し、病原菌単独処理の発病率51.2%と比較して3...
Biological control of Verticillium black spot of Japanese radish using Bacillus spp. and genotypic differentiation of selected antifungal Bacillus strains with antibiotic marker
Research bulletin of Obihiro University   27 109-119   2006年
Protoplast fusion, using nitrate non-utilizing (nit) mutants in the entomopathogenic fungus Verticillium lecanii (Lecanicillium spp.)
D. Aiuchi, M. Koike, M. Tani, K. Kuramochi, M. Sugimoto, and H. Nagao
International Organization for Biological and Integrated Control of Noxious Animals and Plants / West Palaearctic Regional Section Bulletins   27(8) 127-130   2004年   [査読有り]

Misc

 
石倉鈴風, 松崎優, 小池正徳, 相内大吾
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   62nd 141   2018年3月
松崎優, 小池正徳, 嘉糠洋陸, 相内大吾
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   62nd 169   2018年3月
三上翔, 小松遥香, 石倉鈴風, 太刀野真, 小池正徳, 相内大吾
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   61st 137   2017年3月
吉村郁香, MUNTHALI Chandiona, 相内大吾, 木下林太郎, 小疇浩, 谷昌幸
日本土壌肥料学会講演要旨集   62 105   2016年9月
半田望, CHANDIONA Munthali, 相内大吾, 谷昌幸, 小疇浩, 大西一光, 森正彦
日本作物学会講演会要旨集   242nd 101   2016年9月
高橋尚樹, 斉佳鶴玲, 相内大吾, 浅野眞一郎, 小池正徳
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   60th 176   2016年3月
半田望, Munthali Chandiona, Munthali Chandiona, 相内大吾, 谷昌幸, 小疇浩, 大西一光, 森正彦
日本育種学会・日本作物学会北海道談話会会報(Web)   57 2‐3(J‐STAGE)   2016年
半田 望, 山澤 知香, 河原田 侑希, Chandiona Munthali, 相内 大吾, 谷 昌幸, 小疇 浩, 大西 一光, 森 正彦
日本育種学会・日本作物学会北海道談話会会報   56(0) 24-25   2015年
山崎 瑞穂, 加藤 拓, 相内 大吾, 小池 正徳, 谷 昌幸
日土肥講要   58(0)    2012年
山田 渓花, 相内 大吾, 増田 俊雄, 山中 聡, 小池 正徳
北日本農薬研究会報告   2009(60) 212-215   2009年
<p>Lecanicillium 属菌を用いたコナガの微生物的防除を検討した.まず,生物的防除資材として有望なプロトプラスト融合株13 菌株中4 菌株がコナガに対して親株より高い病原性を示した.また,これら4 菌株にLT50 値の低い1 菌株を加えた第二選抜において,接種後6 日目における致死率が84.0%,LT50 値が2.6日と最も高い病原性を有する2aF27 を選抜した.この系統は食害面積割合も13.9%と最も低かった.しかし,Beauveria bassiana...
李 香珍, 谷 昌幸, 相内 大吾, 小池 正徳
日土肥講要   55(0)    2009年

書籍等出版物

 
Soybean / Physiology and Biochemistry
2011年   

講演・口頭発表等

 
IPMについて2018 [招待有り]
相内 大吾
北海道岩見沢農業高校スーパー・サイエンス・ハイスクール   2018年9月   
昆虫寄生菌による感染症ベクターの行動制御 [招待有り]
相内 大吾
第13回昆虫病理研究会シンポジウム   2018年9月   
JICA「持続的農業生産と環境保全のための土壌診断技術」コース
相内 大吾
2018年6月   
相内大吾
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   2018年3月   
昆虫vs人類‐持続可能な食糧生産のための害虫防除‐ [招待有り]
相内 大吾
帯広農業高校キャリア教育・職業教育推進事業「専門力アップセミナー(農業)」   2017年10月   
IPMについて2017 [招待有り]
相内 大吾
北海道岩見沢農業高校スーパー・サイエンス・ハイスクール   2017年8月   
JICA「持続的農業生産と環境保全のための土壌診断技術」コース
相内 大吾
2017年6月   
生物防除と薬剤抵抗性について
相内 大吾
一般社団法人The Earth Cafe 土作り勉強会   2017年4月   
Pesticides & Pest Control -Biological control based IPM-
JICA AFRICA -ai- JAPAN Project, Special Open Seminar   2017年3月   
An entomopathogenic fungus disrupts vector functions by behavioral suppression [招待有り]
The 3rd Tokyo Vector Encounter   2017年3月   
IPMについて2016
相内 大吾
北海道岩見沢農業高校スーパー・サイエンス・ハイスクール   2016年7月   
JICA「持続的農業生産と環境保全のための土壌診断技術」コース
相内 大吾
2016年6月   
Comparison of Resistance against Larger Grain Borer between Hybrid and Local Maize
International Workshop between MALAWI and JAPAN on Food Security Development Through Sustainable Agriculture in Malawi   2016年5月   
JICA「アフリカ地域小規模農民のための複合農業」コース
相内 大吾
2015年11月   
JICA「持続的農業生産と環境保全のための土壌診断技術」コース
相内 大吾
2015年6月   
IPMについて2015 [招待有り]
相内 大吾
北海道岩見沢農業高校スーパー・サイエンス・ハイスクール   2015年6月   
Behavioral control of anopheline mosquito by entomopathogenic fungi: Death as a vector [招待有り]
International Symposium on Frontier Science of Pathogen-transmitting Vectors   2015年2月   
IPMについて2014 [招待有り]
相内 大吾
北海道岩見沢農業高校スーパー・サイエンス・ハイスクール   2014年8月   
JICA「持続的農業生産と環境保全のための土壌診断技術」コース
相内 大吾
2014年6月   
JICA「持続的農業生産と環境保全のための土壌診断技術」コース
相内 大吾
2013年6月   
Isolation and identification of endophytic entomopathogenic fungi from dent corn
D. Aiuchi, T. Takanami, S. Toba, M. Ishii, S. Asano and M. Koike
3th European Meeting of the IOBC/WPRS Working Group   2013年6月   
昆虫寄生菌を用いた感染症媒介蚊の防除 [招待有り]
相内 大吾
衛生動物   2013年4月   
アフリカにおける感染症媒介蚊・貯穀害虫防除の取り組み [招待有り]
相内 大吾、石井 嶺広
第57回日本応用動物昆虫学会,第19回日本ICIPE協会研究報告会:アフリカ昆虫学の夕べ   2013年3月   
衛生害虫・家畜害虫の昆虫寄生菌による生物防除 [招待有り]
相内 大吾、小池 正徳
第10回昆虫病理研究会シンポジウム   2012年9月   
Potential of Aphidius colemani as a vector of entomopathogenic fungi Lecanicillium spp.
D. Aiuchi, Y. Saitou, J. Tone and M. Koike
13th European Meeting of the IOBC/WPRS Working Group   2011年6月   
昆虫寄生菌を用いたベクターコントロール [招待有り]
相内 大吾
第9回昆虫病理研究会シンポジウム   2010年9月   
Horizontal transmission of Lecanicillium spp. from infected cadaver of cotton aphid to healthy population
D. Aiuchi, T. Watanabe and M. Koike
The 43rd Annual Meeting of the Society for Invertebrate Pathology   2010年7月   
Biological control of greenhouse whitefly, Trialeurodes vaporariorum by entomopathogenic fungus Lecancillium spp. hybrid strain in greenhouse
D. Aiuchi, S. Horie, T. Watanabe, S. Yamanaka and M. Koike
12th European Meeting of the IOBC/WPRS Working Group   2009年6月   
昆虫寄生性アナモルフ菌類の育種 [招待有り]
相内 大吾、小池 正徳
第53回日本応用動物昆虫学会   2009年3月   
Trialeurodes vaporariorumに対するLecanicillium spp.の殺虫および殺卵効果
相内大吾, 堀江早弥佳, 山中聡, 小池正徳
第8回昆虫病理研究会シンポジウム   2008年9月   
Lecanicillium spp. (= Verticillium lecanii) penetrate into Trialeurodes vaporariorum egg
D. Aiuchi, S. Horie and M. Koike
The 41th annual meeting of the Society for Invertebrate Pathology   2008年8月   
相内 大吾, 堀江 早弥佳, 渡辺 敏弘, 山中 聡, 小池 正徳
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   2008年3月   
相内 大吾, 渡邊 敏弘, 堀江 早弥佳, 小池 正徳
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   2007年3月   
Verticillium lecanii(Lecanicillium spp.)プロトプラスト融合株における病原性、葉面定着性、生育試験による有用菌株の選抜
相内大吾, 馬場ゆき子, 稲見圭吾, 堀江早弥佳, 小池正徳
第7回昆虫病理研究会シンポジウム   2006年9月   
Evaluation of pathogenicity against cotton aphid and greenhouse whitefly, and viability on the leaf to use hybrid strains of Verticillium lecanii
D. Aiuchi, Y. Baba, S. Horie, K. Inami, K. Kuramochi, M. Tani and M. Koike
The 39th Annual Meeting of the Society of Invertebrate Pathology   2006年8月   
相内 大吾, 小池 正徳, 稲見 圭悟, 馬場 ゆき子, 倉持 勝久, 谷昌 幸
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   2006年3月   
Growth and virulent characteristics of Verticillium lecanii (Lecanicillium spp.) hybrid strains
D. Aiuchi, M. Koike, K. Inami, Y. Baba and M. Sugimoto
The 38th annual meeting of the Society for Invertebrate Patholog   2005年8月   
Protoplast fusion, using nitrate non-utilizing (nit) mutant in the entomopathogenic fungus Verticillium lecanii (Lecanicillium spp.) and variation of growth kinetics of hybrid strains
D. Aiuchi, K. Inami, Y. Baba, M. Koike and M. Sugimoto
9th International Verticillium Symposium   2005年6月   
相内 大吾, 小池 正徳, 杉本 みどり
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   2005年3月   
Protoplast fusion, using nitrate non-utilizing (nit) mutants in the entomopathogenic fungus Verticillium lecanii (Lecanicillium spp.)
D. Aiuchi, M. Koike, M. Tani, K. Kuramochi, M. Sugimoto and H. Nagao
IOBC Meeting “Management of Plant Diseases and Arthropod Pests by BCAs and Their Integration in Agricultural Systems”   2004年6月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
昆虫寄生菌によるハマダラカ行動制御機構の分子基盤
日本学術振興会: 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 相内 大吾
植物予防医療的ウイルス病抑制技術
日本学術振興会: 基盤研究(C)(特設分野研究)
研究期間: 2018年8月       代表者: 相内 大吾
カルシウム施肥によるベクターの行動制御とウイルス伝搬阻害
帯広畜産大学: 平成29年度学長リーダーシップ経費
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 相内 大吾
アフリカ在来種を基盤としたトウモロコシのポストハーベスト・ロス低減システム
日本学術振興会: 基盤研究(B)(海外学術)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 小疇 浩
西アフリカにおけるベクター感染症先端研究教育拠点
日本学術振興会: 拠点形成事業-B.アジア・アフリカ学術基盤形成型-
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 嘉糠 洋陸
昆虫寄生菌感染ハマダラカのリアルタイム行動解析
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 相内 大吾
昆虫病原菌類・昆虫病原細菌を用いたデュアルコントロール機構の解明
日本学術振興会: 基盤研究B(一般)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 小池 正徳
肥培管理によるメイズのポストハーベスト・ロス低減技術の開発
帯広畜産大学: 平成25年度学長裁量経費プロジェクト研究費
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 相内 大吾
長残光性蓄光材を用いた感染症媒介蚊誘引性ディバイスの開発
独立行政法人科学技術振興機構: 研究成果最適展開支援事業A-STEP
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 相内 大吾
昆虫寄生菌の亜致死性効果を利用したマラリア媒介蚊の新防除技術開発に向けた基礎的研究
日本学術振興会: 若手研究(スタートアップ)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 相内 大吾
寄生性ベクター構想に基づく新規害虫防除法の開発
独立行政法人科学技術振興機構: 研究成果最適展開支援事業A-STEP
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 相内 大吾

特許

 
特願2018-42104 : ハマダラカに対する昆虫寄生菌由来の二次代謝産物
相内 大吾、松崎優