相河聡

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/18 18:43
 
アバター
研究者氏名
相河聡
 
アイカワ サトル
eメール
aikawaeng.u-hyogo.ac.jp
所属
兵庫県立大学大学院
部署
工学研究科
学位
博士(工学)(東京大学)

研究キーワード

 
 

経歴

 
2006年10月
 - 
現在
兵庫県立大学大学院 教授
 
2005年4月
 - 
現在
埼玉大学 非常勤講師
 
2003年4月
 - 
現在
東京理科大学 非常勤講師
 
2007年4月
 - 
2015年3月
ATR波動工学研究所 客員研究員
 
2001年4月
 - 
2006年9月
NTT研究所 グループリーダ(主幹研究員)
 

学歴

 
1980年4月
 - 
1984年3月
横浜国立大学 工学部 電気工学科
 

受賞

 
2012年6月
総務省 電波の日 近畿総合通信局長表彰 SHF帯を活用した地上デジタル放送配信システムの実用化
 
2005年9月
電子情報通信学会 ソサイエティ活動功労賞
 

論文

 
Yuhei Shigematsu, Satoru Aikawa, Yasuhisa Nakamura
IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   138 140-148   2018年1月
© 2018 The Institute of Electrical Engineers of Japan. This paper study to realize navigation system with Localization using GPS (Global Positioning System) and wireless LAN-Finger printing. GPS is effective in outdoor and wireless LAN is effectiv...
Shinichiro Yamamoto, Satoru Aikawa, Satoshi Tsukamoto, Julian Webber, Tomoaki Kumagai
IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   137 1132-1133   2017年1月
© 2017 The Institute of Electrical Engineers of Japan. Communication using smartphone devices connected to the cellular network in a bullet train is increasing and there is currently a limited capacity in the train-unit entrance circuit. In the Se...
小南貴基, 相河聡
電子情報通信学会論文誌 B(Web)   J99-B(2) 53-59 (WEB ONLY)   2016年2月
Shinichiro Yamamoto, Satoru Aikawa
IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   136 1029-1030   2016年1月
© 2016 The Institute of Electrical Engineers of Japan. Mobile traffic from many smartphone devices to base stations is rapidly increasing. In a case many users communicate in moving vehicles such as a bullet train, it is desirable to multiplex the...
大川原健太, 西垣剛士, 相河聡
電子情報通信学会論文誌 B(Web)   J98-B(7) 767-772 (WEB ONLY)   2015年7月
峰松岳志, 相河聡
電子情報通信学会論文誌 B   J95-B(9) 1218-1222   2012年9月
自律移動ロボットが位置推定に無線LANの受信レベルを用いる場合,周辺環境により各位置での推定精度が異なる.一方,移動ロボットは複数箇所で位置推定を行うことができる.このことから,各点での位置推定結果に移動履歴を加えて得られる現在位置を複数平均する到達精度向上手法を提案する.具体的には,位置推定履歴と移動履歴から複数の推定現在地を算出し平均することで特異点を平坦化させる.更に自律移動ロボットに提案法を搭載し,屋内において実際に移動実験を実施することで提案手法の有効性の検証を行った.
林大貴, 相河聡
電子情報通信学会論文誌 B   J95-B(8) 980-984   2012年8月
前田正彦, 岩井通, 窄口優人, 相河聡
電子情報通信学会論文誌 B   J94-B(11) 1494-1497   2011年11月
電波伝搬路特性を用いた秘密鍵生成に関する研究が行われている.この手法では鍵ビットの一致率を向上させるためにしきい値付近削除処理が必要となるが,そのために鍵長以上のRSSIを取得する必要がある.我々は使用するアンテナパターンを限定することで,しきい値付近削除処理量を減らし,鍵一致率が向上する手法を提案し,評価を行う.
吉川貴章, 相河聡
電子情報通信学会論文誌 B   J93-B(8) 1092-1094   2010年8月
Wenjie Jiang,Yusuke Asai,Satoru Aikawa,Yasutaka Ogawa
IEICE Transactions   92-A(2) 535-546   2009年   [査読有り]
Wenjie Jiang,Yusuke Asai,Takeshi Onizawa,Satoru Aikawa
IEICE Transactions   90-A(11) 2546-2555   2007年11月   [査読有り]
Wenjie Jiang,Yusuke Asai,Satoru Aikawa
IEICE Transactions   90-B(7) 1773-1779   2007年7月   [査読有り]
Yusuke Asai,Wenjie Jiang,Takeshi Onizawa,Atsushi Ohta,Satoru Aikawa
IEICE Transactions   90-B(5) 1052-1060   2007年5月   [査読有り]
Takeshi Onizawa,Takafumi Fujita,Yusuke Asai,Daisei Uchida,Atsushi Ohta,Satoru Aikawa
IEICE Transactions   90-B(1) 92-104   2007年   [査読有り]
Luis Loyola,Tomoaki Kumagai,Kengo Nagata,Shinya Otsuki,Satoru Aikawa
IEICE Transactions   90-B(1) 78-91   2007年   [査読有り]
Takeshi Onizawa,Atsushi Ohta,Yusuke Asai,Satoru Aikawa
IEICE Transactions   89-B(12) 3233-3241   2006年12月   [査読有り]
Luis Loyola,Masakatsu Ogawa,Kengo Nagata,Satoru Aikawa
IEICE Transactions   89-B(10) 2752-2762   2006年   [査読有り]
Wenjie Jiang,Takeshi Onizawa,Atsushi Ohta,Satoru Aikawa
IEICE Transactions   88-B(6) 2427-2437   2005年   [査読有り]
Kazuyoshi Saitoh,Yasuhiko Inoue,Tomoaki Kumagai,Masataka Iizuka,Satoru Aikawa,Masahiro Morikura
IEICE Transactions   88-B(3) 1266-1270   2005年   [査読有り]
松江英明, 相河聡, 久保田周治, 北条博史, 渡辺和二, 斎藤利生
電気学会論文誌 C   124(1) 2-11   2004年1月
The key technologies that materialize the ubiquitous service are core network, wireless access and terminal/application. Especially, system design of wireless access placed in the middle of network and terminal is important. By make combining the ...
松江 英明, 北條 博史, 相河 聡, 阪田 徹
映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア = The journal of the Institute of Image Information and Television Engineers   57(5) 456-458   2003年5月
相河 聡
マイクロメカトロニクス   47(2) 50-56   2003年
相河 聡
マイクロメカトロニクス   47(1) 38-46   2003年
佐藤 孝平, 阪田 徹, 宮坂 敏樹, 武内 良男, 中村 元, 松江 英明, 渡邊 和二, 斉藤 利生, 松江 英明, 北條 博史, 相河 聡
映情学誌   57(5) 539-550   2003年
岩谷純一, 岡田隆, 相河聡, 松江英明
電子情報通信学会論文誌 B   J83-B(2) 165-174   2000年2月
Toshihiro Manabe,Takatoshi Sugiyama,Atsushi Ohta,Fusao Nuno,Hiroyuki Suzuki,Shuta Uwano,Satoru Aikawa,Masahiro Umehira
Computer Networks   31(9-10) 919-930   1999年   [査読有り]
Satoru Aikawa,Yasushi Motoyama,Masahiro Umehira
Wireless Networks   3(4) 285-290   1997年   [査読有り]
Yuji Nakayama,Satoru Aikawa
IEEE Journal on Selected Areas in Communications   15(1) 29-34   1997年   [査読有り]
相河聡, 吉川誠
電子情報通信学会論文誌 B-2   78(3) 216-218   1995年3月
マルチパスとシャドーイングが発生する屋内におけるリアルタイム無線通信システムについて,シャドーイングによる瞬断を防止するためのアンテナダイバーシチ方式を提案し,更に,屋内伝搬のシミュレーションからその効果の可能性を示した.
岡田隆, 相河聡, 白土正
電子情報通信学会論文誌 B-2   77(6) 288-297   1994年6月
Satoru Aikawa,Yasuhisa Nakamura,Hitoshi Takanashi
IEEE Trans. Communications   42(234) 1415-1421   1994年   [査読有り]
相河聡, 奥野隆夫, 大本隆太郎
電子情報通信学会論文誌 B-2   76(8) 679-689   1993年8月
高梨斉, 相河聡, 中村康久
電子情報通信学会論文誌 B-2   75(12) 896-905   1992年12月
岡田隆, 相河聡
電子情報通信学会論文誌 B-2   75(6) 325-336   1992年6月
中村康久, 相河聡, 高梨斉
電子情報通信学会論文誌 A   73(2) 341-349   1990年2月
相河聡, 中村康久, 高梨斉
電子情報通信学会論文誌 A   73(2) 331-340   1990年2月
高梨斉, 相河聡, 中村康久
電子情報通信学会論文誌 B-2   72(12) 672-676   1989年12月
Yasuhisa Nakamura,Yoichi Saito,Satoru Aikawa
IEEE Journal on Selected Areas in Communications   5(3) 329-335   1987年   [査読有り]

Misc

 
西内隆輝, 山本真一郎, 畠山賢一, 岩井通, 相河聡, 森本雅和
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2018 ROMBUNNO.B‐4‐10   2018年8月
村松琢磨, 相河聡, 山本真一郎, 森本雅和
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2018 ROMBUNNO.B‐18‐5   2018年8月
村松琢磨, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2018 ROMBUNNO.B‐18‐4   2018年3月
Masakazu Morimoto, Syohei Hagihara, Shoji Kobashi, Satoru Aikawa
2016 5th International Conference on Informatics, Electronics and Vision, ICIEV 2016   671-674   2016年11月
© 2016 IEEE. To realize automated checker system of cafeteria, we have developed a meal menu recognition system. This system employs a RGB-D sensor to get both color image and depth image. From these images, first we extract and distinguish each d...
Kento Morita, Kento Morita, Kento Morita, Syoji Kobashi, Syoji Kobashi, Syoji Kobashi, Kaori Kashiwa, Kaori Kashiwa, Kaori Kashiwa, Hiroshi Nakayama, Hiroshi Nakayama, Hiroshi Nakayama, Shunichiro Kambara, Shunichiro Kambara, Shunichiro Kambara, Masakazu Morimoto, Masakazu Morimoto, Masakazu Morimoto, Shinichi Yoshiya, Shinichi Yoshiya, Shinichi Yoshiya, Satoru Aikawa, Satoru Aikawa, Satoru Aikawa
2016 IEEE International Conference on Fuzzy Systems, FUZZ-IEEE 2016   2144-2149   2016年11月   [査読有り]
© 2016 IEEE. Anterior cruciate ligament (ACL) injury causes knee joint instability, and affects on sports performance. Therefore, ACL reconstruction is essential to keep their performance high and to prevent osteoarthrosis. It is well known that t...
小牧周平, 相河聡, 中村康久
電子情報通信学会技術研究報告   116(232(CS2016 30-39)) 35‐39   2016年9月
青木大雅, 相河聡
電子情報通信学会技術研究報告   116(232(CS2016 30-39)) 29‐34   2016年9月
高部魁, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.B‐8‐8   2016年9月
青木大雅, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.B‐8‐7   2016年9月
小牧周平, 相河聡, 中村康久
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.B‐8‐6   2016年9月
盛田健人, 小橋昌司, 小橋昌司, 柏薫里, 中山寛, 神原俊一郎, 森本雅和, 吉矢晋一, 相河聡
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   60th ROMBUNNO.212‐3   2016年5月
Takahiro Fujita, Shinichiro Yamamoto, Satoru Aikawa, Satoshi Tsukamoto, Julian Webber, Tomoaki Kumagai
2015 International Symposium on Antennas and Propagation, ISAP 2015      2016年4月
© 2015 The Institute of Electronics, Information and Comm. The traffic from many smartphones in a bullet train is increasing and there is a fear of the capacity lack in the train-unit entrance circuit. In the Sequentially Switched Antenna Array Re...
Atsuki Tashita, Syoji Kobashi, Syoji Kobashi, Yuki Mori, Masakazu Morimoto, Satoru Aikawa, Yoshichika Yoshioka, Yutaka Hata, Yutaka Hata
International Conference on Emerging Trends in Engineering and Technology, ICETET   2016-March 169-173   2016年3月
© 2015 IEEE. Immune cells deeply affect human health, however, it has not been investigated well due to difficulty of observing immune cells in vivo. The recent study enables us to acquire single Macrophage, which is the representative cell of imm...
安木麻倫, 小橋昌司, 小橋昌司, 澁谷浩伸, 野村保, 森本雅和, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.B‐20‐24   2016年3月
相河聡, 藤田崇洋, 山本真一郎, 塚本悟司, WEBBER Julian, 熊谷智明
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.B‐5‐184   2016年3月
Julian Webber, Satoshi Tsukamoto, Takahiro Maeda, Tomoaki Kumagai, Shinichiro Yamamoto, Satoru Aikawa
2015 21st Asia-Pacific Conference on Communications, APCC 2015   158-163   2016年2月
© 2015 IEICE. A continuous-switching type array antenna receiver has been proposed in order to reduce the deterioration due to fast-fading channel variations and improve communication performance. The receive antennas are placed in a linear array,...
Julian Webber, Satoshi Tsukamoto, Takahiro Maeda, Tomoaki Kumagai, Shinichiro Yamamoto, Satoru Aikawa
Proceedings of 2015 IEEE International Conference on Computer and Communications, ICCC 2015   368-373   2016年1月
© 2015 IEEE. A sequentially switched antenna array receiver (SSAAR) has been developed in order to lessen the fast-fading effects on super-express trains. The array elements are switched in reverse sequence to the direction of the train motion. To...
小南貴基, 相河聡
電子情報通信学会技術研究報告   115(406(CS2015 73-84)) 19‐24   2016年1月
盛田健人, 小橋昌司, 小橋昌司, 柏薫里, 中山寛, 神原俊一郎, 森本雅和, 吉矢晋一, 相河聡
電子情報通信学会技術研究報告   115(401(MI2015 73-145)) 345‐349   2016年1月
田下徳起, 小橋昌司, 小橋昌司, 森勇樹, 合志清一, 森本雅和, 相河聡, 吉岡芳親, 畑豊, 畑豊
電子情報通信学会技術研究報告   115(401(MI2015 73-145)) 205‐210   2016年1月
中野椋介, ALAM Saadia Binte, 小橋昌司, 小橋昌司, 森本雅和, 相河聡, 清水昭伸
電子情報通信学会技術研究報告   115(401(MI2015 73-145)) 25‐29   2016年1月
Ryosuke Nakano, Syoji Kobashi, Saadia Binte Alam, Masakazu Morimoto, Yuki Wakata, Kumiko Ando, Reiichi Ishikura, Shozo Hirota, Satoru Aikawa
Proceedings - 2015 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, SMC 2015   2273-2276   2016年1月
© 2015 IEEE. The neonatal cerebral disorders severly languish the quality of life (QOL) of patients and also their families. It is required to detect and cure in their early stage for the sake of decreasing the degree of symptoms. However, it is d...
田下徳起, 小橋昌司, 森勇樹, 森本雅和, 相河聡, 吉岡芳親, 畑豊
電子情報通信学会技術研究報告   115(301(MI2015 57-72)) 31‐36   2015年11月
藤田崇洋, 山本真一郎, 相河聡, 塚本悟司, WEBBER Julian, 熊谷智明
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.B-8-20   2015年8月
塚本悟司, 前田隆宏, WEBBER Julian, 有吉正行, 熊谷智明, 山本真一郎, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.B-5-131   2015年2月
藤田崇洋, 馬場亮輔, 山本真一郎, 相河聡, 塚本悟司, WEBBER Julian, 有吉正行
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.B-5-132   2015年2月
小南貴基, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.B-18-65   2015年2月
盛田健人, 小橋昌司, 小橋昌司, 柏薫里, 中山寛, 神原俊一郎, 森本雅和, 吉矢晋一, 相河聡
ファジィシステムシンポジウム講演論文集(CD-ROM)   31st ROMBUNNO.TD1-2   2015年
中野椋介, 小橋昌司, 小橋昌司, 森本雅和, 若田ゆき, 安藤久美子, 石蔵礼一, 廣田省三, 相河聡
日本医用画像工学会大会予稿集(CD-ROM)   34th ROMBUNNO.OP5‐4   2015年
Julian Webber,Satoshi Tsukamoto,Takahiro Maeda,Tomoaki Kumagai,Shinichiro Yamamoto,Satoru Aikawa
21st Asia-Pacific Conference on Communications, APCC 2015, Kyoto, Japan, October 14-16, 2015   158-163   2015年   [査読有り]
Atsuki Tashita,Array,Yuki Mori,Masakazu Morimoto,Satoru Aikawa,Yoshichika Yoshioka,Yutaka Hata
7th International Conference on Emerging Trends in Engineering & Technology, ICETET 2015, Kobe, Japan, November 18-20, 2015   169-173   2015年   [査読有り]
Kento Morita 0001,Array,Kaori Kashiwa,Hiroshi Nakayama,Shunichiro Kambara,Masakazu Morimoto,Shinichi Yoshiya,Satoru Aikawa
19th International Conference in Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems, KES 2015, Singapore, 7-9 September 2015   1659-1667   2015年   [査読有り]
Ryosuke Nakano,Array,Saadia Binte Alam,Masakazu Morimoto,Yuki Wakata,Kumiko Ando,Reiichi Ishikura,Shozo Hirota,Satoru Aikawa
2015 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, Kowloon Tong, Hong Kong, October 9-12, 2015   2273-2276   2015年   [査読有り]
小南貴基, 相河聡
電子情報通信学会技術研究報告   114(289(CS2014 54-72)) 7-11   2014年10月
大川原健太, 相河聡
電子情報通信学会技術研究報告   114(289(CS2014 54-72)) 87-91   2014年10月
藤田崇洋, 相河聡
電子情報通信学会技術研究報告   114(289(CS2014 54-72)) 25-29   2014年10月
重松祐平, 相河聡
電子情報通信学会技術研究報告   114(289(CS2014 54-72)) 1-6   2014年10月
馬場亮輔, 山本真一郎, 相河聡, 塚本悟司, WEBBER Julian, 有吉正行
電子情報通信学会技術研究報告   114(289(CS2014 54-72)) 111-115   2014年10月
大川原健太, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.B-5-94   2014年9月
藤田崇洋, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.B-18-30   2014年9月
重松祐平, 相河聡, 中村康久
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.B-18-29   2014年9月
小南貴基, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.B-18-28   2014年9月
塚本悟司, HOU Yafei, 有吉正行, 馬場亮輔, 山本真一郎, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.B-5-108   2014年3月
大川原健太, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.B-5-110   2014年3月
馬場亮輔, 山本真一郎, 相河聡, 塚本悟司, HOU Yafei, 有吉正行
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.B-5-109   2014年3月
重松祐平, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.B-18-58   2014年3月
馬場亮輔, 山本真一郎, 相河聡, 塚本悟司, HOU Yafei, 有吉正行
電子情報通信学会技術研究報告   113(457(SR2013 96-119)) 47-51   2014年2月
林祐一郎, 相河聡
電子情報通信学会技術研究報告   113(340(IE2013 71-94)) 13-18   2013年11月
清水駿也, 相河聡
電子情報通信学会技術研究報告   113(340(IE2013 71-94)) 7-11   2013年11月
重松祐平, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2013 ROMBUNNO.B-15-6   2013年9月
馬場亮輔, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2013 ROMBUNNO.B-15-7   2013年9月
清水駿也, 小南貴基, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2013 ROMBUNNO.B-18-35   2013年9月
林祐一郎, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2013 ROMBUNNO.B-18-38   2013年9月
西垣剛士, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集   2013 554   2013年3月
林祐一郎, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集   2013 587   2013年3月
坂口大樹, 相河聡
映像情報メディア学会技術報告   36(53(BCT2012 102-115)) 65-70   2012年11月
坂口大樹, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集   2012 381   2012年8月
杉下卓也, 高瀬浩史, 平栗健史, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集   2012 290   2012年3月
矢野一人, 大島浩嗣, 塚本悟司, 宮坂朋宏, 佐藤幹, 中本成洋, 北沢祥一, 岡智広, 相河聡, 宇野雅博, 小林聖
電子情報通信学会技術研究報告   111(452(SR2011 105-133)) 65-72   2012年2月
Tohru Iwai,Shinichiro Yamamoto,Satoru Aikawa,Kenichi Hatakeyama
2012 Fifth International Conference on Emerging Trends in Engineering and Technology, Himeji, Japan, November 5-7, 2012   321-324   2012年   [査読有り]
杉下卓也, 高瀬浩史, 平栗健史, 相河聡
電子情報通信学会技術研究報告   111(355(SANE2011 127-140)) 13-17   2011年12月
峰松岳志, 相河聡
電子情報通信学会技術研究報告   111(348(CS2011 64-80)) 7-12   2011年12月
坂口大樹, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集   2011 435   2011年8月
峰松岳志, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集   2011 455   2011年8月
石倉純次, 相河聡
電子情報通信学会論文誌 B   J94-B(8) 1005-1008   2011年8月
峰松岳志, 石倉純次, 相河聡
電子情報通信学会技術研究報告   111(18(EMCJ2011 1-7)) 25-30   2011年4月
中本成洋, 矢野一人, 鈴木康夫, 相河聡, 宇野雅博, 上羽正純
電子情報通信学会技術研究報告   110(435(SR2010 88-107)) 69-76   2011年2月
石倉 純次, 相河 聡
映像情報メディア学会技術報告   34(52) 23-28   2010年12月
池淵大祐, 相河聡
電子情報通信学会技術研究報告   110(324(IE2010 90-103)) 17-22   2010年11月
野村和正, 相河聡
電子情報通信学会技術研究報告   110(324(IE2010 90-103)) 29-34   2010年11月
石倉純次, 相河聡
電子情報通信学会技術研究報告   110(324(IE2010 90-103)) 23-28   2010年11月
石倉純次, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集   2010 407   2010年8月
前田正彦, 岩井通, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集   2010 480   2010年8月
野村和正, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集   2010 152   2010年8月
野村和正, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集   2010 232   2010年3月
前田正彦, 岩井通, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集   2010 611   2010年3月
石倉純次, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集   2010 631   2010年3月
池淵大祐, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集   2010 233   2010年3月
石倉純次, 相河 聡
信学総大, 東北大, Mar. 2010      2010年
石倉純次, 相河 聡
信学ソ大 : 通信, 阪府大, Sep. 2010      2010年
前田正彦, 伊東傑, 岩井通, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集   2009 478   2009年9月
吉川貴章, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集   2009 6   2009年9月
前田正彦, 馬場隆行, 原田洋輔, 上羽正純, 相河聡, 岩井誠人, 笹岡秀一
電子情報通信学会技術研究報告   109(77(AP2009 37-43)) 37-42   2009年6月
吉川貴章, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集   2009 25   2009年3月
前田正彦, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集   2009 532   2009年3月
馬場隆行, 前田正彦, 原田洋輔, 上羽正純, 相河聡, 岩井誠人, 笹岡秀一
電子情報通信学会技術研究報告   108(472(IT2008 43-130)) 79-84   2009年3月
岩井通, 山本真一郎, 畠山賢一, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集   2008 291   2008年9月
岩井通, 名倉良祐, 山本真一郎, 畠山賢一, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集   2008 375   2008年3月
岩井通, 名倉良祐, 山本真一郎, 畠山賢一, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集   2007 322   2007年8月
山本真一郎, 高江義昭, 越智祥史, 岩井通, 畠山賢一, 相河聡
電子情報通信学会技術研究報告   107(68(EMCJ2007 10-17)) 35-40   2007年5月
岩井通, 山本真一郎, 畠山賢一, 相河聡
電子情報通信学会技術研究報告   107(68(EMCJ2007 10-17)) 11-16   2007年5月
岩井通, 山本真一郎, 畠山賢一, 相河聡
電子情報通信学会技術研究報告   107(49(MW2007 12-29)) 29-34   2007年5月
Wenjie Jiang,Yusuke Asai,Satoru Aikawa
Proceedings of the 65th IEEE Vehicular Technology Conference, VTC Spring 2007, 22-25 April 2007, Dublin, Ireland   2083-2088   2007年   [査読有り]
小川将克, 淺井裕介, 相河聡
電子情報通信学会技術研究報告   106(358(IN2006 89-113)) 103-108   2006年11月
浅井裕介, JIANG Wenjie, 鬼沢武, 相河聡
電子情報通信学会技術研究報告   106(305(RCS2006 133-156)) 13-18   2006年10月
永田健悟, 大槻信也, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集   2006 440   2006年9月
浅井裕介, JIANG Wenjie, 鬼沢武, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集   2006 413   2006年9月
小川将克, 浅井裕介, 阪田徹, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集   2006 493   2006年9月
徳安 朋浩, 名倉 正光, 相河 聡
電子情報通信学会技術研究報告. RCS, 無線通信システム   106(168) 199-203   2006年7月
無線LANは、家庭やオフィスではもちろん、公衆無線サービスとしても普及してきており身近な通信手段となってきている。また、無線LAN-VoIP端末の登場により更なる利用拡大が予想される。しかし、ユーザの中には無線LANの知識が乏しく、無線LANシステムを導入しても所望の性能を得られないことがある。そこで、無線LANの知識が無くても容易に扱うことができ、無線LANシステムにおける無線部のスループットの簡易な測定方法を確立した。
小川将克, 久埜豊, 阪田徹, 相河聡
電子情報通信学会大会講演論文集   2006 518   2006年3月

書籍等出版物

 
相河 聡
森北出版   2018年6月   ISBN:4627853912
相河 聡
森北出版   2012年3月   ISBN:4627739222
相河 聡
森北出版   2009年5月   ISBN:4627739214

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
超高速移動時の無線通信速度向上に向けた受信点移動型等化技術の研究開発
総務省: SCOPE
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 相河聡

特許

 
永田 健悟, 熊谷 智明, 大槻 信也, 齋藤 一賢, 相河 聡, 太田 厚, 蛭川 明則
永田 健悟, 熊谷 智明, 大槻 信也, 齋藤 一賢, 相河 聡, 太田 厚, 蛭川 明則
永田 健悟, 熊谷 智明, 大槻 信也, 齋藤 一賢, 相河 聡, 太田 厚, 蛭川 明則