基本情報

所属
独立行政法人国立国際医療研究センター 国立看護大学校 看護学部 人間科学 情報学 助教
学位
博士(看護学)(2020年3月 千葉大学)
修士(保健学)(2008年3月 東京大学)
学士(保健学)(2004年3月 東京大学)

研究者番号
50621835
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0002-8891-7950
J-GLOBAL ID
201401037182336253
researchmap会員ID
B000238773

外部リンク

「臨床と研究の橋渡し」をモットーに, 研究を通じた臨床現場の改善・医療の質向上を目指して, 「エビデンスの創出」「臨床現場でのエビデンスの活用」の支援を軸に活動しています.

★2021年4月より、週刊医学界新聞(医学書院)看護号にて、連載「看護師のギモンに応える!エビデンスの使い方・広め方」が始まりました.

 

  • 私自身の研究テーマとしては, 臨床看護師の「科学的根拠に基づく実践」のための教育プログラムのの開発・評価・普及に取り組んでいます.
  • 大学では、疫学・保健統計, 情報リテラシーに関する講義・演習(医療統計・研究デザイン, 文献検索, 論文の読み方, 調査演習)を担当しています.
  • これまでの主な研究活動
    • 臨床研究の実務:臨床医主導の臨床研究支援を中心とした様々な研究デザイン(臨床試験, 観察研究, 症例登録/データベース事業)のデータマネジメント・統計解析, プロジェクトマネジメント, 臨床看護師の院内研究(量的研究)の助言・指導など
    • 臨床でエビデンスを活用するための基盤整備:webを利用した臨床現場でエビデンスを活用するための仕組み作り 
      *Evidence-based Practice Questionnaire日本語版(EBPQ-J)の利用・入手方法については、こちらをご参照ください(Reasearchmap>研究ブログに移動します)

 


---外部リンク---
Google Scholar https://scholar.google.co.jp/citations?hl=ja&user=3-Y63mUAAAAJ
Publons https://publons.com/researcher/3003349/ai-tomotaki/


論文

  32

MISC

  39

講演・口頭発表等

  48

主要な書籍等出版物

  18

共同研究・競争的資金等の研究課題

  9

主要な学術貢献活動

  7

主要な社会貢献活動

  9

主要なメディア報道

  10

所属学協会

  5