基本情報

所属
関西学院大学 社会学部 教授
学位
博士(社会学) 筑波大学(2005年3月)

連絡先
akaekwansei.ac.jp
研究者番号
30823819
J-GLOBAL ID
201301070897108541

社会学と思想史と宗教学の重なるあたりで、宗教と日本の近代について考えています。

分野としては宗教社会学、方法としては歴史社会学、領域としては日本キリスト教史に関心をもっています。

研究関心

  • 無教会キリスト教の思想と運動──内村鑑三、塚本虎二、矢内原忠雄
  • 近代日本の宗教と文化──宗教文化、メディア、教養主義、自己啓発
  • 近代日本の宗教と政治──神社空間、靖国問題、政教分離訴訟、憲法
  • 東アジアの国家と追悼──中国・台湾・韓国・日本の官立追悼施設

共同研究(研究会・科研)

  • 史料データセッション研究会(案内)2014~
  • 「キリスト教とナショナリズム」研究会(ブログ)2020~
  • 近代日本における「メディア宗教」の研究―大正期求道者たちの言説分析を中心に(KAKENブログ)2020~2023
  • 日本新宗教史像の再構築:アーカイブと研究者ネットワーク整備による基盤形成(KAKEN)2018~2022

赤江達也
AKAE, Tatsuya

略歴

関西学院大学社会学部教授。博士(社会学)。1973年、岡山県生まれ。筑波大学第一学群人文学類卒業。筑波大学大学院博士課程社会科学研究科修了。日本学術振興会特別研究員(慶應義塾大学)、台湾・国立高雄第一科技大学(現・国立高雄科技大学助理教授を経て、現職。著書に『「紙上の教会」と日本近代──無教会キリスト教の歴史社会学』(岩波書店、2013年)、『矢内原忠雄──戦争と知識人の使命』(岩波新書、2017年)。

住所

〒662-8501 兵庫県西宮市上ケ原1-1-155 関西学院大学社会学部

※「論文」欄のうち、5点は「書籍等出版物」欄からの再掲です。(2020年9月)


主要な書籍等出版物

  15

論文

  21

MISC

  22

講演・口頭発表等

  42

学歴

  3

共同研究・競争的資金等の研究課題

  3