加藤 天美

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/09 19:24
 
アバター
研究者氏名
加藤 天美
 
カトウ アマミ
URL
https://www.med.kindai.ac.jp/nouge/index.html
所属
近畿大学
部署
医学部
職名
主任教授
学位
医学博士(大阪大学)
その他の所属
脳神経外科
科研費研究者番号
00233776

プロフィール

近畿大学 医学部・脳神経外科学教室/主任教授

        === 主な全国学会・国際学会の学術総会会長 ===
 ■ 第32回日本てんかん外科学会
   2009年1月22日~1月23日 東京ステーションコンファレンス(東京)
 ■ 第27回日本ニューロモデュレーション学会
   2013年5月18日 都市センターホテル(東京)
 ■ 第53回日本定位・機能神経外科学会
   2014年2月7日~2月8日 大阪国際会議場(大阪)
 ■ 8th Asian Epilepsy Surgery Congress (AESC 2014) 第8回アジアてんかん外科学会
   2014年10月4日~10月6日 都市センターホテル(東京)
 ■ 第17回日本ヒト脳機能マッピング学会
   2015年7月2日~7月3日 毎日新聞オーバルホール(大阪)
 ■ 第53回日本てんかん学会
   2019年10月31日~11月2日 神戸国際会議場、神戸ポートピアホテル(神戸)

        === 日本の研究.com|【研究課題・競争的研究助成金】===
 ■ https://research-er.jp/researchers/view/115939

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
 - 
現在
近畿大学医学部 脳神経外科 主任教授
 
2008年
 - 
2010年
自然科学研究機構生理学研究所 多次元共同脳科学推進センター 客員教授
 
2001年
 - 
2007年
大阪大学 医学系研究科 脳神経外科 助教授
 
2000年
 - 
2001年
大阪大学 医学系研究科 脳神経外科 講師
 
1996年
 - 
2000年
大阪大学 医学系研究科 脳神経外科 助手
 
1994年
 - 
1996年
大阪労災病院 脳神経外科 部長
 
1991年
 - 
1994年
大阪大学 脳神経外科 助手・医学部
 
1983年
 - 
1985年
モントリオール神経研究所(マギル[McGill]大学, カナダ) 研究員
 
1979年
   
 
大阪大学医学部卒業
 

受賞

 
2002年
CARS 2002(International Congres of Computer Assisted Surgery and Radiology) 最優秀論文賞
 
1992年
日本脳神経外科学会 ガレーヌス賞
 

論文

 
Okuda T, Fujita M, Kato A
AntiCancer Res   39(8) 4491-4494   2019年8月   [査読有り]
Nakao T, Okuda T, Fujita M, Kato A
Surg Neurol Int   10(131) 1-4   2019年6月   [査読有り]
Tsuji K, Watanabe A, Nakagawa N, Kato A
Surg Neurol Int   10(126) 1-4   2019年6月   [査読有り]
Kawai S, Okuda T, Fukui A, Sanada Y, Yoshikawa K, Morikawa M, Kuwahara M, Maenishi O, Morita Y, Izumoto S, Kato A, Matsumura I, Kusunoki S
Internal Medicine (Tokyo)   ePub(1828 -18) 1-5   2019年3月   [査読有り]
Tsuji K, Nakagawa N, Fukawa N, Miyauchi M, Furukawa K, Nakanishi K, Nakano N, Kataoka K, Kato A
J Neurosurg   129(2) 465-470   2018年8月   [査読有り]
Izumoto S, Miyauchi M, Tasaki T, Okuda T, Nakagawa N, Nakano N, Kato A, Fujita M
AntiCancer Res   38(7) 4361-4366   2018年7月   [査読有り]
Okuda T, Hayashi N, Takahashi M, Uzuka T, Okita Y, Ueki K, Fujinaka T, Fujita M, Kato A, Narita Y, Nakasu Y
Int J Clin Oncol   23(6) 1095-1100   2018年7月   [査読有り]
Nakagawa N, Fukawa N, Tsuji K, Nakano N, Murakami S, Nagatsuka K, Kato A
Oper Neurosurg   14(1) 9-15   2018年1月   [査読有り]
Kawai K, Tanaka T, Baba H, Bunker M, Ikeda A, Inoue Y, Kameyama S, Kaneko S, Kato A, Nozawa T, Maruoka E, Osawa M, Otsuki T, Tsuji S, Watanabe E, Yamamoto T.
Epileptic Disorders   19(3) 372-378   2017年9月   [査読有り]
Bayasgalan B, Matsuhashi M, Fumuro T, Nohira H, Nakano N, Iida K, Katagiri M, Shimotake A, Matsumoto R, Kikuchi T, Kunieda T, Kato A, Takahashi R, Ikeda A
Clin Neurophysiol   128(9) 1583-1589   2017年9月   [査読有り]
Kubota H, Sanada Y, Murakami S, Miyauchi M, Iwakura M, Nagatsuka K, Furukawa K, Kato A, Fujita M
Surg Neurol Int   8 204   2017年9月   [査読有り]
DOI:10.4103/sni.sni_195_17 (not activated yet) PMCID: PMC5609354
Okuda T, Kato A, Fujita M
J Clin Neurol Neurosurg Spine   1(1) 112   2017年7月   [査読有り]
Okuda T, Tasaki T, Nakata S, Yamashita K, Yoshioka H, Izumoto S, Kato A, Fujita M
AntiCancer Res   37(7) 3871-3876   2017年5月   [査読有り]
Kishima H, Kato A, Oshino S, Tani N, Maruo T, Khoo HM, Yanagisawa T, Edakawa K, Kobayashi M, Tanaka M, Hosomi K, Hirata M, Yoshimine T
Neurol Res   39(3) 223-230   2017年1月   [査読有り]
Nakano N, Miyauchi M, Murakami S, Tsuji K, Nakagawa N, Nakanishi K, Kato A
Interdisciplinary Neurosurgery   6 1-3   2016年12月   [査読有り]
Tsuji K, Fukawa N, Nakagawa N, Murakami S, Nagatsuka K, Nakano N, Kato A
Neurosurgery   79(4) 598-603   2016年10月   [査読有り]
Sakai K, Takeda M, Hayash H, Tanaka K, OkudaT, Kato A, Nishimura Y, Mitsudomi T, Koyama A, Nakagawa K
Thorac Cancer   7(6) 670-675   2016年9月   [査読有り]
Tasaki T, Fujita M, Okuda T, Yoneshige A, Nakata S, Yamashita K, Yoshioka H, Izumoto S, Kato A.
AntiCancer Res   36(7) 3571-3577   2016年7月   [査読有り]
Kubota H, Sanada Y, Nagatsuka K, Yoshioka H, Iwakura M, Kato A
Surg Neurol Int   7(15) S427-S429   2016年6月   [査読有り]
Kubota H, Sanada Y, Tanikawa R, Kato A
Surg Neurol Int   7(16) S434-S436   2016年6月   [査読有り]
Tsuji K, Nakagawa N, Fukawa N, Nagatsuka K, Nakano N, Kato A
J Clin NeuroSci   25 152-155   2016年3月   [査読有り]
Nakagawa N, Fukawa N, Tsuji K, Nakano N, Kato A
Int J Cardiol   205 62-64   2016年2月   [査読有り]
Tani N, Kishima H, Khoo HM, Yanagisawa T, Oshino S, Maruo T, Hosomi K, Hirata M, Kazui H, Nomura KT, Aly MM, Kato A, Yoshimine T
J Neurosurg   125(5) 1053-1060   2016年1月   [査読有り]
Kato A, Nakano N, Kishima H, Yoshimine T
Int J Epilepsy   3(1) 42-43   2016年1月   [査読有り]
Kato A, Nakano N, Kishima H, Yoshimine T
Int J Epilepsy   3(1) 42-42   2016年1月   [査読有り]
Nakano N, Miyauchi M, Nakanishi K, Saigoh K, Mitsui Y, Kato A
World Neurosurg   84(4) 1177.e1-7   2015年10月   [査読有り]
Kubota H, Sanada Y, Nagatsuka K, Kato A
Surg Neurol Int   6 97   2015年6月   [査読有り]
Sanada Y, Yabuuchi T, Yoshioka H, Kubota H, Kato A
Neurol Med Chir (Tokyo)   55(3) 210-213   2015年3月   [査読有り]
Tsuji K, Fukawa N, Nakagawa N, Yabuuchi T, Nakano N, Kato A
NMC Case Report Journal   3 93-96   2015年2月   [査読有り]
Kubota H, Sanada Y, Tasaki T, Miyauchi M, Tanikawa R, Ohtsuki T, Kato A
Neurosurgery   76(5) 633-6; discussion 636   2015年1月   [査読有り]
Tasaki T, Fujita M, Izumoto S, Nakagawa K, Kato A
Jpn J Neurosurg   24(3) 192-197   2015年1月   [査読有り]
Kubota H, Sanada Y, Yoshioka H, Tasaki T, Shiroma J, Miyauchi M, Tanikawa R, Matsuki M, Otsuki T, Kato A
Acta Neurochir   157(1) 43-48   2014年10月   [査読有り]
Tsuji K, Nakagawa N, Fukawa N, Kato A
J Stroke Cerebrovasc Dis   23(10) e449-52   2014年6月   [査読有り]
Okuda T, Fujita M, Yoshioka H, Tasaki T, Kato A
Surg Neurol Int   5(1) 100   2014年6月   [査読有り]
Ikeda S, Shibata T, Nakano N, Okada R, Tsuyuguchi N, Ikeda K, Kato A
Front Hum Neurosci   8(epub) 125   2014年3月   [査読有り]
Okuda T, Yamashita J, Fujita M, Yoshioka H, Tasaki T, Kato A
Acta Neurochir   156(7) 1403-1407   2014年2月   [査読有り]
Hayashi H, Okamoto I, Tanizaki J, Tanaka K, Okuda T, Kato A, Nishimura Y, Nakagawa K
J Clin Oncol   32(36) e122-4   2014年2月   [査読有り]
Nakano N, Fukawa N, Nakagawa N, Nakanishi K, Tsuji K, Yabuuchi T, Iwakura N, Kato A
J Neurol Surg A Cent Eur Neurosurg   75(05) 350-353   2014年1月   [査読有り]
Okuda T, Hayashi H, Fujita M, Yoshioka H, Tasaki T, Nakagawa K, Kato A
Int Canc Conf J   3(211)    2013年12月   [査読有り]
Kishima H, Oshino S, Tani N, Maruo Y, Morris S, Khoo HM, Yanagisawa T, Shimono K, Okinaga T, Hirata M, Kato A, Yoshimine T
Neurol Med Chir (Tokyo)   53(11) 814-820   2013年10月   [査読有り]
Okada R, Okuda T, Nakano N, Nishimatsu K, Fukushima H, Onoda M, Otsuki T, Ishii K, Murakami T, Kato A
J NeuroLinguist   26 470-478   2013年7月   [査読有り]
Hosomi K, Kishima H, Oshino S, Hirata M, Tani N, Maruo T, Khoo HM, Shimosegawa E, Hatazawa J, Kato A, Yoshimine T
Epilepsy Res   103(2-3) 195-204   2013年2月   [査読有り]
Okuda T, Yoshioka H, Kato A
J Clin Neurosci   19(12) 1719-1722   2012年12月   [査読有り]
Iwatani Y, Kagitani-Shimono K, Tominaga K, Okinaga T, Kishima H, Kato A, Nagai T, Ozono K
Epilepsy Res   102(1-2) 60-70   2012年11月   [査読有り]
Iwatani Y, Kagitani-Shimono K, Tominaga K, Okinaga T, Mohri I, Kishima H, Kato A, Sanefuji W, Yamamoto T, Tatsumi A, Murata E, Taniike M, Nagai T, Ozono K
Brain Dev   34(9) 731-738   2012年10月   [査読有り]
Nakanishi K, Uchiyama T, Nakano N, Fukawa N, Yamada K, Yabuuchi T, Kato A
J Clin Neurosci   19(4) 594-597   2012年4月   [査読有り]
Hashimoto N, Rabo CS, Okita Y, Kinoshita M, Kagawa N, Fujimoto Y, Morii E, Kishima H, Maruno M, Kato A, Yoshimine T
J Neurosurg   116(3) 574-580   2012年3月   [査読有り]
Uchiyama T, Nakanishi K, Fukawa N, Yoshioka H, Murakami S, Nakano N, Kato A
Neurol Med Chir (Tokyo)   52(7) 463-469   2012年   [査読有り]
Nakano N, Taneda M, Watanabe A, Kato A
ISRN Neurology   2012 592678   2012年   [査読有り]
Nakanishi K, Nakano N, Uchiyama T, Kato A
Adv Orthop   2011 516382   2011年6月   [査読有り]
Taniguchi M, Kato A, Taki T, Tsuzuki T, Yoshimine T, Kohmura E
Skull Base   21(2) 115-122   2011年3月   [査読有り]
Sanada Y, Fujinaka T, Yoshimine T, Kato A
J Clin Neurosci   18(2) 280-282   2011年2月   [査読有り]
Okuda T, Kataoka K, Kato A
Acta neurochirurgica   152(10) 1801-1804   2010年10月   [査読有り]
Yamazaki Y, Yagi M, Nakano N, Okuda T, Yugami Y, Okada R, Shiosaka S, Kato A, Hara Y
Neurosci Res   68(Suppl. 1) e440-e441   2010年9月   [査読有り]
Ikeda S, Shibata T, Imatani E, Tsuyuguchi N, Nakano N, Hara Y, Okada R, Ikeda K, Kato A
Neurosci Res   68(Suppl. 1) e83-e83   2010年9月   [査読有り]
Sanada Y, Kamiyama H, Iwaisako K, Yoshimine T, Kato A
Minim Invas Neurosurg   53(4) 203-206   2010年8月   [査読有り]
Hirata M, Goto T, Barnes G, Umekawa Y, Yanagisawa T, Kato A, Oshino S, Kishima H, Hashimoto N, Saitoh Y, Tani N, Yorifuji S, Yoshimine T
J Neurosurgery   112(3) 528-538   2010年3月   [査読有り]
Okuda T, Kataoka K, Yabuuchi T, Yugami H, Kato A
J Clin Neurosci   17(1) 118-121   2010年1月   [査読有り]
Honda N, Matuoka T, Sawada Y, Nakano N, Suwen L, Higashimoto Y, Fukuda K, Ohgi S, Kato A
Pediatr Neurosurg   46(4) 313-317   2010年1月   [査読有り]
Okuda T, Teramoto Y, Yugami H, Kataoka K, Kato A
Surg Neurol   72(6) 703-6; discussion 706   2009年12月   [査読有り]
Yanagisawa T, Hirata M, Kishima H, Goto T, Saitoh Y, Oshino S, Hosomi K, Kato A, Yoshimine T
Epilepsy Res   87(1) 12-17   2009年11月   [査読有り]
Yanagisawa T, Hirata M, Saitoh Y, Kato A, Shibuya D, Kamitani Y, Yoshimine T
NeuroImage   45(4) 1099-1106   2009年5月   [査読有り]
Hashiba T, Hashimoto N, Izumoto S, Suzuki T, Kagawa N, Maruno M, Kato A, Yoshimine T
J Neurosurg   110(4) 675-684   2009年4月   [査読有り]
Oshino S, Kato A, Hirata M, Kishima H, Saitoh Y, Fujinaka T, Yoshimine T
Stroke   39(10) 2769-2775   2008年10月   [査読有り]
Kato H, Shimosegawa E, Oku N, Kitagawa K, Kishima H, Saitoh Y, Kato A, Yoshimine T, Hatazawa J
J Nucl Med   49(3) 383-389   2008年3月   [査読有り]
Fujimoto Y, Kato A, Yoshimine T
British J Neurosurg   21(6) 618-621   2007年12月
Saitoh Y, Hirayama A, Kishima H, Shimokawa T, Oshino S, Hirata M, Tani N, Kato A, Yoshimine T
J Neurosurg   107(3) 555-559   2007年9月   [査読有り]
Kishima H, Saitoh Y, Osaki Y, Nishimura H, Kato A, Hatazawa J, Yoshimine T
J Neurosurg   107(1) 43-48   2007年7月   [査読有り]
Hirata M, Koreeda S, Sakihara K, Kato A, Yoshimine T, Yorifuji S
NeuroImage   35 420-429   2007年3月
Oshino S, Kato A, Wakayama A, Taniguchi M, Hirata M, Yoshimine T
NeuroImage   34(3) 957-964   2007年2月   [査読有り]
Y. Saitoh, A. Hirayama, H. Kishima, S. Oshino, M. Hirata, A. Kato, T. Yoshimine
Acta Neurochirurgica, Supplementum   99 57-59   2006年12月
https://doi.org/10.1007/978-3-211-35205-2_11
Hirayama A, Saitoh Y, Kishima H, Shimokawa T, Oshino S, Hirata M, Kato A, Yoshimine T
Pain   122(1-2) 22-27   2006年5月   [査読有り]
Kato A, Kishima H, Okinaga T, Ninomiya H, Hashimoto N, Oshino S, Hirata M, Saitoh Y, Kagawa N, Imai K, Yoshimine T
Jpn J Neurosurg   15(3) 203-209   2006年3月   [査読有り]
Miyanari A, Kaneoke Y, Ihara A, Watanabe S, Osaki Y, Kubo T, Kato A, Yoshimine T, Sagara Y, Kakigi R
Brain Topography   18(3) 189-199   2006年   [査読有り]
Taniguchi M, Kato A, Taki T, Tsuzuki T, Hashimoto N, Fujimoto Y, Yoshimine T
Minim Invas Neurosurg   48(6) 365-368   2005年12月
Fujimoto Y, Kato A, Saitoh Y, Ninomiya H, Imai K, Hashimoto N, Kishima H, Maruno M, Yoshimine T.
Minim Invas Neurosurg   48(3) 132-135   2005年6月   [査読有り]
Kato A, Fujimoto Y, Hashimoto N, Taniguchi M, Kinoshita M, Hirayama A, Maruno M, Yoshimine T
Acta Neurochir   147 543-550   2005年5月
Kinoshita M, Yamada K, Hashimoto N, Kato A, Izumoto S, Baba T, Maruno M, Nishimura T, Yoshimine T
NeuroImage   25(2) 424-429   2005年4月   [査読有り]
Kato A, Fujimoto Y, Taniguchi M, Hashimoto N, Hirayama A, Kinoshita M, Baba T, Maruno M, Yoshimine T
J Neurosurg   101(5) 779-786   2004年11月   [査読有り]
Tani N, Saitoh Y, Hirata M, Kato A, Yoshimine T
J Neurosurg   101(4) 687-689   2004年10月   [査読有り]
Hirata M, Kato A, Taniguchi M, Saitoh Y, Ninomiya H, Ihara A, Kishima H, Oshino S, Baba T, Yorifuji S, Yoshimine T
NeuroImage   23(1) 46-53   2004年9月   [査読有り]
Fujimoto Y, Kato A, Taniguchi M, Maruno M, Yoshimine T
J NeuroOncol   68(2) 185-187   2004年6月   [査読有り]
Saitoh Y, Osaki Y, Nishimura H, Hirano S, Kato A, Hashikawa K, Hatazawa J, Yoshimine T
J Neurosurg   100(5) 935-939   2004年5月   [査読有り]
Toyota S, Takimoto H, Karasawa J, Kato A, Yoshimine T
J Neurosurg   100(3) 512-516   2004年3月   [査読有り]
Taniguchi M, Kato A, Ninomiya H, Hirata M, Cheyne D, Robinson SE, Maruno M, Saitoh Y, Kishima H, Yoshimine Y
J Neurol Neurosurg Psychiat   75(3) 466-471   2004年3月   [査読有り]
Fujimoto Y, Kato A, Saitoh Y, Ninomiya H, Imai K, Sakakibara RI, Maruno M, Kishima H, Yoshimura K, Hasegawa H, Yoshimine T
Acta Neurochir   145(8) 697-700   2003年7月   [査読有り]
Ihara A, Hirata M, Sakihara K, Izumi H, Takahashi Y, Kono K, Imaoka H, Osaki Y, Kato A, Yoshimine T, Yorifuji S
NeuroSci Let   339(2) 135-138   2003年3月   [査読有り]
Ihara A, Hirata M, Yanagihara K, Ninomiya H, Imai K, Ishii R, Osaki Y, Sakihara K, Izumi H, Imaoka H, Kato A, Yoshimine T, Yorifuji S.
NeuroReport   14(2) 273-277   2003年2月   [査読有り]
Ihara A, Hirata M, Yanagihara K, Ninomiya H, Imai K, Ishii R, Osaki Y, Sakihara K, Izumi H, Imaoka H, Kato A, Yoshimine T, Yorifuji S
NeuroReport   14(2) 273-277   2003年2月   [査読有り]
Kubo S, Ueno M, Takimoto H, Karasawa J, Kato A, Yoshimine T
J Neurosurg   98(2) 430-433   2003年2月   [査読有り]
Saitoh Y, Kato A, Hagihara Y, Kaneda Y, Yoshimine T
Current Gene Therapy   3(1) 49-58   2003年2月   [査読有り]
Kubo S, Takimoto H, Kato A, Yoshimine T
Neurosurgery   51(4) 1094-6; discussion 1096   2002年10月   [査読有り]
Hirata M, Kato A, Taniguchi M, Ninomiya H, Cheyne D, Robinson SE, Maruno M, Kumura E, Ishii R, Hirabuki N, Nakamura H, Yoshimine T
NeuroSci Let   318(2) 73-76   2002年1月   [査読有り]
Mizuno-Matsumoto Y, Yoshimine T, Nii Y, Kato A, Taniguchi M, Lee JK, Ko TS, Date S, Tamura S, Shimojo S, Shinosaki K, Inouye T, Takeda M
Epilepsy & Behavior   2(3) 288-294   2001年6月   [査読有り]
Saitoh Y, Hirano SI, Kato A, Kishima H, Hirata M, Yamamoto K, Yoshimine T
Neurosurg Focus   11(3) E1   2001年1月   [査読有り]
M. Maruno, H. Ninomiya, A. K. Ghulam Muhammad, M. Hirata, A. Kato, T. Yoshimine
Brain Tumor Pathology   17 21-27   2000年12月
Muhammad AKMG, Maruno M, Maeda N, Kato A, Yoshimine T
Surgical Neurol   54(6) 458-463   2000年12月
DOI Unavailable- 10.1016/S0090-3019(00)00311-6
Taniguchi M, Kato A, Fujita N, Hirata M, Tanaka H, Kihara T, Ninomiya H, Hirabuki N, Nakamura H, Robinson SE, Cheyne D, Yoshimine T.
NeuroImage   12(3) 298-306   2000年9月   [査読有り]
Isaka T, Maruno M, Muhammad AK, Kato A, Nakagawa H, Yoshimine T.
J NeuroOncol   46(2) 145-150   2000年6月   [査読有り]
Taniguchi M, Yamashita T, Kumura E, Tamatani M, Kobayashi A, Yokawa T, Maruno M, Kato A, Ohnishi T, Kohmura E, Tohyama M, Yoshimine T
Brain Res. Mol Brain Res   78(1-2) 131-137   2000年5月   [査読有り]

Misc

 
下垂体卒中とHMGB1
奥田 武司, 藤田 貢, 加藤 天美
Brain Tumor Pathology   36(Suppl.) 087-087   2019年5月
布川知史, 中野直樹, 宮内正晴, 吉岡宏真, 露口尚弘, 加藤天美, 植嶋利文
日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集   42nd 147-147   2019年2月
古川健太郎, 布川知史, 眞田寧皓, 久保田尚, 中川修宏, 辻潔, 加藤天美
脳神経外科速報   29(3) 316‐321   2019年3月
内山卓也, 布川知史, 布川知史, 加藤天美
Neurosurgical Emergency   23(3) 261   2019年
眞田寧皓, 加藤天美
日本整容脳神経外科学会プログラム・抄録集   12th 28   2019年
加藤天美
Epilepsy   12(2) 119‐124-124   2018年11月
奥田武司, 山下樹里, 田崎貴之, 加藤天美
日本神経内視鏡学会プログラム・抄録集   25th 101   2018年10月
布川知史, 中野直樹, 宮内正晴, 吉岡宏真, 露口尚弘, 加藤天美
てんかん研究   36(2) 410-410   2018年9月
痙縮に対する包括的治療 バクロフェン髄注療法を中心に
内山 卓也, 吉岡 宏真, 布川 知史, 加藤 天美
臨床神経生理学   46(5) 380-380   2018年10月
露口尚弘, 中野直樹, 宮内正晴, 宇田武弘, 加藤天美
てんかん研究   36(2) 428-428   2018年9月
中野直樹, 中野直樹, 宮内正晴, 宮内正晴, 吉岡宏真, 中川修宏, 西郷和真, 布川知史, 露口尚弘, 露口尚弘, 加藤天美, 加藤天美
てんかん研究   36(2) 499-499   2018年9月
中川修宏, 中野直樹, 宮内正晴, 吉岡宏真, 布川知史, 露口尚弘, 露口尚弘, 加藤天美
てんかん研究   36(2) 499-499   2018年9月
吉岡宏真, 中野直樹, 田崎貴之, 中川修宏, 布川知史, 宮内正晴, 加藤天美
てんかん研究   36(2) 546-546   2018年9月
宮内正晴, 中野直樹, 露口尚弘, 加藤天美
てんかん研究   36(2) 465-465   2018年9月
奥田武司, 山下樹里, 田崎貴之, 露口尚弘, 加藤天美
日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集   23rd 138   2018年9月
神経膠腫に合併したてんかん患者におけるペランパネルの発作抑制効果と腫瘍抑制効果(Response to seizure and tumor-progression by perampanel in uncontrollable epilepsy with gliomas)
藤田 貢, 田崎 貴之, 宮内 正晴, 奥田 武司, 中川 修宏, 中野 直樹, 加藤 天美, 泉本 修一
日本癌学会総会記事   77回 913-913   2018年9月
ステロイド療法が奏功した脳原発リンパ腫様肉芽腫症の一例
中尾 剛幸, 泉本 修一, 露口 尚弘, 加藤 天美, 横尾 英明, 榎木 英介
Brain Tumor Pathology   35(Suppl.) 178-178   2018年9月
脳静脈洞血栓症を合併し、開頭減圧術・術後エクリズマブ投与が有効であったPNHの一例(Post-operative treatment with eculizumab for PNH presenting as cerebral venous sinus thrombosis)
岩田 吉生, 森田 泰慶, 辻 潔, 頼 晋也, 田崎 貴之, 井上 宏昭, 谷口 康博, 藤本 昂, 田中 宏和, 芦田 隆司, 加藤 天美, 松村 到
臨床血液   59(9) 1765-1765   2018年9月
簡易装着型脳波計装置を用いた脳波測定
布川 知史, 中野 直樹, 宮内 正晴, 吉岡 宏真, 露口 尚弘, 加藤 天美
てんかん研究   36(2) 410-410   2018年9月
てんかん外科における覚醒下機能マッピングの検討
露口 尚弘, 中野 直樹, 宮内 正晴, 宇田 武弘, 加藤 天美
てんかん研究   36(2) 428-428   2018年9月
安静時fMRIを用いた脳梁離断術前後の機能的結合変化の検討
宮内 正晴, 中野 直樹, 露口 尚弘, 加藤 天美
てんかん研究   36(2) 465-465   2018年9月
成人部分発作に対するラコサミドの単剤投与の使用経験
中川 修宏, 中野 直樹, 宮内 正晴, 吉岡 宏真, 布川 知史, 露口 尚弘, 加藤 天美
てんかん研究   36(2) 499-499   2018年9月
ペランパネルの併用使用と安全性の検討
中野 直樹, 宮内 正晴, 吉岡 宏真, 中川 修宏, 西郷 和真, 布川 知史, 露口 尚弘, 加藤 天美
てんかん研究   36(2) 499-499   2018年9月
てんかん重積をきたした脳卒中後遺症例の検討
吉岡 宏真, 中野 直樹, 田崎 貴之, 中川 修宏, 布川 知史, 宮内 正晴, 加藤 天美
てんかん研究   36(2) 546-546   2018年9月
糖尿病性ケトアシドーシスに伴う脳症の一例
松本 真林, 大槻 俊輔, 加藤 天美
臨床神経学   58(4) 268-268   2018年4月
糖尿病性ケトアシドーシスに伴う脳症の一例
松本 真林, 大槻 俊輔, 加藤 天美
臨床神経学   58(4) 268-268   2018年4月
植嶋利文, 布川知史, 木村貴明, 加藤天美, 並木和茂
日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集   41st 113   2018年2月
症候性てんかんの薬物治療
加藤 天美
Neurosurgical Emergency   22(3) np1-np1   2018年2月
緊急穿頭血腫除去のための新しい屈曲吸引管
植嶋 利文, 布川 知史, 木村 貴明, 加藤 天美, 並木 和茂
日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集   41回 113-113   2018年2月
症候性てんかんの薬物治療
加藤 天美
Neurosurgical Emergency   22(3) np1-np1   2018年2月
奥田武司, 藤田貢, 藤田貢, 露口尚弘, 加藤天美
日本間脳下垂体腫瘍学会プログラム・抄録集   28th 129   2018年1月
【神経機能マッピング・モニタリング入門】 神経機能マッピング・モニタリングの現状と未来展望
江夏 怜, 佐久間 潤, 前澤 聡, 加藤 天美
脳神経外科速報   28(1) 6-14   2018年1月
田中 綜一郎, 吉田 久, 宮内 正晴, 中野 直樹, 加藤 天美
生体医工学   56(0) S236-S236   2018年
<p>近年,筆者らは難治性側頭葉てんかん患者の皮質脳波から,各チャンネル間のコネクティビティ形態を定量的に可視化するために,相関関数を用いたコネクティビティ解析法を提案した.コネクティビティ解析は,相関関数の最大値とその遅れ時間の線形結合をコネクティビティ強度として定義し,コネクティビティ強度の逆数を辺長とする最小木を構成することによって可視化するものである.また可視化以外にも全チャンネル間のコネクティビティ強度の上位1%の平均を時間的に追跡することで,コネクティビティ形態が時間とともに変...
真田寧皓, 久保田尚, 加藤天美
日本整容脳神経外科学会プログラム・抄録集   11th 30   2018年
加藤天美, 加藤天美
Neurosurgical Emergency   22(3) 237   2018年
露口尚弘, 宇田武弘, 中野直樹, 宮内正晴, 加藤天美
日本てんかん外科学会プログラム・抄録集   41st 70   2018年
中野直樹, 宮内正晴, 吉岡宏真, 村上沙織, 田崎貴之, 岩倉倫裕, 露口尚弘, 加藤天美
日本てんかん外科学会プログラム・抄録集   41st 72   2018年
宮内正晴, 中野直樹, 露口尚弘, 加藤天美
日本てんかん外科学会プログラム・抄録集   41st 90   2018年
宮内正晴, 中野直樹, 濱田有深, 吉岡宏真, 内山卓也, 加藤天美
日本臨床脳神経外科学会プログラム・抄録集   21st 224   2018年
内山 卓也, 吉岡 宏真, 布川 知史, 加藤 天美
脳神経外科ジャーナル   26(12) 882-891   2017年12月
痙縮は脳卒中・頭部外傷などの中枢神経障害に伴う筋緊張亢進を主体とし、脳神経外科医が日常診療でしばしば遭遇する神経症状である。日本での痙縮の正確な有病率はわかっていないが、海外の報告では、脳卒中の35%以上、重度の頭部外傷の75%の患者が痙縮を呈すると報告されている。日本の脳卒中患者は2014年の調査では約118万人と報告されており、痙縮患者だけでも41万人以上いることとなる。また脳卒中後以外の原因に基づく重度痙縮症例も8万人以上いると推計されている。現在までボツリヌス療法は約5万症例、IT...
田崎貴之, 泉本修一, 宮内正晴, 奥田武司, 中川修宏, 中野直樹, 加藤天美, 藤田貢
バイオ治療法研究会学術集会プログラム・抄録集   21st 31   2017年11月
Flow reversalによる頸動脈ステント留置術後の新規虚血病変の検討
中川 修宏, 布川 知史, 辻 潔, 村上 沙織, 長束 一紘, 加藤 天美
脳血管内治療   2(Suppl.) S81-S81   2017年11月
右S状静脈洞部硬膜動静脈瘻塞栓術後に脳静脈洞血栓症を起こした1例
古川 健太郎, 布川 知史, 中川 修宏, 辻 潔, 加藤 天美
脳血管内治療   2(Suppl.) S199-S199   2017年11月
MRAによる中大脳動脈の走行、分枝の左右差の検討
久保田 尚, 真田 寧皓, 長束 一紘, 村上 沙織, 辻 潔, 中川 修宏, 布川 知史, 加藤 天美
脳血管内治療   2(Suppl.) S237-S237   2017年11月
当施設における頸動脈急性閉塞に対する急性期血行再建術の検討
布川 知史, 中川 修宏, 辻 潔, 久保田 尚, 加藤 天美
脳血管内治療   2(Suppl.) S292-S292   2017年11月
総頸動脈の巨大浮遊血栓に血栓吸引とステント留置を行った1例
長束 一紘, 布川 知史, 中川 修宏, 辻 潔, 久保田 尚, 加藤 天美
脳血管内治療   2(Suppl.) S305-S305   2017年11月
Flow reversalを用いた鎖骨下動脈ステント留置術
辻 潔, 布川 知史, 中川 修宏, 長束 一紘, 加藤 天美
脳血管内治療   2(Suppl.) S330-S330   2017年11月
Flow reversalによる頸動脈ステント留置術後の新規虚血病変の検討
中川 修宏, 布川 知史, 辻 潔, 村上 沙織, 長束 一紘, 加藤 天美
脳血管内治療   2(Suppl.) S81-S81   2017年11月
右S状静脈洞部硬膜動静脈瘻塞栓術後に脳静脈洞血栓症を起こした1例
古川 健太郎, 布川 知史, 中川 修宏, 辻 潔, 加藤 天美
脳血管内治療   2(Suppl.) S199-S199   2017年11月
MRAによる中大脳動脈の走行、分枝の左右差の検討
久保田 尚, 真田 寧皓, 長束 一紘, 村上 沙織, 辻 潔, 中川 修宏, 布川 知史, 加藤 天美
脳血管内治療   2(Suppl.) S237-S237   2017年11月
当施設における頸動脈急性閉塞に対する急性期血行再建術の検討
布川 知史, 中川 修宏, 辻 潔, 久保田 尚, 加藤 天美
脳血管内治療   2(Suppl.) S292-S292   2017年11月
総頸動脈の巨大浮遊血栓に血栓吸引とステント留置を行った1例
長束 一紘, 布川 知史, 中川 修宏, 辻 潔, 久保田 尚, 加藤 天美
脳血管内治療   2(Suppl.) S305-S305   2017年11月
Flow reversalを用いた鎖骨下動脈ステント留置術
辻 潔, 布川 知史, 中川 修宏, 長束 一紘, 加藤 天美
脳血管内治療   2(Suppl.) S330-S330   2017年11月
奥田武司, 山下樹里, 田崎貴之, 加藤天美
日本神経内視鏡学会プログラム・抄録集   24th 133   2017年10月
露口尚弘, 中野直樹, 加藤天美
臨床神経生理学   45(5) 401   2017年10月
内山卓也, 吉岡宏真, 布川知史, 加藤天美
臨床神経生理学   45(5) 305   2017年10月
運動障害のNeuromodulation治療 痙縮に対するニューロモデュレーション治療
内山 卓也, 吉岡 宏真, 布川 知史, 加藤 天美
臨床神経生理学   45(5) 305-305   2017年10月
Cortical Stimulatorによる刺激強度の検証
露口 尚弘, 中野 直樹, 加藤 天美
臨床神経生理学   45(5) 401-401   2017年10月
くも膜下出血を合併した好酸球性多発血管炎性肉芽腫の1例
渡辺 圭子, 森田 玲子, 柳原 茂人, 大磯 直毅, 川田 暁, 長束 一紘, 大槻 俊輔, 加藤 天美, 井上 明日香, 永禮 靖章, 船内 正憲, 松村 到, 岩永 賢司, 東田 有智
皮膚の科学   16(5) 379-380   2017年10月
運動障害のNeuromodulation治療 痙縮に対するニューロモデュレーション治療
内山 卓也, 吉岡 宏真, 布川 知史, 加藤 天美
臨床神経生理学   45(5) 305-305   2017年10月
Cortical Stimulatorによる刺激強度の検証
露口 尚弘, 中野 直樹, 加藤 天美
臨床神経生理学   45(5) 401-401   2017年10月
中川修宏, 中野直樹, 宮内正晴, 大槻俊輔, 加藤天美
てんかん研究   35(2) 515   2017年9月
田崎貴之, 中野直樹, 宮内正晴, 加藤天美
てんかん研究   35(2) 614   2017年9月
中野直樹, 宮内正晴, 中川修宏, 村上沙織, 田崎貴之, 泉本修一, 加藤天美
てんかん研究   35(2) 474   2017年9月
発作性夜間血色素尿症に伴う静脈洞血栓症に対しeculizumabを用い良好な経過を得た一例
松本 真林, 田崎 貴之, 辻 潔, 加藤 天美, 大槻 俊輔
臨床神経学   57(6) 346-346   2017年6月
加藤天美
Epilepsy   11 3‐7   2017年5月
海綿静脈洞に発生した血管内リンパ腫の1例
奥田 武司, 河合 滋, 眞田 寧皓, 前西 修, 泉本 修一, 加藤 天美
Brain Tumor Pathology   34(Suppl.) 137-137   2017年5月
【抗てんかん薬の新たな潮流】 ペランパネルの薬理作用
加藤 天美
Epilepsy: てんかんの総合学術誌   11(Suppl.) 3-7   2017年5月
内山卓也, 布川知史, 加藤天美
脳神経外科ジャーナル   26(Supplement) 86   2017年4月
中野直樹, 加藤天美
脳神経外科速報   27(4) 382‐387-387   2017年4月
<POINT 1>迷走神経刺激療法は埋没型刺激デバイスを留置する方法で、術後に刺激調節を行う。<POINT 2>左頸部迷走神経の周囲の解剖学的構造を理解することが重要である。<POINT 3>適応例は薬剤抵抗性の難治性てんかん発作を有するてんかん患者(開頭手術が奏功する症例を除く)であり、発作頻度を軽減する効果が期待できる。(著者抄録)
真田寧皓, 久保田尚, 中川修宏, 布川知史, 辻潔, 岩倉倫裕, 長束一紘, 加藤天美
脳卒中の外科   45(2) 135‐139-139   2017年3月
Anastomosis of the superficial temporal artery (STA) to the middle cerebral artery is useful for internal carotid occlusion cases. However, in the case of common carotid artery (CCA) occlusion, another bypass strategy should be sought because of i...
杉野寿樹, 吉田久, 宮内正晴, 中野直樹, 加藤天美
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.D‐7‐6   2017年3月
真田 寧皓, 久保田 尚, 中川 修宏, 布川 知史, 辻 潔, 岩倉 倫裕, 長束 一紘, 加藤 天美
脳卒中の外科   45(2) 135-139   2017年3月
症候性総頸動脈閉塞症に対し血行再建術を行った5例の治療成績を検討した。その結果、術前の血管造影で椎骨動脈から後頭動脈を介して、浅側頭動脈(STAに十分な血流灌流があると判断した1例にはSTA-中大脳動脈吻合術(STA-MCA bypass)のみを行った。過去に施行されたSTA-MCA bypassが開存していた1例には頸横動脈を外頸動脈に吻合した。残る3例には椎骨動脈グラフトを用いた血行再建を行った。1例が術後2ヵ月経過した時点で重症心不全により転院となったためフォローアップから外れたが、...
奥田武司, 山下樹里, 加藤天美
日本間脳下垂体腫よう学会プログラム・抄録集   27th 91   2017年2月
重症頭部外傷・多発外傷の病態と治療 頭部外傷後痙縮に対するITB治療
内山 卓也, 布川 知史, 加藤 天美
Neurosurgical Emergency   21(3) 294-294   2017年2月
泉本修一, 宮内正晴, 田崎貴之, 奥田武司, 中川修宏, 中野直樹, 加藤天美
日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集   35th 164   2017年
久保田尚, 真田寧皓, 長束一紘, 村上沙織, 辻潔, 中川修宏, 布川知史, 加藤天美
脳血管内治療(Web)   2(Supplement) S237(J‐STAGE)   2017年
中川修宏, 布川知史, 辻潔, 村上沙織, 長束一紘, 加藤天美
脳血管内治療(Web)   2(Supplement) S81(J‐STAGE)   2017年
内山卓也, 吉岡宏真, 布川知史, 加藤天美
脳神経外科ジャーナル   26(12) 882‐891(J‐STAGE)-891   2017年
<p> 痙縮は脳卒中・頭部外傷などの中枢神経障害に伴う筋緊張亢進を主体とし, 脳神経外科医が日常診療でしばしば遭遇する神経症状である. </p><p> 日本での痙縮の正確な有病率はわかっていないが, 海外の報告では, 脳卒中の35%以上, 重度の頭部外傷の75%の患者が痙縮を呈すると報告されている. 日本の脳卒中患者は2014年の調査では約118万人と報告されており, 痙縮患者だけでも41万人以上いることとなる. また脳卒中後以外の原因に基づく重度痙縮症例も8万人以上いると推計されている....
古川健太郎, 布川知史, 中川修宏, 辻潔, 加藤天美
脳血管内治療(Web)   2(Supplement) S199(J‐STAGE)   2017年
内山卓也, 布川知史, 布川知史, 加藤天美
Neurosurgical Emergency   21(3) 294   2017年
布川知史, 中川修宏, 辻潔, 久保田尚, 加藤天美
脳血管内治療(Web)   2(Supplement) S292(J‐STAGE)   2017年
奥田武司, 山下樹里, 田崎貴之, 加藤天美
日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集   22nd 184   2017年
辻潔, 布川知史, 中川修宏, 長束一紘, 加藤天美
脳血管内治療(Web)   2(Supplement) S330(J‐STAGE)   2017年
長束一紘, 布川知史, 中川修宏, 辻潔, 久保田尚, 加藤天美
脳血管内治療(Web)   2(Supplement) S305(J‐STAGE)   2017年
藤田貢, 田崎貴之, 奥田武司, 吉岡宏真, 泉本修一, 加藤天美
日本免疫治療学研究会学術集会プログラム・抄録集   14th 34   2017年
真田寧皓, 久保田尚, 加藤天美
日本整容脳神経外科研究会プログラム・抄録集   10th 24   2017年
中野直樹, 宮内正晴, 吉岡宏真, 村上沙織, 田崎貴之, 岩倉倫裕, 加藤天美
日本てんかん外科学会プログラム・抄録集   40th 67   2017年
田中 綜一郎, 吉田 久, 宮内 正春, 中野 直樹, 加藤 天美
生体医工学   55(4) 280-280   2017年
<p>本研究では難治性側頭葉てんかん患者の皮質脳波を用いて、てんかん発作初期段階における異常興奮脳波のコネクティビティ形態推定を行った。吉岡らの研究(2015)では、相互相関関数を用いた推定法と偏相関係数による推定法の提案・比較が行われており、後者の推定方の方がコネクティビティ形態を正確に捉えることができる可能性が示唆された。しかし、偏相関係数による推定法は時間遅れを考慮していない。そこで、本研究では偏相関関数によるコネクティビティ形態推定法の提案を行った。また、相互相関関数による推定結果...
杉野 寿樹, 吉田 久, 宮内 正晴, 中野 直樹, 加藤 天美
生体医工学   55(4) 282-282   2017年
<p>無言無動症は行動意思の欠如がみられる症状である。そこで我々は、 DMN の中で行動意思に関係し、運動野と体性感覚野に結合を持つ前部帯状回を関心領域に設定し、脳梁離断手術を受けた 5 名のてんかん患者にROI-based functional connectivity analysesを行なった。その結果、てんかん患者 5 名中、脳梁離断手術によって急性離断症候群を発症した 2 名中1 名は、手術前には運動野と体性感覚野に相関がみられたが、手術後にはこの2つの領域への相関が消失するとい...
久保田尚, 真田皓寧, 田崎貴之, 宮内正晴, 谷川緑野, 大槻俊輔, 加藤天美
近畿大学医学雑誌   41(3-4) 18A-18A   2016年12月
西郷和真, 西郷和真, 西郷和真, 三井良之, 三井良之, 中野直樹, 河野政子, 濱田征宏, 濱田征宏, 池川敦子, 平野牧人, 加藤天美, 楠進, 楠進
日本神経学会学術大会プログラム・抄録集   57th(Suppl.) 673-S506   2016年12月
奥田武司, 藤田貢, 藤田貢, 田崎貴之, 中田晋, 山下公大, 吉岡宏真, 泉本修一, 加藤天美
バイオ治療法研究会学術集会プログラム・抄録集   20th 32   2016年12月
頸動脈内膜剥離術における到達可能な内頸動脈遠位端のMRAによる術前評価
久保田 尚, 真田 寧皓, 田崎 貴之, 宮内 正晴, 谷川 緑野, 大槻 俊輔, 加藤 天美
近畿大学医学雑誌   41(3-4) 18A-18A   2016年12月
血行再建術を行った症候性総頸動脈閉塞症の2例
古川 健太郎, 真田 寧晧, 久保田 尚, 中川 修宏, 布川 知史, 辻 潔, 岩倉 倫裕, 加藤 天美
脳循環代謝   28(1) 219-219   2016年11月
破裂大型内頸動脈瘤塞栓術後に視神経障害が出現しコイル摘出術を行った1例
布川 知史, 中川 修宏, 辻 潔, 久保田 尚, 加藤 天美
脳血管内治療   1(Suppl.) S163-S163   2016年11月
急性頭蓋内tandem閉塞を伴う頸部内頸動脈病変に対する再開通療法
中川 修宏, 布川 知史, 辻 潔, 村上 沙織, 古川 健太郎, 加藤 天美
脳血管内治療   1(Suppl.) S194-S194   2016年11月
PercuSurgeによるanchoring techniqueを用いた総頸動脈起始部狭窄の経大腿動脈ステント留置術
辻 潔, 中川 修宏, 布川 知史, 宮内 正晴, 古川 健太郎, 加藤 天美
脳血管内治療   1(Suppl.) S210-S210   2016年11月
PercuSurgeによるanchoring techniqueを用いた総頸動脈起始部狭窄の経大腿動脈ステント留置術
辻 潔, 中川 修宏, 布川 知史, 宮内 正晴, 古川 健太郎, 加藤 天美
脳血管内治療   1(Suppl.) S210-S210   2016年11月

書籍等出版物

 
加藤 天美 (担当:編者)
先端医学社   2019年1月   ISBN:9784865503777
•1 基礎編 てんかんにおけるAMPA型グルタミン酸受容体の機能とペランパネルの薬理作用(てんかん発症におけるイオンチャネルおよび受容体の機能異常;AMPA型グルタミン酸受容体の構造とシナプス伝達機構;病態生理におけるカルシウム透過性AMPA型グルタミン酸受容体とその制御;ペランパネルのプロファイルと薬理作用)
•2 臨床編 ペランパネルによるてんかん治療の実際(てんかんの診断基準とガイドラインの変遷〜ペランパネルの位置付け;児童・小児のてんかんの特徴と治療;思...
加藤 天美
[加藤天美]   2006年   
機能的脳神経外科の最先端
加藤 天美 (担当:分担執筆)
寺田国際事務所/先端医療技術研究所   2002年6月   ISBN:492508920X

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 加藤 天美
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 泉本 修一
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 甲斐田 勇人
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 奥田 武司
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 加藤 天美
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 内山 卓也
痙縮症例やジストニア症例を代表とする筋緊張異常症の症例を、臥床状態、車椅子、歩行介助、自力歩行可能群の重症度別に分類し、筋緊張・関節運動の重症度数値評価であるAshworth scaleを計測、それぞれ症例の安静時呼吸代謝を計測。筋緊張が高度であれば安静時代謝は亢進しているという仮定に基づき、重症度と安静時代謝の相関性を計測し正当性を評価し、痙縮治療(ITB 療法)により、術後安静時代謝がどの程度低下するのかを計測し、筋緊張数値評価であるAshworth scale との相関性を評価し、I...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 中野 直樹
パーキンソン病は進行に伴い、歩行困難が目立ってくる。中でもすくみ足は重要な解決すべき問題である。視覚や聴覚のキューを用いることにより、このすくみ足の改善が見られる。そこで、電気刺激のキューを用いた歩行の改善をめざす。具体的には、従来から、疼痛緩和に用いられている脊髄刺激に着目し、下肢への最適な刺激条件をみいだし、歩行改善を得ようとした。予備的な研究では、低頻度2-5HZが効果的であった。この条件下でのさらなる症例の積み重ねと、未だ解明されていない脊髄刺激のメカニズムを探るべく、刺激中の脳波...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 藤田 貢
肺がんに対する治療成績向上に伴い転移性脳腫瘍の罹患率が増加している。近年がん増殖・浸潤・転移における免疫系の関わりが明らかとなりつつあり、NSAID の長期投与によるがん死亡率低下が報告された。近年我々は、脳腫瘍発生初期において骨髄由来抑制細胞 (MDSC) が CCL2/CXCL12 ケモカイン依存性に病変部に集積し、発症のトリガーとなり、かつ NSAID により COX-2 阻害により MDSC 抑制および脳腫瘍発生抑制しうることを示してきた。それらの知見を元に、本研究では、特に肺がん...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 加藤 天美
 ヒトの脳機能は広い範囲の脳領域の協調により発現すると考えられているが、ヒトの能動的企図(チョイス)を包含する情報は驚くほど狭い領域の脳皮質活動に集約される可能性がある。これらを同定することは、電極の少ない、効率的な脳-マシンインターフェイス (BMI)の開発に繋がる。 そこで、BMIに使用する脳波として、どの部位に電極を留置すれば、最も効率の良い信号を得られるかという点について検討するため、単語レベルと文レベルの課題を用いてfMRIを撮像し、賦活部位を解析した。その結果、音韻認知からの語...
厚生労働省(MHLW): 厚生労働科学研究費補助金(厚生科研費)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 大槻 泰介
初年度においては、疫学調査、診療実態調査及び診療連携システム構築に向けた予備調査を行ない、少なくとも人口の0.53%以上と予測される我が国のてんかんの有病率が、これまでの厚労省の患者数調査(人口の0.17%)に反映されない要因につき検討を加えた。また日本医師会及び日本てんかん学会を通じ、我が国においててんかん診療を行っている医師を対象としたアンケート調査を行ない、その結果、日本医師会757名、日本てんかん学会667名、計1464名より回答を得ることができ、うち承諾を得た831名による全国の...
厚生労働省(MHLW): 厚生労働科学研究費補助金(厚生科研費)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 宮武 伸一
膠芽腫の根治は困難である。X線と新規アルキル化剤テモダール(TMZ)による放射線化学療法がようやく標準治療として認められてきたが、それとてもX線単独治療群の生存期間中央値(MST)12ヶ月にわずか2.5ヶ月の上乗せを追加したに過ぎない。われわれは化学療法の併用抜きでの新規診断膠芽腫に対するBNCT+X線追加照射でMST23.5ヶ月の成績を出し、単一施設での第2相臨床試験として、BNCTの治療効果を報告している。これに続くstepとして、BNCT+X線追加照射+TMZにより、新規診断膠芽腫に...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 中野 直樹
頭蓋内脳表電極を用いて,基底核を刺激した際の大脳皮質の反応をとらえた。計画書にのっとり、全身麻酔下での脳深部刺激例に対し、脳表電極から、深部刺激中の反応を測定した。【方法と対象】進行性パーキンソン病に対し,全身麻酔下で脳深部刺激術を施行した。【結果】視床下核例では、運動野に留置された電極から、130Hz-160Hz刺激により 20Hzでの波形の増大をえた。刺激部位の違いも患側され、視床下核の背側の方がより 20hzのパワーが高かった。刺激開始から、500msecでの反応がもっとも認められ、...
科学技術振興機構(JST): 戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)
研究期間: 2007年 - 2011年    代表者: 太田 淳
分担研究:機能的脳疾患医療応用の検討(加藤天美) 分担研究支給額:72,488千円

フォトニクス技術とLSI(大規模集積回路)技術を融合し,バイオ・医療への適用を可能とする新しいバイオメディカルフォトニックデバイスの創成を目指します。光デバイス,バイオ,脳神経外科の各研究者の共同により,光の特徴を最大限に活かしたフォトニックLSIデバイスの新たな可能性を示し,脳科学分野への展開,パーキンソン病やてんかんなど脳の機能的疾患への臨床応用開拓までを見据えた研究を推進しました。
機能的脳疾患医療...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 加藤 天美
脳-コンピュータインターフェイス(BCI)は意図的な脳活動を情報としてコンピュータでとらえるシステムを総称する。本研究では、脳神経外科患者の協力を得て、運動課題時(3種の手運動)と言語(3母音黙読)課題時の皮質脳波を入力とするBCIの開発研究を行った。その結果、運動企図に関しては、患者がどの様な運動を企図しているか運動前に、86.6±5.8%の確率で予測できた。さらに言語企図に関しては、チャンスレベル(33%)を大きく超える53-63%の判別性能を得た。
厚生労働省(MHLW): 厚生労働科学研究費補助金(厚生科研費)
研究期間: 2009年4月 - 2009年3月    代表者: 大槻泰介
厚生科研費 : 200918032A
難治性の不随意運動を呈するトゥレット症候群に対する脳深部刺激療法の効果と認知・情動機能への安全性を評価するための、二重盲検多施設臨床研究プロトコルを作成した。本研究により重篤な希少疾患に対する治療技術がわが国に早期に導入され、その結果、多くの難治性トゥレット症候群患者が悲惨な生活から解放され国民の保健・医療・福祉向上が得られることが期待される。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 平田 雅之
1)非侵襲的脳機能同定法の研究
(1)脳磁図(MEG)での言語優位半球評価、言語機能局在評価
単語黙読課題を用いた場合、アミタールテストとの比較で85%一致、電気刺激によるマッピング法との位置の差は6.3±7.1mmであり、非侵襲的検査法として優れた方法であると証明された。現在、成果を英論文投稿中。
(2)MEG、皮質脳波(ECoG)を用いた脳律動計測
ECoGとHEGとで同一課題を用いて結果と比較している。解析ソフトBESAを用いて時間周波数解析、coherence解析を行っている。詳細...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 平田 雅之
(1)MEG、皮質脳波(ECoG)を用いた脳律動計測
ECoGとMEGとで同一課題施行し、解析ソフトBESAを用いて時間周波数解析、coherence解析を行った。詳細な脳内処理過程が明らかになるとともに、言語領野に共通の律動帯域と特有の律動帯域があることが明らかなり、現在論文投稿準備中である。
(2)脳磁図(MEG)での言語優位半球の評価、言語機能局在の評価
単語黙読課題を用いた場合、アミタールテストとの比較で85%一致、電気刺激によるマッピング法との位置の差は6.3±7.1mmであり、...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 吉峰 俊樹
ラット視覚野に微少多極電極を刺入し、スパイク・局所集合電位解析を行い、神経ネットワークとその伝搬様式を明らかにした。
ヒト視覚野を経頭蓋磁気刺激(TMS)する時の脳内誘導電流をシミュレーションして、比較的限局した領域を刺激できることを明らかにした。ついでナビゲーションガイド下高頻度磁気刺激により誘発される人工視覚を定量的に解析し、TMSによる視覚機能評価法を開発した。
ヒト脳磁図、硬膜下電極にて視覚刺激に対する脳律動変化を計測解析し、脳律動にもとづいた視覚機能評価法を開発した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 貴島 晴彦
ラットの胸髄(Th10レベル)を切断し約1.5mmの間隙を設け、脊髄損傷(全離断)モデルを作成した。このモデルは作成後10週間では運動機能(BBB)の回復はほとんど認められない。急性期嗅粘膜移植モデルとして、同系のマウスの嗅粘膜を採取し細切し、損傷モデル作成時に移植し、移植後8週間にわたり下肢運動機能を観察したところ、呼吸粘膜移植群(コントロール群)に比較して有意に運動機能の改善を認めたが、その改善は限局的であった。組織学的検討を行ったところ神経栄養因子受容体(p75NGFR)を持つ細胞や...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 岡部 靖憲, 松浦 真也
本研究の目的は、実験数学の指導原理である「データから法則、モデルへ」の姿勢で、複雑系現象の観測データのみから、解析に使う定理の前提条件を検証し、データの非線形構造を抽出し、時間発展の「モデル」を導くことである。それを支える数学理論がKM20-ランジュヴァン方程式論である。これまでに、時系列の定常性、異常性、決定性などを調べるテスト(Test(S)、 Test(ABN)、 Test(D)等)を提唱し、種々の時系列に適用した。特に、特殊な地震(深部低周波地震)の解析をし、「分離性」(奇数次の多...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 平田 雅之
(1)非侵襲的言語機能局在同定法の確立および侵襲的局在同定検査との比較
1)SAM法による言語機能局在評価
言語課題として従来からの単語黙読課題のほか、より検出力を高めるために自発的発語課題を用いて言語機能局在を調べている。また課題による違いを調べた。仮名と漢字課題の比較では、漢字で側頭後頭底面の脱同期が仮名より強いが、検出される部位に明らかな差はなかった(平田他,臨床脳波,2006)。さらに単語に内在する感情的要素による影響を調べたところ、感情語では非感情語に比較して前頭前野、帯状回の反...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 吉峰 俊樹
1.ラットを用いた視覚野電気刺激の行動実験
ラットの視神経切断全盲モデルを作成し、白金針電極を視覚野第IV層に設置した。電気刺激を一次視覚野に与えると探索行動が減少したが、感覚運動野刺激では変化を認めなかった。このことから一次視覚野の電気刺激はラットに何らかの感覚として認知されることが示された。
2.ラットによる視覚野刺激・多点計測実験
脳皮質多点電極計測を行い網膜光刺激と脳皮質電気刺激とを比較した。その結果一次視覚野への単発パルス電気刺激にて周囲視覚野にスパイクを誘発できた。さらにJoi...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 加藤 天美
本研究では脳皮質活動を運動の企図段階で捉え、運動補助機器の能動的制御が可能となるような脳-コンピュータインターフェイス(BCI)の開発をめざした。1.運動賦活時の脳磁図解析にて運動開始の数百ミリ秒前から運動準備磁界、ついで運動磁界、運動開始後に運動誘発磁界が分別観察された。運動関連領野にはβ帯域のERD(事象関連脱同期)とhighγ帯域のERS(事象関連同期)が認められ、後者は運動の制御のnegative feedbackに関与するinterneuronの活動との関連が示唆された。2.皮質...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 齋藤 洋一
1)遺伝子導入した細胞からのペプチド分泌を外的に制御することを目的とし、gene switchであるTet-on systemにneprilysinの一種であるNL1にヒト型ベータエンドルフィン(End)遺伝子を連結したものを遺伝子組み換えし、HEK293細胞に遺伝子導入した。In vitroにおいてHEK293細胞は、投与したドキシサイクリン(Dox)の用量依存性に、Endを分泌するようになった。一方、Tet-on systemにブタproopiomelanocortine(POMC)遺...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 中島 義和
本研究において、デジタルサブトラクションアンギオグラフィー(DSA)画像データをDICOMフォーマットとして携帯型パーソナルコンピューター(PC)に取り込み、準リアルタイムにDSA画像解析を行うシステムを開発した。システムの概要は、DSA画像データから個々の血管内造影剤通過速度をピクセル単位で算出し、造影剤の血管内群速度を計算し、血管内流速値を疑似カラー化画像(脳灌流画像)として表示するものである。システムの処理速度として、Pentium III 850MHz,Windows XP上で51...
日本学術振興会(JSPS): 科学研究費助成事業(萌芽研究 )
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 加藤 天美
全盲ラット動物モデルにおいて皮質内電気刺激による変化を行動学的に解析した。行動の定量化にはvideo motion analysisを用いた。円形のオープンフィールドに正常ラットを移し、種々の環境光下でその行動を定量的に解析した。その結果、光の強度に依存して,逡巡行動、探索行動、周回行動それぞれにおいて明るさが250luxで抑制されることが判明した。これらのラットの視神経を経前頭法で両側切断、全盲動物モデルを作成し、両側の一次視覚野と感覚運動野に定位的に皮質内電極を挿入した。電極先端は皮質...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2000年 - 2003年    代表者: 田村 進一
通常の仮想ナビゲーションと異なり、真の体内ナビゲーションを行う2種のシステムを開発した。これらは、内視鏡検査や内視鏡手術に有用な役割を果たすものである。
(1)超音波法
市販の超音波プローブが水タンクの中に設置され、その超音波プローブに同期した超音波パルスを発射する、別の超音波トランスジューサが、それから離れたところに置かれる。そうすることにより、超音波プローブは、トランスジューサからの超音波パルスをキャッチし、市販の超音波診断装置のモニタ上にマーカとして表示する。このようにして、我々は超...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 佐藤 嘉伸
手術室空間および手術中の患者体内空間を、計算機内部に実時間で(あるいは簡便迅速に)立体再構築し、外科医に、仮想的な体内透視像を提示したり、手術計画の実写像への重畳表示を行なう「手術支援システム」の研究開発が盛んになってきている。本研究では、手術支援システムにおける腹部臓器など形状変形を伴う人体軟部組織への対処に焦点をあてた。そのための基盤技術として、術中における変形検出、術中における軟部組織の実時間画像撮影に適した3次元超音波システムの開発、および、軟部組織の領域抽出と変形補正画像解析法の...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 吉峰 俊樹
脳内神経活動はある空間的広がりを持った領域で行われるため、脳磁気解析において信号源を単一ないし複数の仮想双極子で代表する従来の等価電流双極子解析法には大きな問題があった。私どもは合成開口法を応用して空間解像能を向上させ、頭蓋内の任意の空間における電気活動を抽出する方法を開発した。脳の電気的固有律動の同期あるいは脱同期現象は神経活動と密接に関連する。本法を用いて種々の脳活動にともなう各領域での神経活動の周波数ごとの信号強度変化の統計学的解析(SAM統計解析法)により、それぞれの神経活動に関与...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1997年 - 1997年    代表者: 加藤 天美
脳神経外科領域において仮想現実(VR)の応用がすすんでいる。しかし、術者とVR環境との適切なインターフェイスに関する研究はほとんどない。私たちはpicture in picture(PIP)機能を有するビデオシースルー顕微鏡と脳神経外科手術ナビゲ-タを用いて仮想物体に対する操作軌跡を記録、分析し、知覚と操作のギャップについて検討した。まず、術野を想定して円筒状のファントムを作成し、その内に操作の始点ならびに目標点を表す小球を立体的に配した。また、操作者には見えないがナビゲ-タでその位置が認...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1996年 - 1997年    代表者: 吉峰 俊樹
脳虚血は虚血巣ならびにその周辺に強い浮腫を惹起し、頭蓋内病態悪化の大きな一因になる.現在の脳梗塞治療の主体は脳浮腫の治療といえるほどである.虚血性脳浮腫は従来,細胞膜イオンポンプ障害による細胞外ナトリウムの上昇が主因と考えられている.しかし近年,無機イオンの他,アミノ酸,メチルアミン,ポリオ-ルなどの有機低分子が生体細胞の体積調節に重要な役割を果たしていることが明らかとなり,有機オスモライトと呼ばれるようになってきた.このような有機オスモライトが虚血性浮腫病態にどのように関与するかはまだ明...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1993年 - 1994年    代表者: 吉峰 俊樹
以下の実験により、脳虚血においては強力な血管拡張作用ならびにフリ-ラジカル活性を有する一酸化窒素(NO)の産生が増加すること、フリ-ラジカル消去剤であるsuperoxide dismutase(SOD)が微小循環障害を改善すること、また末梢血白血球がフリ-ラジカルの産生原となりうることが示された。
1)脳虚血におけるNO代謝の検討
ラット一側中大脳動脈の閉塞および閉塞解除後に頸静脈血を採取し、グリ-ス反応によりnitrate(NO_3^-)およびnitrite(NO_3^-)を定量した。そ...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1993年 - 1994年    代表者: 加藤 天美, 丸野 元彦
本研究は脳手術支援ナビゲーションシステムを応用し、多モード画像に基づき作成された患者立体脳模型のうえで術前、シミュレーション手術を行い、手術の安全性、確実性を向上させることを目的とする。患者立体脳模型作成のためにCTやMR画像から主要な解剖学的構造を抽出する半自動画像処理法を考案した。従来、こうした画像処理は画像の濃淡値のみより目的構造のセグメンテーションがおこなわれてきたが、組織の不均一性や画像に内包される雑音成分のため正確な抽出が困難であった。私たちは、この問題を克服するため、まず抽出...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1991年 - 1992年    代表者: 吉峰 俊樹
私どものこれまでの検討により,脳虚血急性期における局所の微小循環障害が血漿灌流血管長の減少として定量的にとらえられること,および血栓溶解剤である組織性プラスミノ-ゲンアクチベ-タ-(t-PA)がこの微少循環障害を改善することが明かとなった。t-PAのこのような効果は微小虚環障害の発生機作として微小血管内の血栓形成が関与することを示唆している。私どもは血栓形成の原因として血管内皮細胞の障害による抗血栓活性の減少を想定し,脳虚血にともなう活性酸素の産生が内皮細胞障害をもたらす可能性を考えた。こ...

特許

 
加藤 天美, 豊田 真吾, 藤中 俊之, 吉峰 俊樹, 太田 富雄
江田 英雄, 寺園 泰, 柳田 敏雄, 加藤 天美, 平田 雅之, 谷口 理章, 馬場 貴仁, 吉峰 俊樹
植田 昌章, 森田 和雄, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 河瀬 斌, 大平 貴之, 佐々木 富男, 名取 良弘, 種子田 護, 北野 昌彦, 森田 明夫, 堀 智勝, 岡田 芳和
星 竹夫, 古好 勝敏, 加藤 天美
早川 徹, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 岡村 昇一, 奥村 武志, 竹村 國彦
早川 徹, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 岡村 昇一, 奥村 武志, 竹村 國彦
早川 徹, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 岡村 昇一, 奥村 武志
早川 徹, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 岡村 昇一, 奥村 武志
加藤 天美, 吉峰 俊樹, 早川 徹