勝山 彬

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/24 21:51
 
アバター
研究者氏名
勝山 彬
 
カツヤマ アキラ
所属
北海道大学大学院
部署
薬学研究院
職名
助教
学位
博士(薬科学)(北海道大学)

プロフィール

天然物の全合成研究と天然物をリードとした創薬化学研究を行っています。抗菌活性を有するペプチド系天然物に着目し、その効率的な合成法の開発と、新薬リード獲得を目指した誘導体合成を試みています。また天然物の機能解明も行なっています。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
北海道大学大学院 薬学研究院 助教
 
2017年4月
 - 
現在
日本学術振興会特別研究員DC2
 
2014年10月
 - 
現在
物質科学フロンティアを開拓するAmbitiousリーダー育成プログラム
 
2014年4月
 - 
現在
北海道大学大学院 生命科学院
 
2010年4月
 - 
2014年3月
北海道大学 薬学部
 

受賞

 
2017年10月
博士課程教育リーディングプログラムフォーラム2017 Academia Future Leader Award
 
2017年9月
第59回天然有機化合物討論会 奨励賞
 
2015年4月
第27回 万有札幌シンポジウム Best Poster賞
 
2014年5月
日本薬学会北海道支部 141回日本薬学会北海道支部例会学生優秀発表賞
受賞者: 勝山 彬、松田彰、市川聡
 
2014年3月
財団法人北海道大学クラーク記念財団 クラーク賞
 

論文

 
The Journal of Organic Chemistry   83(13) 7085-7101   2018年2月   [査読有り][招待有り]
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   66(1) 84-95   2018年1月   [査読有り]
Akira Katsuyama, Satoshi Ichikawa
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   66(2) 123-131   2016年1月   [査読有り]
Akira Katsuyama, Atmika Paudel, Suresh Panthee, Hiroshi Hamamoto, Toru Kawakami, Hironobu Hojo, Fumika Yakushiji, Satoshi Ichikawa
Organic Letters   19(14) 3771-3774   2017年7月   [査読有り]
Akira Katsuyama, Akira Matsuda, Satoshi Ichikawa
Organic Letters   18(11) 2552-2555   2016年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
立体選択的Joullié-Ugi三成分反応の反応機構解析
勝山 彬,松田 彰,市川 聡
日本薬学会第137年会   2017年3月27日   
プラスバシンA3の合成研究 [招待有り]
勝山 彬,松田 彰,市川 聡
第27回万有仙台シンポジウム   2016年6月25日   
プラスバシンA3の合成研究
勝山 彬,市川 聡
第14回次世代を担う有機化学シンポジウム   2016年5月27日   
Synthetic study of plusbacin A3
勝山 彬、松田 彰、市川 聡
環太平洋国際化学会議2015   2015年12月15日   
Synthetic study of plusbacin A3
勝山 彬、松田 彰、市川 聡
第52回ペプチド討論会   2015年11月16日   
Plusbacin A3の全合成研究
勝山 彬、松田彰、市川聡
第27回札幌万有シンポジウム   2015年7月4日   
Plusbacin A3の全合成研究
勝山 彬、松田彰、市川聡
日本薬学会第135年会   2015年3月28日   
Synthetic study of plusbacin A
勝山 彬、松田彰、市川聡
The 2nd International Symposium on AMBITIOUS LEADER’S PROGRAM Fostering Future Leaders to Open New Frontiers in Material Science   2014年12月11日   
Joullié‒Ugi 反応を用いた Plusbacin A3 の合成研究
勝山 彬、松田彰、市川聡
第56回天然有機化合物討論会   2014年10月16日   
Plusbacin A3の合成研究
勝山 彬、松田彰、市川聡
日本薬学会北海道支部第141例会   2014年5月24日   

所属学協会