Nagamatsu Takeshi

J-GLOBAL         Last updated: Jun 10, 2019 at 16:18
 
Avatar
Name
Nagamatsu Takeshi
E-mail
tnag-tkyumin.ac.jp
Affiliation
The University of Tokyo
Section
Faculty of Medicine University Hospital

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Sayama S, Takeda N, Iriyama T, Inuzuka R, Maemura S, Fujita D, Yamauchi H, Nawata K, Bougaki M, Hyodo H, Shitara R, Nakayama T, Komatsu A, Nagamatsu T, Osuga Y, Fujii T
BJOG : an international journal of obstetrics and gynaecology   125(4) 502-503   Mar 2018   [Refereed]
Akiba N, Iriyama T, Nakayama T, Seyama T, Sayama S, Kumasawa K, Komatsu A, Yabe S, Nagamatsu T, Osuga Y, Fujii T
The journal of maternal-fetal & neonatal medicine : the official journal of the European Association of Perinatal Medicine, the Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies, the International Society of Perinatal Obstetricians   1-7   Apr 2019   [Refereed]
Albrecht C, Chamley L, Charnock-Jones DS, Collins S, Fujiwara H, Golos T, Grayo S, Hannan N, Harris L, Ichizuka K, Illsley NP, Iwashita M, Kallol S, Al-Khan A, Lash G, Nagamatsu T, Nakashima A, Niimi K, Nomoto M, Redman C, Saito S, Tanimura K, Tomi M, Usui H, Vatish M, Wolfe B, Yamamoto E, O'Tierney-Ginn P
Placenta      Feb 2019   [Refereed]
Fujii T, Oka A, Morioka I, Moriuchi H, Koyano S, Yamada H, Saito S, Sameshima H, Nagamatsu T, Tsuchida S, Inoue N, Japanese Congenital Cytomegalovirus Study Group.
The Pediatric infectious disease journal   36(10) 942-946   Oct 2017   [Refereed]
Sato M, Kawana K, Adachi K, Fujimoto A, Yoshida M, Nakamura H, Nishida H, Inoue T, Taguchi A, Ogishima J, Eguchi S, Yamashita A, Tomio K, Wada-Hiraike O, Oda K, Nagamatsu T, Osuga Y, Fujii T
Oncotarget   8(25) 40935-40945   Jun 2017   [Refereed]
Hashimoto A, Iriyama T, Sayama S, Nakayama T, Komatsu A, Miyauchi A, Nishii O, Nagamatsu T, Osuga Y, Fujii T
The journal of maternal-fetal & neonatal medicine : the official journal of the European Association of Perinatal Medicine, the Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies, the International Society of Perinatal Obstetricians   31(3) 364-369   Feb 2018   [Refereed]
Sato M, Kawana K, Adachi K, Fujimoto A, Yoshida M, Nakamura H, Nishida H, Inoue T, Taguchi A, Ogishima J, Eguchi S, Yamashita A, Tomio K, Wada-Hiraike O, Oda K, Nagamatsu T, Osuga Y, Fujii T
International journal of oncology   50(4) 1431-1438   Apr 2017   [Refereed]
Sato M, Kawana K, Adachi K, Fujimoto A, Taguchi A, Fujikawa T, Yoshida M, Nakamura H, Nishida H, Inoue T, Ogishima J, Eguchi S, Yamashita A, Tomio K, Arimoto T, Wada-Hiraike O, Oda K, Nagamatsu T, Osuga Y, Fujii T
Oncology reports   37(3) 1883-1888   Mar 2017   [Refereed]
Taguchi A, Yamashita A, Kawana K, Nagamatsu T, Furuya H, Inoue E, Osuga Y, Fujii T
Reproductive sciences (Thousand Oaks, Calif.)   24(1) 7-18   Jan 2017   [Refereed]
Machino H, Iriyama T, Nakayama T, Komatsu A, Nagamatsu T, Osuga Y, Fujii T
Oxford medical case reports   2017(1) omw096   Jan 2017   [Refereed]
Sato M, Kawana K, Adachi K, Fujimoto A, Yoshida M, Nakamura H, Nishida H, Inoue T, Taguchi A, Ogishima J, Eguchi S, Yamashita A, Tomio K, Wada-Hiraike O, Oda K, Nagamatsu T, Osuga Y, Fujii T
PloS one   12(4) e0176353   2017   [Refereed]
Motomura K, Okada N, Morita H, Hara M, Tamari M, Orimo K, Matsuda G, Imadome KI, Matsuda A, Nagamatsu T, Fujieda M, Sago H, Saito H, Matsumoto K
PloS one   12(5) e0177994   2017   [Refereed]
Hoya M, Nagamatsu T, Fujii T, Schust DJ, Oda H, Akiba N, Iriyama T, Kawana K, Osuga Y, Fujii T
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   79(3)    Mar 2018   [Refereed]
Nakamura H, Taguchi A, Kawana K, Baba S, Kawata A, Yoshida M, Fujimoto A, Ogishima J, Sato M, Inoue T, Nishida H, Furuya H, Yamashita A, Eguchi S, Tomio K, Mori-Uchino M, Adachi K, Arimoto T, Wada-Hiraike O, Oda K, Nagamatsu T, Osuga Y, Fujii T
Oncotarget   9(17) 13451-13461   Mar 2018   [Refereed]
Suzumori N, Sekizawa A, Takeda E, Samura O, Sasaki A, Akaishi R, Wada S, Hamanoue H, Hirahara F, Kuriki H, Sawai H, Nakamura H, Yamada T, Miura K, Masuzaki H, Yamashita T, Kamei Y, Namba A, Murotsuki J, Tanemoto T, Fukushima A, Haino K, Tairaku S, Matsubara K, Maeda K, Kaji T, Ogawa M, Osada H, Nishizawa H, Okamoto Y, Kanagawa T, Kakigano A, Endo M, Kitagawa M, Ogawa M, Izumi S, Katagiri Y, Takeshita N, Kasai Y, Naruse K, Neki R, Masuyama H, Hyodo M, Kawano Y, Ohba T, Ichizuka K, Nagamatsu T, Watanabe A, Nishikawa N, Hamajima N, Shirato N, Yotsumoto J, Nishiyama M, Koide K, Hirose T, Sago H
Prenatal diagnosis   39(2) 100-106   Jan 2019   [Refereed]
Ogishima J, Taguchi A, Kawata A, Kawana K, Yoshida M, Yoshimatsu Y, Sato M, Nakamura H, Kawata Y, Nishijima A, Fujimoto A, Tomio K, Adachi K, Nagamatsu T, Oda K, Kiyono T, Osuga Y, Fujii T
BMC cancer   18(1) 1201   Dec 2018   [Refereed]
Sasagawa T, Nagamatsu T, Morita K, Mimura N, Iriyama T, Fujii T, Shibuya M
Scientific reports   8(1) 17375   Nov 2018   [Refereed]
Nagamatsu T, Fujii T, Schust DJ, Tsuchiya N, Tokita Y, Hoya M, Akiba N, Iriyama T, Kawana K, Osuga Y, Fujii T
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   80(4) e13021   Oct 2018   [Refereed]
Yoshida M, Taguchi A, Kawana K, Ogishima J, Adachi K, Kawata A, Nakamura H, Sato M, Fujimoto A, Inoue T, Tomio K, Mori M, Nagamatsu T, Arimoto T, Koga K, Hiraike OW, Oda K, Kiyono T, Osuga Y, Fujii T
International journal of oncology   53(4) 1580-1590   Oct 2018   [Refereed]
Suzumori N, Sekizawa A, Ebara T, Samura O, Sasaki A, Akaishi R, Wada S, Hamanoue H, Hirahara F, Izumi H, Sawai H, Nakamura H, Yamada T, Miura K, Masuzaki H, Yamashita T, Okai T, Kamei Y, Namba A, Murotsuki J, Tanemoto T, Fukushima A, Haino K, Tairaku S, Matsubara K, Maeda K, Kaji T, Ogawa M, Osada H, Nishizawa H, Okamoto Y, Kanagawa T, Kakigano A, Kitagawa M, Ogawa M, Izumi S, Katagiri Y, Takeshita N, Kasai Y, Naruse K, Neki R, Masuyama H, Hyodo M, Kawano Y, Ohba T, Ichizuka K, Nagamatsu T, Watanabe A, Shirato N, Yotsumoto J, Nishiyama M, Hirose T, Sago H
European journal of obstetrics, gynecology, and reproductive biology   224 165-169   May 2018   [Refereed]
Ibana JA, Sherchand SP, Fontanilla FL, Nagamatsu T, Schust DJ, Quayle AJ, Aiyar A
Scientific reports   8(1) 8476   May 2018   [Refereed]
Katoh Y, Seyama T, Mimura N, Furuya H, Nakayama T, Iriyama T, Nagamatsu T, Osuga Y, Fujii T
Oxford medical case reports   2018(3) omx112   Mar 2018   [Refereed]
Sato M, Kawana K, Adachi K, Fujimoto A, Yoshida M, Nakamura H, Nishida H, Inoue T, Taguchi A, Ogishima J, Eguchi S, Yamashita A, Tomio K, Komatsu A, Wada-Hiraike O, Oda K, Nagamatsu T, Osuga Y, Fujii T
Oncology letters   15(1) 1357-1361   Jan 2018   [Refereed]
Samejima T, Nagamatsu T, Schust DJ, Iriyama T, Sayama S, Sonoda M, Komatsu A, Kawana K, Osuga Y, Fujii T
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   78(5)    Nov 2017   [Refereed]
Tanaka S, Kanagawa T, Momma K, Hori S, Satoh H, Nagamatsu T, Fujii T, Kimura T, Sawada Y
British journal of clinical pharmacology   83(11) 2503-2516   Nov 2017   [Refereed]
Matsuoka S, Hori S, Satoh H, Nagamatsu T, Fujii T, Sawada Y
Placenta   58 74-81   Oct 2017   [Refereed]
Fujii T, Nagamatsu T, Morita K, Schust DJ, Iriyama T, Komatsu A, Osuga Y, Fujii T
Scientific reports   7(1) 12455   Sep 2017   [Refereed]
Samura O, Sekizawa A, Suzumori N, Sasaki A, Wada S, Hamanoue H, Hirahara F, Sawai H, Nakamura H, Yamada T, Miura K, Masuzaki H, Nakayama S, Okai T, Kamei Y, Namba A, Murotsuki J, Tanemoto T, Fukushima A, Haino K, Tairaku S, Matsubara K, Maeda K, Kaji T, Ogawa M, Osada H, Nishizawa H, Okamoto Y, Kanagawa T, Kakigano A, Kitagawa M, Ogawa M, Izumi S, Katagiri Y, Takeshita N, Kasai Y, Naruse K, Neki R, Masuyama H, Hyodo M, Kawano Y, Ohba T, Ichizuka K, Kido Y, Fukao T, Miharu N, Nagamatsu T, Watanabe A, Hamajima N, Hirose M, Sanui A, Shirato N, Yotsumoto J, Nishiyama M, Hirose T, Sago H
The journal of obstetrics and gynaecology research   43(8) 1245-1255   Aug 2017   [Refereed]
Aikawa S, Kano K, Inoue A, Wang J, Saigusa D, Nagamatsu T, Hirota Y, Fujii T, Tsuchiya S, Taketomi Y, Sugimoto Y, Murakami M, Arita M, Kurano M, Ikeda H, Yatomi Y, Chun J, Aoki J
The EMBO journal   36(14) 2146-2160   Jul 2017   [Refereed]
Nakamura H, Taguchi A, Kawana K, Kawata A, Yoshida M, Fujimoto A, Ogishima J, Sato M, Inoue T, Nishida H, Furuya H, Tomio K, Eguchi S, Mori-Uchino M, Yamashita A, Adachi K, Arimoto T, Wada-Hiraike O, Oda K, Nagamatsu T, Osuga Y, Fujii T
International journal of oncology   49(5) 2155-2162   Nov 2016   [Refereed]
Fujii T, Wada-Hiraike O, Nagamatsu T, Harada M, Hirata T, Koga K, Fujii T, Osuga Y
Reproductive biology and endocrinology : RB&E   14(1) 73   Nov 2016   [Refereed]
Nakamura H, Nagasaka K, Kawana K, Taguchi A, Uehara Y, Yoshida M, Sato M, Nishida H, Fujimoto A, Inoue T, Adachi K, Nagamatsu T, Arimoto T, Oda K, Osuga Y, Fujii T
BMC cancer   16(1) 897   Nov 2016   [Refereed]
Inoue T, Adachi K, Kawana K, Taguchi A, Nagamatsu T, Fujimoto A, Tomio K, Yamashita A, Eguchi S, Nishida H, Nakamura H, Sato M, Yoshida M, Arimoto T, Wada-Hiraike O, Oda K, Osuga Y, Fujii T
International journal of oncology   49(4) 1297-1304   Oct 2016   [Refereed]
Fujimoto A, Kawana K, Taguchi A, Adachi K, Sato M, Nakamura H, Ogishima J, Yoshida M, Inoue T, Nishida H, Tomio K, Yamashita A, Matsumoto Y, Arimoto T, Wada-Hiraike O, Oda K, Nagamatsu T, Osuga Y, Fujii T
Oncotarget   7(32) 51854-51864   Aug 2016   [Refereed]
Samejima T, Nagamatsu T, Schust DJ, Itaoka N, Iriyama T, Nakayama T, Komatsu A, Kawana K, Osuga Y, Fujii T
American journal of obstetrics and gynecology   214(6) 741.e1-7   Jun 2016   [Refereed]
Nishida H, Matsumoto Y, Kawana K, Christie RJ, Naito M, Kim BS, Toh K, Min HS, Yi Y, Matsumoto Y, Kim HJ, Miyata K, Taguchi A, Tomio K, Yamashita A, Inoue T, Nakamura H, Fujimoto A, Sato M, Yoshida M, Adachi K, Arimoto T, Wada-Hiraike O, Oda K, Nagamatsu T, Nishiyama N, Kataoka K, Osuga Y, Fujii T
Journal of controlled release : official journal of the Controlled Release Society   231 29-37   Jun 2016   [Refereed]
Sato M, Kawana K, Adachi K, Fujimoto A, Yoshida M, Nakamura H, Nishida H, Inoue T, Taguchi A, Takahashi J, Eguchi S, Yamashita A, Tomio K, Wada-Hiraike O, Oda K, Nagamatsu T, Osuga Y, Fujii T
Oncotarget   7(22) 33297-33305   May 2016   [Refereed]
Nitta D, Kinugawa K, Imamura T, Endo M, Amiya E, Hatano M, Takahashi Y, Iriyama T, Kinoshita O, Nagamatsu T, Nawata K, Ono M, Komuro I
International heart journal   57(3) 383-385   May 2016   [Refereed]
Sato M, Kawana K, Adachi K, Fujimoto A, Yoshida M, Nakamura H, Nishida H, Inoue T, Taguchi A, Takahashi J, Kojima S, Yamashita A, Tomio K, Nagamatsu T, Wada-Hiraike O, Oda K, Osuga Y, Fujii T
International journal of oncology   48(2) 829-835   Feb 2016   [Refereed]
Yoshida M, Taguchi A, Kawana K, Adachi K, Kawata A, Ogishima J, Nakamura H, Fujimoto A, Sato M, Inoue T, Nishida H, Furuya H, Tomio K, Arimoto T, Koga K, Wada-Hiraike O, Oda K, Nagamatsu T, Kiyono T, Osuga Y, Fujii T
PloS one   11(8) e0160330   2016   [Refereed]
Furuya H, Taguchi A, Kawana K, Yamashita A, Inoue E, Yoshida M, Nakamura H, Fujimoto A, Inoue T, Sato M, Nishida H, Nagasaka K, Adachi K, Hoya M, Nagamatsu T, Wada-Hiraike O, Yamashita T, Osuga Y, Fujii T
Reproductive sciences (Thousand Oaks, Calif.)   22(12) 1561-1568   Dec 2015   [Refereed]
Oki S, Nagamatsu T, Iriyama T, Komatsu A, Osuga Y, Fujii T
Oxford medical case reports   2015(11) 351-353   Nov 2015   [Refereed]
Ichikawa M, Nagamatsu T, Schust DJ, Kawai-Iwasawa Y, Kawana K, Yamashita T, Osuga Y, Aoki J, Yatomi Y, Fujii T
The journal of obstetrics and gynaecology research   41(9) 1406-1411   Sep 2015   [Refereed]
Itaoka N, Nagamatsu T, Schust DJ, Ichikawa M, Sayama S, Iwasawa-Kawai Y, Kawana K, Yamashita T, Osuga Y, Fujii T
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   73(6) 536-544   Jun 2015   [Refereed]
Tokuhara Y, Kurano M, Shimamoto S, Igarashi K, Nojiri T, Kobayashi T, Masuda A, Ikeda H, Nagamatsu T, Fujii T, Aoki J, Yatomi Y
PloS one   10(6) e0130074   2015   [Refereed]
Toshimitsu M, Nagamatsu T, Nagasaka T, Iwasawa-Kawai Y, Komatsu A, Yamashita T, Osuga Y, Fujii T
Fertility and sterility   102(4) 1065-1070.e1   Oct 2014   [Refereed]
Nagamatsu T, Iwasawa-Kawai Y, Ichikawa M, Kawana K, Yamashita T, Osuga Y, Fujii T, Schust DJ
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   72(2) 182-191   Aug 2014   [Refereed]
Yamamoto Y, Yamashita T, Tsuno NH, Nagamatsu T, Okochi N, Hyodo H, Ikeda T, Kawabata M, Kamei Y, Nagura Y, Sone S, Fujii T, Takahashi K, Kozuma S
The journal of obstetrics and gynaecology research   40(5) 1308-1316   May 2014   [Refereed]
Nagamatsu T, Kamei Y, Yamashita T, Fujii T, Kozuma S
The journal of obstetrics and gynaecology research   40(1) 279-283   Jan 2014   [Refereed]
Sayama S, Nagamatsu T, Schust DJ, Itaoka N, Ichikawa M, Kawana K, Yamashita T, Kozuma S, Fujii T
Journal of reproductive immunology   100(2) 109-117   Dec 2013   [Refereed]
Yamashita A, Kawana K, Tomio K, Taguchi A, Isobe Y, Iwamoto R, Masuda K, Furuya H, Nagamatsu T, Nagasaka K, Arimoto T, Oda K, Wada-Hiraike O, Yamashita T, Taketani Y, Kang JX, Kozuma S, Arai H, Arita M, Osuga Y, Fujii T
Scientific reports   3 3113   Nov 2013   [Refereed]
Kojima S, Kawana K, Tomio K, Yamashita A, Taguchi A, Miura S, Adachi K, Nagamatsu T, Nagasaka K, Matsumoto Y, Arimoto T, Oda K, Wada-Hiraike O, Yano T, Taketani Y, Fujii T, Schust DJ, Kozuma S
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   69(2) 134-141   Feb 2013   [Refereed]
Tomio K, Kawana K, Taguchi A, Isobe Y, Iwamoto R, Yamashita A, Kojima S, Mori M, Nagamatsu T, Arimoto T, Oda K, Osuga Y, Taketani Y, Kang JX, Arai H, Arita M, Kozuma S, Fujii T
PloS one   8(9) e73085   2013   [Refereed]
Isono W, Nagamatsu T, Uemura Y, Fujii T, Hyodo H, Yamashita T, Kamei Y, Kozuma S, Taketani Y
The journal of obstetrics and gynaecology research   37(12) 1784-1791   Dec 2011   [Refereed]
Buckner LR, Schust DJ, Ding J, Nagamatsu T, Beatty W, Chang TL, Greene SJ, Lewis ME, Ruiz B, Holman SL, Spagnuolo RA, Pyles RB, Quayle AJ
Journal of reproductive immunology   92(1-2) 8-20   Dec 2011   [Refereed]
Iwasawa Y, Kawana K, Fujii T, Schust DJ, Nagamatsu T, Kawana Y, Sayama S, Miura S, Matsumoto J, Adachi K, Hyodo H, Yamashita T, Kozuma S, Taketani Y
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   67(1) 54-65   Jan 2012   [Refereed]
Kojima S, Kawana K, Fujii T, Yokoyama T, Miura S, Tomio K, Tomio A, Yamashita A, Adachi K, Sato H, Nagamatsu T, Schust DJ, Kozuma S, Taketani Y
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   66(5) 435-443   Nov 2011   [Refereed]
Ibana JA, Belland RJ, Zea AH, Schust DJ, Nagamatsu T, AbdelRahman YM, Tate DJ, Beatty WL, Aiyar AA, Quayle AJ
Infection and immunity   79(11) 4425-4437   Nov 2011   [Refereed]
Nagamatsu T, Barrier BF, Schust DJ
Immunology and cell biology   89(3) 417-425   Mar 2011   [Refereed]
Ibana JA, Schust DJ, Sugimoto J, Nagamatsu T, Greene SJ, Quayle AJ
Infectious diseases in obstetrics and gynecology   2011 420905   2011   [Refereed]
Miura S, Kawana K, Schust DJ, Fujii T, Yokoyama T, Iwasawa Y, Nagamatsu T, Adachi K, Tomio A, Tomio K, Kojima S, Yasugi T, Kozuma S, Taketani Y
Journal of virology   84(22) 11614-11623   Nov 2010   [Refereed]
Nagamatsu T, Schust DJ
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   63(6) 460-471   Jun 2010   [Refereed]
Nagamatsu T, Schust DJ
Reproductive sciences (Thousand Oaks, Calif.)   17(3) 209-218   Mar 2010   [Refereed]
Nagamatsu T, Schust DJ, Sugimoto J, Barrier BF
Human reproduction (Oxford, England)   24(12) 3160-3171   Dec 2009   [Refereed]
Iwasawa Y, Fujii T, Nagamatsu T, Kawana K, Okudaira S, Miura S, Matsumoto J, Tomio A, Hyodo H, Yamashita T, Oda K, Kozuma S, Aoki J, Yatomi Y, Taketani Y
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   62(2) 90-95   Aug 2009   [Refereed]
Huang Z, Hyodo H, Fujii T, Nagamatsu T, Matsumoto J, Kawana K, Yamashita T, Yasugi T, Kozuma S, Taketani Y
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   61(3) 221-226   Mar 2009   [Refereed]
Kawana K, Matsumoto J, Miura S, Shen L, Kawana Y, Nagamatsu T, Yasugi T, Fujii T, Yang H, Quayle AJ, Taketani Y, Schust DJ
Infection and immunity   76(7) 3011-3018   Jul 2008   [Refereed]
Matsumoto J, Kawana K, Nagamatsu T, Schust DJ, Fujii T, Sato H, Hyodo H, Yasugi T, Kozuma S, Taketani Y
Biochemical and biophysical research communications   371(2) 236-241   Jun 2008   [Refereed]
Nagamatsu T, Fujii T, Matsumoto J, Kanai T, Hyodo H, Yamashita T, Kozuma S, Taketani Y
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   57(4) 287-293   Apr 2007   [Refereed]
Nagamatsu T, Fujii T, Matsumoto J, Yamashita T, Kozuma S, Taketani Y
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   56(3) 172-177   Sep 2006   [Refereed]
Kusumi M, Yamashita T, Fujii T, Nagamatsu T, Kozuma S, Taketani Y
Journal of reproductive immunology   70(1-2) 33-42   Jun 2006   [Refereed]
Nagamatsu T, Fujii T, Kusumi M, Zou L, Yamashita T, Osuga Y, Momoeda M, Kozuma S, Taketani Y
Endocrinology   145(11) 4838-4845   Nov 2004   [Refereed]
Nagamatsu T, Fujii T, Yamashita T, Miki A, Kanai T, Kusumi M, Osuga Y, Kozuma S, Taketani Y
Journal of reproductive immunology   63(2) 85-95   Oct 2004   [Refereed]

Misc

 
絨毛細胞機能および子宮頸管熟化を制御する分子システムと妊娠維持機構
永松 健
日本産科婦人科学会雑誌   70(12) 2604-2614   Dec 2018
多臓器に病変を有する希少疾患の成人期移行 マルファン症候群及び家族性大動脈瘤・解離症における成人期移行の注意点と工夫
犬塚 亮, 武田 憲文, 永松 健, 張 香理, 岩崎 美和, 佐藤 敦志, 平田 陽一郎, 岡 明
日本小児科学会雑誌   123(2) 155-155   Feb 2019
【周産期のくすり大事典 妊娠期・分娩時・産褥期・新生児の薬剤&ワクチン133大解説】(第1部)くすり大解説(第2章)妊娠期のくすり 不育症、習慣流産
永松 健
ペリネイタルケア   (2019新春増刊) 38-39   Jan 2019
【妊産婦は怖くない!周産期を知って内科疾患を診よう】 内科で妊産婦を診るためのポイント 血液・凝固疾患 血小板減少・静脈血栓塞栓症について
永松 健
Modern Physician   38(11) 1159-1163   Nov 2018
<ポイント>●妊娠性血小板減少は妊娠後半期に生じる生理的現象であるが、血小板減少の程度が強い場合はそのほかの原因疾患との鑑別を進める。●妊娠初期から血小板減少を認める場合は特発性血小板減少性紫斑病を含めた血液疾患の合併を考慮する。●妊娠後半期に血圧上昇を伴う血小板減少を認める場合は妊娠高血圧腎症、HELLP症候群などの周産期疾患の発症を念頭に置く。●妊娠中の凝固機能亢進により、妊娠自体が強い血栓症発症リスクとなる。●妊娠初期にも静脈血栓塞栓症の発症頻度が高いことに留意して、妊娠早期から情報...
【周産期のくすり大事典 妊娠期・分娩時・産褥期・新生児の薬剤&ワクチン133大解説】(第1部)くすり大解説(第2章)妊娠期のくすり 切迫流産
永松 健
ペリネイタルケア   (2019新春増刊) 40-41   Jan 2019
不育症リスク因子としてのネオ・セルフ抗体
谷村 憲司, 齋藤 滋, 中塚 幹也, 永松 健, 藤井 知行, 笹川 勇樹, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 荒瀬 規子, 荒瀬 尚, 山田 秀人
Reproductive Immunology and Biology   33(1-2) 93-93   Nov 2018
【周産期のくすり大事典 妊娠期・分娩時・産褥期・新生児の薬剤&ワクチン133大解説】(第2部)くすりカタログ(第1章)妊娠期のくすり 不育症、習慣流産
永松 健
ペリネイタルケア   (2019新春増刊) 178-179   Jan 2019
Progranulinによる頸管熟化制御機構
秋葉 直也, 永松 健, 鮫島 大輝, 熊澤 恵一, 瀬山 貴博, 中山 敏男, 入山 高行, 大須賀 穣, 藤井 知行
Reproductive Immunology and Biology   33(1-2) 97-97   Nov 2018
【周産期のくすり大事典 妊娠期・分娩時・産褥期・新生児の薬剤&ワクチン133大解説】(第2部)くすりカタログ(第1章)妊娠期のくすり 切迫流産
永松 健
ペリネイタルケア   (2019新春増刊) 179-180   Jan 2019
胞状奇胎に続発する妊娠高血圧腎症の病態機序の解明 炎症性サイトカインLIGHTに着目した検討
松井 遥香, 入山 高行, 王 冠, 吉川 美登利, 新美 薫, 山本 英子, 小谷 友美, 永松 健, 甲賀 かをり, 大須賀 穣, 藤井 知行
Reproductive Immunology and Biology   33(1-2) 100-100   Nov 2018
【分娩第2期の助産ケア エビデンス再考学 内診、努責の誘導、会陰保護etc根拠を踏まえてスキルアップ】 (Topics1)近年の分娩様式の変化と鉗子分娩の意義
永松 健
ペリネイタルケア   37(12) 1161-1166   Dec 2018
妊娠25週に脳室内出血をきたした脳動静脈奇形合併妊娠の1例と過去の当科における管理のまとめ
上原 真里, 中山 敏男, 荒川 知子, 石本 慶子, 高橋 ゆう子, 市川 麻祐子, 古屋 仁美, 瀬山 貴博, 入山 高行, 永松 健, 大須賀 穣, 藤井 知行
東京産科婦人科学会会誌   67(4) 657-663   Oct 2018
妊娠25週で脳室内出血を発症した脳動静脈奇形(arteriovenous malformation;AVM)合併妊娠の症例を経験した。症例は33歳1妊0産、9歳時からAVMにより右片麻痺、右半盲を認め、保存的に加療されていた。自然妊娠後、妊娠25週1日に頭痛、嘔吐が出現し、妊娠25週6日に脳神経外科を受診した。頭部MRIでAVMの破裂と脳室内出血を認め緊急入院となった。妊娠継続による出血リスク、妊娠中の治療リスク、児の予後を考慮し、関連他科と協議の上、分娩後に母体治療を行う方針とした。妊娠...
妊娠と糖代謝異常 母体・胎児への短期的長期的影響
永松 健
糖尿病合併症   32(Suppl.1) 175-175   Oct 2018
【分娩第2期の助産ケア エビデンス再考学 内診、努責の誘導、会陰保護etc根拠を踏まえてスキルアップ】 (Topics1)近年の分娩様式の変化と鉗子分娩の意義
永松 健
ペリネイタルケア   37(12) 1161-1166   Dec 2018
【生殖医療のファーストライン・セカンドライン-診療ストラテジーと方針変更のタイミング-】不育症 原因不明
永松 健, 藤井 知行
産婦人科の実際   67(8) 857-861   Aug 2018
<文献概要>不育症患者の7割程度はスクリーニング検査を行っても原因因子が特定できない "原因不明" である。しかし,そうした患者の多くは胚の染色体異常の単なる繰り返しであり,特別な流産しやすい因子を有するわけではない。不育症の診療ではこの点を含めてスクリーニング検査結果の解釈に関して十分な説明を行い,次回の妊娠に対する対応を決定することが重要である。不育症患者は強い精神的ストレスを有しており,しばしば抑うつ・不安状態にある。原因が特定できない患者に対してその後の妊娠で経過観察を行う場合であ...
双胎間輸血症候群により妊娠14週で両児の胎児死亡を生じ、母体にpreeclampsiaを続発した一絨毛膜二羊膜双胎の一例
藤井 達也, 永松 健, 高橋 ゆう子, 橋本 彩子, 熊澤 恵一, 瀬山 貴博, 中山 敏男, 入山 高行, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本妊娠高血圧学会雑誌   25 92-92   Nov 2018
早産1 Network Medicine 早産予防研究-頸管長短縮・頸管無力症への新たな挑戦 切迫早産有症状/無症状別、子宮頸管長別の、早産発生率(<35週)、及び早期娩出率(<7日) 多施設共同後向きコホート研究(PLASH-1 study)
堀江 健司, 青木 宏明, 永松 健, 叶谷 愛弓, 兵頭 博信, 寺田 佳世子, 中井 章人, 米田 徳子, 齋藤 滋, 松田 義雄, 大口 昭英
日本周産期・新生児医学会雑誌   54(2) 424-424   Jun 2018
これだけは知っておきたいサイトメガロウイルス母子感染症
永松 健
日本周産期・新生児医学会雑誌   54(2) 470-470   Jun 2018
11年間の脳動静脈奇形合併妊娠の管理について
石本 慶子, 高橋 ゆう子, 荒川 知子, 古屋 仁美, 久保田 佳穂里, 市川 麻祐子, 設樂 理恵子, 瀬山 貴博, 中山 敏男, 入山 高行, 永松 健, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本周産期・新生児医学会雑誌   54(2) 610-610   Jun 2018
経腟分娩後大量出血に対するUAE介入のタイミングについての考察
水野 祥, 中山 敏男, 古屋 仁美, 瀬山 貴博, 入山 高行, 永松 健, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本周産期・新生児医学会雑誌   54(2) 748-748   Jun 2018
子宮腺筋症の術前病型分類と核出術後妊娠の周産期予後の関連
設樂 理恵子, 中山 敏男, 藤本 麻葉, 橋本 彩子, 古屋 仁美, 瀬山 貴博, 入山 高行, 永松 健, 廣田 泰, 大須賀 穣, 藤井 知行
関東連合産科婦人科学会誌   55(2) 255-255   May 2018
母体血清由来cell free DNAを用いた新規診断法による胎児新生児同種免疫性血小板減少症の出生前予測の試み
加藤 浩介, 古屋 仁美, 設楽 理恵子, 熊澤 惠一, 瀬山 貴博, 中山 敏男, 入山 高行, 永松 健, 中村 潤子, 池田 敏之, 大須賀 穣, 藤井 知行
関東連合産科婦人科学会誌   55(3) 404-404   Oct 2018
【産婦人科外来パーフェクトガイド-いまのトレンドを逃さずチェック!】 疾患編 周産期《妊婦のコモンディジーズ》 下肢静脈瘤
永松 健
臨床婦人科産科   72(4) 285-287   Apr 2018
<文献概要>外来管理のポイント ▼下肢静脈瘤は妊婦において高頻度に発生するが,多くは出産後に自然消失する.▼血栓性静脈炎や下腿潰瘍を形成する場合は,圧迫療法による治療を必要とする.▼程度や範囲が著しい場合には,深部静脈血栓症に続発した発生の可能性を念頭に置いて精査を行う.
当院で管理した胎児腹壁破裂症例の周産期転帰および予後に関する後方視的検討
稲葉 慶, 入山 高行, 永松 健, 設樂 理恵子, 中山 敏男, 大須賀 穣, 藤井 知行
東京産科婦人科学会会誌   67(2) 180-184   Apr 2018
腹壁破裂は腸閉鎖や腸管壊死を合併し予後不良となる症例が存在するが、その周産期管理は一定の見解を得ていない。今回我々は、2003年1月から2016年8月に当院で管理した腹壁破裂9例について、妊娠経過や腸管拡張や腸管壁肥厚などの胎児超音波所見と、周産期予後との関連性を後方視的に検討した。腸閉鎖や腸管狭窄により腸管切除、長期経静脈栄養を要した予後不良例は9例中3例あった。全例で早産期に胎児機能不全や胎児発育停止による胎児適応で緊急帝王切開を要したが、有意な腸管異常所見は認めなかった。予後良好例6...
東大病院におけるセミオープンシステム現況についての分析
古屋 仁美, 入山 高行, 永松 健, 藤井 知行
東京母性衛生学会誌   35(Suppl.1) S(25)-S(25)   Apr 2018
経会陰超音波検査を指標とする内診の検者間誤差に関する検討
石本 慶子, 瀬山 貴博, 中山 敏男, 市川 麻祐子, 設樂 理恵子, 古屋 仁美, 入山 高行, 永松 健, 大須賀 穣, 藤井 知行
超音波医学   45(Suppl.) S719-S719   Apr 2018
子宮腺筋症に関連する産科合併症について 症例報告および文献的考察
橋本 彩子, 入山 高行, 中山 敏男, 宮内 彰人, 西井 修, 永松 健, 大須賀 穣, 藤井 知行
関東連合産科婦人科学会誌   55(1) 115-118   Mar 2018
子宮腺筋症と産科合併症の発症との関連については未だ報告は少ない.近年になり前期破水,早産,preeclampsiaの頻度が上昇すると報告されている.今回我々は,切迫早産にて入院中にpreeclampsiaとFGR(fetal growth restriction)を発症し早産に至った子宮腺筋症合併妊娠を経験したので詳細を報告するとともに,過去の子宮腺筋症と妊娠転帰に関する報告をまとめ,産科合併症に関連する病態機序についても考察を加える.(著者抄録)
知っておきたい母子感染のこと 先天性サイトメガロウイルス感染症を中心に
永松 健
東京母性衛生学会誌   34(1) 7-13   Mar 2018
知っておきたいことア・ラ・カルト 糖代謝異常を有する妊婦の管理のポイント
永松 健
Medical Practice   35(2) 322-324   Feb 2018
【産婦人科感染症の診断・管理-その秘訣とピットフォール】早産と周産期感染症 早産の機序と生体反応
永松 健
臨床婦人科産科   72(1) 125-131   Jan 2018
早産はさまざまな背景因子に起因して生じる症候群としての性質をもつ.頸管を経由した上行性の病原体侵入による子宮内感染が主要な原因となるが,それに対して抗菌薬を用いて予防・治療することは困難と考えられている.そのため,ハイリスク妊婦の同定と感染を生じる前段階での予防的アプローチが必要である.プロゲステロン作用の減弱や子宮局所の炎症-抗炎症バランスの異常は早産を誘発する要因となるが,それらに対してはプロゲステロン補充療法,抗炎症性物質の投与などによる早産防止効果が期待される.現在,頸管長測定が広...
妊娠糖尿病と糖尿病合併妊娠における教育入院体制の構築とその経過 管理栄養士の立場から
澤田 実佳, 高見 真, 中村 衣里, 前 明日美, 本田 友絵, 伊地知 秀明, 畠山 高年, 大橋 優美子, 高本 偉碩, 鈴木 亮, 永松 健, 山内 敏正, 門脇 孝, 関根 里恵, 窪田 直人
日本病態栄養学会誌   21(Suppl.) S-102   Jan 2018
大動脈基部置換術後のMarfan症候群患者における妊娠・産褥期のB型大動脈解離の発生
入山 高行, 佐山 晴亮, 武田 憲文, 犬塚 亮, 前村 園子, 藤田 大司, 兵藤 博信, 山内 治雄, 縄田 寛, 永松 健, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本成人先天性心疾患学会雑誌   7(1) 136-136   Jan 2018
One and one-half ventricular repair後の妊娠出産症例
相馬 桂, 川邊 智宏, 永松 健, 犬塚 亮, 齊藤 暁人, 稲葉 俊郎, 八尾 厚史, 小室 一成
日本成人先天性心疾患学会雑誌   7(1) 159-159   Jan 2018
【産婦人科領域と炎症】 オメガ3系脂肪酸代謝産物の抗炎症作用と分娩制御
永松 健
別冊Bio Clinica: 慢性炎症と疾患   6(4) 44-49   Nov 2017
オメガ3系脂肪酸は炎症性エイコサノイドの産生経路であるオメガ6系脂肪酸代謝に拮抗する。炎症性メディエーターが活性化することで分娩は進行するが、早産はそうした子宮局所の炎症亢進が病的に早期に生じる状態である。オメガ3脂肪酸の発揮する抗炎症作用は早産を抑制することを我々はマウスモデルで明らかにした。一方で、オメガ3系脂肪酸の補充による妊娠女性の早産予防効果については一致した結論に達していない。今後、さらなる研究の発展がオメガ3系脂肪酸の作用を応用した早産治療戦略へと結実することが期待される。(...
【ちょっと気になる妊婦・胎児】 母体編 妊娠中 インフルエンザの疑われる妊婦
井上 恵莉, 永松 健
周産期医学   47(11) 1397-1399   Nov 2017
母子感染-TORCHZ症候群 トキソプラズマ感染症の診断・治療と母子感染の回避について
森田 一輝, 小島 俊行, 永松 健, 藤井 知行
Reproductive Immunology and Biology   32(1-2) 72-72   Nov 2017
絨毛細胞機能および子宮頸管熟化を制御する分子システムと妊娠維持機構
永松 健
日本産科婦人科学会雑誌   70(2) 475-476   Feb 2018
末梢血オートタキシン濃度は胎盤機能を反映する
西森 裕美子, 永松 健, 蔵野 信, 入山 高行, 矢冨 裕, 大須賀 穣, 藤井 知行
Reproductive Immunology and Biology   32(1-2) 88-88   Nov 2017
マウス早産モデルにおけるApoptosis signal-regulating kinase1(ASK1)-MAPK経路の関与
吉川 美登利, 入山 高行, 永松 健, 大須賀 穣, 一條 秀憲, 藤井 知行
Reproductive Immunology and Biology   32(1-2) 89-89   Nov 2017
絨毛細胞機能および子宮頸管熟化を制御する分子システムと妊娠維持機構
永松 健
日本産科婦人科学会雑誌   70(2) 475-476   Feb 2018
皮下埋め込みポンプを用いたアンギオテンシンII持続投与による妊娠高血圧症候群モデルマウスの作成
小田 紘子, 永松 健, 大須賀 穣, 藤井 知行
Reproductive Immunology and Biology   32(1-2) 90-90   Nov 2017
【産婦人科診療で用いられるバイオマーカー】 早産マーカー
鮫島 大輝, 永松 健
産婦人科の実際   66(10) 1241-1245   Oct 2017
子宮腺筋症合併妊娠の流産後に、深部静脈血栓症と肺塞栓を発症した1例
平田 知之, 中山 敏男, 橋本 彩子, 樫山 智子, 設楽 理恵子, 入山 高行, 小松 篤史, 永松 健, 大須賀 穣, 藤井 知行
東京産科婦人科学会会誌   66(4) 677-681   Oct 2017
子宮腺筋症合併妊娠の後期流産後に、深部静脈血栓症(deep vein thrombosis:DVT)と肺塞栓症(pulmonary embolism:PE)、腹膜炎を発症した症例を報告する。患者は40歳、1経妊0経産。体外受精にて妊娠成立したが、妊娠12週0日に多量の性器出血を主訴に救急受診し、完全流産と診断され、出血の持続のため入院管理となった。止血後の第2病日にD-dimerの上昇を認め、CTにてDVT/PEと診断され、抗凝固療法・下大静脈(IVC)フィルターを挿入等の処置を行った。第...
母体血中の血管新生阻害因子の上昇を伴った胎児心不全に起因するMirror Syndromeの一例
加藤 喜久, 瀬山 貴博, 三村 暢子, 古屋 仁美, 中山 敏男, 入山 高行, 永松 健, 大須賀 穣, 藤井 知行
関東連合産科婦人科学会誌   54(3) 339-339   Oct 2017
出生前の画像所見より周産期良性型低フォスファターゼ症を疑い出生後に確定診断を得た1例
池田 頌子, 市瀬 茉里, 設樂 理恵子, 中山 敏男, 入山 高行, 小松 篤史, 永松 健, 武藤 浩司, 西村 力, 高橋 尚人, 岡 明, 藤井 知行
日本周産期・新生児医学会雑誌   53(3) 909-912   Sep 2017
29歳(2経妊1経産)。妊娠22週に胎児大腿骨短縮を指摘された。超音波検査で長管骨短縮と彎曲を認めたが胸郭低形成は軽度であった。妊娠31週の胎児3次元CTでは頭蓋骨の骨化不良など骨化不全が示唆されたが明らかな骨折は認めず、胸郭低形成も顕著でなかったことから、周産期良性型低フォスフォターゼ症(HPP)もしくは非致死型骨形成不全症と推測した。分娩誘発により妊娠38週0日に頭位経腟分娩にて2,344gの女児(アプガースコア6/9)を出生した。児の血清アルカリフォスファターゼは95IU/Lと低値で...
子宮腺筋症合併妊娠におけるpreeclampsiaの発生の増加
橋本 彩子, 入山 高行, 中山 敏男, 永松 健, 大須賀 穣, 藤井 知行, 宮内 彰人, 西井 修
日本妊娠高血圧学会雑誌   24 90-90   Sep 2017
【「産婦人科診療ガイドライン-産科編2017」の新規項目と改正点】CQ004-1(改訂) 妊娠中の静脈血栓塞栓症(VTE)の予防は?
永松 健
臨床婦人科産科   71(8) 700-703   Aug 2017
妊娠したらなるべく早期にVTEリスクの評価を行い,予防法が必要な妊婦ではできるだけ早くからそれを開始する.何らかのリスク因子を有する妊婦では理学的予防法を行い,リスク分類の基準を考慮して妊娠中の抗凝固療法を行うかどうかを決定する.分娩に際しての未分画ヘパリンの中止については,ヘパリンの投与法,分娩様式に応じてタイミングを決定する.(著者抄録)
【「産婦人科診療ガイドライン-産科編2017」の新規項目と改正点】CQ004-2(改訂) 分娩後の静脈血栓塞栓症(VTE)の予防は?
永松 健
臨床婦人科産科   71(8) 705-708   Aug 2017
帝王切開例では全例で理学的予防法(間欠的空気圧迫法もしくは弾性ストッキング)を行う.妊娠の影響によるVTEリスクの増加は産褥6週間程度までは持続する.帝王切開後のVTE予防では未分画ヘパリン以外に低分子ヘパリン(エノキサパリン)が選択肢となり,出血リスク低減の面では低分子ヘパリンが優れている.(著者抄録)
【血管制御系と疾患】 血管新生因子とpreeclampsia
藤井 達也, 永松 健, 藤井 知行
生体の科学   68(4) 344-347   Aug 2017
【早産リスクにどう向き合うか-最近の話題-】 オメガ3脂肪酸による早産予防
原 亜紀, 永松 健, 藤井 知行
産婦人科の実際   66(7) 893-897   Jul 2017
【周産期メンタルヘルスケアの最前線-ハイリスク妊産婦管理加算を見据えた対応をめざして】病態別の管理 不育症におけるsupportive care
永松 健, 長坂 貴顕, 藤井 知行
臨床婦人科産科   71(6) 523-526   Jun 2017
繰り返す流産体験は患者にとって強い精神的ストレスとなり,気分障害を生じている場合がある.不育症診療では原因因子の検索,治療方針の決定においてsupportive careを心掛けた対応が重要である.不育症女性における精神的ストレスは,その後の妊娠においてさらなる流産を生じる要因となる可能性がある.(著者抄録)
周産期のガイドラインは医療を変えたのか 静脈血栓塞栓症予防の効果と残された課題
永松 健
日本周産期・新生児医学会雑誌   53(2) 423-423   Jun 2017
胎児腹壁破裂症例の妊娠経過および超音波所見と新生児予後との関連性の検討
稲葉 慶, 入山 高行, 永松 健, 設樂 理恵子, 中山 敏男, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本周産期・新生児医学会雑誌   53(2) 527-527   Jun 2017
経会陰超音波計測における時間的変化に基づいた分娩予後予測
月村 英利子, 中山 敏男, 古屋 仁美, 設樂 理恵子, 瀬山 貴博, 入山 高行, 永松 健, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本周産期・新生児医学会雑誌   53(2) 542-542   Jun 2017
子宮腺筋症核出術後妊娠で癒着胎盤を生じ、ハイブリッドアンギオ室での帝王切開を施行した一例
月村 英利子, 永松 健, 古屋 仁美, 設樂 理恵子, 瀬山 貴博, 中山 敏男, 入山 高行, 小松 篤史, 大須賀 穣, 藤井 知行
関東連合産科婦人科学会誌   54(2) 153-153   May 2017
気道閉鎖・狭窄に実施されたEXIT(Ex Utero Intrapartum Treatment:娩出時臍帯非切断下気道確保)の有効性に関する多施設後方視的検討
土肥 聡, 市塚 清健, 松岡 隆, 瀬尾 晃平, 小澤 克典, 和田 誠司, 左合 治彦, 田丸 俊輔, 亀井 良政, 中村 晃和, 市川 剛, 河村 隆一, 西口 富三, 設樂 理恵子, 永松 健, 青木 宏明, 佐村 修, 田嶋 敦, 吉田 幸洋, 長塚 正晃, 関沢 明彦
関東連合産科婦人科学会誌   54(2) 178-178   May 2017
子宮腺筋症合併妊娠における後期流産、preeclampsia、および胎盤位置異常の発生の増加
橋本 彩子, 入山 高行, 佐山 晴亮, 中山 敏男, 小松 篤史, 永松 健, 大須賀 穣, 藤井 知行
関東連合産科婦人科学会誌   54(2) 179-179   May 2017
流産と漢方 免疫学的視点からのアプローチ
藤井 達也, 永松 健, 藤井 知行
産婦人科漢方研究のあゆみ   (34) 20-23   Apr 2017
漢方薬が有する免疫学的作用に着目して習慣流産女性の治療に応用しようという試みは古くから行われてきた。しかし、その作用機序については十分な理解には至っていない。われわれは、マウスモデルを用いて、当帰芍薬散による流産抑制作用についてiNKT細胞を介した免疫応答に着目して検討を行った。その結果、当帰芍薬散はiNKT細胞の過剰な活性化に伴うサイトカイン産生を抑制する作用を発揮し、流産を抑制していることが示唆された。免疫学的視点から漢方薬の作用機序が解明されることで、不育症女性における個別の原因因子...
リトドリン塩酸塩誘発性のHb低下と鉄剤使用効果に関する検討
横山 玲奈[湯川], 長瀬 幸恵, 高田 龍平, 鈴木 洋史, 小池 洋, 永松 健, 入山 高行, 小松 篤史, 藤井 知行
東京母性衛生学会誌   33(1) 57-61   Mar 2017
切迫早産で入院し、入院前にリトドリン塩酸塩を投与せず、入院当日から2週間以上継続してリトドリン塩酸塩を静注投与した88例(平均34.0±4.6歳)を対象とした。鉄剤を投与していた患者は54例、リトドリン塩酸塩投与前のヘモグロビン(Hb)値の平均は11.1±1.0g/dlで、FDA妊婦の貧血基準には満たなかった。鉄剤投与・非投与の両群において、Hb値の平均はリトドリン塩酸塩投与後1〜3日目に最低となり、14日後には上昇するが、リトドリン塩酸塩投与前の値までには回復しなかった。Hb回復幅への影...
気道閉鎖・狭窄に実施されたEXIT(Ex Utero Intrapartum Treatment:娩出時臍帯非切断下気道確保)の治療成績に関する多施設後方視的検討
土肥 聡, 市塚 清健, 松岡 隆, 瀬尾 晃平, 小澤 克典, 和田 誠司, 左合 治彦, 田丸 俊輔, 亀井 良政, 中村 晃和, 市川 剛, 河村 隆一, 西口 富三, 設樂 理恵子, 永松 健, 青木 宏明, 佐村 修, 田嶋 敦, 吉田 幸洋, 長塚 正晃, 関沢 明彦
日本産科婦人科学会雑誌   69(2) 1005-1005   Feb 2017
【産婦人科感染症の最前線】 母子に影響を与える感染症 サイトメガロウイルス感染症
永松 健, 藤井 知行
産婦人科の実際   65(13) 1715-1718   Dec 2016
【周産期医学必修知識第8版】 産科編 先天性サイトメガロウイルス感染
永松 健
周産期医学   46(増刊) 118-119   Dec 2016
高血糖を呈した特発性血小板減少性紫斑病(ITP)合併妊娠の1例
澤田 知伸, 諏訪内 浩嗣, 永松 健, 南谷 泰仁, 植木 浩二郎, 門脇 孝
日本内科学会関東地方会   629回 44-44   Dec 2016
【周産期とバイオマーカー-病態と最新の治療を知ろう】 【産科】治療 ω3系脂肪酸代謝産物の抗炎症作用と分娩制御
永松 健, 原 亜紀, 藤井 知行
周産期医学   46(11) 1355-1358   Nov 2016
複数遺伝子の発現プロファイルを用いた分娩前の子宮頸管熟化の評価と分娩発来予知法の検討
鮫島 大輝, 永松 健, 入山 高行, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
Reproductive Immunology and Biology   31(1-2) 120-120   Nov 2016
LPA-LPAR3システムの障害から見たPreeclampsiaの病態機序の解明
藤井 達也, 永松 健, 市川 麻祐子, 河合 有希, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
Reproductive Immunology and Biology   31(1-2) 140-140   Nov 2016
妊娠中の黄体嚢胞茎捻転に対して腹腔鏡下付属器切除術を行った1例
小池 洋, 佐山 晴亮, 設楽 理恵子, 中山 敏男, 入山 高行, 小松 篤史, 永松 健, 大須賀 穣, 藤井 知行
関東連合産科婦人科学会誌   53(4) 513-517   Nov 2016
症例は27歳,未経妊.妊娠6週6日の当院での妊婦健診で左卵巣に2cm大の黄体嚢胞を認め,他には異常所見を認めず妊娠経過は順調であった.妊娠13週3日に左下腹部痛を訴えて近医を受診し経過観察目的に入院したが,入院後も左下腹部痛が持続し,超音波検査で膀胱子宮窩に4cm大の腫瘤を認めたため卵巣腫瘍茎捻転の疑いで当院へ母体搬送となった.来院時の超音波検査で膀胱子宮窩に7cm大の高輝度領域を認め,同部位は反跳痛を伴う圧痛点と一致し,妊娠初期の所見も考慮して黄体嚢胞茎捻転に伴う卵巣浮腫を疑い同日に緊急...
産褥期に大動脈解離を発症したLoeys-Dietz症候群の一例
稲葉 慶, 平野 茉来, 設樂 理恵子, 樫山 智子, 佐山 晴亮, 江口 聡子, 中山 敏男, 入山 高行, 小松 篤史, 永松 健, 藤井 知行
関東連合産科婦人科学会誌   53(4) 677-681   Nov 2016
Loeys-Dietz症候群(以下LDS)は,Marfan症候群の類縁疾患であり,常染色体優性遺伝の全身性結合組織疾患である.かつてはMarfan症候群2型とも呼ばれていた.Johns Hopkins医科大学のDr.Bart LoeysとDr.Hal Dietzによって2005年に初めて提唱された新しい疾患概念である.臨床症状としては,Marfan症候群と比較し,動脈瘤・動脈解離,動脈蛇行,眼間解離,口蓋裂,二分口蓋垂などの特徴的な顔貌を呈する.LDS合併妊婦の周産期合併症として,産褥期の...
新生仔ラット低酸素性虚血性脳障害モデルにおける光散乱信号の有用性
木下 紗林子, 永松 健, 川内 聡子, 佐藤 俊一, 西舘 泉, 藤井 知行
脳循環代謝   28(1) 214-214   Nov 2016
不育症の過去・現在・未来 不育症の原因因子としての精神的ストレスに関する検討
永松 健
日本生殖医学会雑誌   61(4) 308-308   Oct 2016
精神疾患分類別にみたBarthel Indexの改善度の検討
園田 拓史, 武清 孝弘, 岡村 敏之, 永松 健太郎, 村山 芳博
理学療法学   43(Suppl.2) O-YB   Oct 2016
【妊娠と感染症-外来で聞かれてどう説明する?】 サイトメガロウイルス
永松 健, 藤井 知行
産科と婦人科   83(9) 1032-1035   Sep 2016
サイトメガロウイルス感染は経胎盤移行による感染によって、胎児に中枢神経を含めた多彩な臓器障害が発生する。この胎内感染は先天性難聴の主要原因の一つであることが指摘されており、出生後の感染児の早期発見の必要性が指摘されている。まれには感染既往妊婦の再活性化による胎児感染も知られているが、妊娠中の初感染が胎児先天感染の中心的ハイリスク集団となる。近年、若年女性の抗体保有率が低下しており、先天感染の発生頻度の増加が懸念されている。一方で、先天性サイトメガロウイルス感染には予防策、スクリーニング体制...
絨毛細胞におけるNALP3 inflammasomeを介した炎症に対するレスベラトロールの抑制作用
須江 英子, 甲賀 かをり, 田口 歩, 佐竹 絵里奈, 竹内 亜利砂, 真壁 友子, 宮下 真理子, 永松 健, 廣田 泰, 平池 修, 大須賀 穰, 藤井 知行
日本妊娠高血圧学会雑誌   23 56-56   Sep 2016
ABPC耐性大腸菌感染により、分娩進行中に母体敗血症性ショックおよび重症新生児仮死を来した一例
月村 英利子, 叶谷 愛弓, 佐山 晴亮, 樫山 智子, 設樂 理恵子, 江口 聡子, 中山 敏男, 入山 高行, 永松 健, 大須賀 穣, 藤井 知行
関東連合産科婦人科学会誌   53(3) 418-418   Aug 2016
リステリア感染による敗血症性流産の一例
藤森 啓太, 佐山 晴亮, 町野 英徳, 設楽 理恵子, 中山 敏男, 入山 高行, 永松 健, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本産婦人科感染症学会学術講演会プログラム・抄録集   33回 35-35   Jul 2016
分娩中のアンピシリン耐性大腸菌による急激な敗血症性ショックのため新生児仮死に至った一例
叶谷 愛弓, 佐山 晴亮, 設楽 理恵子, 中山 敏男, 入山 高行, 小松 篤史, 永松 健, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本産婦人科感染症学会学術講演会プログラム・抄録集   33回 38-38   Jul 2016
妊娠高血圧症候群の新知見 Preeclampsiaの胎盤機能障害 リゾリン脂質シグナルシステムからの視点
永松 健
日本周産期・新生児医学会雑誌   52(2) 434-434   Jun 2016
子宮腺筋症合併妊娠における妊娠高血圧症候群および胎盤位置異常の発生の増加
入山 高行, 橋本 彩子, 中山 敏男, 小松 篤史, 永松 健, 大須賀 譲, 藤井 知行
日本周産期・新生児医学会雑誌   52(2) 504-504   Jun 2016
妊娠女性における年齢、経産回数とサイトメガロウイルス抗体保有率の関連についての検討
稲生 宏泰, 永松 健, 山下 亜紀, 佐山 晴亮, 設楽 理恵子, 中山 敏男, 入山 高行, 小松 篤史, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本周産期・新生児医学会雑誌   52(2) 567-567   Jun 2016
血清中多価不飽和脂肪酸濃度の母体と胎児間の相関性についての検討 EPAと胎児発育の関係に関する示唆
藤川 朋奈, 永松 健, 叶谷 愛弓, 高橋 ゆう子, 藤森 啓太, 設楽 理恵子, 佐山 晴亮, 山下 亜紀, 中山 敏男, 入山 高行, 小松 篤史, 袖本 武男, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本周産期・新生児医学会雑誌   52(2) 596-596   Jun 2016
妊娠21週の一児IUFD後に妊娠継続し生存児が孔脳症および腎低形成を呈した一絨毛膜一羊膜双胎妊娠の一例
叶谷 愛弓, 永松 健, 設楽 理恵子, 佐山 晴亮, 中山 敏男, 入山 高行, 小松 篤史, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本周産期・新生児医学会雑誌   52(2) 687-687   Jun 2016
胎児期に発症した一過性骨髄異常増殖症(TAM)症例の検討
高橋 ゆう子, 入山 高行, 叶谷 愛弓, 藤川 朋奈, 設楽 理恵子, 佐山 晴亮, 中山 敏男, 小松 篤史, 永松 健, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本周産期・新生児医学会雑誌   52(2) 693-693   Jun 2016
塩酸リトドリン誘発性のHb低下と鉄剤使用効果に関する検討
湯川 玲奈, 小池 洋, 永松 健, 入山 高行, 長瀬 幸恵, 高田 龍平, 鈴木 洋史, 藤井 知行
東京母性衛生学会誌   33(Suppl.1) S(26)-S(26)   May 2016
妊娠初期における母体血清検査から見える先天性サイトメガロウイルス感染に関する問題点について
永松 健, 入山 高行, 小松 篤史, 大須賀 穣, 藤井 知行
東京母性衛生学会誌   33(Suppl.1) S(30)-S(30)   May 2016
妊娠23週に子宮捻転による胎盤早期剥離を生じて早産となった子宮筋腫合併妊娠の1例
小池 洋, 設樂 理恵子, 佐山 晴亮, 中山 敏男, 入山 高行, 小松 篤史, 永松 健, 大須賀 穣, 藤井 知行
関東連合産科婦人科学会誌   53(2) 277-277   May 2016
胎児発育不全を呈した多発胎盤梗塞(症例報告)
小林 真実, 大口 昭英, 岩下 あゆみ, 薄井 里英, 金井 信行, 永松 健, 松原 茂樹
関東連合産科婦人科学会誌   53(2) 281-281   May 2016
【知りたい最新情報がすぐわかる!-不妊・不育症診療パーフェクトガイド】 不育症の検査・診断 不育症の検索手順
中山 敏男, 永松 健
臨床婦人科産科   70(4) 314-319   Apr 2016
<Point>不育症患者は抑うつ・不安・喪失感などのさまざまな精神症状を呈する.精神的支援(tender loving care)を行うことで流産率を下げるとの報告もあるため,患者の言葉に傾聴することが肝要である.加齢と流産回数の増加は次回妊娠成功率を低下させる.不育症の原因特定には不育症リスク因子精査を行う.50%以上の症例では原因を特定できないが,原因が特定できなくても既往流産回数が3〜4回の場合には,60〜70%の確率で次回妊娠が無治療で継続できる.(著者抄録)
【知りたい最新情報がすぐわかる!-不妊・不育症診療パーフェクトガイド】 不育症の検査・診断 (Q3)血液凝固因子検査の意義は,どのようにとらえればよいでしょうか?
佐山 晴亮, 永松 健
臨床婦人科産科   70(4) 351-353   Apr 2016
妊娠28週に診断したTRAP sequenceの1例
國富 千智, 設樂 理恵子, 金谷 真由子, 佐山 晴亮, 山下 亜紀, 中山 敏男, 入山 高行, 小松 篤史, 永松 健, 大須賀 穣, 藤井 知行
東京産科婦人科学会会誌   65(2) 280-284   Apr 2016
TRAP(twin reversed arterial perfusion) sequenceは、一絨毛膜双胎において片方の胎児が無心体の場合に起こる稀な病態である。症例は30歳、3経妊3経産。自然妊娠、前医で単胎として管理され、妊娠27週に羊水過多と胎盤辺縁の腫瘤を認めた。精査目的で妊娠28週2日に当院へ母体搬送された。胎盤より腫瘤へ流入する血流があり健常児との動静脈性の交通を認めTRAP sequenceと診断。羊水除去を施行したが、急速に再増悪し健常児の循環動態悪化が懸念されたため、...
妊娠21週で一児死亡の後、生児が孔脳症と腎低形成を呈した一絨毛膜一羊膜双胎の1例
入山 高行, 町野 英憲, 中山 敏男, 小松 篤史, 永松 健, 大須賀 穣, 藤井 知行
超音波医学   43(Suppl.) S848-S848   Apr 2016
子宮頸部円錐切除既往により子宮腟部が大きく欠損している場合の妊娠管理 より高位での頸管縫縮術と子宮頸管の感染防御機能の評価が必要
大槻 克文, 永松 健
日本医事新報   (4790) 59-60   Feb 2016
日本における2年間の無侵襲的出生前遺伝学検査(NIPT)の現況
佐村 修, 左合 治彦, 北川 道弘, 和田 誠司, 佐々木 愛子, 関沢 明彦, 浜之上 はるか, 三浦 清徳, 山下 隆博, 永松 健, 澤井 英明, 山田 崇弘, 室月 淳, 鈴森 伸宏, 種元 智洋, 遠藤 俊明, 福島 明宗, 生野 寿史, 平久 進也, 松原 圭一, 吉里 俊幸, 前田 和寿, 加地 剛, 小川 昌宣, 佐世 正勝, 難波 聡, 長田 久夫, 西澤 春紀, 岡本 陽子, 金川 武司, 柿ヶ野 藍子, 小川 正樹, 中村 博昭, 和泉 俊一郎, 片桐 由起子, 笠井 靖代, 成瀬 勝彦, 吉松 淳, 早田 桂, 兵頭 麻希, 近藤 朱音, 川野 由紀枝, 大場 隆, 横浜 祐子, 市塚 清健, 川島 英理子, 三春 範夫, 川上 浩介, 日本NIPTコンソーシアム
日本産科婦人科学会雑誌   68(2) 738-738   Feb 2016
【難治性の周産期common diseaseへの挑戦】 反復後期流・早産の治療 既往早産妊婦の管理 乳酸菌療法
永松 健, 藤井 知行
臨床婦人科産科   70(1) 31-35   Jan 2016
妊婦の腟内細菌叢の異常が早産のリスク因子となっている.網羅的解析技術の進歩により腟内細菌叢の全貌が解明されつつある.Lactobacillusのもつ複数の特異的機能が子宮内感染の防御にかかわっている.プロバイオティクスの応用は早産抑止のための有望な治療戦略である.(著者抄録)
抗リン脂質抗体症候群(APS)合併妊娠の管理
永松 健, 板倉 敦夫
日本医事新報   (4781) 60-61   Dec 2015
妊娠34週以降に塩酸リトドリンを中止した症例における、分娩時期に影響を与える因子に関する検討
馬場 聡, 小松 篤史, 設楽 理恵子, 中山 敏男, 河合 有希, 永松 健, 大須賀 穣, 藤井 知行
産婦人科の実際   64(13) 2083-2087   Dec 2015
妊娠34週以降に塩酸リトドリンを中止した症例における、分娩時期に影響を与える因子について検討した。切迫早産の診断で入院管理となり、有意な子宮収縮を認め塩酸リトドリン点滴静注を単剤で使用し、妊娠34週以降に中止とし、かつ単胎で自然陣発し分娩に至った切迫早産50例を対象とした。切迫早産治療が奏効し、妊娠34週以降に塩酸リトドリン点滴静注中止後2日以内に出生となった群14例(早発群)と、3日以降に中止となった群36例(後発群)に分けた。後発群に比べて早発群では身長は有意に低く、非妊娠時体重は有意...
リゾフォスファチジン酸系は絨毛細胞において血管新生関連因子の発現を誘導する
市川 麻祐子, 永松 健, 藤井 達也, 保谷 茉莉, 河合 有希, 織田 克利, 川名 敬, 山下 隆博, 大須賀 穣, 藤井 知行
Reproductive Immunology and Biology   30(1-2) 22-31   Nov 2015
リゾフォスファチジン酸(LPA)系は絨毛細胞において血管新生関連因子の発現を誘導するか検討した。胎盤検体として初期絨毛組織、中期胎盤、後期胎盤の3種類を用いた。LPAR3の絨毛細胞における発現は、機能分化とともに誘導される可能性が示唆された。LPA-LPAR3経路が絨毛細胞機能に与える影響について解析するための実験モデルとして、HTR-8/SVneoにLPAR3の遺伝子導入を行う強制発現系を確立した。HTR-LPAR3では、HTR-mockに比較して顕著にLPAR3発現量が増加した。蛋白発...
生殖臓器におけるマクロファージの免疫寛容機構 妊娠子宮の炎症制御におけるマクロファージの関与
永松 健
Reproductive Immunology and Biology   30(1-2) 90-90   Nov 2015
ω3脂肪酸によるNKT細胞機能制御と流早産発症への影響
保谷 茉莉, 永松 健, 大須賀 穣, 藤井 知行
Reproductive Immunology and Biology   30(1-2) 102-102   Nov 2015
オメガ-3脂肪酸代謝産物による早産予防について
井上 恵莉, 永松 健, 川名 敬, 山下 隆博, 大須賀 穣, 藤井 知行
Reproductive Immunology and Biology   30(1-2) 102-102   Nov 2015
当帰芍薬散の経口摂取はマウスモデルにおいてiNKT細胞の活性化による流産を予防する
藤井 達也, 永松 健, 土屋 直子, 常田 洋平, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
Reproductive Immunology and Biology   30(1-2) 103-103   Nov 2015