Profile Information

Affiliation
Graduate School of Biological Sciences, National Cerebral and Cardiovascular Center,Research Institute

Other name(s) (e.g. nickname)
浦﨑
J-GLOBAL ID
201301027648657184
researchmap Member ID
B000231132

External link

大学院時代には、トランスポゾン(動く遺伝子)の転移メカニズムの研究を行なっていました。大学院卒業後、ゼブラフィッシュにおけるトランスポゾンTol2を用いた遺伝学的方法論の開発を行い、現在広く使われているTol2ベクター、遺伝子トラップ法、エンハンサートラップ法、Gal4/UASシステム、in vivo転移誘導システムの開発に成功しました。その後、オランダに渡り、独自に開発した遺伝学的方法論と透明なゼブラフィッシュの利点を利用して、血管・リンパ管形成の研究を行いました。帰国してからは、神経軸索に関わる分子として知られているshootinに新規ファミリーメンバー( shootin2, shootin3)があることを見出し、shootinの神経以外での機能の解明に貢献しました。現在は、オスラー病などの難治性血管疾患の発症メカニズムおよび病態多様性メカニズムの解明を目指しています。


Major Papers

  22

Misc.

  8

Presentations

  26

Professional Memberships

  2

Research Projects

  9