山本 明尚

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/07 17:51
 
アバター
研究者氏名
山本 明尚
 
ヤマモト アキヒサ
eメール
akixisaygmail.com
所属
東京藝術大学
部署
音楽研究科
職名
大学院生
学位
修士(音楽)(東京藝術大学)
その他の所属
独立行政法人日本学術振興会国立芸術学研究所

プロフィール

ロシア音楽を研究しています。
現在特に関心があるのは、20世紀初頭にロシア、ソヴィエトで行われた多様な創作上の実験(いわゆる「ロシア・アヴァンギャルド音楽」)です。どのような動機をもって彼らの創作活動がなされていたのか、その結果として生まれた音楽・創作技法・思想は、同時代から、また今日からみてどのような立ち位置にあるものなのかを、先行するロシア人作曲家との関係をめぐって、文献資料・楽曲の両面から調査しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本学術振興会 特別研究員 (DC1)
 
2017年4月
 - 
2018年3月
東京藝術大学音楽学部 楽理科 ティーチング・アシスタント
 

学歴

 
2019年9月
 - 
現在
ロシア国立芸術学研究所 音楽史専攻 
 
2017年4月
 - 
現在
東京藝術大学 大学院音楽研究科 音楽文化学専攻 音楽学研究分野(博士後期課程)
 
2015年4月
 - 
2017年3月
東京藝術大学 大学院音楽研究科 音楽文化学専攻 音楽学研究分野(修士課程)
 
2015年12月
 - 
2016年3月
モスクワ音楽院  ロシア音楽史学科
 
2011年4月
 - 
2015年3月
東京藝術大学 音楽学部 楽理科
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
2019年3月
日本音楽学会  常任委員会庶務幹事
 

受賞

 
2013年6月
東京藝術大学 安宅賞
 
2015年3月
東京藝術大学 アカンサス賞
 
2015年3月
東京藝術大学 同声会賞
 
2017年3月
東京藝術大学 大学院アカンサス賞
 

論文

 
山本 明尚
なろうど   (78) 10-20   2019年4月
初期ソ連のスクリャービン受容――ある作曲家の「神話化」をめぐる力学
山本 明尚
音楽文化学論集   8 129-139   2018年1月   [査読有り]
1910~20年代ロシア・ソ連における「革新的音楽」の創作語法――先行者A. N. スクリャービンの「影響」をめぐって
山本明尚
東京藝術大学      2016年12月   [査読有り]
ニコラーイ・ロースラヴェツの『総合和音』――革新と伝統
山本明尚
東京藝術大学      2014年12月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
シンポジウム「21世紀のプロコーフィエフ ――ロシア音楽研究の新しい展望――」
一柳富美子、山本明尚、野原泰子、長瀬賢弘、菊間史織
日本音楽学会東日本支部第55回定例研究会   2019年1月12日   
山本 明尚
EARS Graduate Music Forum, The Chinese University of Hong Kong   2018年5月19日   
プロコーフィエフの初期創作における「古典」と「革新」 ――当時の自己言及を通じて
山本 明尚
日本音楽学会第68回全国大会   2017年10月28日   
1910〜20年代ロシア・ソ連における「革新的音楽」の創作語法 ―― 先行者A. N. スクリャービンのN. A. ロースラヴェツへの「影響」を例に
山本 明尚
日本音楽学会 東日本支部 第44回支部例会   2017年6月10日   

Misc

 
曲目解説:ハイドン 弦楽四重奏曲 作品20-6 Hob.III:36、ベートーヴェン 第11番 作品95 へ短調《セリオーソ》、ブラームス ピアノ五重奏曲 作品34 へ短調
山本 明尚
クァルテット ヒムヌス リサイタル 2019 (9月7日、Hakuju Hall)      2019年9月   [依頼有り]
曲目解説:ストラヴィンスキー《七重奏曲》、ヒンデミット《協奏音楽》作品49、ストラヴィンスキー《管楽器のための交響曲》(1947年版)、マルティヌー《九重奏曲》第2番、ラフ《シンフォニエッタ》
山本 明尚
東京藝術大学管打楽器シリーズ 2019:ベルリン・フィル首席奏者ヴェンツェル・フックスとシュテファン・ドールを迎えて(2019年7月12日、東京藝術大学奏楽堂)      2019年7月   [依頼有り]
楽しい!面白い!で選ぶ、現代音楽のススメ(ロシア他)
山本 明尚
音楽の友   (7月号) 113   2019年6月   [依頼有り]
書評:Marina Frolova-Walker著 _Stalin's Music Prize: Soviet Culture and Politics_ (Yale University Press, 2016)
山本 明尚
音楽学   64(2) 181-183   2019年3月   [査読有り]
曲目解説:フォーレ《ペレアスとメリザンド》、プリテン《シンプル・シンフォニー》、リムスキー=コルサコフ《交響組曲「シェエラザード」》
山本 明尚
NHK交響楽団演奏会 大阪公演(2019年1月20日、NHK大阪ホール)      2019年1月   [依頼有り]

競争的資金等の研究課題

 
20世紀初頭ロシアの「革新的作曲家」の「革新性」再考:先行者の同定と影響の考察
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 山本 明尚
1910年代モスクワにおける前衛音楽家の創作語法―先行者との「影響」関係を巡る資料面からの考察―
公益財団法人日本科学協会: 笹川科学研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2016年2月    代表者: 山本明尚