共同研究・競争的資金等の研究課題

2015年4月 - 2018年3月

都市部世代間交流のナラティヴを含む看護支援の開発と混合研究法を用いた評価法の確立

日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
  • 亀井 智子
  • ,
  • 山本 由子
  • ,
  • 糸井 和佳
  • ,
  • 川上 千春
  • ,
  • 入江 由香子
  • ,
  • 金盛 琢也
  • ,
  • 藤原 佳典
  • ,
  • 目黒 斉実
  • ,
  • 猪飼 やす子
  • ,
  • 河田 萌生
  • ,
  • 藤村 芳子
  • ,
  • 根岸 由依
  • ,
  • 抱井 尚子
  • ,
  • フェッターズ マイケル
  • ,
  • 光永 悠彦

課題番号
15K15899
配分額
(総額)
3,640,000円
(直接経費)
2,800,000円
(間接経費)
840,000円

本研究は、高齢者と小学生主導型の世代間交流について、①ナラティヴを取り入れた看護支援方法を開発すること、②世代間交流の総体の評価法を混合研究法(MMR)を用いて開発することを目的とした。方法は、並行的収斂デザインによるMMRとし、世代間交流や満足度の量的評価と交流の様相の質的評価を収斂した。高齢者群17名、小学生群7名の69回分の分析から、一般・虚弱・認知症群の交流の特徴が記述された。Journal of MMR誌等にジョイントディスプレイとともに掲載された16論文を分析し、計5種類の統合タイプが明確化した。MMR研究支援ツール(m-STAR 21)、およびMMR支援ハンドブックを完成した。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-15K15899/15K15899seika.pdf
ID情報
  • 課題番号 : 15K15899