基本情報

所属
清泉女学院大学 看護学部看護学科 専任講師
学位
修士(看護学)(佐久大学大学院看護学研究科)
学士(看護学)(大阪府立大学)
学士(法学)(立命館大学)

J-GLOBAL ID
201801012135440520

(2019年4月より)
清泉女学院大学看護学部へうつり、看護師の学部教育も担うこととなりました。
インストラクショナル・デザインを用いて、看護学生を対象としたウィメンズヘルス看護学に関する授業設計に取り組んでいます。

*****************
(2019年3月まで)
助産師養成課程1年コースで、「少ない分娩件数の中で最大の学修効率を図るためにはどんな学修支援が可能か?」という視点から、2016年よりインストラクショナル・デザインの知見を得ながら、主に助産学生を対象とした授業設計や教材開発に取り組んでいます。

教材開発の過程で、助産師の実践をより可視化していく必要性を痛感し、現在は、分娩期における助産師の臨床判断の研究活動に取り組んでいます。

日本周産期・新生児医学会認定の新生児蘇生法「専門」コースインストラクター活動を通じて、助産学生や、看護師、助産師、研修医、産科医、小児科医を対象として新生児蘇生法の学習支援にも取り組んでいます。

もともと、法学部の学際的プログラムで国際関係を学び、女性への支援を通じて国際平和に貢献したいと考え、助産師になりました。現在でも自分の研究領域にとらわれず、幅広く情報を集めて、専門分野を深めていきたいと考えています。

【資格】
助産師、看護師、保健師
アドバンス助産師(有効期限:2020年12月31日)
新生児蘇生法「専門」コースインストラクター(有効期限:2022年3月20日)

経歴

  5

MISC

  7

書籍等出版物

  2

講演・口頭発表等

  18

社会貢献活動

  35