基本情報

所属
青森中央学院大学 経営法学部 専任講師
学位
修士(経済学)(2011年3月 岡山大学)

研究者番号
70963792
J-GLOBAL ID
202201017815536801
researchmap会員ID
R000034707

 経済学は学問の誕生時に「political economy」と称されたように、経済的側面のみならず政治的・社会的側面も考慮に入れて研究しなければならない。特に労働経済論に関しては、「制度派労働経済学」や「労使関係論」の伝統的な分析視角が重要である。実際、労働経済論とは本来「どぶ板の学問」*であり、現実の経済社会で惹起している様々な労働問題(非正規雇用、長時間労働、過労死、過労自殺など)を常に念頭におきながら研究しなければならない。さらには、経済学の役割は研究成果が現実の経済政策形成に反映されてこそ意義があるものだと認識している。

 このような研究理念の下で、経済学のみならず労働社会学・ブローデル(Fernand Braudel)が『地中海』で示した「歴史学」・ブルデュー(Pierre Bourdieu)の『ディスタンクシオン(La distinction)』・SDGs(特にターゲット8「すべての人々にとって、持続的でだれも排除しない持続可能な経済成長、完全かつ生産的な雇用、働きがいのある人間らしい仕事(ディーセント・ワーク)を促進する」)の知見を取り入れた研究を行っている。

 以上の研究活動を通じて、現在主流とされている経済学(新しい古典派経済学、合理的期待形成学派など)とは全く異なった理論的基礎に基づいた「新しい経済学」を構築することを目指している。

(2022年5月1日、加筆修正)

注)*:小倉一哉(2005) 「労働問題研究者の資質」, 『労働政策研究・研修機構コラム』, 第32号(http://www.jil.go.jp/column/bn/colum032.html)(2018年3月9日アクセス、2022年4月30日再アクセス)。

 


主要な論文

  5

書籍等出版物

  1
  • 棚池康信, 内田勝敏, 高屋定美, 岩見昭三, 松浦一悦, 松永達, 山本いづみ, 畠山光史, 本田雅子, 豊嘉哲, 嶋田巧, 山下雅之, 小西幸男, 濱田太郎, 鈴井清巳, 北野友士 (担当:共著, 範囲:「社会的排除と社会的包摂―欧州社会政策は社会的包摂を推進できたのか」, 第6章。)
    文眞堂 2018年3月31日 (ISBN: 9784830949845)

講演・口頭発表等

  3

主要な担当経験のある科目(授業)

  23

所属学協会

  6

社会貢献活動

  3

その他

  1
  • 2021年2月
    概要:PHPプログラミングの基本知識を問う試験。ITスキル標準(ITSS):レベル1。得点率:92.5%(2021年2月受験時)。