Inoue Akira

J-GLOBAL         Last updated: Sep 11, 2019 at 21:05
 
Avatar
Name
Inoue Akira
Affiliation
Osaka University
Section
Graduate School of Medicine
Research funding number
90645053

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Inoue A, Deem AK, Kopetz S, Heffernan TP, Draetta GF, Carugo A
Cancers   11(9)    Sep 2019   [Refereed]
Qian Y, Wu X, Yokoyama Y, Okuzaki D, Taguchi M, Hirose H, Wang J, Hata T, Inoue A, Hiraki M, Ohtsuka M, Takahashi H, Haraguchi N, Mizushima T, Tanaka S, Mori M, Yamamoto H
Cancer science      Sep 2019   [Refereed]
Fukata T, Mizushima T, Nishimura J, Okuzaki D, Wu X, Hirose H, Yokoyama Y, Kubota Y, Nagata K, Tsujimura N, Inoue A, Miyoshi N, Haraguchi N, Takahashi H, Hata T, Matsuda C, Kayama H, Takeda K, Doki Y, Mori M, Yamamoto H
Molecular therapy. Nucleic acids   12 658-671   Sep 2018   [Refereed]
Deribe YL, Sun Y, Terranova C, Khan F, Martinez-Ledesma J, Gay J, Gao G, Mullinax RA, Khor T, Feng N, Lin YH, Wu CC, Reyes C, Peng Q, Robinson F, Inoue A, Kochat V, Liu CG, Asara JM, Moran C, Muller F, Wang J, Fang B, Papadimitrakopoulou V, Wistuba II, Rai K, Marszalek J, Futreal PA
Nature medicine      Aug 2018   [Refereed]
Lissanu Deribe Y, Sun Y, Terranova C, Khan F, Martinez-Ledesma J, Gay J, Gao G, Mullinax RA, Khor T, Feng N, Lin YH, Wu CC, Reyes C, Peng Q, Robinson F, Inoue A, Kochat V, Liu CG, Asara JM, Moran C, Muller F, Wang J, Fang B, Papadimitrakopoulou V, Wistuba II, Rai K, Marszalek J, Futreal PA
Nature medicine   24(7) 1047-1057   Jul 2018   [Refereed]
Tamai K, Mizushima T, Wu X, Inoue A, Ota M, Yokoyama Y, Miyoshi N, Haraguchi N, Takahashi H, Nishimura J, Hata T, Matsuda C, Doki Y, Mori M, Yamamoto H
Molecular cancer therapeutics   17(7) 1613-1622   Jul 2018   [Refereed]
Inoue A, Mizushima T, Wu X, Okuzaki D, Kambara N, Ishikawa S, Wang J, Qian Y, Hirose H, Yokoyama Y, Ikeshima R, Hiraki M, Miyoshi N, Takahashi H, Haraguchi N, Hata T, Matsuda C, Doki Y, Mori M, Yamamoto H
Molecular cancer therapeutics   17(5) 977-987   May 2018   [Refereed]
Inoue Akira, Rizi Bahar Salimian, Carugo Alessandro, Seth Sahil, Bristow Christopher, Genovese Giannicola, Viale Andrea, Menter David G., Kopetz Scott, Draetta Giulio F.
CANCER RESEARCH   77    Jul 2017   [Refereed]
Hata T, Mokutani Y, Takahashi H, Inoue A, Munakata K, Nagata K, Haraguchi N, Nishimura J, Hata T, Matsuda C, Murata K, Mizushima T, Doki Y, Mori M, Yamamoto H
International journal of oncology   50(2) 487-496   Feb 2017   [Refereed]
Inoue A, Yamamoto H, Uemura M, Nishimura J, Hata T, Takemasa I, Ikenaga M, Ikeda M, Murata K, Mizushima T, Doki Y, Mori M
Annals of surgical oncology   22 Suppl 3 S1410-8   Dec 2015   [Refereed]
Takeyama H, Yamamoto H, Hata T, Takahashi Y, Ohtsuka M, Nonaka R, Inoue A, Naito A, Matsumura T, Uemura M, Nishimura J, Takemasa I, Mizushima T, Doki Y, Mori M
Surgical endoscopy   29(8) 2371-2376   Aug 2015   [Refereed]
井上彬, 植村守, 山本浩文, 土岐祐一郎, 森正樹
大腸がんperspective   2(1) 54-58   Mar 2015
井上 彬, 植村 守, 山本 浩文, 土岐 祐一郎, 森 正樹
大腸がんperspective   2(1) 54-58   Mar 2015
microRNA(miRNA)とは、生体内に存在する21〜23塩基の核酸からなるnon-coding(非翻訳性)RNAの一種で、複数の標的遺伝子の発現を制御し、生体内のさまざまな分子機構を精巧に調節している。近年の研究では、miRNAが癌の発生や悪性化において重要な役割を担うことが次々と明らかになり、大きなトピックとなっている。Valeriらは、miRNA-135bが大腸癌の発癌機構に作用し、癌の進展を促進する分子であることを明らかにした。一方、BuらはmiRNA-34aが大腸癌幹細胞にお...
Wu X, Yamamoto H, Nakanishi H, Yamamoto Y, Inoue A, Tei M, Hirose H, Uemura M, Nishimura J, Hata T, Takemasa I, Mizushima T, Hossain S, Akaike T, Matsuura N, Doki Y, Mori M
PloS one   10(3) e0116022   2015   [Refereed]
[A case of solitary fibrous tumor from the greater omentum resected via laparoscopic surgery].
Osawa H, Nishimura J, Inoue A, Ueda M, Mokutani Y, Miyo M, Naito A, Hamabe A, Hiraki M, Matsumura T, Munakata K, Ogino T, Takahashi Y, Uemura M, Hata T, Takemasa I, Mizushima T, Yamamoto H, Doki Y, Mori M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41(12) 2493-2495   Nov 2014   [Refereed]
[A case of pathological complete response with neoadjuvant XELOX chemotherapy for locally advanced rectal cancer].
Kitahara T, Takemasa I, Inoue A, Osawa H, Miyo M, Mokutani Y, Ogawa H, Naito A, Hamabe A, Hiraki M, Munakata K, Uemura M, Nishimura J, Hata T, Mizushima T, Yamamoto H, Doki Y, Mori M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41(12) 1569-1571   Nov 2014   [Refereed]
Inoue Akira, Yamamoto Hirofumi, Uemura Mamoru, Nishimura Junichi, Hata Taishi, Takemasa Ichiro, Mizushima Tsunekazu, Doki Yuichiro, Mori Masaki
CANCER RESEARCH   74(19)    Oct 2014   [Refereed]
Inoue A, Uemura M, Yamamoto H, Hiraki M, Naito A, Ogino T, Nonaka R, Nishimura J, Wada H, Hata T, Takemasa I, Eguchi H, Mizushima T, Nagano H, Doki Y, Mori M
International surgery   99(4) 338-343   Jul 2014   [Refereed]
Inoue A, Akita H, Eguchi H, Hama N, Wada H, Kawamoto K, Kobayashi S, Mori M, Doki Y, Nagano H
Surgery today   44(4) 786-791   Apr 2014   [Refereed]
Inoue Akira, Koshiishi Naoki, Kinuta Shunji, Maruyama Suguru, Tsujiyama Asako
Jpn J Gastroenterol Surg   45(9) 944-951   Sep 2012   [Refereed]
A 40-year-old woman was referred because of middle upper quadrant pain. Abdominal computed tomography (CT) showed a huge 13.0×8.0 cm tumor at the gastric cardia, which was suspected to directly invade the liver. Biopsy yielded a pathological diagn...
INOUE Akira, KOSHIISHI Naoki, MARUYAMA Suguru, TSUJIYAMA Asako, KINUTA Shunji, KIJIMA Yasuoki
日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association   73(4) 811-815   Apr 2012   [Refereed]
症例は41歳,女性.下血,嘔気,左下腹部痛を主訴に当院受診.腹部CTで腸閉塞とS状結腸の穿通に伴う後腹膜膿瘍と診断し,減圧チューブの挿入と膿瘍穿刺ドレナージを施行した.腸管が減圧され膿瘍腔が縮小したため,S状結腸部分切除術と後腹膜膿瘍debridementを施行した.術後経過は良好であったが,術後13日目にドレーンから大量出血を認め出血性ショックの状態となった.腹部CTと血管造影検査にて左外腸骨動脈仮性瘤破裂と診断し緊急手術を施行した.手術は感染巣の可及的debridementを行い,左外...
Inferior Mesenteric Artery Lymph Node Metastasis Is an Independent Prognostic Factor for Stage III Sigmoid Colon and Rectal Cancer
Inoue Akira
International Surgery   Online First    [Refereed]

Misc

 
井上彬
消化器外科Nursing   23(10) 922‐923   Oct 2018
井上彬
消化器外科Nursing   23(10) 919‐921   Oct 2018
井上彬
消化器外科Nursing   23(10) 916‐918   Oct 2018
太田みのり, 玉井皓己, 横山雄起, 井上彬, 畑泰司, 松田宙, 水島恒和, 土岐祐一郎, 森正樹, 山本浩文, 山本浩文
日本がん転移学会学術集会・総会プログラム抄録集   27th 80   2018
石川翔, 横山雄起, 井上彬, 三吉範克, 高橋秀和, 原口直紹, 水島恒和, 土岐祐一郎, 森正樹, 山本浩文, 山本浩文
日本がん転移学会学術集会・総会プログラム抄録集   27th 51   2018
山本浩文, 井上彬, 平木将之, 原口直紹, 高橋秀和, 西村潤一, 畑泰司, 竹政伊知朗, 水島恒和, 土岐祐一郎, 森正樹
日本外科学会定期学術集会(Web)   116th IST‐4‐6 (WEB ONLY)   2016
大澤日出樹, 高橋秀和, 西村潤一, 三代雅明, 井上彬, 北原知洋, 杢谷友香子, 上田正射, 原口直紹, 畑泰司, 山本浩文, 水島恒和, 竹政伊知朗, 土岐祐一郎, 森正樹
日本外科学会定期学術集会(Web)   116th PS‐030‐6 (WEB ONLY)   2016
井上彬, 高橋秀和, 水島恒和, 森正樹
外科   77(12) 1344-1351   Nov 2015
井上彬, 畑泰司, 高橋秀和, 原口直紹, 西村潤一, 竹政伊知朗, 水島恒和, 山本浩文, 土岐祐一郎, 森正樹
日本臨床外科学会雑誌   76(増刊) 754-754   Oct 2015
三代雅明, 竹政伊知朗, 井上彬, 大澤日出樹, 北原知洋, 杢谷友香子, 高橋秀和, 原口直紹, 西村潤一, 畑泰司, 水島恒和, 山本浩文, 土岐祐一郎, 森正樹
日本臨床外科学会雑誌   76 482   Oct 2015
我々のストーマ作製と閉鎖の工夫 当科における臍ストーマ造設方法とその安全性について
三代 雅明, 竹政 伊知朗, 井上 彬, 大澤 日出樹, 北原 知洋, 杢谷 友香子, 高橋 秀和, 原口 直紹, 西村 潤一, 畑 泰司, 水島 恒和, 山本 浩文, 土岐 祐一郎, 森 正樹
日本臨床外科学会雑誌   76(増刊) 482-482   Oct 2015
MEK/ERK及びPI3K/AKTシグナル伝達からみた核酸がん治療剤
井上 彬, 山本 浩文, 平木 将之, 高橋 秀和, 原口 直紹, 西村 潤一, 畑 泰司, 竹政 伊知朗, 水島 恒和, 土岐 祐一郎, 森 正樹
日本癌学会総会記事   74回 E-1084   Oct 2015
井上 彬, 山本 浩文, 高橋 秀和, 原口 直紹, 西村 潤一, 畑 泰司, 竹政 伊知朗, 水島 恒和, 土岐 祐一郎, 森 正樹
日本大腸肛門病学会雑誌   68(9) 738-738   Sep 2015
大腸におけるLgr5のスプライスバリアント
大澤 日出樹, 高橋 秀和, 西村 順一, 三代 雅明, 井上 彬, 杢谷 友香子, 北原 知洋, 上田 正射, 山本 浩文, 原口 直紹, 畑 泰司, 竹政 伊知朗, 水島 恒和, 土岐 祐一郎, 森 正樹
日本癌治療学会誌   50(3) 1654-1654   Sep 2015
大腸癌に対するMicroRNA-29bとその誘導体配列を用いた新しい診断・治療応用
井上 彬, 植村 守, 西村 潤一, 畑 泰司, 竹政 伊知朗, 池田 正孝, 水島 恒和, 山本 浩文, 土岐 祐一郎, 森 正樹
日本消化器外科学会総会   70回 P-72   Jul 2015
下部消化管 da Vinci Surgical Systemを用いた直腸癌手術におけるlearning curve
三代 雅明, 竹政 伊知朗, 浜部 敦史, 井上 彬, 大澤 日出樹, 北原 知洋, 杢谷 友香子, 植村 守, 西村 潤一, 畑 泰司, 水島 恒和, 山本 浩文, 土岐 祐一郎, 森 正樹
日本外科学会定期学術集会抄録集   115回 OP-100   Apr 2015
下部消化管 瘻孔及び膿瘍を合併したクローン病に対する腹腔鏡下手術と開腹手術の比較検討
大澤 日出樹, 水島 恒和, 中島 清一, 井上 彬, 北原 知洋, 三代 雅明, 杢谷 友香子, 上田 正射, 植村 守, 西村 潤一, 畑 泰司, 竹政 伊知朗, 山本 浩文, 土岐 祐一郎, 森 正樹
日本外科学会定期学術集会抄録集   115回 OP-182   Apr 2015
基礎研究・移植再生 MicroRNA-29bは大腸癌において、細胞増殖を抑制し、新規予後マーカーと成り得る
井上 彬, 山本 浩文, 植村 守, 西村 潤一, 畑 泰司, 竹政 伊知朗, 池永 雅一, 池田 正孝, 村田 幸平, 水島 恒和, 土岐 祐一郎, 森 正樹
日本外科学会定期学術集会抄録集   115回 OP-238   Apr 2015
基礎研究・移植再生 炭酸アパタイトを用いた核酸医療の可能性
山本 浩文, 井上 彬, 植村 守, 西村 潤一, 畑 泰司, 竹政 伊知朗, 水島 恒和, 土岐 祐一郎, 森 正樹
日本外科学会定期学術集会抄録集   115回 OP-234   Apr 2015
Inoue Akira, Doki Yuichiro, Mori Masaki, Yamamoto Hirofumi, Uemura Mamoru, Nishimura Junichi, Hata Taishi, Takemasa Ichiro, Ikeda Masataka, Murata Kohei, Mizushima Tsunekazu
Japan Journal of Molecular Tumor Marker Research   30(0) 59-60   Mar 2015
大澤日出樹, 水島恒和, 中島清一, 井上彬, 北原知洋, 三代雅明, 杢谷友香子, 上田正射, 植村守, 西村潤一, 畑泰司, 竹政伊知朗, 山本浩文, 土岐祐一郎, 森正樹
日本外科学会定期学術集会(Web)   115th OP-182-7 (WEB ONLY)   2015
井上彬, 山本浩文, 植村守, 西村潤一, 畑泰司, 竹政伊知朗, 池永雅一, 池田正孝, 村田幸平, 水島恒和, 土岐祐一郎, 森正樹
日本外科学会定期学術集会(Web)   115th OP-238-6 (WEB ONLY)   2015
大澤日出樹, 高橋秀和, 西村順一, 三代雅明, 井上彬, 杢谷友香子, 北原知洋, 上田正射, 山本浩文, 原口直紹, 畑泰司, 竹政伊知朗, 水島恒和, 土岐祐一郎, 森正樹
日本癌治療学会学術集会(Web)   53rd P70‐4 (WEB ONLY)   2015
三代雅明, 竹政伊知朗, 浜部敦史, 井上彬, 大澤日出樹, 北原知洋, 杢谷友香子, 植村守, 西村潤一, 畑泰司, 水島恒和, 山本浩文, 土岐祐一郎, 森正樹
日本外科学会定期学術集会(Web)   115th OP-100-4 (WEB ONLY)   2015
山本浩文, 井上彬, 植村守, 西村潤一, 畑泰司, 竹政伊知朗, 水島恒和, 土岐祐一郎, 森正樹
日本外科学会定期学術集会(Web)   115th OP-234-3 (WEB ONLY)   2015
北原 知洋, 竹政 伊知朗, 井上 彬, 大澤 日出樹, 三代 雅明, 杢谷 友香子, 小川 久貴, 内藤 敦, 浜部 敦史, 平木 将之, 宗方 幸二, 植村 守, 西村 潤一, 畑 泰司, 水島 恒和, 山本 浩文, 土岐 祐一郎, 森 正樹
癌と化学療法   41(12) 1569-1571   Nov 2014
症例は70歳、男性。下血を主訴に近医にて、下部内視鏡検査および腹部CTを施行され直腸癌と診断された。加療目的に当院に紹介となり、精査の結果、直腸癌(Ra-Rb)T3N0P0H0M0、cStage IIと診断した。臨床試験として術前XELOX療法を行う方針とし、回腸瘻造設術を行った後、XELOXを4コース施行した。下部内視鏡検査では腫瘍はほぼ消失し、CT検査でも壁の肥厚像は認められなくなった。腹腔鏡下超低位前方切除術および側方リンパ節郭清を施行した。病理組織検査では癌細胞は認められず、治療効...
大澤 日出樹, 西村 潤一, 井上 彬, 上田 正射, 杢谷 友香子, 三代 雅明, 内藤 敦, 浜部 敦史, 平木 将之, 松村 多恵, 宗方 幸二, 荻野 崇之, 高橋 佑典, 植村 守, 畑 泰司, 竹政 伊知朗, 水島 恒和, 山本 浩文, 土岐 祐一郎, 森 正樹
癌と化学療法   41(12) 2493-2495   Nov 2014
孤立性線維性腫瘍(solitary fibrous tumor:SFT)は成人に発生する比較的まれな腫瘍であり、腹腔内に発生することは極めてまれである。症例は32歳、女性。不正性器出血を契機に婦人科を受診し、精査のMRIで大網原発腫瘍を偶発的に指摘された。当科紹介の後手術適応と判断し、腹腔鏡下大網腫瘍摘出術を施行した。摘出標本は48×35×30mmの境界明瞭で割面が均一な灰白色の充実性腫瘤であった。病理学的組織検査では紡錘形腫瘍細胞が密な束状の増生を呈しており、免疫染色でCD34陽性、bc...
結腸癌に対する腹腔鏡下手術の進歩 さらなる質の改善へ 右側結腸癌に対する単孔式腹腔鏡下complete mesocolic excision(CME)
三代 雅明, 竹政 伊知朗, 井上 彬, 大澤 日出樹, 北原 知洋, 杢谷 友香子, 植村 守, 西村 潤一, 畑 泰司, 水島 恒和, 山本 浩文, 土岐 祐一郎, 森 正樹
日本内視鏡外科学会雑誌   19(7) 416-416   Oct 2014
井上彬, 山本浩文, 植村守, 西村潤一, 畑泰司, 竹政伊知朗, 池田正孝, 村田幸平, 水島恒和, 土岐祐一郎, 森正樹
日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   34th 78-79   Sep 2014
ストーマ術後合併症と治療 臍ストーマの安全性の検討
三代 雅明, 竹政 伊知朗, 大澤 日出樹, 井上 彬, 北原 知洋, 杢谷 友香子, 植村 守, 西村 潤一, 畑 泰司, 水島 恒和, 山本 浩文, 土岐 祐一郎, 森 正樹
日本大腸肛門病学会雑誌   67(9) 632-632   Sep 2014
平木将之, 西村潤一, 高橋秀和, 高橋佑典, 宗方幸二, 井上彬, 浜部敦史, 植村守, 畑泰司, 竹政伊知朗, 水島恒和, 山本浩文, 土岐祐一郎, 森正樹
日本大腸こう門病学会雑誌   67(9) 731-731   Sep 2014
三宅祐一朗, 井上彬, 竹山廣志, 植村守, 西村潤一, 畑泰司, 竹政伊知朗, 水島恒和, 山本浩文, 土岐祐一郎, 森正樹
日本大腸こう門病学会雑誌   67(9) 786-786   Sep 2014
井上彬, 植村守, 西村潤一, 畑泰司, 竹政伊知朗, 水島恒和, 山本浩文, 土岐祐一郎, 森正樹
日本大腸こう門病学会雑誌   67(9) 706-706   Sep 2014
MicroRNA-29bは大腸癌において、細胞増殖を抑制し、新しい予後マーカーと成り得る(MicroRNA-29b is a novel potential prognostic marker and inhibits cell proliferation in colorectal cancer)
井上 彬, 山本 浩文, 植村 守, 西村 潤一, 畑 泰司, 竹政 伊知朗, 池田 正孝, 村田 幸平, 水島 恒和, 土岐 祐一郎, 森 正樹
日本癌学会総会記事   73回 E-1086   Sep 2014
三代雅明, 竹政伊知朗, 大澤日出樹, 井上彬, 北原知洋, 杢谷友香子, 植村守, 西村潤一, 畑泰司, 水島恒和, 山本浩文, 土岐祐一郎, 森正樹
日本大腸こう門病学会雑誌   67(9) 632   Sep 2014
初発大腸癌同時性肝転移に対する腹腔鏡下同時切除術の有用性の検討
井上 彬, 植村 守, 大澤 日出樹, 西村 潤一, 畑 泰司, 竹政 伊知朗, 水島 恒和, 山本 浩文, 土岐 祐一郎, 森 正樹
日本消化器外科学会総会   69回 P-153   Jul 2014
呉 きょう, 山本 浩文, 中西 弘幸, 山本 有紀, 井上 彬, 浜部 敦史, 高橋 秀和, 植村 守, 畑 泰司, 西村 潤一, 竹政 伊知朗, 水島 恒和, 土岐 祐一郎, 森 正樹
日本癌治療学会誌   49(3) 1220-1220   Jun 2014
井上彬, 植村守, 西村潤一, 畑泰司, 竹政伊知朗, 江口英利, 水島恒和, 山本浩文, 永野浩昭, 土岐祐一郎, 森正樹
日本外科系連合学会誌   39(3) 618-618   May 2014
大澤日出樹, 水島恒和, 中島清一, 井上彬, 北原知洋, 三代雅明, 杢谷友香子, 植村守, 西村潤一, 畑泰司, 竹政伊知郎, 山本浩文, 土岐祐一郎, 森正樹
日本外科学会雑誌   115(臨増2) 647-647   Mar 2014
杢谷友香子, 西村潤一, 井上彬, 大澤日出樹, 北原知洋, 三代雅明, 植村守, 畑泰司, 竹政伊知朗, 水島恒和, 山本浩文, 土岐祐一郎, 森正樹
日本外科学会雑誌   115(臨増2) 792-792   Mar 2014
井上彬, 植村守, 大澤日出樹, 北原知洋, 三代雅明, 杢谷友香子, 西村潤一, 畑泰司, 竹政伊知朗, 水島恒和, 山本浩文, 土岐祐一郎, 森正樹
日本外科学会雑誌   115(臨増2) 972-972   Mar 2014
内藤敦, 水島恒和, 井上彬, 小川久貴, 浜部敦史, 平木将之, 宗方幸二, 竹山廣志, 植村守, 西村潤一, 畑泰司, 竹政伊知朗, 山本浩文, 土岐祐一郎, 森正樹
日本内視鏡外科学会雑誌   19(7) 532   2014
三代雅明, 竹政伊知朗, 井上彬, 大澤日出樹, 北原知洋, 杢谷友香子, 植村守, 西村潤一, 畑泰司, 水島恒和, 山本浩文, 土岐祐一郎, 森正樹
日本内視鏡外科学会雑誌   19(7) 416   2014
三代雅明, 水島恒和, 山田萌, 大澤日出樹, 井上彬, 北原知洋, 杢谷友香子, 植村守, 西村潤一, 畑泰司, 竹政伊知朗, 山本浩文, 土岐祐一郎, 森正樹
日本臨床外科学会雑誌   74(増刊) 543-543   Oct 2013
井上彬, 植村守, 西村潤一, 畑泰司, 竹政伊知朗, 水島恒和, 山本浩文, 土岐祐一郎, 森正樹
日本臨床外科学会雑誌   74 848   Oct 2013
井上彬, 山本浩文, 竹山廣志, 植村守, 西村潤一, 畑泰司, 竹政伊知朗, 水島恒和, 土岐祐一郎, 森正樹
日本大腸こう門病学会雑誌   66(9) 738-738   Sep 2013
食道癌術後膵頭部癌に対して血行再建を行い、根治性を損なわず胃管温存膵頭十二指腸切除術を施行しえた1例
井上 彬, 秋田 裕史, 江口 英利, 濱 直樹, 和田 浩志, 川本 弘一, 小林 省吾, 永野 浩昭, 土岐 祐一郎, 森 正樹
日本消化器外科学会総会   68回 P-141   Jul 2013
入澤 友輔, 輿石 直樹, 井上 彬
北里医学 = Kitasato medicine   43(1) 45-49   Jun 2013
背景:閉鎖孔ヘルニアにおけるメッシュプラグの有用性を検討した。当院において閉鎖孔ヘルニアの再発率が高値であることと,また文献上も再発率が高く報告されていることにより,術式の再検討を行うことが必要不可欠であると考え,症例を見直した。方法:2002年から2010年の9年間で閉鎖孔ヘルニアと診断され,手術を行った症例を対象とし,年齢,性別,術式,腸切除の有無,臨床経過,再発について検討した。結果:症例数は初回手術30例,再発手術5例の合計35例である。初回手術30例のうち,術式としてヘルニア・を...
井上彬, 北原知洋, 三代雅明, 植村守, 原口直紹, 西村潤一, 畑泰司, 竹政伊知朗, 水島恒和, 山本浩文, 土岐祐一郎, 森正樹
日本外科系連合学会誌   38(3) 706-706   May 2013
三代雅明, 植村守, 井上彬, 北原知洋, 原口直紹, 畑泰司, 西村潤一, 竹政伊知朗, 水島恒和, 山本浩文, 土岐祐一郎, 森正樹
日本外科系連合学会誌   38(3) 688-688   May 2013
井上 彬, 黒川 幸典, 高橋 剛, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎
日本胃癌学会総会記事   85回 434-434   Feb 2013
井上彬, 黒川幸典, 高橋剛, 山崎誠, 宮田博志, 中島清一, 瀧口修司, 森正樹, 土岐祐一郎
日本臨床外科学会雑誌   73(増刊) 806-806   Oct 2012
絹田 俊爾, 丸山 傑, 辻山 麻子, 井上 彬, 平井 優, 篠田 雅央, 輿石 直樹, 岡崎 護, 木嶋 泰興
日本消化器外科学会総会   67回(Supplement1) 2-2   Jul 2012
井上 彬, 輿石 直樹, 絹田 俊爾, 丸山 傑, 辻山 麻子, 平井 優, 篠田 雅央, 木嶋 泰興, 岡崎 護
日本消化器外科学会総会   67回(Supplement1) 1-1   Jul 2012
若松高太郎, 平井優, 辻山麻子, 井上彬, 坂元直哉, 絹田俊爾, 篠田雅央, 輿石直樹, 岡崎護, 冨永邦彦, 樋口正美, 若林博人, 木嶋泰興
竹田綜合病院医学雑誌   37 28-32   Dec 2011
症例は77歳女性。腹痛、背部痛で受診。急性閉塞性化膿性胆管炎、総胆管結石及び胆石膵炎で緊急入院となる。内視鏡的胆道ドレナージ留置と絶食、中心静脈栄養管理、抗生剤投与で症状は改善した。慢性甲状腺炎に伴う甲状腺機能低下症の治療としてT4製剤(チラージンS)を長期内服していた。症状が安定後、経内視鏡的総胆管切石を試みるも、胆石が巨大なため排石できず外科治療の適応となる。総胆管切石術を施行し、術中は特に問題なかったが術後、意識低下と発熱が持続した。術後6日目に突然心肺停止となり死亡した。死亡前日の...
辻山麻子, 絹田俊爾, 輿石直樹, 井上彬, 平山和義, 白井智子, 入澤友輔, 坂元直哉, 平井優, 木嶋泰興, 岡崎護
竹田綜合病院医学雑誌   37 40-45   Dec 2011
症例1:87歳女性。食思不振と腹痛を主訴に受診し、精査にて盲腸癌の診断。イレウス管にて減圧を行った後に回盲部切除を施行するも術後経口摂取進まず、CT検査にて小腸に同心円状の多層構造を認め、腸間膜を巻き込んだ腸重積の存在が疑われた。第14病日で手術施行し、順行性の腸重積を認めたが、用手整復困難であり、腸切除を施行した。症例2:80歳女性。便秘、食思不振で受診し、精査にて横行結腸癌を認めた。イレウス管にて減圧を行い、横行結腸部分切除を施行するも第10病日にイレウス再燃し、第19病日に施行したC...
井上彬, 絹田俊爾, 輿石直樹, 辻山麻子, 平山和義, 入澤友輔, 白井智子, 若松高太郎, 平井優, 渡部裕志, 岡護, 木嶋泰興
竹田綜合病院医学雑誌   37 92-92   Dec 2011
若松高太郎, 平井優, 辻山麻子, 井上彬, 坂元直哉, 絹田俊爾, 篠田雅央, 輿石直樹, 岡崎護, 木嶋泰興
竹田綜合病院医学雑誌   37 33-35   Dec 2011
症例、79歳男性。進行大腸癌の加療目的で入院となる。アミドトリゾ酸ナトリウムメグルミン液(ガストログラフィン)を用いて注腸造影を施行後、気分不快感、血圧低下、酸素飽和度低下と発疹が出現しアナフィラキシーショックと診断した。抗アレルギー剤及びステロイド剤投与で症状は改善した。アミドトリゾ酸ナトリウムメグルミン液(ガストログラフィン)によるアナフィラキシーショックは極めて稀であり、若干の考察と共に報告する。(著者抄録)
辻山麻子, 輿石直樹, 絹田俊爾, 丸山傑, 井上彬, 白井智子, 平井優, 篠田雅央, 木嶋泰興, 岡崎護
日本臨床外科学会雑誌   72(増刊) 751-751   Oct 2011
絹田俊爾, 辻山麻子, 井上彬, 輿石直樹, 木嶋泰興
日本臨床外科学会雑誌   72 403   Oct 2011
井上彬, 輿石直樹, 絹田俊爾, 丸山傑, 辻山麻子, 白井智子, 平井優, 篠田雅央, 木嶋泰興, 岡崎護
日本臨床外科学会雑誌   72 701   Oct 2011
手術・そこが知りたい!(胃癌の内視鏡下手術におけるNo.7/8a/9/11pの郭清) 当院のLADGにおける膵上縁郭清の工夫
絹田 俊爾, 辻山 麻子, 井上 彬, 輿石 直樹, 木嶋 泰興
日本臨床外科学会雑誌   72(増刊) 403-403   Oct 2011
絹田俊爾, 井上彬, 輿石直樹, 木嶋泰興
日本消化器病学会雑誌   108(臨増大会) A809-A809   Sep 2011
輿石 直樹, 絹田 俊爾, 辻山 麻子, 平山 和義, 井上 彬, 白井 智子, 平井 優, 渡部 裕志, 岡崎 護, 木嶋 泰興
日本消化器外科学会総会   66回(Supplement1) 425-425   Jul 2011
絹田 俊爾, 輿石 直樹, 辻山 麻子, 井上 彬, 若松 高太郎, 平井 優, 岡崎 護, 木嶋 泰興
日本消化器外科学会総会   66回(Supplement1) 322-322   Jul 2011
井上 彬, 輿石 直樹, 絹田 俊爾, 辻山 麻子, 若松 高太郎, 平井 優, 岡崎 護, 木嶋 泰興
日本消化器外科学会総会   66回(Supplement1) 779-779   Jul 2011
神保教広, 木嶋泰興, 岡崎護, 輿石直樹, 渡部裕志, 平井優, 若松高太郎, 絹田俊爾, 白井智子, 入澤友輔, 平山和義, 井上彬, 辻山麻子
竹田綜合病院医学雑誌   36 37-40   Dec 2010
症例は83歳男性。右陰嚢腫大を主訴に初診し、右陰嚢に径20cm大の還納不良な腫脹を認めた。明らかな嵌頓の既往はなかったが、3年の経過で徐々に巨大化し、手術希望にて来院された。初診時には陰嚢水腫も合併していると考えられ、穿刺呼引にて750ml程度の排液の後に還納することが可能であった。手術直前は還納不良であり、心不全の既往あり術前精査の後に手術施行した。手術所見ではヘルニア嚢内には軽度発赤と壁肥厚を伴ったS状結腸と大網を認め嚢内に一部癒着していた。更に陰嚢内から大量の漿液性腹水を認めた。右精...
入澤友輔, 輿石直樹, 絹田俊爾, 平山和義, 井上彬, 白井智子, 平井優, 渡部裕志, 岡崎護, 木嶋泰興
日本臨床外科学会雑誌   71(増刊) 689-689   Oct 2010
白井智子, 輿石直樹, 絹田俊爾, 平山和義, 井上彬, 入澤友輔, 平井優, 渡部裕志, 岡崎護, 木嶋泰興
日本臨床外科学会雑誌   71(増刊) 749-749   Oct 2010
白井智子, 輿石直樹, 絹田俊爾, 平山和義, 井上彬, 入澤友輔, 平井優, 渡部裕志, 岡崎護, 木嶋泰興
日本臨床外科学会雑誌   71(増刊) 896-896   Oct 2010
平山和義, 輿石直樹, 絹田俊爾, 井上彬, 白井智子, 入澤友輔, 平井優, 渡部裕志, 岡崎護, 木嶋泰興
日本臨床外科学会雑誌   71(増刊) 767-767   Oct 2010
白井智子, 輿石直樹, 絹田俊爾, 平山和義, 井上彬, 入澤友輔, 平井優, 渡部裕志, 岡崎護, 木嶋泰興
日本臨床外科学会雑誌   71 673   Oct 2010
井上彬, 輿石直樹, 絹田俊爾, 平山和義, 白井智子, 入澤友輔, 平井優, 渡部裕志, 岡崎護, 木嶋泰興
日本臨床外科学会雑誌   71 568   Oct 2010
井上彬, 村岡新, 長谷川潔, 有田淳一, 遠藤大昌, 脊山泰治, 青木琢, 別宮好文, 菅原寧彦, 國土典宏
日本臨床外科学会雑誌   71(4) 1110   Apr 2010
佐藤瑞穂, 井上彬, 村岡新, 有田淳一, 遠藤大昌, 長谷川潔, 國土典宏
日本臨床外科学会雑誌   71(4) 1108   Apr 2010
井上彬, 浅井琢美, 宮道亮輔, 中野浩, 浅岡峰雄
日本救急医学会雑誌   19(8) 684   Aug 2008
大羽宏樹, 宮道亮輔, 浅井明倫, 井上彬, 松岡歩, 江坂和大, 浅井琢美, 佐藤敏, 中野浩, 浅岡峰雄
日本救急医学会雑誌   19(8) 807   Aug 2008