武藤 彩

J-GLOBALへ         更新日: 18/01/24 20:17
 
アバター
研究者氏名
武藤 彩
 
ムトウ アキラ
通称等の別名
Akira Muto
ハンドル
muto
URL
http://akiramuto.net

プロフィール

研究の興味:ゼブラフィッシュをモデル動物として用いて、動物行動を作り出す神経基盤の解明すること。GCaMPをプローブとして用いたカルシウムイメージングによる脳機能の可視化。

研究分野

 
 

経歴

 
2011年11月
 - 
現在
総合研究大学院大学(SOKENDAI)遺伝学専攻 初期発生研究部門 助教
 
2010年4月
 - 
2011年10月
情報・システム研究機構 新領域融合研究センター  融合プロジェクト特任研究員
 
2007年4月
 - 
2010年3月
国立遺伝学研究所 初期発生研究部門 研究員
 
2000年10月
 - 
2007年3月
カリフォルニア大学サンフランシスコ校生理学部門 ポストドクトラルフェロー
 
1996年1月
 - 
2000年9月
戦略的創造研究推進事業(ERATO) 御子柴細胞制御プロジェクト 研究員
 
1995年4月
 - 
1995年12月
理化学研究所ライフサイエンス筑波研究センター分子神経生物学研究室 奨励研究員
 
1995年4月
 - 
1995年12月
理化学研究所 奨励研究員
 

論文

 
Muto A, Lal P, Ailani D, Abe G, Itoh M, Kawakami K
Nature communications   8 15029   2017年4月   [査読有り]
Kawakami K, Asakawa K, Muto A, Wada H
Methods in cell biology   135 19-37   2016年   [査読有り]
Kawakami K, Asakawa K, Hibi M, Itoh M, Muto A, Wada H
Advances in genetics   95 65-87   2016年   [査読有り]
Muto A, Kawakami K
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1451 333-341   2016年   [査読有り]
Yokota Y, Nakajima H, Wakayama Y, Muto A, Kawakami K, Fukuhara S, Mochizuki N
eLife   4    2015年11月   [査読有り]
Ogino K, Low SE, Yamada K, Saint-Amant L, Zhou W, Muto A, Asakawa K, Nakai J, Kawakami K, Kuwada JY, Hirata H
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   112(9) 2859-2864   2015年3月   [査読有り]
Jia S, Muto A, Orisme W, Henson HE, Parupalli C, Ju B, Baier H, Taylor MR
Human molecular genetics   23(11) 2981-2994   2014年6月   [査読有り]
Muto A, Kawakami K
Frontiers in neural circuits   7 110   2013年   [査読有り]
Akira Muto, Michael R. Taylor, Miyuki Suzawa, Juan I. Korenbrot, Herwig Baier
Frontiers in Neural Circuits   7 145   2013年   [査読有り]
Muto A, Ohkura M, Abe G, Nakai J, Kawakami K
Current biology : CB   23(4) 307-311   2013年1月   [査読有り]
Umeda K, Shoji W, Sakai S, Muto A, Kawakami K, Ishizuka T, Yawo H
Neuroscience research      2012年10月   [査読有り]
Ziv L, Muto A, Schoonheim PJ, Meijsing SH, Strasser D, Ingraham HA, Schaaf MJ, Yamamoto KR, Baier H
Molecular psychiatry      2012年5月   [査読有り]
Hirata H, Wen H, Kawakami Y, Naganawa Y, Ogino K, Yamada K, Saint-Amant L, Low SE, Cui WW, Zhou W, Sprague SM, Asakawa K, Muto A, Kawakami K, Kuwada JY
The Journal of biological chemistry   287 1080-1089   2012年1月   [査読有り]
Muto A, Kawakami K
Communicative & integrative biology   4 566-568   2011年9月   [査読有り]
Muto A, Ohkura M, Kotani T, Higashijima S, Nakai J, Kawakami K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   108(13) 5425-5430   2011年3月   [査読有り]
Kawakami K, Abe G, Asada T, Asakawa K, Fukuda R, Ito A, Lal P, Mouri N, Muto A, Suster ML, Takakubo H, Urasaki A, Wada H, Yoshida M
BMC developmental biology   10 105   2010年10月   [査読有り]
Sumbre G, Muto A, Baier H, Poo MM
Nature   456(7218) 102-106   2008年11月   [査読有り]
Muto A, Orger MB, Wehman AM, Smear MC, Kay JN, Page-McCaw PS, Gahtan E, Xiao T, Nevin LM, Gosse NJ, Staub W, Finger-Baier K, Baier H
PLoS genetics   1 e66   2005年11月   [査読有り]
Page-McCaw PS, Chung SC, Muto A, Roeser T, Staub W, Finger-Baier KC, Korenbrot JI, Baier H
Nature neuroscience   7(12) 1329-1336   2004年12月   [査読有り]
Muto A, Mikoshiba K
Cell motility and the cytoskeleton   39(3) 201-208   1998年   [査読有り]
Kume S, Muto A, Inoue T, Suga K, Okano H, Mikoshiba K
Science (New York, N.Y.)   278(5345) 1940-1943   1997年12月   [査読有り]
Kume S, Muto A, Okano H, Mikoshiba K
Mechanisms of development   66(1/2) 157-168   1997年8月   [査読有り]
Intracellular targeting and homotetramer formation of a truncated inositol 1,4,5-trisphosphate receptor-green fluorescent protein chimera in Xenopus laevis oocytes: evidence for the involvement of the transmembrane spanning domain in endoplasmic reticulum
Sayers LG, Miyawaki A, Muto A, Takeshita H, Yamamoto A, Michikawa T, Furuichi T, Mikoshiba K
The Biochemical journal   323 ( Pt 1) 273-280   1997年4月   [査読有り]
Kume S, Yamamoto A, Inoue T, Muto A, Okano H, Mikoshiba K
Developmental biology   182(2) 228-239   1997年2月   [査読有り]
Muto A, Kume S, Inoue T, Okano H, Mikoshiba K
The Journal of cell biology   135(1) 181-190   1996年10月   [査読有り]
Honda Z, Takano T, Hirose N, Suzuki T, Muto A, Kume S, Mikoshiba K, Itoh K, Shimizu T
The Journal of biological chemistry   270(9) 4840-4844   1995年3月   [査読有り]
Kume S, Muto A, Aruga J, Nakagawa T, Michikawa T, Furuichi T, Nakade S, Okano H, Mikoshiba K
Cell   73(3) 555-570   1993年5月   [査読有り]

Misc

 
武藤彩
レーザ顕微鏡研究会講演会論文集   23rd 16-20   1999年5月
灸 昭苑, 武藤 彩, 岡野 栄之, 御子柴 克彦
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   19(0)    1996年8月
武藤彩, 粂昭苑, 岡野栄之, 御子柴克彦
日本発生生物学会大会発表要旨集   29th 96   1996年
ゼブラフィッシュを用いた脳神経活動のリアルタイムイメージング
武藤彩, 川上浩一
細胞工学   32 700-701   2013年
総説

講演・口頭発表等

 
遺伝子導入技術により魚の思考を可視化:ゼブラフィッシュの眼を通して世界を視る [招待有り]
武藤 彩
静岡大学超領域研究推進本部第6回国際シンポジウム   2016年12月8日   
Real-time visualization of neuronal activity during perception [招待有り]
Muto, A., and Kawakami, K.
国際高等研究所研究プロジェクト「ゲノム工学とイメージングサイエンスに基づく生命システム研究の新展開」第1回研究会   2013年2月22日   

競争的資金等の研究課題

 
視覚認知に関わる機能的神経回路の可視化
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 武藤 彩
捕獲行動の神経メカニズム
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 武藤 彩
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 武藤彩
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 武藤彩
本年度は改良型GCaMP DNAコンストラクトの作製、ゼブラフィッシュ卵へのインジェクションを行い、生殖細胞へ遺伝子が導入されたファウンダ-フィッシュを複数得た。これらから次世代F1フィッシュを複数得て、各々の個体に関してサザンプロット解析を行いゲノム内の挿入断片の個数を解析した。そしてF1の中からGCaMPの発現量が最も多いものを選び出し、掛け合わせ(アウトクロス)をすることにより最終的に挿入断片が1個のみの系統を樹立することに成功した。次に、ゼブラフィッシュリソースセンターのGAL4系...
ゼブラフィッシュの機能的神経回路可視化と行動解析
三菱財団: 三菱財団自然科学研究助成
研究期間: 2010年10月 - 2011年9月    代表者: 武藤 彩

学歴

 
1990年4月
 - 
1995年3月
大阪大学大学院 理学研究科 生物化学専攻
 
1986年4月
 - 
1990年3月
東京大学 教養学部 基礎科学科第一