共同研究・競争的資金等の研究課題

2015年4月 - 2018年3月

NASH合併高度肥満症に対する肥満外科手術後のインスリン抵抗性と肝組織学的変化

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 佐々木 章
  • ,
  • 石垣 泰
  • ,
  • 馬場 誠朗
  • ,
  • 梅邑 晃
  • ,
  • 二階 春香

課題番号
15K10065
配分額
(総額)
3,900,000円
(直接経費)
3,000,000円
(間接経費)
900,000円

非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)に対する腹腔鏡下スリーブ状胃切除術(LSG)の効果を評価することを目的とした。LSGを施行した74名中(平均BMI 43.1 kg/m2)、術中肝生検でNASH合併は51例(80%)と高率に認められた。LSG後1年において、平均超過体重減少率は57.0%、レプチン、HOMA-IR、内臓脂肪量、肝容積、平均NASの脂肪化、炎症細胞浸潤、肝細胞風船様変性は初診時に比較して有意に改善、Brunt分類による線維化も7例で寛解した。線維化を有する患者では、肝の脂肪沈着と風船様肝細胞が多く観察された。LSGは、肥満NASH患者に対して治療選択肢として考慮すべきである。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-15K10065/15K10065seika.pdf