秋田 喜美

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 05:04
 
アバター
研究者氏名
秋田 喜美
URL
https://sites.google.com/site/akitambo/
所属
名古屋大学
部署
大学院人文学研究科 人文学専攻 文芸言語学
職名
准教授
学位
文学学士(愛知県立大学), 文学修士(神戸大学), 博士(学術)(神戸大学)

経歴

 
2007年4月
 - 
2009年3月
日本学術振興会 神戸大学 特別研究員DC2
 
2009年4月
 - 
2011年9月
日本学術振興会 東京大学 特別研究員PD
 
2009年7月
 - 
2010年12月
カリフォルニア大学バークレー校 言語学科 客員研究員
 
2011年10月
 - 
2015年3月
大阪大学 大学院言語文化研究科 講師
 
2015年4月
 - 
2017年3月
名古屋大学 大学院国際言語文化研究科 日本言語文化専攻 応用言語学 准教授
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2004年3月
愛知県立大学 文学部 英文学科
 
2004年4月
 - 
2006年3月
神戸大学 文学研究科 英米文学
 
2006年4月
 - 
2009年3月
神戸大学 文化科学研究科 文化構造
 

委員歴

 
2014年10月
 - 
現在
関西言語学会  運営委員・大会実行委員
 
2015年10月
 - 
2016年12月
NINJAL国際シンポジウム2016「日本語と世界諸言語のオノマトペ」  大会実行委員
 

受賞

 
2013年8月
大阪大学 大阪大学総長奨励賞(研究部門)
 

論文

 
Modality-specificity of iconicity: The case of motion ideophones in Japanese
Kimi Akita
Iconicity in Language and Literature      2019年   [査読有り]
Mimetics, gaze, and facial expression in a multimodal corpus of Japanese
Kimi Akita
Ideophones, Mimetics, and Expressives      2019年
Mimetic 'go'-verbs in Japanese
秋田喜美
認知意味論の新展開:実証性の高い研究を目指して      2019年
Ideophones, mimetics, and expressives: Theoretical and typological perspectives
Kimi Akita, Prashant Pardeshi
Ideophones, Mimetics, and Expressives      2019年
国際的に活動する(ワークショップ「世界に研究を発信する:若手研究者から見た意義と方法」)
秋田喜美
日本認知言語学会論文集   17 604-609   2017年5月

Misc

 
The typology of manner expressions: A preliminary look
Kimi Akita
Motion and Space across Languages: Theory and Applications   39-60   2017年8月   [査読有り][依頼有り]
The functional nature of deictic verbs and the coding patterns of Deixis: An experimental study in English, Japanese, and Thai
Yo Matsumoto, Kimi Akita, Kiyoko Takahashi
Motion and Space across Languages and Applications   95-122   2017年8月   [査読有り]
Mark Dingemanse, Kimi Akita
Journal of Linguistics   53(3) 501-532   2017年8月   [査読有り]
Akita Kimi
CANADIAN JOURNAL OF LINGUISTICS-REVUE CANADIENNE DE LINGUISTIQUE   62(2) 314-334   2017年6月

書籍等出版物

 
Noriko Iwasaki, Peter Sells, Kimi Akita
Routledge   2017年1月   ISBN:9781138181908
徹底討論:ソシュール『一般言語学講義』:ソシュール文献学と現代言語学の対話
松澤和宏, 秋田喜美, 井島正博, 加藤重広, 野村益寛
ひつじ書房   2017年   ISBN:978-4-89476-825-3
Iconicity: East Meets West
Masako K. Hiraga, William J. Herlofsky, Kazuko Shinohara, Kimi Akita (担当:共著)
John Benjamins   2015年2月   ISBN:978-9027243508
ことばの仕組みから学ぶ和文英訳のコツ
畠山雄二・田中江扶・谷口一美・秋田喜美・本田謙介・内田聖二・成瀬由紀雄 (担当:共著)
開拓社   2014年6月   ISBN:978-4758925464
認知・機能言語学:言語構造への10のアプローチ
大堀壽夫, 秋田喜美, 古賀裕章, 山泉実 (担当:共著)
研究社   2011年9月   ISBN:978-4327401603
以下の書籍の翻訳書:
Michael Tomasello. 1998. The New Psychology of Language: Cognitive and Functional Approaches to Language Structure, Vol. 1. Psychology Press.

講演・口頭発表等

 
秋田喜美
Prosody & Grammar Festa 2(対照言語学プロジェクト合同発表会)   2018年2月17日   国立国語研究所
秋田喜美
日本語用論学会メタファー研究会「安芸の陣」シンポジウム「オノマトペ、共感覚とメタファー:3つの認知的現象をめぐって」   2017年12月9日   日本語用論学会メタファー研究会
秋田喜美
Workshop on mimetics II: New approaches to old questions   2017年11月11日   Center for Linguistics, Nanzan University
秋田喜美
NINJALフォーラム11「オノマトペの魅力と不思議」   2017年9月10日   国立国語研究所
オノマトペは溶け込む:通言語的観点から見る日本語オノマトペ
秋田喜美
Workshop on mimetics I「オノマトペの類型論を目指して」   2017年9月9日   
Decomposing the lexical iconicity hierarchy for ideophones [招待有り]
秋田喜美
Workshop on Types of Iconicity in Language Use, Development and Processing   2017年7月6日   マックス・プランク心理言語学研究所
Limits of auditory iconicity: The semantics of motion ideophones in Japanese
秋田喜美
The 11th International Symposium on Iconicity in Language and Literature   2017年4月8日   
秋田喜美
NINJALフォーラム10「オノマトペの魅力と不思議」   2017年1月21日   国立国語研究所
Lexical portraits of Japanese mimetics: Browsing through the BCCWJ corpus using NLB
プラシャント=パルデシ, 秋田喜美
NINJAL国際シンポジウム2016「日本語と世界諸言語のオノマトペ」   2016年12月17日   国立国語研究所
Ideophones, gaze, and facial expression: A preliminary report from Japanese [招待有り]
秋田喜美
NINJAL国際シンポジウム2016「日本語と世界諸言語のオノマトペ」   2016年12月17日   国立国語研究所
コトバとしてのオノマトペ:絵になる音の世界
秋田喜美
第4回日韓学術交流会国際会議   2016年12月9日   
国際的に活動する
秋田喜美
日本認知言語学会第17回大会   2016年9月10日   
分野横断型言語研究の試み:オノマトペ(擬音語・擬態語)の形式・意味の相互関係に関する認知言語学的通言語対照研究
秋田喜美
第1回名古屋大学の卓越・先端・次世代研究シンポジウム~人文社会系における知の創造と継承~   2016年6月29日   
日韓オノマトペの第一言語習得に関わる諸要素の役割
朴智娟, 秋田喜美
The 9th International Conference on Practical Linguistics of Japanese   2016年6月4日   
When ideophones are "childish": Toward a pragmatic typology of ideophones
秋田喜美
日本語用論学会第18回年次大会   2015年12月5日   
Ideophones and the iconicity of motion event descriptions
秋田喜美
みんぱく手話言語学フェスタ2015   2015年9月19日   国立民族学博物館
Sound effect symbolism crosslinguistically: The case of Japanese and American animated cartoons
Kimi Akita
The 10th International Symposium on Iconicity in Language and Literature   2015年3月26日   
Gradability and mimetic verbs in Japanese: A frame-semantic account
Naoki Kiyama, Kimi Akita
The 41st Annual Meeting of the Berkeley Linguistics Society   2015年2月7日   
Frequencies of manner specifications and types of manner expressions: A finer-grained analysis in English and Japanese
Kimi Akita, Yo Matsumoto
NINJAL Symposium "Typology and Cognition in Motion Event Descriptions"   2015年1月24日   
音象徴語に潜む言語普遍性と個別性:産出実験からのアプローチ
佐治伸郎, 秋田喜美, カテリーナ・カンタルチス, 喜多壮太郎, 今井むつみ
日本認知言語学会第15回全国大会   2014年9月20日   
実験調査からみた他動性と意図性の関係:中国語・日本語・英語の場合
鄭聖汝, 秋田喜美
第六届汉日对比语言学研讨会   2014年8月19日   
オノマトペの言語的統合性
秋田喜美
日本フランス語学会フランス語談話会   2014年7月19日   
Linguistic integration of Japanese mimetics and its typological implications
Kimi Akita
Structuring Sensory Imagery: Ideophones across Languages & Cultures   2014年5月2日   
Manner and the framing typology
秋田喜美
日本英語学会第7回国際春季フォーラム   2014年4月19日   
Manner, path, and deixis in English motion descriptions: An experimental study
Kimi Akita
NINJAL Typology Festa 2014   2014年2月22日   
オノマトペの認知言語学:擬音語の意味拡張に対する非類像性制約
秋田喜美
大学院国際言語文化研究科第19回応用言語学講座公開講演会   2014年1月20日   
Japanese mimetics: A thumbnail sketch
Kimi Akita
Sound Symbolism Workshop 2013   2013年12月13日   
The typology of manner expressions: A preliminary look
Kimi Akita
International Workshop SYLEX III: Space and Motion across Languages and Applications   2013年11月21日   
日本語オノマトペにおける継承関係(日本語オノマトペの構文文法的分析)
秋田喜美
国立国語研究所日本語レキシコン共同プロジェクト研究発表会   2013年9月6日   
Cross-linguistically shared and language-specific sound symbolism for motion: An exploratory data mining approach
Noburo Saji, Kimi Akita, Mutsumi Imai, Katerina Kantartzis, Sotaro Kita
The 35th Annual Meeting of Cognitive Science Society (CogSci 2013)   2013年7月31日   
Crosslinguistic tendencies in the intralinguistic variations of motion descriptions: An experimental study of manner, path, and deixis
Yo Matsumoto, Kimi Akita, Fabiana Andreani, Kiyoko Eguchi, Noriko Imazato, Kazuhiro Kawachi, Ikuko Matsuse, Takahiro Morita, Naonori Nagaya, Kiyoko Takahashi, Ryosuke Takahashi, Yuko Yoshinari
12th International Cognitive Linguistics Conference   2013年6月23日   
Constructing an online multimedial encyclopedia of Japanese mimetics
Kimi Akita
Cognitive and Functional Approaches to the Study of Japanese as a Second Language Symposium: A Pre-Conference Symposium at the 12th International Cognitive Linguistics Conference   2013年6月21日   
Expressiveness in mimetic syntax: Quantitative evidence from Japanese and English
Kimi Akita
Grammar of Mimetics Workshop   2013年5月10日   
On the underspecified syntactic-categorial status of mimetics: Research history and beyond
Takeshi Usuki, Kimi Akita
9th International Symposium on Iconicity in Language and Literature   2013年5月3日   
Comparison of using rate of onomatopoeia between the speakers' hometown in the Japanese Diet record
Sachiko Hirata-Mogi, Satoshi Nakamura, Takanori Komatsu, Kimi Akita
9th International Symposium on Iconicity in Language and Literature   2013年5月3日   
言語における類像性
秋田喜美
「言語と人間」研究会(HLC)第38回春期セミナー   2013年3月21日   
オノマトペに見ることばのデザイン
秋田喜美
大阪大学21世紀懐徳堂i-spot講座   2013年2月19日   
オノマトペの形態統語的実現に関するフレーム意味論的一般化
秋田喜美
日本言語学会第145回大会ワークショップ「オノマトペと言語理論:統語と意味の接点から」   2012年11月24日   
A frame-semantic analysis of the (limited) flexibility of mimetic verbs
Kimi Akita
日本英語学会第30回大会特別ワークショップ"Typology of Event Semantics and Argument Encoding"   2012年11月10日   
A quantitative approach to mimetic diachrony
Kimi Akita, Satoshi Nakamura, Takanori Komatsu, Sachiko Hirata
The 22nd Japanese/Korean Linguistics Conference   2012年10月12日   
A qualia account of mimetic resultatives in Japanese
Takeshi Usuki, Kimi Akita
The 22nd Japanese/Korean Linguistics Conference   2012年10月12日   
Frame phonosemantics: A frame-semantic approach to Japanese mimetics
Kimi Akita
Czuczor-Fogarasi Conference   2012年10月6日   
A quantitative approach to sound-symbolic involvement
Kimi Akita
Sound Symbolism Workshop 2012   2012年8月6日   
The internal structures of sound-symbolic systems: The universal and language-specific portions of sound symbolism
Noburo Saji, Kimi Akita, Mutsumi Imai, Katerina Kantartzis, Sotaro Kita
CogSci 2012   2012年8月1日   
オノマトペのインタラクション性に関する量的考察
秋田喜美, 中村聡史, 小松孝徳, 平田佐智子
人工知能学会全国大会第26回大会   2012年6月12日   
国会議事録コーパスを用いたオノマトペの通時的分析
中村聡史, 平田佐智子, 秋田喜美
人工知能学会全国大会第26回大会   2012年6月12日   
オノマトペに対する意識の地域比較
平田佐智子, 秋田喜美, 小松孝徳, 中村聡史, 藤井弘樹, 澤井大樹
人工知能学会全国大会第26回大会   2012年6月12日   
Register-specific morphophonological constructions in Japanese
Kimi Akita
The 38th Annual Meeting of the Berkeley Linguistics Society   2012年2月11日   
オノマトペの多義性と類像性
秋田喜美
「言語と人間」研究会11月例会   2011年11月19日   
僕らが銀座をぶらぶらとしない理由:オノマトペ述語の意味特性と「と」の分布再考
秋田喜美・臼杵岳
形態論・レキシコン研究会年次大会2011   2011年9月24日   

Works

 
マルチメディア日本語オノマトペ事典
その他   2012年10月 - 現在
日本語学習者向けのマルチメディア日本語オノマトペ(擬音語・擬態語)事典の構築:
https://sites.google.com/site/jpmimeticthesaurus/

競争的資金等の研究課題

 
視聴覚コーパスに基づくオノマトペの実証的語用論研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 秋田喜美
NHKアーカイブスにおけるインタビュー動画と書き起こしを利用し、オノマトペ(擬音語・擬態語)の意味・機能を質的・量的・マルチモーダル的に探る。
視聴覚実験を用いたオノマトペの特殊性に関するフレーム意味論的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 秋田喜美
フレーム意味論の見地より、主に日本語のオノマトペ(擬音語・擬態語)の意味を分析し、その成果に基づきオンラインマルチメディア事典を作成した。
https://sites.google.com/site/jpmimeticthesaurus/
音象徴語の統語と意味に関する通言語的・発達的研究:語彙的類像性の役割
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 秋田喜美
オノマトペ(擬音語・擬態語)の統語と意味について、構文文法とフレーム意味論の知見より類型論的・発達的に分析した。特に類像性という記号論的特性の重要性に着目した。2009年7月〜2010年12月の期間はカリフォルニア大学バークレー校言語学科に客員研究員として滞在した。
日本語音象徴語の統語と意味に関する理論的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 秋田喜美
オノマトペ(擬音語・擬態語)の統語と意味の関係について、類像性という記号論的概念を軸に類型論的・発達的に分析した。

社会貢献活動

 
『読売ファミリー』インタビュー
【インタビュイー, 取材協力】  読売情報開発大阪  読売ファミリー  2011年11月
擬音、擬態などその数1500語:関西人がドバーッと使う『オノマトペ』
みんぱく手話通訳研修事業に関わるスクリーニング素材提供
【出演】  国立民族学博物館  2016年4月 - 2016年5月
スクリーニング素材(講義映像)の提供、審査
【講師】  国立国語研究所  オノマトペの魅力と不思議  (一橋大学一橋講堂)  2017年1月
講演、パネルディスカッション