Aya Kitamura

J-GLOBAL         Last updated: Nov 16, 2018 at 19:52
 
Avatar
Name
Aya Kitamura

Published Papers

 
精神疾患を有する入院患者における褥瘡の発生状況とその形態的特徴(Situation of occurrence and morphological characteristics of pressure ulcers among inpatients with mental illness)
野沢 恭介, 玉井 奈緒, 峰松 健夫, 北村 言, 三枝 真心, 天池 光, 真田 弘美
日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌   21(1) 10-24   Apr 2017
目的:精神疾患を有する患者における褥瘡発生の問題解決には、褥瘡の特徴を理解し、発生要因を検討することが重要である。本研究では、精神疾患を有する患者の褥瘡の実態を調査するとともに、質的スケッチ技法により、褥瘡の形態とその発生状況の関係を検討した。方法:まず後ろ向き研究として褥瘡回診のデータから精神疾患を有する患者とその他の患者の比較(研究1)を行い、精神疾患を有する患者の褥瘡の形態的特徴と褥瘡発生状況を質的記述的に分析(研究2)した。結果:対象は精神疾患を有する患者15名、その他の患者262...
Nakagami G, Schultz G, Gibson DJ, Phillips P, Kitamura A, Minematsu T, Miyagaki T, Hayashi A, Sasaki S, Sugama J, Sanada H
Wound repair and regeneration : official publication of the Wound Healing Society [and] the European Tissue Repair Society   25(1) 131-138   Jan 2017   [Refereed]
静脈性下腿潰瘍の滲出液中の神経成長因子濃度は赤外線サーモグラフィで捉えた炎症に関連する(Nerve growth factor in exudate from venous leg ulcers is associated with inflammation along with temperature increase assessed by infrared thermography)
後藤 大地, 仲上 豪二朗, 玉井 奈緒, 北村 言, 内藤 亜由美, 広川 雅之, 下川 千佐子, 真田 弘美
日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌   20(3) 310-318   Oct 2016
目的:本研究の目的は、赤外線サーモグラフィで捉えた静脈性下腿潰瘍(VLU)の炎症と神経成長因子(NGF)の関係を検証し、滲出液中のNGFの痛みマーカーとしての病態学的な価値を確かめることであった。方法:VLUと診断された成人患者を対象とし、外来での創傷ケア時に創部の赤外線サーモグラフィ画像と滲出液を収集した。画像は「normal temperature」と「high temperature」の2群に分類した。滲出液中のNGFをELISA法で定量したあと、それぞれの創面積で標準化し2群間比較...
Kanazawa T, Kitamura A, Nakagami G, Goto T, Miyagaki T, Hayashi A, Sasaki S, Mugita Y, Iizaka S, Sanada H
International wound journal   13(4) 454-460   Aug 2016   [Refereed]
Koyano Y, Nakagami G, Iizaka S, Minematsu T, Noguchi H, Tamai N, Mugita Y, Kitamura A, Tabata K, Abe M, Murayama R, Sugama J, Sanada H
International wound journal   13(2) 189-197   Apr 2016   [Refereed]
Huang L, Minematsu T, Kitamura A, Quinetti PC, Nakagami G, Mugita Y, Oe M, Noguchi H, Mori T, Sanada H
PloS one   11(7) e0158647   2016   [Refereed]
Goto T, Tamai N, Nakagami G, Kitamura A, Naito A, Hirokawa M, Shimokawa C, Takahashi K, Umemoto J, Sanada H
PloS one   11(12) e0167478   2016   [Refereed]
Kitamura A, Yoshida M, Minematsu T, Nakagami G, Iizaka S, Fujita H, Naito A, Takahashi K, Mori T, Sanada H
Wound repair and regeneration : official publication of the Wound Healing Society [and] the European Tissue Repair Society   23(5) 772-777   Sep 2015   [Refereed]
Kishi C, Minematsu T, Huang L, Mugita Y, Kitamura A, Nakagami G, Yamane T, Yoshida M, Noguchi H, Funakubo M, Mori T, Sanada H
Biological research for nursing   17(2) 135-141   Mar 2015   [Refereed]
Yamane T, Nakagami G, Yoshino S, Shimura M, Kitamura A, Kobayashi-Hattori K, Oishi Y, Nishijima Y, Minematsu T, Sanada H
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   79(2) 185-189   2015   [Refereed]
Visualization of Tumor Necrosis Factor-α Distributions Within Pressure Ulcer Tissue Using the Wound Blotting Method: A Case Report and Discussion.
Kitamura A, Nakagami G, Yoshida M, Noguchi H, Nishijima Y, Minematsu T, Naito A, Sugawara J, Shibayama H, Takahashi K, Hakuta A, Umemoto J, Terada N, Segawa R, Mori T, Sanada H
Wounds : a compendium of clinical research and practice   26(11) 323-329   Nov 2014   [Refereed]
終末期がん患者における癌性創傷が疑われる非定型的褥瘡の創面ブロッティング法を用いた非侵襲的アセスメント
峰松 健夫, 仲上 豪二朗, 麦田 裕子, 金澤 寿樹, 北村 言, 真田 弘美
日本褥瘡学会誌   16(2) 154-158   Jun 2014
2011年9月〜2012年5月に褥瘡回診となった褥瘡保有患者5例(男性4例、女性1例、47〜75歳)を対象に、2例では癌性創傷が疑われる創のアセスメントに創面ブロッティング法を負うよした治療を行い、対照となる定期的褥瘡3例と比較検討した。癌性創傷が疑われる非定型的褥瘡ではインターフェロンγ(IFNγ)および腫瘍壊死因子α(TNFα)いずれにおいても強い陽性所見が得られ、これらは同一部位に共存していることが示唆された。対照として用いた褥瘡では2例で上皮化が進行し、側面ブロッティングによる解析...