楠本晃子

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/04 17:12
 
アバター
研究者氏名
楠本晃子
所属
帯広畜産大学
部署
動物・食品検査診断センター
職名
助教
学位
博士(理学)(名古屋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
帯広畜産大学 動物・食品検査診断センター(動物・食品衛生研究センター) 助教
 
2009年4月
 - 
2013年3月
帯広畜産大学 動物・食品衛生研究センター(大動物特殊疾病研究センター) AGH助教
 
2008年5月
 - 
2009年3月
帯広畜産大学 大動物特殊疾病研究センター 研究機関研究員
 
2007年11月
 - 
2008年4月
名古屋大学 大学院生命農学研究科 COE研究員
 
2007年10月
 - 
2007年10月
名古屋大学 大学院理学研究科 研究員
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2007年3月
名古屋大学 大学院理学研究科 後期博士課程生命理学専攻
 
2001年4月
 - 
2003年3月
大阪市立大学 大学院理学研究科 前期博士課程生物地球系専攻
 
1997年4月
 - 
2001年3月
大阪市立大学 理学部 生物学科
 

論文

 
Shyaka A, Kusumoto A, Chaisowwong W, Okouchi Y, Fukumoto S, Yoshimura A, Kawamoto K
The Journal of veterinary medical science   77(8) 967-972   2015年8月   [査読有り]
Shyaka A, Kusumoto A, Asakura H, Kawamoto K
Genome announcements   3(2)    2015年4月   [査読有り]
Kusumoto A, Miyashita M, Kawamoto K
Research in microbiology   164(4) 335-341   2013年5月   [査読有り]
Esho FK, Enkhtuya B, Kusumoto A, Kawamoto K
BioMed research international   2013 205801   2013年   [査読有り]
Uchida M, Harada T, Enkhtuya J, Kusumoto A, Kobayashi Y, Chiba S, Shyaka A, Kawamoto K
Biochemical and biophysical research communications   421(2) 323-328   2012年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
文永堂出版   2018年7月   ISBN:4830032707
チクサン出版社   2009年9月   ISBN:4885006643

競争的資金等の研究課題

 
宿主細胞接着因子を標的とした新規滑走細菌症ワクチンの開発
帯広畜産大学: 基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 楠本晃子
宿主細胞接着因子を標的とした新規滑走細菌症ワクチンの開発
帯広畜産大学: 若手研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 楠本晃子
サルモネラのVBNC状態からの蘇生におけるRpfの作用機構
帯広畜産大学: 若手研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 楠本晃子
サルモネラのVBNC状態におけるストレス応答関連シグマ因子RpoSの役割
帯広畜産大学: 研究活動スタート支援
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 楠本晃子