徐阿貴

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/11 22:45
 
アバター
研究者氏名
徐阿貴
 
ソアキ
ハンドル
Akwi Seo
URL
http://www.fwu.ac.jp/teachersdatabase/detail/?masterid=98&gakkaid=201&gakubuid=20
所属
福岡女子大学
部署
国際文理学部 国際教養学科
職名
准教授
学位
博士(社会科学)(お茶の水女子大学大学院), 修士(社会学)(トロント大学大学院), 文学士(上智大学外国語学部フランス語学科)
科研費研究者番号
90447566

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
福岡女子大学 国際文理学部 国際教養学科 国際関係コース 准教授
 
2013年8月
 - 
2014年3月
梨花女子大学 韓国女性研究院 客員研究員
 
2010年4月
 - 
2013年3月
お茶の水女子大学 ジェンダー研究センター 講師(研究機関研究員)
 
2012年
   
 
お茶の水女子大学 研究員
 
2006年10月
 - 
2009年9月
お茶の水女子大学 人間文化創成科学研究所 研究員
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2006年9月
お茶の水女子大学大学院 人間文化研究科人間発達科学専攻ジェンダー論講座 博士後期課程
 
1993年9月
 - 
1995年4月
トロント大学大学院 社会学研究科 修士課程
 
1984年4月
 - 
1989年3月
上智大学 外国語学部 フランス語学科
 

受賞

 
2013年8月
現代日本語研究会 第7回ことばとジェンダー賞特別賞
 
2013年2月
山川菊栄記念会 第32回山川菊栄記念婦人問題研究奨励金 在日朝鮮人女性による「下位の対抗的な公共圏」の形成ー大阪の夜間中学を核とした運動
 

論文

 
韓国における結婚移住女性の組織形成―多文化家族政策との関連を中心に―
徐阿貴
国際社会研究   7 23-39   2018年3月   [査読有り]
韓国における結婚移住女性の自助グループ推進施策の検討
徐阿貴
訪韓学術研究者論文集   14(2015) 25-48   2015年   [招待有り]
移住女性による主体的な〈多文化〉の表象―ソウル国際女性映画祭の試み
徐阿貴
アジア太平洋研究センター年報   11 32-38   2014年
Soin aux personnes âgées et construction de l'identité ethnique
徐阿貴
Hommes et Migrations   1302 117-124   2013年   [査読有り]
韓国における結婚移住女性の社会統合に関する一考察―文解教育運動における取り組みから―
徐阿貴
アジアにおける再生産領域のグローバル化とジェンダー再配置   93-105   2009年3月

Misc

 
山根実紀著『オモニがうたう竹田の子守唄』を読む
徐阿貴
図書新聞   (3355) 3-3   2018年6月
Intersectionality(交差性)の概念をひもとく
徐阿貴
国際人権ひろば   (137) 8-9   2018年1月
戦後70年 在日朝鮮人女性の変化と日本社会に対する課題
徐阿貴
女たちの21世紀   (82)    2015年

書籍等出版物

 
Rethinking Japanese Feminisms
徐阿貴 (担当:分担執筆, 範囲:Toward Postcolonial Feminist Subjectivity: Korean Women’s Redress Movement for “Comfort Women”)
Honolulu: University of Hawai'i Press   2017年12月   ISBN:9780824866693
コミュニティ事典
徐阿貴 (担当:分担執筆, 範囲:オールドカマーとしての在日朝鮮人コミュニティ)
春風社   2017年7月   ISBN:9784861105388
Creating Subaltern Counterpublics: Korean Women in Japan and Their Struggle for Night School
徐阿貴
Trans Pacific Press & Kyoto University Press   2017年2月   ISBN:9784814000890
徐 阿貴, Kamada Yuri
Kyoto University Press, Trans Pacific Press   2017年   ISBN:9784814000890
国際社会学
徐阿貴 (担当:分担執筆, 範囲:在日朝鮮人一世女性のアイデンティティとジェンダー)
有斐閣   2015年   

講演・口頭発表等

 
筑豊炭鉱における労働と生活―女性、朝鮮人を中心に
徐阿貴
ジェンダー、民族、階級的構造の視点から学ぶ筑豊の炭鉱労働   2018年11月24日   アジア女性資料センター
Multicultural Community Buildings by Marriage Migrant Women in Korea
徐阿貴
World Social Science Forum 2018   2018年9月27日   
Marriage Migrant Women’s Political Agency in Korean Multiculturalism
徐阿貴
National Women's Studies Association   2017年11月17日   
韓国における結婚移住女性への女性運動の関与 ―ジェンダー化された多文化政策と連帯のゆくえ
徐阿貴
国際ジェンダー学会2017年大会   2017年9月3日   国際ジェンダー学会

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
韓国における結婚移住女性の政治的主体化ートランスナショナルな組織活動を中心に
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 徐阿貴
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 徐阿貴
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2005年 - 2008年    代表者: 伊藤るり
本研究では、東・東南アジアにおける移住家事・介護労働者や結婚移民の送り出しと受け入れの実態と政策、また各社会におけるジェンダー再配置との関係把握を試み、(1)「国際移動の女性化」の背景にある再生産労働の国際移転とその諸パターン、および日本の事例の検討、(2) 移住労働の回路(サーキット)と国家の関係、(3) 家族/世帯の越境的再生産と国家との関係、(4) 女性移住者自身の再生産と権利保障をめぐる課題群等を検討し、再生産領域のグローバル化の現状に関する一定の知見を得た。