基本情報

所属
京都美術工芸大学 工芸学部 講師
学位
修士(工学)(京都工芸繊維大学大学院)
博士(学術)(京都工芸繊維大学大学院)

研究者番号
00781080
J-GLOBAL ID
200901074288821870

研究テーマについて

「15世紀イタリアの万能の天才アルベルティの建築論と美学ー建築創作と修復をめぐってー」
アルベルティはとりわけルネサンスの建築家の中でも、理想とした異教的古代建築を、キリスト教的価値観の支配する「いまの」社会において、いかにふさわしく再生させるかを熱心に追求しました。そのために過去の建築や都市の形態と多様性を学ぶために建築書を書き、過去の建築の素描や図面を描き、自らのデザインの根幹としました。そこには過去の建築を保存することと新しい建築を創造することの融合と美しい調和がみてとれるのです。それは、改築、修復、リノベーションというような枠組みでは捉えきれない創作手法といえます。

「15世紀イタリアの空間概念についてーテクストとイメージによる空間描写ー」
さらにもう一つの研究テーマとして1400年代の空間概念や、その成立過程を明らかにするため、様々な空間表現を当時の思想・視覚文化の中で再検討してきました。実際の建築と都市のみならず、テクストによる空間描写(建築論や文学作品などにおける建築や都市の描写)とイメージによる空間描写(絵画や素描に描かれた建築や、建築図面)という空間を表現する「メディア」についても考察しています。

「初期近代ローマの新サン・ピエトロ聖堂造営における建築創作手法としての創造的修整」
本研究は、科学研究費助成事業若手研究(2018〜20年度)の研究課題です。初期近代ローマ最大の建築事業であった旧サン・ピエトロ聖堂の再建(新サン・ピエトロ聖堂の建設)に着目し、複雑きわまるその設計・建設過程が「保存」と「破壊」との弁証法の中から紡ぎだされた「創造的修整」と呼ぶべきものであったことを明らかにすることを試みます。創造的修整とは過去の建築を大規模に改変する際にみられる、創造と保存を包括した創作手法を示す概念です。それは新サン・ピエトロ聖堂建設の重要な設計原理でもあったと考えられます。それは今日の建築創作における保存と創造の深刻な対立構造という問題を、史的な観点から考察するうえで興味深い事例でもあるはずです。

「資料公開」に2020年4月1日現在の研究教育業績リスト(PDF)を掲載しています。


共同研究・競争的資金等の研究課題

  6

書籍等出版物

  6

論文

  13

講演・口頭発表等

  19

MISC

  31

所属学協会

  5

その他

  21
  • 11
    2020年8月
    京都アカデミアフォーラムin丸の内主催高校生向けオンライン講座「京都で学ぶ」
  • 2019年11月 - 2019年12月
    イタリア文化会館ー大阪の建築史講座。全3回 イタリアは古代ローマ時代だけでなく、15世紀以降の長きにわたって、芸術文化の中心でした。レオナルド・ダ・ヴィンチやベルニーニなどイタリアの著名な芸術家たちは、ヨーロッパ各国の宮廷に招かれて、仕事をすることがしばしばでした。本講座では、イギリス、フランス、日本を題材に、その国における「イタリア」建築を取り上げます。 1. ベルニーニとルーヴル宮殿(11月15日20:00〜21:30) 2. パッラーディオ主義:イギリスにおけるイタリア・ルネサンス建築(11月29日20:00〜21:30) 3. 日本におけるイタリア建築:中之島図書館からメゾン・エルメスまで(12月13日20:00〜21:30)
  • 2019年10月 - 2019年10月
    イタリア文化会館ー大阪の建築史講座。全3回 レオン・バッティスタ・アルベルティ(1404-1472)はレオナルド・ダ・ヴィンチさえも嫉妬した万能の天才と言われてきました。この講座では、15世紀イタリアの芸術や文化において、アルベルティの果たした役割について「建築」を中心に話を進めていきます。 1. テンピオ・マラテスティアーノ(10月18日20:00〜21:30) 2. フィレンツェとアルベルティ(10月25日20:00〜21:30) 3. マントヴァとアルベルティ(11月1日20:00〜21:30)
  • 2019年2月 - 2019年2月
    イタリア文化会館ー大阪の建築史講座。全3回。 都市のローマの姿を創建から現在までの姿を編年的にみていくことで、その都市の魅力と、ヨーロッパ中に与えた影響の大きさを示します実際にイタリアを旅行した際に、建築や街を鑑賞する手引きにもなるような講座を目指します。 1. グランド・ツアー:理想の都ローマを求めて(2月19日20:00~21:30) 2. ファシズムの遺産(2月26日20:00~21:30) 3. 今日のローマ、未来のローマ(3月5日20:00~21:30)
  • 2019年1月 - 2019年1月
    イタリア文化会館ー大阪の建築史講座。全3回。 都市のローマの姿を創建から現在までの姿を編年的にみていくことで、その都市の魅力と、ヨーロッパ中に与えた影響の大きさを示します実際にイタリアを旅行した際に、建築や街を鑑賞する手引きにもなるような講座を目指します。 1. 大分裂からの教皇の帰還:キリスト教の首都としてのローマを目指して(1月22日20:00~21:30) 2. 都市ローマ復興の世紀:16世紀初頭の教皇たちの野望(1月29日20:00~21:30) 3. ルネサンスからバロックへ:対抗宗教改革と都市の大改造(2月5日20:00~21:30)