基本情報

所属
岡山県立大学 デザイン学部建築学科 准教授
学位
修士(工学)(京都工芸繊維大学大学院)
博士(学術)(京都工芸繊維大学大学院)

研究者番号
00781080
J-GLOBAL ID
200901074288821870
researchmap会員ID
6000019735

研究テーマについて

「15世紀イタリアの万能の天才アルベルティの建築論と美学ー建築創作と修復をめぐってー」

アルベルティはとりわけルネサンスの建築家の中でも、理想とした異教的古代建築を、キリスト教的価値観の支配する「いまの」社会において、いかにふさわしく再生させるかを熱心に追求しました。そのために過去の建築や都市の形態と多様性を学ぶために建築書を書き、過去の建築の素描や図面を描き、自らのデザインの根幹としました。そこには過去の建築を保存することと新しい建築を創造することの融合と美しい調和がみてとれるのです。それは、改築、修復、リノベーションというような枠組みでは捉えきれない創作手法といえます。


「15世紀イタリアの空間概念についてーテクストとイメージによる空間描写ー」

さらにもう一つの研究テーマとして1400年代の空間概念や、その成立過程を明らかにするため、様々な空間表現を当時の思想・視覚文化の中で再検討してきました。実際の建築と都市のみならず、テクストによる空間描写(建築論や文学作品などにおける建築や都市の描写)とイメージによる空間描写(絵画や素描に描かれた建築や、建築図面)という空間を表現する「メディア」についても考察しています。


「初期近代ローマの新サン・ピエトロ聖堂造営における建築創作手法としての創造的修整」

本研究は、科学研究費助成事業若手研究(2018〜21年度)の研究課題です。初期近代ローマ最大の建築事業であった旧サン・ピエトロ聖堂の再建(新サン・ピエトロ聖堂の建設)に着目し、複雑きわまるその設計・建設過程が「保存」と「破壊」との弁証法の中から紡ぎだされた「創造的修整」と呼ぶべきものであったことを明らかにすることを試みます。創造的修整とは過去の建築を大規模に改変する際にみられる、創造と保存を包括した創作手法を示す概念です。それは新サン・ピエトロ聖堂建設の重要な設計原理でもあったと考えられます。それは今日の建築創作における保存と創造の深刻な対立構造という問題を、史的な観点から考察するうえで興味深い事例でもあるはずです。

 

「ルネサンス期の彫刻家-建築家による建築創作手法の特質の解明」

本研究は、科学研究費助成事業若手研究(2021〜23年度)の研究課題です。ルネサンス期イタリアは、建築家の職能の形成過程にあったため、名を馳せた画家や彫刻家が建築創作をも手がけることが多くありました。建築の構想や表現において、内観・外観の透視図や建築図面が重要視されたこともあり、建築における絵画的建築空間の特質についてはさまざまに議論されてきています。しかし彫刻については、建築と同じく三次元的表現を特徴とする空間芸術であるにも関わらず、建築創作との関係性は切り離されて考察されることがしばしばです。そこで本研究は、ルネサンス期の彫刻家−建築家が制作したミニチュア建築(墓廟、説教壇、天蓋など)に着目し、それらを単なる彫刻作品ではなく、建築空間表現につながる造形ととらえ、その形態的特徴や、構想から実現までの創作過程などを、彼らが手がけた建築と比較することで、彫刻家−建築家に特有の彫刻的建築ともいえる性質を剔抉することを試みます。

「ルネサンス建築を物質的観点から再考する:古典主義の展開における素材の役割 」

本研究は、科学研究費助成事業基盤研究(C)(2024〜27年度)の研究課題です。ルネサンス期のローマは芸術の中心地として多くの建築を生み出しました。古代復興・再生の時代であるがゆえに、それらの建築群は、古代性や古典主義の観点から主に分析されてきました。特に建築オーダーや各部の数的比例関係、古代解釈の創造性や前衛性などが「かたち」をもとに議論されていますが、建築を形づくる素材やその物質的側面には、いまだスポットライトが当たっていないと言えます。そこで本研究は、時間軸に沿って可能な限りのローマ・ルネサンス建築を分析することで、建築の素材の使用や加工の実態が大きく変遷をしたことを実証的に指摘し、古代性の表現や、古典主義の諸相を深く読み解くための新たな視座を示すことを目的とします。

「資料公開」に2024年4月1日現在の研究教育業績リスト(PDF)を掲載しています。


経歴

  15

共同研究・競争的資金等の研究課題

  8

書籍等出版物

  7
  • 池上, 俊一 (担当:共訳, 範囲:第5章 セバスティアーノ・セルリオ『建築七書(第四書)(抄)』)
    名古屋大学出版会 2021年6月 (ISBN: 9784815810269)
  • 木俣, 元一, 松井, 裕美 (担当:共著, 範囲:古典主義者アルベルティ再考:マラテスタ神殿の凱旋門モチーフの意図とその受容)
    中央公論美術出版 2021年1月 (ISBN: 9784805508862)  査読有り
  • 伊藤喜彦, 頴原澄子, 岡北一孝, 加藤耕一, 黒田泰介, 中島智章, 松本裕, 横手義洋 (担当:共著, 範囲:第4章「歴史的建築の再利用と建築家の創造性」)
    彰国社 2020年4月 (ISBN: 9784395321476)
  • 布野, 修司 (担当:共著, 範囲:「フェラーラ:具現化された理想都市」、「マントヴァ:ルネサンスの水都」、「フィレンツェ:ルネサンスの首都」、「アッシジ:天国の丘の聖都」、「ローマ:永遠の古都─カトリックの聖都」)
    昭和堂 2019年11月 (ISBN: 9784812219010)
  • 松原, 康介 (担当:共著, 範囲:「コラム4 理想都市:その出発点ピエンツァ」「ピサ:川の港町から学術都市へ」、「コラム5 アルベルティ:万能の天才と地中海世界」、「ジェノヴァ:迷宮の港町と栄光の近代」)
    明石書店 2019年2月 (ISBN: 9784750347844)
  • Hirai, Hiro (担当:共著, 範囲:パノフスキー『イコノロジー研究』・『イデア』、グラフトン『アルベルティ』、ザクスル『シンボルの遺産』)
    工作舎 2019年2月 (ISBN: 9784875025030)
  • 稲川直樹, 桑木野幸司, 岡北一孝 (担当:共著, 範囲:第1章 15世紀ウルビーノの建築文化とブラマンテの修行時代)
    NTT出版 2014年12月 (ISBN: 9784757143357)  査読有り

論文

  18

講演・口頭発表等

  25

MISC

  49

担当経験のある科目(授業)

  43

所属学協会

  5

学術貢献活動

  7