論文

2007年9月

学習内容の体制化と図作成方略が現在完了形の学習に及ぼす効果

教育心理学研究
  • 松沼 光泰

55
3
開始ページ
414
終了ページ
425
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
日本教育心理学会

本研究では,学校現場で指摘される現在完了形の学習の問題点を踏まえ,教育心理学で得られた知見を生かした授業方法を考案しその効果を検討した。高校1年生の生徒が現在完了について2種類の授業方法で学習した。実験群の授業は,「(1)現在完了の学習内容を教師の側からあらかじめ体制化して教授する」,「(2)現在完了の課題を行う際に,図を用いるという学習方略を教授する」という2点で統制群の授業と異なっていた。また,補足的に,教授した学習方略の遂行と学習方略の有効性及びコストの認知の関連性,介入授業が学習意欲に及ぼす影響,介入授業に対する生徒の興味という点についても調査した。分析の結果,「(1)授業直後においても約1ヵ月後においても,実験群のテスト成績は,統制群を上回った」「(2)教授された方略を遂行する生徒は,遂行しない生徒に比べて,方略を有効であると認知しており,また,前者は,後者に比べて,テスト成績が良かった」「(3)実験群は統制群に比べ介入後に学習意欲が高まり,授業に対する興味も高かった」ということが示唆された。

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/110006424551
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN00345837
URL
http://id.ndl.go.jp/bib/8950679
URL
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10625977
ID情報
  • ISSN : 0021-5015
  • CiNii Articles ID : 110006424551
  • CiNii Books ID : AN00345837

エクスポート
BibTeX RIS