稲場 圭信

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/12 03:50
 
アバター
研究者氏名
稲場 圭信
 
イナバ ケイシン
通称等の別名
「稲場」を「稲葉」と間違える方が多いです。ご注意ください。
eメール
k-inabahus.osaka-u.ac.jp
URL
http://altruism.blog56.fc2.com/
所属
大阪大学
部署
人間科学研究科 人間科学専攻
職名
教授
学位
Ph,D.(ロンドン大学)
科研費研究者番号
30362750

プロフィール

大阪大学大学院教授:1969年生まれ。宗教社会学者。専門は利他主義・市民社会論、ソーシャル・キャピタルとしての宗教、宗教の社会貢献研究。東京大学文学部卒、ロンドン大学大学院博士課程修了、博士(宗教社会学)。ロンドン大学、神戸大学等を経て2010年4月より現職。著書に『思いやり格差が日本をダメにする』、『Altruism in New Religious Movements』、『社会貢献する宗教』共編著、『The Practice of Altruism』共編著、『災害支援ハンドブック』共編著などがある。『宗教と社会貢献』(http://ir.library.osaka-u.ac.jp/web/RSC/index.html)編集委員長。「宗教者災害支援連絡会」世話人。未来共生災害救援マップ(災救マップ)運営(http://www.respect.osaka-u.ac.jp/map/)。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
大阪大学大学院 人間科学研究科 教授
 
2010年4月
 - 
2016年3月
大阪大学 准教授
 
2007年4月
 - 
2010年3月
神戸大学 人間発達環境学研究科 准教授
 
2004年4月
 - 
2007年3月
神戸大学 発達科学部 助教授
 
2003年4月
 - 
2004年3月
神戸大学 発達科学部附属人間科学研究センター 助教授
 

受賞

 
2015年7月
大阪大学 大阪大学総長顕彰受賞
 
2015年2月
独立行政法人防災科学技術研究所 「第5回防災コンテスト2014」優秀賞
 
2013年8月
大阪大学 大阪大学総長奨励賞受賞
 

論文

 
Social Capital and the Role of Religion in Reconstruction after Disaster
Keishin Inaba, Kyoungsun PARK & Wenjie WANG
The 80th Association for the Sociology of Religion Annual Conference      2018年8月   [査読有り]
地域に生きる寺院の災害時協力
稲場圭信
だいうん      2018年8月   [招待有り]
防災への取り組み
稲場圭信
佼成   36-37   2018年8月   [招待有り]
「時事評論:宗教者の災害ボランティア 目立たぬが確実に力を発揮
稲場圭信
中外日報      2018年8月   [招待有り]
生きる歩みの伴走者:仏教の利他主義
稲場圭信
ともしび   1-9   2018年7月   [招待有り]
時事評論:大都市の地震、見えない被害
稲場圭信
中外日報      2018年7月   [招待有り]
時事評論:艱難辛苦に共感する力必要
稲場圭信
中外日報      2018年5月   [招待有り]
朴景善,王文潔,孫雪瑩,稲場圭信
宗教と社会貢献   8(1) 101-127   2018年4月   [査読有り]
Keishin INABA
大阪大学大学院人間科学研究科紀要   44 249-262   2018年4月
時事評論:「心のセーフティネット」
稲場圭信
中外日報      2018年3月   [招待有り]
寺院の社会貢献:地域拠点としての別院
稲場圭信
名古屋御坊      2018年3月   [招待有り]
分断社会から支え合う社会へ
稲場圭信
あらきとうりょう   (270) 32-41   2018年2月   [招待有り]
時事評論:「価値が亀裂した分断社会」
稲場圭信
中外日報      2018年1月   [招待有り]
分断社会から共感縁の社会へ:世界からみたGNRCの可能性
稲場圭信
GNRC第5回フォーラム報告書   36-37   2017年10月
宗教社会学における災害ボランティア研究の構築
稲場圭信
災害と共生   1(1) 9-13   2017年10月   [査読有り]
熊本地震の支援現場における宗教者と市民アクターとの連携
王文潔,稲場圭信
宗教と社会貢献   7(2) 17-29   2017年10月
時事評論:東日本大震災7年目の夏 新たな縁から未来へ希望も
稲場圭信
中外日報      2017年9月   [招待有り]
宗教と社会と自治体の災害時協力
稲場圭信
清水正之他編『生きる意味』オリエンス研究所   39-58   2017年8月   [招待有り]
時事評論:多文化主義とナショナリズム 分断の世に宗教者の役割
稲場圭信
中外日報      2017年6月   [招待有り]
泉大津市における「防災まちあるき」 宗教者と行政連携をはかったアクションリサーチ
佐々木美和、稲場圭信
宗教と社会貢献   7(1) 19-34   2017年4月

Misc

 
復興におけるエージェント間の共生と葛藤
稲場圭信
宗教研究90巻別冊   104-105   2017年
社会に貢献する人間力
稲場圭信
天理大学創立90周年記念事業 公開シンポジウム報告書   3-10   2016年3月
被災地の記憶と震災伝承-気仙沼震災伝承マップの取り組み
稲場圭信
モノ学・感覚価値研究   (10) 63-69   2016年3月   [依頼有り]
時事評論:あの日から5年 区切りを付けず関わりを
稲場圭信
中外日報      2016年3月   [依頼有り]
時事評論:共生社会をつくる-歌と議論で人をつなごう
稲場圭信
中外日報      2016年1月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
川端 亮, 稲場 圭信 (担当:共著)
新曜社   2018年1月   ISBN:4788515520
春秋社   2016年6月   ISBN:439320901X
『災害支援ハンドブック: 宗教者の実践とその協働』
宗教者災害支援連絡会、蓑輪顕量, 稲場圭信, 黒﨑浩行,葛西賢太(責任編集) (担当:共著)
春秋社   2016年6月   
「利他主義と宗教のアクションリサーチ」河森正人・栗本英世・志水宏吉編著『共生学が創る世界』
稲場圭信 (担当:共著)
大阪大学出版会   2016年3月   ISBN:9784872595420
稲場 圭信, 黒崎 浩行 (担当:共著)
明石書店   2013年4月   ISBN:4750338001
稲場 圭信, 黒崎 浩行, 藤森 雄介, 高橋 和義, 金子 昭, 川浪 剛, 岡田 真美子, 島薗 進, 星野 壮, 弓山 達也, 吉田 叡禮, 岡尾 将秀, 渡邊 太, 三木 英, 村島 健司, 鎌田 東二, 藤野 陽平 (担当:共編者)
明石書店   2013年   ISBN:9784750338002
「阪神淡路大震災から東日本大震災へ-共感にもとづいた生き方の変化」『宗教と現代がわかる本 2012』
渡邊直樹編 (担当:共著)
平凡社   2012年2月   
櫻井 義秀, 稲場 圭信
明石書店   2012年   
稲場 圭信
弘文堂   2011年11月   ISBN:4335160674
「ハワイの宗教受容-現地化する灯籠流し「ランタン・フローティング」『宗教と現代がわかる本 2010』
渡邊直樹編 (担当:共著)
平凡社   2010年3月   
稲場 圭信
世界思想社   2009年12月   ISBN:4790714462
『社会貢献する宗教』
稲場圭信・櫻井義秀編著 (担当:共著)
世界思想社   2009年12月   
「現代都市における共存・信頼・憎悪―多民族都市ロンドンの苦悩」『都市の風土学』
木岡伸夫編著 (担当:共著)
ミネルヴァ書房   2009年2月   
‘Religion and Altruism’, The Oxford Handbook of the Sociology of Religion
Peter B. Clarke ed., (担当:共著)
Oxford University Press   2009年1月   
「テロにおびえるイギリスの宗教と民族」『宗教と現代がわかる本 2008』
渡邊直樹編 (担当:共著)
平凡社   2008年3月   
「ヨーロッパの宗教事例」「宗教的利他主義とボランティア」『よくわかる宗教社会学』
櫻井義秀、三木英編著 (担当:共著)
ミネルヴァ書房   2007年11月   
「宗教団体のボランティア活動の現状と将来」、『宗教と現代がわかる本 2007』
渡邊直樹編 (担当:共著)
平凡社   2007年3月   
The Practice of Altruism: Caring and Religion in Global Perspective
Ruben Habito & Keishin Inaba eds (担当:共著)
Cambridge Scholars Press   2006年6月   
「ボランティア、利他主義、絆の気づき」、『アジアのスピリチュアリティ―精神的基層を求めて』
樫尾直樹編 (担当:共著)
勉誠出版   2006年2月   

講演・口頭発表等

 
公共空間における宗教の新たな連携―その意義と今後の課題―
稲場 圭信
日本宗教学会第77回学術大会   2018年9月9日   
ocial Capital and the Role of Religion in Reconstruction after Disaster
稲場 圭信
The 80th Association for the Sociology of Religion Annual Conference   2018年8月12日   
宗教と新たなつながりの創出-防災・見守り・観光-
稲場 圭信
日本宗教学会第76回学術大会   2017年9月17日   
復興におけるエージェント間の共生と葛藤-宗教者の関わりから-
稲場 圭信
日本宗教学会第75回学術大会   2016年9月11日   
世俗社会におけるSGI―イギリスを事例として―
稲場 圭信
日本宗教学会第74回学術大会   2015年9月6日   

競争的資金等の研究課題

 
宗教施設を地域資源とした地域防災のアクションリサーチ
科研基盤研究A
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月    代表者: 稲場 圭信
環太平洋における宗教NGOの国際的ネットワークに関する研究
科研基盤研究B
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 稲場 圭信
ソーシャル・キャピタルとしての宗教に関する国際比較研究
科研基盤研究C
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 稲場 圭信
市民社会時代のボランティア・利他的精神の発達における宗教の役割に関する国際比較
科研若手研究B
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 稲場 圭信

学歴

 
1996年6月
 - 
2000年6月
ロンドン大学大学院博士課程 Department of Theology and Religious Studies 
 
1993年4月
 - 
1995年3月
東京大学 文学部 宗教学宗教史学専修課程
 
1991年4月
 - 
1993年3月
東京大学 文科三類