稲場 圭信

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 05:16
 
アバター
研究者氏名
稲場 圭信
 
イナバ ケイシン
通称等の別名
「稲場」を「稲葉」と間違える方が多いです。ご注意ください。
eメール
k-inabahus.osaka-u.ac.jp
URL
http://altruism.blog56.fc2.com/
所属
大阪大学
部署
人間科学研究科 人間科学専攻
職名
教授
学位
Ph,D.(ロンドン大学)
科研費研究者番号
30362750

プロフィール

大阪大学大学院教授:1969年生まれ。専門は、共生学、宗教社会学。主な研究テーマは利他主義・市民社会論、ソーシャル・キャピタルとしての宗教、宗教の社会貢献、防災・災害時協力と宗教、。
防災見守り共同研究代表。学校、公民館、寺、神社、自治会といった「地域資源」と「科学技術」の コラボレーションによる新たな減災・見守りシステムの構築に取り組む「知と人のキュレーター」。
東京大学文学部卒、ロンドン大学大学院博士課程修了、博士(宗教社会学)。ロンドン大学、神戸大学等を経て2010年4月より現職。著書に『思いやり格差が日本をダメにする』、『Altruism in New Religious Movements』、『社会貢献する宗教』共編著、『The Practice of Altruism』共編著、『災害支援ハンドブック』共編著などがある。『宗教と社会貢献』(http://ir.library.osaka-u.ac.jp/web/RSC/index.html)編集委員長。「宗教者災害支援連絡会」世話人。未来共生災害救援マップ(災救マップ)運営(http://www.respect.osaka-u.ac.jp/map/)。専門社会調査士、防災士、専門宗教文化士。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
大阪大学大学院 人間科学研究科 教授
 
2010年4月
 - 
2016年3月
大阪大学 准教授
 
2007年4月
 - 
2010年3月
神戸大学 人間発達環境学研究科 准教授
 
2004年4月
 - 
2007年3月
神戸大学 発達科学部 助教授
 
2003年4月
 - 
2004年3月
神戸大学 発達科学部附属人間科学研究センター 助教授
 

受賞

 
2015年7月
大阪大学 大阪大学総長顕彰受賞
 
2015年2月
独立行政法人防災科学技術研究所 「第5回防災コンテスト2014」優秀賞
 
2013年8月
大阪大学 大阪大学総長奨励賞受賞
 

論文

 
Social Capital and the Role of Religion in Reconstruction after Disaster
Keishin Inaba, Kyoungsun PARK & Wenjie WANG
The 80th Association for the Sociology of Religion Annual Conference      2018年8月   [査読有り]
地域に生きる寺院の災害時協力
稲場圭信
だいうん      2018年8月   [招待有り]
防災への取り組み
稲場圭信
佼成   36-37   2018年8月   [招待有り]
「時事評論:宗教者の災害ボランティア 目立たぬが確実に力を発揮
稲場圭信
中外日報      2018年8月   [招待有り]
生きる歩みの伴走者:仏教の利他主義
稲場圭信
ともしび   1-9   2018年7月   [招待有り]
時事評論:大都市の地震、見えない被害
稲場圭信
中外日報      2018年7月   [招待有り]
時事評論:艱難辛苦に共感する力必要
稲場圭信
中外日報      2018年5月   [招待有り]
朴景善,王文潔,孫雪瑩,稲場圭信
宗教と社会貢献   8(1) 101-127   2018年4月   [査読有り]
Keishin INABA
大阪大学大学院人間科学研究科紀要   44 249-262   2018年4月
時事評論:「心のセーフティネット」
稲場圭信
中外日報      2018年3月   [招待有り]
寺院の社会貢献:地域拠点としての別院
稲場圭信
名古屋御坊      2018年3月   [招待有り]
分断社会から支え合う社会へ
稲場圭信
あらきとうりょう   (270) 32-41   2018年2月   [招待有り]
時事評論:「価値が亀裂した分断社会」
稲場圭信
中外日報      2018年1月   [招待有り]
分断社会から共感縁の社会へ:世界からみたGNRCの可能性
稲場圭信
GNRC第5回フォーラム報告書   36-37   2017年10月
宗教社会学における災害ボランティア研究の構築
稲場圭信
災害と共生   1(1) 9-13   2017年10月   [査読有り]
熊本地震の支援現場における宗教者と市民アクターとの連携
王文潔,稲場圭信
宗教と社会貢献   7(2) 17-29   2017年10月
時事評論:東日本大震災7年目の夏 新たな縁から未来へ希望も
稲場圭信
中外日報      2017年9月   [招待有り]
宗教と社会と自治体の災害時協力
稲場圭信
清水正之他編『生きる意味』オリエンス研究所   39-58   2017年8月   [招待有り]
時事評論:多文化主義とナショナリズム 分断の世に宗教者の役割
稲場圭信
中外日報      2017年6月   [招待有り]
泉大津市における「防災まちあるき」 宗教者と行政連携をはかったアクションリサーチ
佐々木美和、稲場圭信
宗教と社会貢献   7(1) 19-34   2017年4月
泉大津市における「防災まちあるき」: 宗教者と行政連携をはかったアクションリサーチ
佐々木美和,稲場圭信
『宗教と社会貢献』      2017年4月
時事評論:熊本地震から1年 今も続く宗教者の寄り添い
稲場圭信
中外日報      2017年4月   [招待有り]
人間科学による一つの狂詩曲―人間科学研究科による利他コンポジウムの報告
岡部美香、稲場圭信、千葉泉
未来共生学   4 357-385   2017年3月   [査読有り]
復興におけるエージェント間の共生と葛藤
稲場圭信
宗教研究90巻別冊      2017年3月
時事評論:移民排除の動き 「異質な他者との共存」課題
稲場圭信
中外日報      2017年2月   [招待有り]
東日本大震災から熊本地震へ―宗教者の連携―
稲場圭信
現代宗教2017      2017年1月   [招待有り]
時事評論:組織の中のロールモデル 世代超え生き方の模範に
稲場圭信
中外日報      2016年10月   [招待有り]
検証!熊本でこれまでの教訓は生かされたか
稲場圭信
月刊住職   44-51   2016年7月   [招待有り]
東日本大震災の経験を踏まへた地域防災と宗教施設
稲場圭信
『東日本大震災 神社・祭』神社新報社   248-253   2016年7月   [招待有り]
東日本大震災の経験を踏まへた地域防災と宗教施設
稲場圭信
東日本大震災 神社・祭      2016年7月   [招待有り]
書評:白波瀬達也著『宗教の社会貢献を問い直す-ホームレス支援の現場から』
稲場圭信
『宗教と社会』      2016年6月
防災と宗教:第三回国連防災世界会議における宗教
稲場圭信・黒崎浩行
宗教者災害支援連絡会 (編集), 蓑輪顕量, 稲場圭信, 黒﨑浩行,葛西賢太(責任編集)『災害支援ハンドブック: 宗教者の実践とその協働』      2016年6月
総論
蓑輪顕量・稲場圭信
宗教者災害支援連絡会 (編集), 蓑輪顕量, 稲場圭信, 黒﨑浩行,葛西賢太(責任編集)『災害支援ハンドブック: 宗教者の実践とその協働』      2016年6月
来るべき災害への備え
稲場圭信
宗教者災害支援連絡会 (編集), 蓑輪顕量, 稲場圭信, 黒﨑浩行,葛西賢太(責任編集)『災害支援ハンドブック: 宗教者の実践とその協働』      2016年6月
宗教施設は避難所になりうるか
稲場圭信
宗教者災害支援連絡会 (編集), 蓑輪顕量, 稲場圭信, 黒﨑浩行,葛西賢太(責任編集)『災害支援ハンドブック: 宗教者の実践とその協働』      2016年6月
ネパール大地震調査報告2015
乾陽亮、渥美公秀、稲場圭信、河村信治
宗教と社会貢献   6(1) 97-112   2016年4月
ネパール地震被災地の災害対応に学ぶ防災の可能性
渥美公秀、稲場圭信、河村信治、乾陽亮
『文部科学省科学研究費補助金(特別研究促進費)「2015年ネパール地震と地震災害に関する総合調査」報告書』   141-146   2016年3月
Religious Altruism
Keishin INABA
Osaka Human Sciences   (2) 73-84   2016年3月
被災地の記憶と震災伝承-気仙沼震災伝承マップの取り組み
稲場圭信
モノ学・感覚価値研究   (10) 63-69   2016年3月
Religion's Response to the Earthquake and Tsunami in Northeastern Japa
稲場圭信
大阪大学大学院人間科学研究科紀要   42 43-59   2016年2月
Religious Altruism
稲場圭信
Osaka Human Sciences   73-84   2016年
宗教施設と自治体の災害協定の現状
稲場圭信
月刊住職   90-97   2015年6月   [招待有り]
宗教施設と自治体の災害協定の現状-災害が起きたら寺院は何ができるのか自治体との協定を見る
稲場圭信
月刊住職      2015年6月   [招待有り]
震災メメントモリ-第二の津波に抗して-
稲場圭信
フォーラム現代社会学   101-103   2015年6月   [招待有り]
「世界の人々が討議した宗教者の防災行動のすすめ-第3回国連防災世界会議に参加して」
稲場圭信
月刊住職      2015年5月   [招待有り]
Religious Altruism and Its Contribution to Society
稲場圭信
Dharma World   (42) 15-17   2015年4月   [招待有り]
「自治体と宗教施設との災害協定に関する調査報告
稲場圭信
宗教と社会貢献   5(1) 71-86   2015年4月
災害救援と宗教施設
稲場圭信
近畿化学工業会『きんか』   67(4) 1-4   2015年4月   [招待有り]
Religious Altruism and Its Contribution to Society
Keishin Inaba
Dharma World   42 15-17   2015年4月   [招待有り]
自治体と宗教施設との災害協定に関する調査報告
稲場圭信
宗教と社会貢献      2015年4月
宗教的利他主義
稲場圭信
未来共生学   2 13-29   2015年3月   [査読有り]
危機に依り処となる仏教
稲場圭信
法華会『法華』   101(3) 10-14   2015年3月   [招待有り]
基調発題:災害における宗教者の可能性
稲場 圭信
「防災と宗教」      2015年3月
災害時における宗教施設の役割-ソーシャル・キャピタルの視点から
稲場 圭信
サリュ   9 12-13   2015年3月   [招待有り]
災害時における宗教と自治体の連携
稲場圭信
宮城県宗教法人連絡協議会『みやぎ宗連報』   41 11-16   2015年2月   [招待有り]
寺院の社会貢献-災害時協力
稲場 圭信
みんてら   (6) 2-9   2015年2月   [招待有り]
地域防災の資源としての宗教施設:宗教の違い・信仰の有無を超えて「災害救援」へ
稲場 圭信
防災プラスBosai Plus   (101) 1-3   2014年11月   [招待有り]
「震災復興と宗教」(テーマセッション「宗教とソーシャル・キャピタル」報告)
稲場 圭信,黒崎 浩行
宗教と社会   (20) 141-143   2014年6月
第四十九回大会シンポジウム報告-宗教者の役割-災害の苦悩と宗教
稲場 圭信
龍谷教学   (49) 133-208   2014年3月
Minako Sakai and Keishin Inaba
Minako Sakai, Edwin Jurriens, Jan Zhang and Alec Thornton eds.,Disaster Relief in the Asia Pacific: Agency and Resilience, Routledge   52-66   2014年   [査読有り]
宗教の社会貢献活動を支援するために
稲場圭信
寺門興隆   77-83   2013年10月   [招待有り]
宗教者災害救援マップの構築過程と今後の課題
黒崎浩行/稲場圭信
宗教と社会貢献   3(1) 65-74   2013年4月
震災復興と宗教
稲場圭信
真宗大谷派教学研究所『教化研究』   148-167   2013年   [招待有り]
東日本大震災における宗教者と宗教研究者
稲場圭信
宗教研究   373 29-52   2012年9月   [査読有り]
日本人の利他性と『無自覚の宗教性』
稲場圭信
中央公論   40-47   2012年5月   [招待有り]
稲場 圭信
現代宗教   83-101   2012年   [査読有り]
Religion's Response to the Earthquake and Tsunami in Northeastern Japan
稲場圭信
Dharma World   38 41-43   2011年10月   [招待有り]
FBOs and Unconscious Religiosity in Japan
Keishin INABA
   2011年10月   [招待有り]
宗教の救援活動・応答―宗教者災害救援ネットワークから―
稲場圭信
   2011年9月
大震災に宗教の社会貢献を考える(3)宗教軽視の社会制度のなかで宗教者の社会参加とは何か
稲場圭信
寺門興隆      2011年8月   [招待有り]
宗教者災害救援ネットワーク
稲場圭信
京都大学こころの未来研究センターシンポジウム「災害と宗教と『心のケア』」      2011年7月   [招待有り]
大震災に宗教の社会貢献を考える(2)危機を乗り越えるには何が必要かが浮き彫りにされた
稲場圭信
寺門興隆      2011年7月   [招待有り]
大震災に宗教の社会貢献を考える(1)宗教者だからできる心だけでない丸ごとのケアを
稲場圭信
寺門興隆      2011年6月   [招待有り]
稲場圭信
宗教と社会貢献      2011年4月   [査読有り]
19世紀なかば、とりわけ第二次世界大戦以降、都市化・産業化が進展し、日本の地域共同体は崩壊に向かっている。一方、地域共同体の紐帯の基盤にあった神道や仏教もその影響力を弱めている。本稿では、日本人の国民の3割ほどしか宗教を信じていない状況下で、日本人の精神的基層にある宗教的要素「無自覚の宗教性」がソーシャル・キャピタルと関連していることを理論的に考察する。その際、思いやり格差、和合倫理、生命主義などの日本人の意識構造を概観し、市民社会における無自覚の宗教性とソーシャル・キャピタルの関
係を検...
こころのケア・まるごとのケア:宗教者のネットワーク
稲場圭信
   2011年4月   [招待有り]
Disparities in Compassion in Contemporary Japan
Keishin INABA
   2011年2月   [招待有り]
ソーシャル・キャピタルとしての宗教-日韓英米の現状-
稲場圭信
   2010年9月
ポストグローバル時代における宗教・文化・福祉―地政学的にアジアをみるー
稲場圭信
   2010年9月   [招待有り]
Conversion Process of SGI-USA members
Keishin INABA
   2010年8月   [査読有り]
SGI-USAにおけるアメリカ化の進展-多民族社会における会員のインタビューから-
川端亮・秋庭裕・稲場圭信
宗教と社会   16 89-110   2010年6月   [査読有り]
SGI-USAにおけるアメリカ化の進展-他民族社会における会員のインタビューから-
川端亮・秋庭裕・稲場圭信
宗教と社会      2010年6月   [査読有り]
利他主義の可能性~『思いやり格差』社会への挑戦
稲場圭信
   2010年6月   [招待有り]
「思いやり格差」社会からの脱却
稲場圭信
関西大学経済・政治研究所セミナー年報2009   135-143   2010年3月
ハワイの宗教受容
稲場圭信
宗教と現代がわかる本 2010   142-145   2010年3月   [招待有り]
『思いやり格差』社会からの脱却-利他主義の可能性と支え合いのかたち-
稲場圭信
『関西大学経済・政治研究所セミナー年報2009』      2010年3月   [招待有り]
From Disparities in Compassion to Mutual Support: Pinning Hope on the Social Contributions of Religion
稲場圭信
Dharma World   14-17   2010年1月   [招待有り]
How Buddhist NGO Networks Bring Religion to Society
Keishin INABA
   2009年11月   [査読有り]
宗教の社会貢献の領域と形態
稲場圭信
   2009年9月
Faith-Based Social Services in Japan
Keishin Inaba
   2008年10月   [査読有り]
アメリカの宗教に基づく社会福祉サービス
稲場圭信
   2008年9月
アメリカにおける宗教の社会貢献--「慈善的選択」と信仰にもとづいた社会福祉サービス
稲場圭信
国際宗教研究所ニュースレター      2008年4月   [招待有り]
テロにおびえるイギリスの宗教と民族
稲場圭信
宗教と現代がわかる本 2008   116-119   2008年3月   [招待有り]
Altruism, Religion and Implicit Spirituality in Japan
Keishin INABA
Japan’The Proceedings of the 1st International Academic Interchange Meeting between the Graduate School of Human Development & Environment, Kobe University and the Institute of Education, University of London "The Contribution of University to Civil Socie      2008年3月   [招待有り]
宗教団体のボランティア活動の現状と将来
稲場圭信
宗教と現代がわかる本 2007   172-175   2007年3月   [招待有り]
稲場圭信
神戸大学発達科学部研究紀要   13(3) 35-38   2006年6月   [査読有り]
ボランティア、利他主義、絆の気づき
稲場圭信
樫尾直樹編『アジアのスピリチュアリティ―精神的基層を求めて』勉誠出版   166-177   2006年2月
稲場 圭信
マツダ財団研究報告書 青少年健全育成関係   18 1-8   2006年
利他的行動研究と実践の評価
稲場圭信
   2005年11月
Altruism and Social Engagement of Religion: The Faith-Based Services in Japan
Keishin Inaba
   2005年3月   [査読有り]
利他的精神の発達:宗教集団の事例から
稲場圭信
   2005年2月

Misc

 
復興におけるエージェント間の共生と葛藤
稲場圭信
宗教研究90巻別冊   104-105   2017年
社会に貢献する人間力
稲場圭信
天理大学創立90周年記念事業 公開シンポジウム報告書   3-10   2016年3月
被災地の記憶と震災伝承-気仙沼震災伝承マップの取り組み
稲場圭信
モノ学・感覚価値研究   (10) 63-69   2016年3月   [依頼有り]
時事評論:あの日から5年 区切りを付けず関わりを
稲場圭信
中外日報      2016年3月   [依頼有り]
時事評論:共生社会をつくる-歌と議論で人をつなごう
稲場圭信
中外日報      2016年1月   [依頼有り]
支え合う社会に向かって
稲場圭信
みちのとも   48-54   2016年   [依頼有り]
時事評論:ミニマリストの出現-小欲知足に通じる生き方
稲場圭信
中外日報      2015年11月   [依頼有り]
国際会議報告:第3回国連防災世界会議における宗教
稲場圭信、黒崎浩行
宗教と社会貢献   5(2) 73-94   2015年10月
時事評論:心の復興は進んでいるか-様々な人の連携で開く未来
稲場圭信
中外日報      2015年9月   [依頼有り]
時事評論:社会貢献の文化背景-無自覚の宗教性の広がり
稲場圭信
中外日報      2015年7月   [依頼有り]
稲場 圭信
モノ学・感覚価値研究 : 科研:モノ学・感覚価値研究会年報   (8) 93-97   2014年3月
稲場 圭信
モノ学・感覚価値研究 : 科研:モノ学・感覚価値研究会年報   (7) 146-148   2013年3月
稲場 圭信, 古市 憲寿, 堀江 宗正
現代宗教   229-281   2013年

書籍等出版物

 
川端 亮, 稲場 圭信 (担当:共著)
新曜社   2018年1月   ISBN:4788515520
春秋社   2016年6月   ISBN:439320901X
『災害支援ハンドブック: 宗教者の実践とその協働』
宗教者災害支援連絡会、蓑輪顕量, 稲場圭信, 黒﨑浩行,葛西賢太(責任編集) (担当:共著)
春秋社   2016年6月   
「利他主義と宗教のアクションリサーチ」河森正人・栗本英世・志水宏吉編著『共生学が創る世界』
稲場圭信 (担当:共著)
大阪大学出版会   2016年3月   ISBN:9784872595420
稲場 圭信, 黒崎 浩行 (担当:共著)
明石書店   2013年4月   ISBN:4750338001
稲場 圭信, 黒崎 浩行, 藤森 雄介, 高橋 和義, 金子 昭, 川浪 剛, 岡田 真美子, 島薗 進, 星野 壮, 弓山 達也, 吉田 叡禮, 岡尾 将秀, 渡邊 太, 三木 英, 村島 健司, 鎌田 東二, 藤野 陽平 (担当:共編者)
明石書店   2013年   ISBN:9784750338002
「阪神淡路大震災から東日本大震災へ-共感にもとづいた生き方の変化」『宗教と現代がわかる本 2012』
渡邊直樹編 (担当:共著)
平凡社   2012年2月   
櫻井 義秀, 稲場 圭信
明石書店   2012年   
稲場 圭信
弘文堂   2011年11月   ISBN:4335160674
「ハワイの宗教受容-現地化する灯籠流し「ランタン・フローティング」『宗教と現代がわかる本 2010』
渡邊直樹編 (担当:共著)
平凡社   2010年3月   
稲場 圭信
世界思想社   2009年12月   ISBN:4790714462
『社会貢献する宗教』
稲場圭信・櫻井義秀編著 (担当:共著)
世界思想社   2009年12月   
「現代都市における共存・信頼・憎悪―多民族都市ロンドンの苦悩」『都市の風土学』
木岡伸夫編著 (担当:共著)
ミネルヴァ書房   2009年2月   
‘Religion and Altruism’, The Oxford Handbook of the Sociology of Religion
Peter B. Clarke ed., (担当:共著)
Oxford University Press   2009年1月   
「テロにおびえるイギリスの宗教と民族」『宗教と現代がわかる本 2008』
渡邊直樹編 (担当:共著)
平凡社   2008年3月   
「ヨーロッパの宗教事例」「宗教的利他主義とボランティア」『よくわかる宗教社会学』
櫻井義秀、三木英編著 (担当:共著)
ミネルヴァ書房   2007年11月   
「宗教団体のボランティア活動の現状と将来」、『宗教と現代がわかる本 2007』
渡邊直樹編 (担当:共著)
平凡社   2007年3月   
The Practice of Altruism: Caring and Religion in Global Perspective
Ruben Habito & Keishin Inaba eds (担当:共著)
Cambridge Scholars Press   2006年6月   
「ボランティア、利他主義、絆の気づき」、『アジアのスピリチュアリティ―精神的基層を求めて』
樫尾直樹編 (担当:共著)
勉誠出版   2006年2月   
「シェアされるスピリチュアリティと意識変容」「コラム:ロールモデルと社会化」『スピリチュアリティの社会学―現代世界の宗教性の探求』
伊藤雅之・樫尾直樹・弓山達也編著 (担当:共著)
世界思想社   2004年11月   
'Altruism and Religion in Europe: Theoretical Perspectives of Motivation', Religion and Patters of Social Transformation
D. Jerolimov et al.eds (担当:共著)
Institute for Social Research   2004年1月   ISBN:953-6218-16-X
伊藤 雅之, 樫尾 直樹, 弓山 達也, 大谷 栄一, 芳賀 学, 葛西 賢太, 稲場 圭信, 菊池 裕生, 櫻井 義秀, 小池 靖
世界思想社   2004年   ISBN:4790710939
「イギリスの新宗教と社会」『現代宗教2001−21世紀の宗教−』
国際宗教研究所編 (担当:共著)
東京堂出版   2001年3月   

講演・口頭発表等

 
公共空間における宗教の新たな連携―その意義と今後の課題―
稲場 圭信
日本宗教学会第77回学術大会   2018年9月9日   
ocial Capital and the Role of Religion in Reconstruction after Disaster
稲場 圭信
The 80th Association for the Sociology of Religion Annual Conference   2018年8月12日   
宗教と新たなつながりの創出-防災・見守り・観光-
稲場 圭信
日本宗教学会第76回学術大会   2017年9月17日   
復興におけるエージェント間の共生と葛藤-宗教者の関わりから-
稲場 圭信
日本宗教学会第75回学術大会   2016年9月11日   
世俗社会におけるSGI―イギリスを事例として―
稲場 圭信
日本宗教学会第74回学術大会   2015年9月6日   
災害における宗教者の可能性
稲場 圭信
第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム「防災と宗教」シンポジウム   2015年3月16日   
寺院と自治体の災害時協力
稲場 圭信
日本仏教社会福祉学会第49回学術大会   2014年10月12日   
宗教施設と自治体の災害時協力
稲場 圭信
日本宗教学会第73回学術大会   2014年9月13日   
災害救援マップと宗教施設
稲場 圭信
日本宗教学会第72回学術大会   2013年9月7日   
Support Activities by People of Faith after the Great East Japan Earthquake
稲場 圭信
International Society for the Sociology of Religion (ISSR) conference   2013年6月28日   
震災復興と宗教
稲場 圭信
「宗教と社会」学会第21回学術大会   2013年6月16日   
東日本大震災における宗教者の関わり
稲場 圭信
日本社会学会第85学術大   2012年11月3日   
災害時における宗教者と連携の力―その意義と今後の課題―
稲場 圭信
日本宗教学会第71回学術大会   2012年9月7日   
宗教の救援活動・応答―宗教者災害救援ネットワークから―
稲場 圭信
日本宗教学会第70回学術大会   2011年9月3日   
英米におけるソーシャル・キャピタルとしての宗教論
稲場 圭信
日本宗教学会第69回学術大会   2010年9月5日   
Conversion Process of SGI-USA members" panel (Americanization and Post-Americanization of a Japanese new religion: The Case of SGI-USA
稲場 圭信
20th World Congress of the International Association for the History of Religions   2010年8月17日   
How Buddhist NGO Networks Bring Religion to Society
稲場 圭信
American Academy of Religion (AAR)   2009年11月10日   
宗教の社会貢献の領域と形態
稲場 圭信
日本宗教学会第68回学術大会   2009年9月12日   
信者の回心過程-アメリカ社会のエートスと soka spirit-
稲場 圭信
「宗教と社会」学会第17回学術大会   2009年6月7日   
アメリカ人の仏教への回心―SGI-USAの事例―
稲場 圭信
第81回日本社会学会大会   2008年10月23日   
Faith-Based Social Services in Japan
稲場 圭信
ociety for the Scientific Study of Religion (SSSR) annual conference   2008年10月18日   
アメリカの宗教に基づく社会福祉サービス
稲場 圭信
日本宗教学会第67回学術大会   2008年9月14日   
宗教の社会貢献活動の諸相
稲場 圭信
「宗教と社会」学会第16回学術大会   2008年6月15日   
Altruism and Spirituality in Japan
稲場 圭信
The Third Conference of the Asia Pacific Network for Moral Education   2008年4月20日   
Altruism, Religion and Implicit Spirituality in Japan
稲場 圭信
The 1st International Academic Interchange Meeting between the Graduate School of Human Development and Environment, Kobe University and The Institute of Education, University of London   2007年12月13日   
宗教と利他主義:現代社会の新たな動きの分析
稲場 圭信
日本宗教学会第65回学術大会   2006年9月17日   
Altruism and Faith-Based Services in Japan
稲場 圭信
The 67th Association for the Sociology of Religion Annual Conference   2005年8月15日   
Altruism and Social Engagement of Religion: The Faith-Based Services in Japan
稲場 圭信
2005年3月28日   
宗教団体の社会奉仕活動と社会制度:欧米の事例をもとに
稲場 圭信
「宗教と社会」学会第12回学術大会   2004年6月13日   
Implicit Spirituality in Japanese Charity Workers
稲場 圭信
The British Sociological Association, Sociology of Religion Study Group Annual Conference   2004年3月31日   
Conversion to New Religious Movements
稲場 圭信
International Society for the Sociology of Religion (ISSR) conference   2003年7月15日   
宗教とNGOの系譜
稲場 圭信
日本宗教学会第62回学術大   2003年7月15日   
Attitudes, Values and Influence of Religious practice
稲場 圭信
Society for the Scientific Study of Religion (SSSR) annual conference   2002年11月3日   
利他主義及びケア精神の発達と宗教
稲場 圭信
日本宗教学会第61回学術大会   2002年9月15日   

競争的資金等の研究課題

 
宗教施設を地域資源とした地域防災のアクションリサーチ
科研基盤研究A
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月    代表者: 稲場 圭信
環太平洋における宗教NGOの国際的ネットワークに関する研究
科研基盤研究B
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 稲場 圭信
ソーシャル・キャピタルとしての宗教に関する国際比較研究
科研基盤研究C
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 稲場 圭信
市民社会時代のボランティア・利他的精神の発達における宗教の役割に関する国際比較
科研若手研究B
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 稲場 圭信

学歴

 
1996年6月
 - 
2000年6月
ロンドン大学大学院博士課程 Department of Theology and Religious Studies 
 
1993年4月
 - 
1995年3月
東京大学 文学部 宗教学宗教史学専修課程
 
1991年4月
 - 
1993年3月
東京大学 文科三類