Ambara R. Pradipta

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/11 20:41
 
アバター
研究者氏名
Ambara R. Pradipta
 
アンバラ プラディプタ
eメール
arpradiptariken.jp
所属
理化学研究所 開拓研究本部
部署
田中生体機能合成化学研究室
職名
基礎科学特別研究員
学位
博士(理学)(大阪大学)
ORCID ID
0000-0002-9056-447X

プロフィール

ResearcherID : E-8344-2016
Scopus Author ID : 36185578800

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
理化学研究所 田中生体機能合成化学研究室 基礎科学特別研究員
 
2015年4月
 - 
現在
東京医科歯科大学 非常勤講師
 
2012年4月
 - 
2017年3月
理化学研究所 田中生体機能合成化学研究室 特別研究員
 
2011年4月
 - 
2012年3月
大阪大学 天然物有機化学研究室(深瀬研究室) 特任研究員
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2011年3月
大阪大学  大学院理学研究科
 
2006年4月
 - 
2008年3月
大阪大学  大学院理学研究科
 
2005年10月
 - 
2006年3月
大阪大学 理学部 
 
1999年9月
 - 
2003年8月
パジャジャラン大学 数学自然科学部 
 

受賞

 
2016年7月
理化学研究所 理事長感謝状
 
2016年4月
日本化学会 第96春季年会優秀講演賞(学術)
 
2016年3月
理化学研究所 平成27年度理研研究奨励賞
 
2014年1月
理化学研究所 理事長感謝状
 
2013年7月
Best Poster Award The 1st Asian Conference for “MONODUKURI” Strategy by Synthetic Organic Chemistry
 

論文

 
Nakamoto Y, Pradipta A. R, Mukai H, Zouda M, Watanabe Y, Kurbangalieva A, Ahmadi P, Manabe Y, Fukase K, Tanaka K.
ChemBioChem   19    2018年   [査読有り]
Pradipta A. R, Tsutsui A, Chulakova D, Smirnov I, Lodochnikova O, Kurbangalieva A, Tanaka K.
Heterocycles   97    2018年   [査読有り]
Ayumi Tsutsui, Ambara R. Pradipta, Shinobu Kitazume, Naoyuki Taniguchi, Katsunori Tanaka
Org. Biomol. Chem.   15(32) 6720   2017年   [査読有り]
Qi Y, Pradipta A. R, Li M, Zhao X, Lu L, Fu X, Wei J, Hsung R. P, Tanaka K, Zhou L.
J Exp Clin Cancer Res   36(1) 35   2017年   [査読有り]

Misc

 
アクロレインの可視化に成功
Fuji Sankei Business i      2016年5月
理研と大阪府立大, アクロレインの可視化に成功, 生きた細胞で発生する毒性分子アクロレインと酸化ストレス疾患の関連究明に大きな手がかり
日本経済新聞 Web刊      2016年4月
共役イミンの多様な環化反応, 理研の研究グループが発見, 創薬デザインに貢献期待
科学新聞      2016年4月
N−アルキル共役イミン, 光学活性物質の原料に
化学工業日報      2016年3月
理研, 不安定な共役イミンが起こす多様な環化反応を発見, 光学活性物質合成や生体内機能発現機構の解明に大きな手がかり
日本経済新聞 Web刊      2016年3月

講演・口頭発表等

 
Synthetic Chemistry for Clinical Trials: Azide-Acrolein Click Reaction for Intraoperative Diagnosis of Breast Cancer Patients
Ambara R. Pradipta
The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry   2018年11月15日   
Acrolein Click Chemistry-Mediated Cancer Imaging and Treatment
A. R. Pradipta, K. Tanaka
ケミカルプローブ合同合宿セミナー   2018年10月12日   
実臨床合成化学:乳癌の術中断端迅速診断
A. R. Pradipta, T. Tanei, M. Fujii, K. Morimoto, S. Noguchi, K. Tanaka
第12回バイオ関連化学シンポジウム   2018年9月9日   
Acrolein Click Chemistry-Mediated Cancer Imaging and Treatment
A. R. Pradipta, K. Tanaka
International Conference on Medicinal Chemistry: Interfacing Chemical Biology and Drug Discovery   2018年7月5日   
Acrolein Click Chemistry-Mediated Oxidative Stress Imaging and Theranostics [招待有り]
Ambara R. Pradipta
日本化学会第98春季年会, Asian International Symposium (Medicinal Chemistry)   2018年3月22日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
国立研究開発法人理化学研究所: 平成30年度奨励課題
研究期間: 2018年9月 - 2020年3月    代表者: Ambara R. Pradipta
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業(科研費) (若手研究)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: Ambara R. Pradipta
国立研究開発法人理化学研究所: 平成28年度奨励課題
研究期間: 2016年9月 - 2018年3月    代表者: Ambara R. Pradipta
公益財団法人サントリー生命科学財団: 平成26年度 SUNBOR GRANT
研究期間: 2014年9月 - 2017年3月    代表者: Ambara R. Pradipta