長谷川英祐

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/17 22:23
 
アバター
研究者氏名
長谷川英祐
 
ハセガワ エイスケ
eメール
ehasres.agr.hokudai.ac.jp
URL
http://www.agr.hokudai.ac.jp/ecosys/ecolgy/aml.htm
所属
北海道大学
部署
大学院・農学研究院
職名
准教授
学位
博士(理学)(東京都立大学)
ORCID ID
0000-0002-5782-4225

プロフィール

北海道大学大学院・農学研究院・生物生態体系学分野・動物生態学研究室所属。
進化生物学、動物生態学を専門に研究をすすめる。
Nature Communications, Science Advances, Scientific Reports, Evolutionなどをはじめとして、2017.4.17現在、査読付き原著英文論文67本。著書に「働かないアリに意義がある」(メディアファクトリー新書)など多数。

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
   
 
北海道大学 大学院・農学研究科 准教授
 

受賞

 
2014年8月
日本進化学会 日本進化学会教育啓蒙賞
 
2013年11月
日本動物行動学会 日本動物行動学会日高賞
 
2007年9月
日本昆虫学会 日本昆虫学会賞
 

論文

 
Response threshold variance as a basis of collective rationality.
Yamamoto, T., Hasegawa, E.
Royal Society Open Science   4 170097   2017年   [査読有り]
The promotion of cooperation by the poor in dynamic chicken games.
Ito, H., Katsumata, Y., Hasegawa, E., Yoshimura, J.
Scientific Reports   7 43377   2017年   [査読有り]
Morph-specific weapon-correlated traits in a male dimorphic stag beetle Prosopocolilus inclinatus, (Coleoptera: Lucanidae).
Ito, J., Ohkubo, Y., Hasegawa, E.
Annals of Entomological Society of America   1-5   2017年   [査読有り]
Kobayashi, K., Hasegawa, E.
Scientific Reports   6 23982   2016年   [査読有り]
Imai, S., Kobayashi, K., Ohkubo, Y., Yagi, N., Hasegawa, E.
Scientific Reports   6 39451   2016年   [査読有り]
Color polymorphism in an aphid is maintained by attended ants.
Watanabe, S., Murakami, T., Yoshimura, J., Hasegawa, E.
Science Advances   2 e16000606   2016年   [査読有り]
Krushima, H., Yoshimura, J., Kim J-Ky., Kim, J-Ku., Nishimoto, Y., Watanabe, K., Hasegawa, E., Roff, D. A., Shimizu, A.
Royal Society Open Science   3 160119   2016年   [査読有り]
Yoshimura, J., Ito, H., Katsumata, Y., Hasegawa, E.
PLoS ONE   11 e0159670   2016年   [査読有り]
Female preference for both behavior and morphology of males in the Japanese newt, Cynops pyrrhogaster.
Kutsuki, T., Hasegawa, E.
Journal of Ethology   34 337-342   2016年   [査読有り]
Yoshikawa, T., Ohkubo, Y., Karino,K., Hasegawa, E.
Animal Behaviour   118 33-37   2016年   [査読有り]
Hasegawa, E., Ishii, Y., Tada, K., Kobayashi, K., Yoshimura, J.
Scientific Reports   6 20846   2016年   [査読有り]
Kakishima, S., Morita, S., Yoshida, K., Ishida, A., Hayashi, S., Asami, T., Ito, H., Miller, III., D. G., Uehara, T., Mori, S., Hasegawa, E., Matsuura, K., Kasuya, E., Yoshimura, J.
Royal Society Open Science   2 150330   2015年   [査読有り]
Sexual and asexual reproduction of queens in a myrmicine ant, Vollenhovia emeryi (Hymenoptera: Formicidae).
Okamoto, M., Kobayashi, K., Hasegawa, E., Ohkawara, K.
Myrmecological News   21 13-17   2015年   [査読有り]
S. Watanabe, E. Hasegawa
Entomological News   124 139-140   2014年   [査読有り]
Asanuma, H., Kakishima, S., Ito, H., Kobayashi, K., Hasegawa, E., Asami, T., Matsuura, K., Roff, D. A., Yoshimura, J.
Scientific Reports   4 5425   2014年   [査読有り]
Kobayashi, K., Yoshimura, J., Hasegawa, E.
Scientific Reports   3 3286   2013年   [査読有り]
長谷川英祐
化学と生物   43 817-824   2005年   [査読有り]
分子情報に基づくアリの系統樹.
長谷川英祐
昆虫と自然.   32 12-16   1997年
兵隊アリは闘うか? −ヒラズオオアリのカストの役割−.
長谷川英祐
インセクタリウム   29 22-27   1992年
千葉県天津小湊町内浦にみられた樹上営巣性のアリについて.
長谷川英祐
千葉大学理学部海洋生態系研究センター年報   12 91-92   1992年
小笠原群島のアリ相.
寺山守, 長谷川英祐
小笠原研究年報   15 40-51   1991年
ヒラズオオアリの婚姻飛行について.
長谷川英祐
千葉大学理学部海洋生態系研究センター年報   11 75-78   1991年
小笠原諸島のオカヤドカリ:特にムラサキオカヤドカリの巨大化と矮小化
林文男、岡輝樹、石井裕之、長谷川英祐、富山清升、草野保
小笠原研究年報   14 1-9   1990年

Misc

 
長谷川 英祐
化学と生物   43(12) 817-824   2005年12月

書籍等出版物

 
コミュニケーションの認知科学 第4巻 社会の中の共存
長谷川英祐 (担当:分担執筆, 範囲:第4章 動物の集団的意思決定におけるコーディネーション問題)
岩波書店   2014年6月   
科学の罠 -美と快楽と誘惑-
長谷川英祐
青志社   2014年   
面白くて眠れなくなる生物学
長谷川英祐
PHP   2014年   
働くアリに幸せを
長谷川英祐
講談社   2013年   
縮む世界でどう生き延びるか?
長谷川英祐
メディアファクトリー   2013年