天嵜 聡介

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/13 19:39
 
アバター
研究者氏名
天嵜 聡介
eメール
amasakicse.oka-pu.ac.jp
所属
岡山県立大学
部署
情報工学部 情報システム工学科
職名
助教
学位
博士(情報科学)(大阪大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2008年7月
 - 
現在
岡山県立大学 情報工学部 助教
 
2007年4月
 - 
2008年6月
鳥取環境大学 環境情報学部 助教
 
2006年4月
 - 
2007年3月
鳥取環境大学 環境情報学部 助手
 

委員歴

 
2016年5月
 - 
現在
情報処理学会  ソフトウェア工学研究会運営委員
 
2010年
 - 
現在
電子情報通信学会  ソサイエティ論文誌編集委員会 査読委員
 
2013年4月
 - 
2015年3月
情報処理推進機構  ソフトウエア高信頼化推進委員会委員
 
2008年4月
 - 
2012年3月
情報処理学会  ソフトウェア工学研究会運営委員
 
2008年
 - 
2008年
情報処理推進機構  SEC Journal論文賞査読委員
 
2007年
 - 
2007年
鳥取県県土整備部治山砂防課  企画提案書評価委員
 
2007年
 - 
2007年
鳥取県福祉保健部障害福祉課  プロポーザル評価委員
 

受賞

 
2018年10月
International Conference on Predictive Models and Data Analytics in Software Engineering (PROMISE) Best Paper Award Cross-Version Defect Prediction using Cross-Project Defect Prediction Approaches: Does it work?
 
2018年7月
BCD2018 Best Student Award Fault-Prone Source File Analysis Focusing on the Contribution Entropy in Open Source Development
受賞者: Kazuki Yamauchi, Hirohisa Aman, Sousuke Amasaki, Tomoyuki Yokogawa, Minoru Kawahara
 
2017年3月
IWESEP2017 Best Presentation Award A Health Index of Open Source Projects Focusing on Pareto Distribution of Developer’s Contribution
受賞者: Hirohisa Aman, Aji Ery Burhandenny, Sousuke Amasaki, Tomoyuki Yokogawa, Minoru Kawahara
 
2013年6月
International Conference on Product Focused Software Process Improvement (Profes) Best Paper Award The Evaluation of Weighted Moving Windows for Software Effort Estimation
受賞者: Sousuke Amasaki, Chris Lokan
 
2012年9月
International Symposium on Empirical Software Engineering and Measurement (ESEM) Best Short Paper Award Handling Categorical Variables in Effort Estimation
受賞者: Masateru Tsunoda, Sousuke Amasaki
 

論文

 
Aman Hirohisa, Amasaki Sousuke, Yokogawa Tomoyuki, Kawahara Minoru
JOURNAL OF SOFTWARE-EVOLUTION AND PROCESS      2019年10月   [査読有り]
Sousuke Amasaki,Tomoyuki Yokogawa,Hirohisa Aman
Proc. of International Conference on Predictive Models and Data Analytics in Software Engineering (PROMISE 2019)   76-79   2019年9月   [査読有り]
A Comparative Study of Vectorization Methods on BugLocator
Sousuke Amasaki,Tomoyuki Yokogawa,Hirohisa Aman
Proc. of Euromicro Conference on Software Engineering and Advanced Applications (SEAA2019)   236-243   2019年8月   [査読有り]
Consistency Verification of UML Sequence Diagrams Modeling Wireless Sensor Networks
Akira Matsumoto, Tomoyuki Yokogawa, Sousuke Amasaki, Hirohisa Aman, Kazutami Arimoto
Proc. of International Conference on Smart Computing and Artificial Intelligence (SCAI 2019)      2019年7月   [査読有り]
Hirohisa Aman,Sousuke Amasaki,Tomoyuki Yokogawa,Minoru Kawahara
Proc. of Big Data, Cloud Computing, and Data Science Engineering, Selected Papers from The 4th IEEE/ACIS International Conference on Big Data, Cloud Computing, Data Science and Engineering (BCD 2019)   69-83   2019年5月   [査読有り]
Sousuke Amasaki,Tomoyuki Yokogawa,Hirohisa Aman
Proc. of the Evaluation and Assessment on Software Engineering (EASE 2019)   357-360   2019年4月   [査読有り]
Hirohisa Aman,Sousuke Amasaki,Tomoyuki Yokogawa,Minoru Kawahara
Proc. of Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2018)   643-647   2018年12月   [査読有り]
Sousuke Amasaki
Proc. of International Conference on Predictive Models and Data Analytics in Software Engineering (PROMISE 2018)   32-41   2018年10月   [査読有り]
Interpolation Based Unbounded Model Checking for Time Petri Nets
Nao Igawa, Tomoyuki Yokogawa, Sousuke Amasaki, Kiyotaka Komoku, Yoichiro Sato, Kazutami Arimoto
Proc. of Global Conference on Consumer Electronics (GCCE)   619-623   2018年10月   [査読有り]
The Effects of Vectorization Methods on Non-Functional Requirements Classification
Sousuke Amasaki, Pattara Leelaprute
44rd Euromicro Conference on Software Engineering and Advanced Applications (SEAA 2018)   175-182   2018年8月   [査読有り]
Fault-Prone Java Method Analysis Focusingon Pair of Local Variables with Confusing Names
Keiichiro Tashima, Hirohisa Aman, Sousuke Amasaki, Tomoyuki Yokogawa, Minoru Kawahara
Proc. of Euromicro Conference on Software Engineering and Advanced Applications (SEAA 2018)   154-158   2018年8月   [査読有り]
Fault-Prone Source File Analysis Focusing on the Contribution Entropy in Open Source Development
Kazuki Yamauchi, Hirohisa Aman, Sousuke Amasaki, Tomoyuki Yokogawa, Minoru Kawahara
Proc. of International Conference on Big Data, Cloud Computing, Data Science & Engineering (BCD 2018)   7-14   2018年7月   [査読有り]
Kazuki Yamauchi, Hirohisa Aman, Sousuke Amasaki, Tomoyuki Yokogawa, Minoru Kawahara
IJNDC   6(3) 118-132   2018年   [査読有り]
Sousuke Amasaki, Chris Lokan
Proceedings - Asia-Pacific Software Engineering Conference, APSEC   2017-December 624-629   2017年12月   [査読有り]
© 2017 IEEE. CONTEXT: Several studies in effort estimation havefound that it can be effective to use only recent project data for building an effort estimation model. The generality of this timeaware approach has been explored across a variety of ...
角田 雅照, 天嵜 聡介
情報処理学会論文誌   58(4) 855-860   2017年4月   [査読有り]
定量的なプロジェクト管理を支援するために,ソフトウェア開発プロジェクトにおいて収集されたデータを分析し,知見を得ることが行われる.ただし,ソフトウェア開発において収集されるデータでは,項目間に相互に関連が見られる場合があり,これにより誤った結論を導いてしまう場合がある.そこで本稿では,相互関連を考慮する方法として,傾向スコア(propensity score)に着目する.傾向スコアは,着目する説明変数以外の説明変数,すなわち共変量を傾向スコアと呼ばれる1変数に集約して扱いを容易にしたもので...
Yuto Miyake, Sousuke Amasaki, Hirohisa Aman, Tomoyuki Yokogawa
Studies in Computational Intelligence   695 17-30   2017年1月   [査読有り]
© Springer International Publishing AG 2017. Context: Recent studies empirically revealed a relationship between source code comments and code quality. Some studies showed well-written source code comments could be a sign of problematic methods. O...
Sousuke Amasaki
Proceedings of the 13th International Conference on Predictive Models and Data Analytics in Software Engineering, PROMISE 2017, Toronto, Canada, November 8, 2017   93-96   2017年   [査読有り]
Hirohisa Aman,Sousuke Amasaki,Tomoyuki Yokogawa,Minoru Kawahara
Product-Focused Software Process Improvement - 18th International Conference, PROFES 2017, Innsbruck, Austria, November 29 - December 1, 2017, Proceedings   10611 80-88   2017年   [査読有り]
Sousuke Amasaki,Chris Lokan
Product-Focused Software Process Improvement - 18th International Conference, PROFES 2017, Innsbruck, Austria, November 29 - December 1, 2017, Proceedings   10611 71-79   2017年   [査読有り]
Hirohisa Aman,Aji Ery Burhandenny,Sousuke Amasaki,Tomoyuki Yokogawa,Minoru Kawahara
8th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice, IWESEP 2017, Tokyo, Japan, March 13, 2017   29-34   2017年   [査読有り]
Hirohisa Aman,Sousuke Amasaki,Tomoyuki Yokogawa,Minoru Kawahara
2017 IEEE International Symposium on Software Reliability Engineering Workshops, ISSRE Workshops, Toulouse, France, October 23-26, 2017   214-221   2017年   [査読有り]
Sho Suzuki,Hirohisa Aman,Sousuke Amasaki,Tomoyuki Yokogawa,Minoru Kawahara
43rd Euromicro Conference on Software Engineering and Advanced Applications, SEAA 2017, Vienna, Austria, August 30 - Sept. 1, 2017   380-383   2017年   [査読有り]
Hirohisa Aman,Sousuke Amasaki,Tomoyuki Yokogawa,Minoru Kawahara
43rd Euromicro Conference on Software Engineering and Advanced Applications, SEAA 2017, Vienna, Austria, August 30 - Sept. 1, 2017   375-379   2017年   [査読有り]
Sousuke Amasaki
43rd Euromicro Conference on Software Engineering and Advanced Applications, SEAA 2017, Vienna, Austria, August 30 - Sept. 1, 2017   104-107   2017年   [査読有り]
Masateru Tsunoda,Sousuke Amasaki
2017 ACM/IEEE International Symposium on Empirical Software Engineering and Measurement, ESEM 2017, Toronto, ON, Canada, November 9-10, 2017   436-441   2017年   [査読有り]
An Empirical Study on Relationships between Comments and Design Properties
Yuto Miyake, Sousuke Amasaki, Hirohisa Aman, Tomoyuki Yokogawa
Proc. of International Conference on Big Data, Cloud Computing, Data Science & Engineering   260-265   2017年   [査読有り]
Sousuke Amasaki, Chris Lokan
Proceedings - 26th International Workshop on Software Measurement, IWSM 2016 and the 11th International Conference on Software Process and Product Measurement, Mensura 2016   213-218   2016年10月   [査読有り]
© 2016 IEEE. BACKGROUND: Several studies in software effort estimation have found that it can be effective to use a window of recent projects as training data for building an effort estimation model. The generality of the windowing approach still ...
Sousuke Amasaki,Chris Lokan
7th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice, IWESEP@SANER 2016, Osaka, Japan, March 13, 2016   24-29   2016年   [査読有り]
Sousuke Amasaki,Chris Lokan
Product-Focused Software Process Improvement - 17th International Conference, PROFES 2016, Trondheim, Norway, November 22-24, 2016, Proceedings   627-630   2016年   [査読有り]
Sousuke Amasaki,Chris Lokan
Proceedings of the 20th International Conference on Evaluation and Assessment in Software Engineering, EASE 2016, Limerick, Ireland, June 01 - 03, 2016   40:1-40:9   2016年   [査読有り]
Hirohisa Aman,Sousuke Amasaki,Tomoyuki Yokogawa,Minoru Kawahara
Joint Proceedings of the 4th International Workshop on Quantitative Approaches to Software Quality (QuASoQ 2016) and 1st International Workshop on Technical Debt Analytics (TDA 2016) co-located with the 23rd Asia-Pacific Software Engineering Conference (A   4-11   2016年   [査読有り]
傾向スコアを用いたソフトウェア開発プロジェクトの生産性分析の試み
角田 雅照, 天嵜 聡介
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム論文集   65-69   2016年   [査読有り]
技術的負債を示唆するコメント文の分布について
三宅 悠登, 天嵜 聡介
ソフトウェア工学の基礎ワークショップ論文集   259-270   2016年   [査読有り]
Hirohisa Aman,Sousuke Amasaki,Takashi Sasaki,Minoru Kawahara
IEICE Transactions   98-D(12) 2218-2228   2015年12月   [査読有り]
Kazuya Kawata, Sousuke Amasaki, Tomoyuki Yokogawa
Proceedings - 3rd International Conference on Applied Computing and Information Technology and 2nd International Conference on Computational Science and Intelligence, ACIT-CSI 2015   2-7   2015年11月   [査読有り]
© 2015 IEEE. Context: Cross-project defect prediction (CPDP)research has been popular. One of the techniques for CPDP isa relevancy filter which utilizes clustering algorithms to selecta useful subset of the cross-project data. Their performancehe...
横川 智教, 天嵜 聡介, 佐藤 洋一郎
SEC journal   10(6) 10-17   2015年3月   [査読有り]
変数名とスコープの長さ及びコメントに着目したフォールト潜在性に関する定量的調査
阿萬 裕久, 天嵜 聡介, 佐々木 隆志, 川原 稔
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム論文集   69-76   2015年   [査読有り]
Sousuke Amasaki,Chris Lokan
Proceedings of the 11th International Conference on Predictive Models and Data Analytics in Software Engineering, PROMISE 2015, Beijing, China, October 21, 2015   6:1-6:10   2015年   [査読有り]
Sousuke Amasaki,Chris Lokan
Software Measurement - 25th International Workshop on Software Measurement and 10th International Conference on Software Process and Product Measurement, IWSM/Mensura 2015, Kraków, Poland, October 5-7, 2015, Proceedings   230 14-29   2015年   [査読有り]
Sousuke Amasaki,Kazuya Kawata,Tomoyuki Yokogawa
41st Euromicro Conference on Software Engineering and Advanced Applications, EUROMICRO-SEAA 2015, Madeira, Portugal, August 26-28, 2015   96-103   2015年   [査読有り]
Hirohisa Aman,Sousuke Amasaki,Takashi Sasaki,Minoru Kawahara
2015 ACM/IEEE International Symposium on Empirical Software Engineering and Measurement, ESEM 2015, Beijing, China, October 22-23, 2015   50-53   2015年   [査読有り]
Sousuke Amasaki,Chris Lokan
Journal of Software: Evolution and Process   27(7) 488-507   2015年   [査読有り]
Tomoyuki Yokogawa,Masafumi Kondo,Hisashi Miyazaki,Sousuke Amasaki,Yoichiro Sato,Kazutami Arimoto
IEICE Electronic Express   12(2) 20141112   2015年   [査読有り]
角田 雅照, 天嵜 聡介
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム論文集   2014 202-203   2014年8月   [査読有り]
Sousuke Amasaki,Chris Lokan
Product-Focused Software Process Improvement - 15th International Conference, PROFES 2014, Helsinki, Finland, December 10-12, 2014. Proceedings   8892 63-77   2014年   [査読有り]
Sousuke Amasaki,Chris Lokan
6th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice, IWESEP 2014, Osaka, Japan, November 12-13, 2014   1-6   2014年   [査読有り]
Hirohisa Aman,Takashi Sasaki,Sousuke Amasaki,Minoru Kawahara
2014 ACM-IEEE International Symposium on Empirical Software Engineering and Measurement, ESEM '14, Torino, Italy, September 18-19, 2014   63:1   2014年   [査読有り]
Hirohisa Aman,Sousuke Amasaki,Takashi Sasaki,Minoru Kawahara
21st Asia-Pacific Software Engineering Conference, APSEC 2014, Jeju, South Korea, December 1-4, 2014. Volume 2: Industry, Short, and QuASoQ Papers   51-56   2014年   [査読有り]
Feature Envy とコメント文の関連性に関する考察
藤井 里沙, 天嵜 聡介, 阿萬 裕久, 横川 知教
ソフトウェア工学の基礎ワークショップ論文集   69-74   2014年   [査読有り]
Sousuke Amasaki,Chris Lokan
Product-Focused Software Process Improvement - 14th International Conference, PROFES 2013, Paphos, Cyprus, June 12-14, 2013. Proceedings   7983 214-228   2013年   [査読有り]
Tomoyuki Yokogawa,Sousuke Amasaki,Keisuke Okazaki,Yoichiro Sato,Kazutami Arimoto,Hisashi Miyazaki
IEEE 19th Pacific Rim International Symposium on Dependable Computing, PRDC 2013, Vancouver, BC, Canada, December 2-4, 2013   126-127   2013年   [査読有り]
Sousuke Amasaki,Tomoyuki Yokogawa
2013 Joint Conference of the 23rd International Workshop on Software Measurement and the 8th International Conference on Software Process and Product Measurement, Ankara, Turkey, October 23-26, 2013   98-103   2013年   [査読有り]
Masateru Tsunoda,Sousuke Amasaki,Chris Lokan
International Conference on Software and System Process, ICSSP '13, San Francisco, CA, USA, May 18-19, 2013   10-19   2013年   [査読有り]
回帰木に基づいた工数見積もりモデルにおけるMoving Window 法の有効性について
井上 雄太, 天嵜 聡介
ソフトウェアシンポジウム 2013 論文集   1-10   2013年   [査読有り]
Hisashi Miyazaki,Tomoyuki Yokogawa,Sousuke Amasaki,Kazuma Asada,Yoichiro Sato
IEICE Transactions   95-D(9) 2193-2201   2012年9月   [査読有り]
Sousuke Amasaki,Tomoyuki Yokogawa
Product-Focused Software Process Improvement - 13th International Conference, PROFES 2012, Madrid, Spain, June 13-15, 2012 Proceedings   350-354   2012年   [査読有り]
Sousuke Amasaki,Chris Lokan
2012 Joint Conference of the 22nd International Workshop on Software Measurement and the 2012 Seventh International Conference on Software Process and Product Measurement, Assisi, Italy, October 17-19, 2012   23-32   2012年   [査読有り]
Sousuke Amasaki
Fourth International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice, IWESEP 2012, Osaka, Japan, October 26-27, 2012   58-60   2012年   [査読有り]
Masateru Tsunoda,Sousuke Amasaki,Akito Monden
2012 ACM-IEEE International Symposium on Empirical Software Engineering and Measurement, ESEM '12, Lund, Sweden - September 19 - 20, 2012   99-102   2012年   [査読有り]
宮崎 仁, 天嵜 聡介, 茅野 功, 平松 修, 横川 智教, 佐藤 洋一郎
川崎医療福祉学会誌   21(2) 246-253   2012年   [査読有り]
本論文では,メタヒューリスティクスの1つであるタブーサーチを用いて臨床実習スケジュールを自動的に作成する手法を提案している.国家資格である臨床工学技士の取得には規定時間の臨床実習を行うことが義務づけられている.養成校における臨床実習スケジュールの作成問題は,組み合わせ最適化問題の実用事例である.一般に,組み合わせ最適化問題では,線形計画のように厳密な最適解を求めることは非常に困難であることが知られているが,近似解法や発見的手法を用いることで近似最適解を求めることができる.また,近似最適解の...
Sousuke Amasaki
Proc. of International Conference on Product Focused Software Process Improvement (Profes 2011)   14-17   2011年12月   [査読有り]
Background: In effort estimation model construction, it seems effective to window training project data so that recently finished projects are only used. The past study examined this windowing approach with ISBSG R10 Data. However, this approach h...
天嵜聡介
情報処理学会論文誌   52(2) 792-800   2011年2月   [査読有り]
ソフトウェア開発では品質を維持しつつ,コストを削減し開発期間を短縮することが求められている.これらの要求を満たすことを目的として,不具合を含む可能性が高いモジュールを早期に判別するfault-proneモジュール判別手法の研究がさかんに行われている.しかし,同程度の精度を持つfault-proneモジュール判別手法であっても,同じモジュールに対する予測が一致しない場合がある.この状況では複数の予測結果から専門家が総合的に判断を下す方法が考えられるが,fault-proneモジュール判別手法...
Sousuke Amasaki
Proceedings of the 23rd International Conference on Software Engineering & Knowledge Engineering (SEKE'2011), Eden Roc Renaissance, Miami Beach, USA, July 7-9, 2011   485-488   2011年   [査読有り]
Sousuke Amasaki,Yohei Takahara,Tomoyuki Yokogawa
2011 Joint Conf of 21st Int'l Workshop on Software Measurement and the 6th Int'l Conference on Software Process and Product Measurement, IWSM/Mensura 2011, Nara, Japan, November 3-4, 2011   188-195   2011年   [査読有り]
Refinement Check of Asynchronous Behaviors of Sequence Diagrams Using LTSA
Kazuya Asada, Tomoyuki Yokogawa, Sousuke Amasaki, Hisashi Miyazaki, Yoichiro Sato
Proc. of International Symposium on Software Reliability Engineering (ISSRE 2011)   485-488   2011年   [査読有り]
Sousuke Amasaki
Proceedings of the IASTED International Conference on Software Engineering, SE 2010   117-124   2010年7月   [査読有り]
Effort estimation models are widely investigated because they have an advantage over expert judgment in terms of objectivity and repeatability. Linear regression models are the most major methods used in the past study. While these studies careful...
Sousuke Amasaki
Product-Focused Software Process Improvement, 11th International Conference, PROFES 2010, Limerick, Ireland, June 21-23, 2010. Proceedings   6156 276-290   2010年   [査読有り]
METHOD OF ARRANGING J2 LEAGUE SCHEDULE WITH 3 PERIODS
Fujimoto Hiromi, Akashi Keisuke, Kameyama Yoshimasa, Amasaki Sousuke, Inukai Yoshihide
ICIM 2010: PROCEEDINGS OF THE TENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INDUSTRIAL MANAGEMENT   17-21   2010年   [査読有り]
Comparative Study on Prediction Intervals of Effort Estimation Models Based on Linear Regression Models
Sousuke Amasaki
Proc. of International Workshop on Software Productivity Analysis and Cost Estimation (SPACE 2008)   20-25   2008年   [査読有り]
Towards Conversion Methods among IFPUG, NESMA and SPR
Sousuke Amasaki, Nahomi Kikuchi
Supplemental Proc. of International Conference on Product Focused Software Process Improvement (Profes 2008)      2008年   [査読有り]
浜野 康裕, 天嵜 聡介, 水野 修, 菊野 亨
コンピュータソフトウェア   24(2) 79-87   2007年4月   [査読有り]
本論文では,我々はソフトウェアプロジェクトを混乱プロジェクトに陥れるリスク要因の特定を目指す.まず最初に相関ルールマイニングを実際のソフトウェア開発の現場から集めた質問データに適用する.その結果,リスク要因に関するいくつかの特徴的なルールを抽出した.次に,抽出できたルールの有用性を評価するためにロジスティック回帰分析で抽出されたリスク要因との比較を行った.比較の結果,抽出したルールとそのルールから導き出せるリスク要因が混乱プロジェクトの特定に有用であることを確認した.In this pap...
Evaluation of Ensemble Learning Methods for Fault-prone Module Prediction
Sousuke Amasaki
Proc. of International Workshop on Software Productivity Analysis and Cost Estimation (SPACE 2007)   53-59   2007年   [査読有り]
Sousuke Amasaki,Yasuhiro Hamano,Osamu Mizuno,Tohru Kikuno
Product-Focused Software Process Improvement, 7th International Conference, PROFES 2006, Amsterdam, The Netherlands, June 12-14, 2006, Proceedings   4034 402-407   2006年   [査読有り]
Sousuke Amasaki,Takashi Yoshitomi,Osamu Mizuno,Yasunari Takagi,Tohru Kikuno
Software Quality Journal   13(2) 177-193   2005年   [査読有り]
Sousuke Amasaki,Yasunari Takagi,Osamu Mizuno,Tohru Kikuno
IEICE Transactions   88-D(6) 1134-1141   2005年   [査読有り]

Misc

 
内藤駿人, 横川智教, 天嵜聡介, 阿萬祐久, 有本和民
電子情報通信学会技術研究報告   119(113(KBSE2019 11-22)(Web)) 41‐46 (WEB ONLY)   2019年7月
松本明, 横川智教, 天嵜聡介, 阿萬祐久, 有本和民
電子情報通信学会技術研究報告   119(113(KBSE2019 11-22)(Web)) 47‐52 (WEB ONLY)   2019年7月
第24回アジア太平洋ソフトウェア工学国際会議(APSEC 2017)参加報告
崔 恩瀞, 天嵜 聡介, 猿渡 真之介, 瀬村 雄一, 松原 百映
研究報告ソフトウェア工学(SE)   2018-SE-198(39) 1-4   2018年3月
森崎 亮太, 吉田 則裕, 天嵜 聡介, 軽部 禎文, 高田 広章
電子情報通信学会技術研究報告   116(85) 37-40   2016年6月
Pekka Abrahamsson, Andreas Jedlitschka, Anh Nguyen Duc, Michael Felderer, Sousuke Amasaki, Tommi Mikkonen
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   10027 LNCS    2016年1月
天嵜 聡介
電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス   112(275) 151-158   2012年10月
工数見積もりモデルの構築において,直近の開発終了プロジェクトのみを用いるwindow法が有効であると考えられている.window法の根拠となるのは,直近に開発終了したプロジェクトのデータの方が,より古いプロジェクトデータよりも組織の特徴を表しているという仮定である.window法では直近の開発終了プロジェクトを全て同じ重み付けで扱っている.しかしながら,直近の開発終了プロジェクト間にも時間的順序があり,この順序関係をプロジェクトデータの重み付けに用いることで工数見積もり精度が向上すると考え...
飯島 正, 大森 隆行, 桑原 寛明, 位野木 万里, 中村 匡秀, 羽生田 栄一, 鷲崎 弘宜, 天嵜 聡介, 石黒 正揮, 佐原 伸, 土屋 達弘, 岸 知二, 野田 夏子
研究報告ソフトウェア工学(SE)   2011(11) 1-9   2011年7月
2011 年 1 月 20 日,21 日の 2 日間に伊豆・修善寺のラフォーレ修善寺にて開催したウィンターワークショップ 2011・イン・修善寺 (WW2011) の概要について報告するThis paper reports on "Winter Workshop 2011 in Shuzenji(ww2011)" held at LAFORET SHUZENJI HOTEL in Izu City, Shizuoka Prefecture from 20th to 21st January...
高原 洋平, 天嵜 聡介
研究報告ソフトウェア工学(SE)   2011(9) 1-8   2011年7月
工数見積もりモデルの構築において,直近の開発終了プロジェクトのみを訓練に用いる windowing が有効であると考えられている.実証的に,過去の研究では ISBSG R10 データを用いて windowing approach の有効性が考察されている.しかしながら,この研究では単一の組織のデータセットを用いた検証が行われていない.本研究では,単一の組織でのデータセットにおける windowing approach の有用性及び過去の研究結果の一般性について調査を行った.この調査では C...
宮崎 仁, 茅野 功, 平松 修, 天嵜 聡介
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   111(121) 59-63   2011年7月
本稿では,メタヒューリスティクスの1つであるタブーサーチを用いて臨床実習スケジュールを自動的に作成する手法を提案している.国家資格である臨床工学技士の取得には臨床実習を行うことが義務づけられており,養成校における臨床実習スケジュールの作成問題は,組み合わせ最適化問題の実用事例である.そこで本稿では,複数種類の実習を全て履修でき,受け入れ可能な実習や期間が異なる複数の病院に対して,病院が定める受け入れ可能な上限数を超えないようスケジューリングするための制約条件および目的関数を定義している.本...
Yuka Kawakami, Tomoyuki Yokogawa, Hisashi Miyazaki, Hisashi Miyazaki, Sousuke Amasaki, Yoichiro Sato, Michiyoshi Hayase
World Academy of Science, Engineering and Technology   71 543-546   2010年11月   [査読有り]
In this paper, we proposed a method for detecting consistency violation between state machine diagrams and a sequence diagram defined in UML 2.0 using SMV. We extended a method expressing these diagrams defined in UML 1.0 with boolean formulas so ...
Akie Nimiya, Tomoyuki Yokogawa, H. Miyazaki, Sousuke Amasaki, Yoichiro Sato, Michiyoshi Hayase
World Academy of Science, Engineering and Technology   71 547-550   2010年11月   [査読有り]
In this paper, we proposed a method for detecting consistency violation between UML state machine diagrams and communication diagrams using Alloy. Using input language of Alloy, the proposed method expresses system behaviors described by state mac...
小林 隆志, 林 晋平, 外村 慶二, 天嵜 聡介
研究報告ソフトウェア工学(SE)   2009(9) 1-7   2009年6月
2008 年 12 月 2-5 日に北京にて開催された第 15 回アジア太平洋ソフトウェア工学国際会議 (APSEC 2008) に関して,我々の見解を述べる.This paper gives our views on the 15th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2008) held at Beijing on December 2-5, 2008.
天嵜聡介
情報処理学会研究報告ソフトウェア工学(SE)   2008(93) 9-16   2008年9月
ソフトウェア開発において必要となる工数を正確に見積もることは開発プロジェクトの成否を大きく左右する.開発プロジェクトには不確実性が伴うため,もりではこの不確実性を予測区間によって表現することが有用であると指摘されている.一方,工数見積もりモデルの研究では一点見積もりの精度が重視され,予測区間の見積もり精度が評価されることは稀である.本研究では,複数の回帰モデルに基づく工数見積もりモデルについて予測区間の見積もり性能を比較評価した.その結果,工数に仮定する確率分布の違いが予測区間の見積もり性...
浜野 康裕, 天嵜聡介, 水野 修, 菊野 亨
情報処理学会研究報告ソフトウェア工学(SE)   2006(125) 1-8   2006年11月
ソフトウェアプロジェクト管理にとって、混乱プロジェクトに強い影響を与えるリスク要因を明らかにすることは重要である。これまでの研究では、40プロジェクトのデータに相関ルールマイニング手法を適用して、そうしたリスク要因と相関ルールを得ている。ところが、利用した40プロジェクトへの過度の依存と類似した相関ルールの存在が検討課題として残されていた。本研究では課題を解決するために二つの試みに挑戦する。まず、40プロジェクトから36プロジェクトをランダムに選び、相関ルールマイニング手法を繰り返し適用す...
天嵜聡介
情報処理学会研究報告ソフトウェア工学(SE)   2006(125) 17-24   2006年11月
ソフトウェア開発では正しく工数を見積もることは重要な問題であるため、様々な工数見積り手法が提案されてきた。工数見積り手法の多くはモデルの単純化及び予測精度向上のために変数選択を行っている。工数見積り手法では相関係数を用いるもの、leave-one-out 法のようなリサンプリング法を用いるものなど様々な変数選択手法が用いられている。しかし、変数選択法間での比較評価を行った結果については報告されていない。そこで、本研究はいくつかのリサンプリング法について、変数選択の性能の比較評価を行った。そ...
北浜 榮子, 天嵜 聡介, Kitahama Hideko, Amasaki Sosuke, キタハマ ヒデコ, アマサキ ソウスケ
多文化社会と留学生交流   (10) 1-20   2006年
近年、教育カリキュラムの改善や質向上に資する情報を得るために、学生による授業評価が頻繁に行われ膨大なデータが収集されている。しかしながら、現状では調査結果の詳細な分析や総体としての構造解析やフィードバックなどは未整備の状態である。本論文の目的は、体系的かつ定量的にデータを扱うことができる統計的分析方法の実用性を検証することと、この方法による分析結果を用いてデータマイニングを行い有用な知見を得ることである。本研究では大阪大学短期留学特別プログラム(OUSSEP)で提供される国際交流科日の授業...
松下 誠, 大場 勝, 肥後 芳樹, 天嵜 聡介, 川口 真司, 水野 修, 丸山 勝久
情報処理学会研究報告ソフトウェア工学(SE)   2005(75) 41-48   2005年7月
2005 年 5 月に開催された,第27回ソフトウェア工学国際会議に参加したので,今回の会議でとりあげられていた主な内容について紹介する.This paper reports major topics of the 27th International Conference on Software Engineering at May 2005.
天嵜 聡介, 水野 修, 菊野 亨
電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス   102(617) 19-24   2003年1月
本研究では,ソフトウェア間発プロジェクトの各工程における作業とソフトウェアプロダクトの最終的な品質の関係をモデル化することによる最終品質予測モデルの構築を試みる.モデル化の手法としては,予測を行う時点において値が不確実なメトリクスをモデルに含むことが可能なベイジアンネットを採用する.モデル化の対象はソフトウェア開発工程における残存不具台数の推移である.具体的には,残存不具合数の推移を軸として,レビューやテスト作業によって発見された不具合数,それらの作業に要した工数の依存関係を利用してモデル...
天嵜 聡介, 吉富 隆, 水野 修, 菊野 亨, 高木 徳生
電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス   102(63) 31-36   2002年5月
本研究では,ソフトウェア開発プロジェクトのコードレビュー以降の工程における工程ごとの不具合発見履歴に注目し,ソフトウェアプロダクトの最終的な品質との関係を実際のプロジェクトデータを用いた統計的分析によって明らかにする.具体的には,まず,コードレビュー以降の工程の不具合発見履歴によってプロジェクトを4つのクラスに分類した.次に,分類したクラス間でそれぞれのソフトウェアプロダクトの最終品質に有意な差があることを統計的仮説検定によって示した.最後に,不具合発見履歴を特徴づける要因を特定するために...

書籍等出版物

 
情報システム高信頼化教訓集
天嵜 聡介 (担当:分担執筆, 範囲:Part 4 障害分析手法事例解説書)
情報処理推進機構   2015年4月   

講演・口頭発表等

 
複数バージョンからなるプロジェクトへのCPDP手法の適用について
天嵜 聡介
ソフトウェア信頼性ワークショップ   2017年   
多重検定の補正が及ぼす影響について
天嵜 聡介
ウィンターワークショップ2013・イン・飛騨高山 論文集   2017年   
Cross-Company Defect Prediction で使用される評価データについて
天嵜 聡介
ソフトウェア信頼性ワークショップ   2016年   
A Preliminary Survey on Evaluation Procedures in Cross-Company Defect Prediction Studies
Sousuke Amasaki, Yuto Miyake
Work in Progress session of Euromicro Conference on Software Engineering and Advanced Applications (SEAA)   2016年   
CCDP手法のWCDPへの適用について
天嵜 聡介
ウィンターワークショップ2013・イン・逗子 論文集   2016年   
天嵜 聡介, 河田 和也
ウィンターワークショップ2015・イン・宜野湾 論文集   2015年1月15日   
他組織で収集されたデータを用いた予測・見積もりについて
天嵜 聡介, 河田 和也
ソフトウェア信頼性ワークショップ   2015年   
Consistency Verification of State Machine Diagrams and Sequence Diagrams Using FDR
Tomoyuki Yokogawa, Sousuke Amasaki, Nao Igawa, Yoichiro Sato, Kazutami Arimoto, Hisashi Miyazaki
Work in Progress session of Euromicro Conference on Software Engineering and Advanced Applications (SEAA)   2015年   
三宅 陵平, 天嵜 聡介
ウィンターワークショップ2014・イン・大洗 論文集   2014年1月16日   
天嵜 聡介, 藤井 里沙
ウィンターワークショップ2014・イン・大洗 論文集   2014年1月16日   
Empirical Analysis of Components and Falut-proneness in Methods: Can Comments Point to Faulty Methods?
Hirohisa Aman, Takashi Sasaki, Sousuke Amasaki, Minoru Kawahara
Work in Progress session of Euromicro Conference on Software Engineering and Advanced Applications (SEAA)   2014年   
Cross-company 不具合予測におけるプロジェクトデータの構成と予測精度の関係について
天嵜 聡介, 河田 和也
ソフトウェア信頼性ワークショップ   2014年   
A Translation Method from Time Petri Nets into Compact Timed Automata
Tomoyuki Yokogawa, Sousuke Amasaki, Yoichiro Sato, Kazutami Arimoto, Masafumi Kondo, Hisashi Miyazaki
Work in Progress session of Euromicro Conference on Software Engineering and Advanced Applications (SEAA)   2014年   
How Developers Comment on Code Smell? An Empirical Analysis on Feature Envy
Sousuke Amasaki, Hirohisa Aman, Tomoyuki Yokogawa, Risa Fujii
Work in Progress session of Euromicro Conference on Software Engineering and Advanced Applications (SEAA)   2014年   
天嵜 聡介, 高原 洋平
ウィンターワークショップ2013・イン・那須 論文集   2013年1月17日   
Lassoによる変数選択が線形回帰モデルの精度に及ぼす影響について
天嵜 聡介
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム併設ワークショップ   2013年   
生産性の類推性に基づいた工数見積もりの方法について
天嵜 聡介
ソフトウェア信頼性ワークショップ   2013年   
コードの不吉な匂いとコメント文の関連性について
藤井 里沙, 天嵜 聡介
ソフトウェア信頼性ワークショップ   2013年   
抽象化に基づくUML設計検証支援ツールの開発
横川 智教, 天嵜 聡介, 佐藤 洋一郎, 有本 和民, 宮崎 仁
ソフトウェア信頼性ワークショップ   2013年   
ソフトウェア開発工数見積もりにおけるカテゴリ変数の扱い
角田 雅照, 天嵜 聡介
ウィンターワークショップ2012・イン・琵琶湖   2012年   
Base Functional Componentsを用いた工数見積もりの精度向上について
天嵜 聡介
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム併設ワークショップ   2012年   
公開データセットによる類推法と線形回帰モデルによる工数見積もり手法の比較評価
天嵜 聡介
ウィンターワークショップ2011・イン・修善寺   2011年   
若手研究者とともに,ソフトウェア品質に関する産学連携研究の明日を語る [招待有り]
天嵜 聡介
ソフトウェア品質シンポジウム   2011年   
工数見積もりにおける変数選択の時間的影響について
天嵜 聡介
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム併設ワークショップ   2011年   
マルチレベルモデルを用いた生産性分析
天嵜 聡介
ウィンターワークショップ2010・イン・倉敷   2010年   
工数見積もりモデルの実証実験に有用なデータセットについて
天嵜 聡介
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム併設ワークショップ   2010年   
生産性分析の手法について
天嵜 聡介
ソフトウェア信頼性ワークショップ   2010年   
AHPによる介護支援機器の開発計画の検討
斎藤 和久, 亀山 嘉正, 天嵜 聡介
第61回 電気・情報関連学会中四国支部連合大会   2010年   
医療福祉系大学における学外病院実習のスケジューリング自動化
久保 貴広, 宮崎 仁, 亀山 嘉正, 天嵜 聡介
第61回 電気・情報関連学会中四国支部連合大会   2010年   
工数見積もりにおける予測区間の効率化
天嵜 聡介
ウィンターワークショップ2009・イン・宮崎   2009年   
工数見積もりモデル向けの累積型評価基準の提案
天嵜 聡介
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム併設ワークショップ   2009年   
予測区間の推定に着目した工数見積もり手法の評価
天嵜 聡介
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム併設ワークショップ   2008年   
混乱度合の変化傾向を利用した混乱プロジェクトの特徴付け
天嵜 聡介, 水野 修, 菊野 亨
ソフトウェア信頼性ワークショップ   2005年   
Empirical Diagnosis of Software Projects by a Bayesian Classifier
Sousuke Amasaki, Yasunari Takagi, Osamu Mizuno, Tohru Kikuno
Doctoral Symposium of International Conference on Software Engineering (ICSE)   2005年   

競争的資金等の研究課題

 
プロジェクトデータ資産を積極的に活用する工数見積もりモデルに関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤(C)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 天嵜 聡介
ソフトウェア不具合箇所の自動特定技術の詳細化に関する研究
(財)ウエスコ学術振興財団: 研究費助成
研究期間: 2018年6月 - 2020年3月    代表者: 天嵜 聡介
自然言語処理を用いたソフトウェア要件管理技術に関する研究
(財)ウエスコ学術振興財団: 研究費助成
研究期間: 2018年6月 - 2019年3月    代表者: 天嵜 聡介
開発者間で個人差の出やすい特徴がソースコード品質へ及ぼす影響に関する実証的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 阿萬 裕久
他の組織で収集された情報を用いたソフトウェア不具合発見手法の性能評価法の確立と性能改善手法の開発
(財)ウエスコ学術振興財団: 研究費助成
研究期間: 2016年6月 - 2018年3月    代表者: 天嵜 聡介