NISHIOKA AKI

J-GLOBAL         Last updated: Apr 20, 2019 at 15:54
 
Avatar
Name
NISHIOKA AKI
Affiliation
Ritsumeikan University
Section
College of Letters, Communication Program
Job title
Associate Professor
Degree
Ph.D. (Arts and Sciences)(Ochanomizu University)
Other affiliation
Ritsumeikan University
Research funding number
70456276

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
Mar 1992
Hiroshima University High School, Fukuyama
 
 
 - 
Mar 1996
French Language and Literature Major, Department of Foreign Literature, Faculty of Letters and Education, Ochanomizu University
 
 
 - 
Mar 1998
Japanese Language and Culture Major, Faculty of Letters and Education , Ochanomizu University
 
 
 - 
Mar 2007
Comparative Studies of Cultures Program , Graduate School, Doctral Research Course in Human Culture, Ochanomizu University
 

Published Papers

 
〈聖なる〉響き――福永文学に共鳴するもの――
西岡亜紀
年報・福永武彦の世界(科学研究費補助金基盤研究C「昭和文学の結節点としての福永武彦―古事記からヌーヴォロマンまで」の年次報告集)   (創刊) 4-11   Mar 2010
Le point de vue du discours narratif dans L'Ile de la mort (Shi-no-shima) de Takehiko Fukunaga et André Gide:― sur la réception des Faux-Monnayeurs
NISHIOKA Aki
HIKAKU BUNGAKU Journal of Comparative Literature   51(0) 51-64   2009   [Refereed]
<p> Cette étude aborde la relation entre l'élaboration du point de vue du discours narratif dans L'Ile de la mort (Shi-no-shima) de Takehiko Fukunaga et celle d'André Gide dans les Faux-Monnayeurs, à travers une comparaison des deux ...
The search of new forms of novel in Island of the Dead (Shi-no-shima) of Takehiko Fukunaga
西岡 亜紀
大学院教育改革支援プログラム「日本文化研究の国際的情報伝達スキルの育成」活動報告書   19 267-273   Mar 2008
Baudelaire dans Enfance (Yônen) de Fukunaga Takehiko:- sur la réception de 《Correspondances》-
NISHIOKA Aki
HIKAKU BUNGAKU Journal of Comparative Literature   50(0) 108-121   2008   [Refereed]
<p> Enfance (Yônen, 1964) de Fukunaga Takehiko (1918-1979) est un roman qui fixe un motif original de cet auteur, la 《mémoire pure》(junsui-kioku) de sa prime enfance, conservée à l'état pur dans son esprit. Cette étude aborde la rela...
『忘却の河』における過去をめぐって ―忘れないことの意味
西岡亜紀
福永武彦研究   (6) 47-56   Aug 2001
On Structure of River of Forgetting : an Essay Concerning Method and Content
西岡 亜紀
言語文化と日本語教育   15 37-47   Jun 1998   [Refereed]
福永武彦(1918-79)の『忘却の河』(1964)は七つの章から成り、章ごとに別々の物語が異なる人物の視点から語られている。一つの物語では語られる側にいるものが、別の物語では語る側にいる。このように、章ごとに叙述の視点を違えるという構造は、登場人物の相対性を浮き彫りにし、同時に彼らの同質性を繰り返すという意味で、作品のテーマに応えるものでもある。本稿では、まず、このような小説の構造が、どのような経緯から形成されたのかを、福永の創作事情のなかに追う。さらに、こうした構造と作品のテーマとの関...

Misc

 
〈シンポジウム所感〉「生」への舵取り~『草の花』-『死の島』-Hiroshima mon amour ~
西岡亜紀
年報・福永武彦の世界(科学研究費補助金基盤研究C「昭和文学の結節点としての福永武彦―古事記からヌーヴォロマンまで」の年次報告集)   (2) 42-43   Mar 2011
<座談会>福永武彦から池澤夏樹へ 魂のリレー
池澤夏樹・田口耕平・岩津航・近藤圭一・西岡亜紀・山田兼士
年報・福永武彦の世界(科学研究費補助金基盤研究C「昭和文学の結節点としての福永武彦―古事記からヌーヴォロマンまで」の年次報告集)   (2) 45-69   Mar 2011
〈新刊紹介〉山本聡美・西山美香共編『九相図資料集成』(岩田書院2009)
西岡亜紀
国文学 解釈と鑑賞   179   Mar 2010   [Invited]
<書評>Makoto Kemmoku, Dominique Chipot,《Du rouge aux lèvres-Haïjins japonaises-》, La table ronde, 2008.
西岡亜紀
Cahier(日本フランス語フランス文学会)   (4) 29-31   Sep 2009   [Invited]
Bound by Blood : Female Pollution, Divinity, and Communityin Enchi Fumiko's Masks
Cornyetz Nina, Iwakabe Shigeru, Nishioka Aki
U.S.-Japan women's journal   22 94-119   Aug 1997   [Invited]

Books etc

 
坂巻康司編 (Part:Contributor, 147-183)
水声社   Feb 2016   ISBN:4801001513
井田太郎・藤巻和宏他 (Part:Contributor)
勉誠出版   Nov 2014   ISBN:4585220992
異文化の中の日本文学(アウリオン叢書11号)
海老根龍介・福田耕介他 (Part:Contributor)
弘学社   Jan 2013   ISBN:9784902964776
東信堂   Oct 2008   ISBN:488713858X

Conference Activities & Talks

 
『モスラ』における原始 vs. 文明 -文学(または文学者)の運命 [Invited]
第13回中村真一郎の会総会 シンポジウム「生誕100年 中村真一郎と福永武彦」   28 Apr 2018   
                         『かぐや姫の物語』における時間の表象 -20世紀小説との接点―
『高畑本』口頭発表会      16 Sep 2017   
世界文学のなかの「人間」――福永武彦の「ロマン」構想(パネル発表・セッションⅡ 『1946・文学的考察』における世界文学のプログラム
日本近代文学会2017年春季全国大会   27 May 2017   
【司会】 岩津航「フォンダーヌとヴォロンカ―二つの『ユリシーズ』をめぐって」 [Invited]
日本比較文学会関東支部9月例会   19 Sep 2015   
「個」を持った少女の憂愁ー『かぐや姫の物語』『おもひでぽろぽろ』など
特別企画映画監督高畑勲と語る「高畑勲の「世界」と「日本」」   1 Sep 2015   
福永武彦におけるボードレール―「規範」としてのフランス詩 [Invited]
近代日本におけるフランス象徴主義―受容・模倣・創造―   14 Mar 2015   
学生の既存の言語技能をフルに活用させるコミュニケーションスキルの育成―英語と国語/理論と実践― 
大学教育学会   1 Jun 2014   
スタジオジブリの出発点としてのアニメ『アルプスの少女ハイジ』 [Invited]
日本・スイス国交樹立150年記念 国際シンポジウム  シュピーリと「ハイジ」の世界   27 Mar 2014   
社会のなかの個人の死 ~福永武彦『独身者』と『死の島』をつなぐもの~ [Invited]
2013年度白百合女子大学大学院オムニバス授業「全体と部分ー文学・思想・美術」   27 Sep 2013   
La censure des médias au Japon dans les années 1940 - Les problèmes de traduction
The International Comparative Literature Association (ICLA) XXth Congress   24 Jul 2013   

Teaching Experience

 

Works

 
公開講演会「福永武彦と美術・音楽」(粟津則雄氏を招聘)の企画・運営
The Others   Oct 2011 - Oct 2011
民衆図像の洋の東西――ヨーロッパから東アジアへ――
The Others   Oct 2011 - Oct 2011
「民衆の図像展」を共同研究者と開催
The Others   Aug 2011 - Aug 2011
公開シンポジウム「詩人たちが読む福永武彦」(長田弘氏・阿部日奈子氏・小池昌代氏を招聘)の企画・運営
The Others   Jul 2010 - Jul 2010
公開シンポジウム「福永武彦の新しい可能性―20世紀文学を振り返る」(清水徹・菅野昭正を招聘)の企画・運営
The Others   Dec 2009 - Dec 2009