Ryo Ando

J-GLOBAL         Last updated: Sep 28, 2018 at 11:23
 
Avatar
Name
Ryo Ando
Affiliation
Tohoku University

Published Papers

 
安藤 亮, 伊勢 一哉, 遠藤 尚文
日本小児外科学会雑誌   54(2) 268-272   Apr 2018
症例は2歳2ヵ月男児。腸重積症の診断で空気による非観血的整復を施行した。容易に整復は可能であったが、5日間で5回の再発を繰り返したため、腹腔鏡下回盲部固定術を施行した。盲腸を右腹壁に固定した後、回腸末端を上行結腸に固定した。術後経過は良好で3病日に退院した。術後1年7ヵ月で再発は認めていない。短期間に再発を繰り返す腸重積症に対しては腹腔鏡下回盲部固定術も治療の選択の一つとして考えられる。(著者抄録)
Ando R, Shima H, Tamahara T, Sato Y, Watanabe-Matsui M, Kato H, Sax N, Motohashi H, Taguchi K, Yamamoto M, Nio M, Maeda T, Ochiai K, Muto A, Igarashi K
The Journal of biological chemistry   291(4) 1826-1840   Jan 2016   [Refereed]