Daisuke KORENAGA

J-GLOBAL         Last updated: Oct 18, 2018 at 15:19
 
Avatar
Name
Daisuke KORENAGA
Affiliation
Hiroshima Shudo University
Section
Law School
Job title
Associate Professor
Research funding number
10610537

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
2001
Graduate School, Division of Law, Keio University
 

Misc

 
伊永 大輔
日本経済法学会年報   (38) 90-110   2017
伊永 大輔
日本経済法学会年報   (35) 11-27   2014
Daisuke KORENAGA
修道法学   36(2) 39-63   Feb 2014
伊永 大輔
法學研究 : 法律・政治・社会   87(6) 74-93   Jun 2014
特別記事 : 平成二十五年度慶應法学会シンポジウム EUの政治・経済秩序一 はじめに二 欧州委員会における制裁金算定の方法 (1)算定率の水準とその考慮要素 (2)違反行為期間とエントリーフィー (3)加算事由 (4)減算事由 (5)最終的な調整要因三 「売上額」概念をめぐる諸論点と我が国の課徴金制度 (1)商品範囲から見た関連売上額の概念 (2)管轄域内における関連売上額の概念 (3)算定対象となる売上額の時間的概念四 おわりに
伊永 大輔
法学研究   80巻(12号) 563-593   Dec 2007
加藤久雄教授退職記念号一 はじめに二 反トラスト法における国際礼譲の受容と限界 (一) 国際礼譲の概念化とその多義性 (二) 反トラスト法における礼譲概念の受容 (三) 国際カルテルに対する域外適用と国家管轄権の牴触三 礼譲概念の規範化と国際的執行協力上の意義 (一) 司法上の礼譲分析の後退 (二) 競争法における執行協力の現代的意義 (三) 国際的執行における二国間協定の可能性四 結語
Daisuke KORENAGA
修道法学   36(2) 39-63   Feb 2014
伊永大輔
患者のための医療   (8) 118-121   Feb 2004
医療消費者のための表示規制 インターネット上の医療情報と景品表示法
伊永 大輔
患者のための医療   (10) 94-96   Feb 2005

Works

 
Research on the Paticipatory Evaluation on Public Interest
2001

Research Grants & Projects

 
Study on Sanction and Enforcement as the Jurisprudential Tooth
Study on Paticipatory Evaluation on Public Interest