太田茜

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/09 12:47
 
アバター
研究者氏名
太田茜
 
オオタ アカネ
URL
http://kuharan.com/member/ohta.html
所属
甲南大学大学院
部署
自然科学研究科
職名
特別研究員
学位
博士(医学)(名古屋大学)
その他の所属
日本学術振興会

プロフィール

動物は環境変化に応じて、体内環境を適切に変容させることで生存や繁栄することができます。これまでに、温度に対する動物の応答に関して、分子遺伝学的な解析を進めてきました。具体的には、動物がどのように温度を感知するのか、そしてどのように過去の温度情報を記憶し、適応するのかを解き明かすために、線虫C. elegansの温度に対する応答である低温耐性・馴化を実験モデルとして解析してきました。この新しい実験系から次々と新しいことが見つかってきております。線虫は小さなモデル動物ですが、ホットな研究に繋がればと思います。

研究分野

 
 

経歴

 
2019年
 - 
現在
日本学術振興会 特別研究員RPD / 甲南大学特別研究員(兼任)
 
2016年
 - 
2019年
日本学術振興会 特別研究員PD / 甲南大学特別研究員(兼任)
 
2014年
 - 
2016年
日本学術振興会 特別研究員RPD / 甲南大学特別研究員(兼任)
 
2011年
 - 
2014年
甲南大学大学院自然科学研究科 科研研究員
 
2009年
 - 
2011年
日本学術振興会 特別研究員DC2
 
2005年
 - 
2008年
藤田保健衛生大学 医学部 21世紀COE 研究員
 
2003年
 - 
2005年
株式会社ダイナコム SNP解析ソフトプログラマー
 

学歴

 
2008年
 - 
2011年
名古屋大学大学院  医学研究科 博士後期課程 博士(医学)
 
2001年
 - 
2003年
名古屋大学大学院  理学研究科 博士前期課程
 
1997年
 - 
2001年
名古屋大学 理学部 生命理学科
 

受賞

 
2017年
守田科学研究奨励賞
 
2016年
日本動物学会女性研究者奨励OM賞
 
2015年
資生堂女性研究者サイエンスグラント
 
2014年
日本遺伝学会Bestペーパー賞(2014, 2017)
 
2008年
名古屋大学 学術奨励賞
 

論文

 
Endoribonuclease ENDU-2 regulates multiple traits including cold tolerance via cell autonomous and nonautonomous controls in C. elegans
Ujisawa T., Ohta A.*, Ii T., Minakuchi Y., Toyoda A., Ii M., Kuhara A.
PNAS      2018年8月   [査読有り]
Sperm affects head sensory neuron in temperature tolerance of Caenorhabditis elegans
Sonoda S., Ohta, A.*, Maruo, A., Ujisawa T., Kuhara, A.
Cell Reports   16(1) 56-65   2016年   [査読有り]
Diverse Regulation of Temperature Sensation by Trimeric G-Protein Signaling in Caenorhabditis elegans.
Ujisawa, T., Ohta, A.*, Uda-Yagi, M., Kuhara A
PLOS ONE   11(10) 1-20   2016年   [査読有り]
Natural variations of cold tolerance and temperature acclimation in Caenorhabditis elegans
Okahata M., Ohta, A.*, Mizutani, H., Minakuchi, Y., Toyoda, A., Kuhara, A.
Journal of Comparative Physiology B   186(8) 985-998   2016年   [査読有り]
A Caenorhabditis elegans homolog of Prox1/Prospero is expressed in the glia and is required for sensory behavior and cold tolerance.
Kage-Nakadai E., Ohta, A., Ujisawa T., Sun S., Nishikawa Y., Kuhara A., Mitani S.
Genes to Cells   21(9) 936-948   2016年   [査読有り]
Light and pheromone-sensing neuron regulates cold habituation through insulin signaling in C. elegans
Ohta, A.*, Ujisawa T., Sonoda S., Kuhara, A.
Nature commun.   5(4412) 1-12   2014年6月   [査読有り]
Long-term calcium imaging of ASJ sensoryneuron controlling cold tolerance in C. elegans
Ujisawa T., Ohta, A.*, Kuhara, A.
Protocol Exchange      2014年
Cold tolerance assay for studying cultivation-temperature-dependent cold habituation in C. elegans
Ujisawa T., Ohta, A.*, Okahata M., Sonoda S., Kuhara, A.
Protocol Exchange      2014年
Molecular mechanism for trimeric G protein-coupled thermosensation and synaptic regulation in the temperature response circuit of Caenorhabditis elegans
Ohta, A. & Kuhara, A.
Neuroscience Research   76(3) 119-124   2013年   [査読有り]
Development of a human herpesvirus 6 virus species-specific immunoblotting assay
Higashimoto Y., Ohta A., Nishiyama Y., Ihira M., Sugata K., Asano Y., Peterson DL., Ablashi DV., Lusso P., Yoshikawa T.
Journal of Clinical Microbiology      2012年   [査読有り]
Mitochondria and viruses
Ohta A., Nishiyama Y.
Mitochondrion   11(1) 1-12   2011年   [査読有り][招待有り]
Novel and conserved protein TTX-8/Macoilin is required for diverse neuronal functions in C. elegans
Miyara, A., Ohta A., Okochi, Y., Tsukada, Y., Kuhara, A., Mori, I.
PLoS Genetics   7(5)    2011年   [査読有り]
Herpes simplex virus type 1 UL14 tegument protein regulates intracellular compartmentalization of major tegument protein VP16
Ohta A., Yamauchi Y., Muto Y., Kimura H., Nishiyama Y.
Virology Journal   8(365)    2011年   [査読有り]
Recombinant human monoclonal antibodies to human cytomegalovirus glycoprotein B neutralize virus in a complement-dependent manner
Ohta A, Fujita A, Murayama T, Iba Y, Kurosawa Y, Yoshikawa T, Asano Y.
Microbes and Infection   11(13) 1029-1036   2009年   [査読有り]
Discriminating between varicella-zoster virus vaccine and wild-type strains by loop-mediated isothermal amplification
Higashimoto Y, Ihira M, Ohta A, Inoue S, Usui C, Asano Y, Yoshikawa T.
Journal of Clinical Microbiology   46(8) 2665-2670   2008年   [査読有り]
Loop-mediated isothermal amplification for discriminating between human herpesvirus 6 A and B
Ihira M, Ohta A, Sugata K, Suga S, Asano Y, Yoshikawa T.
Journal of Virological Methods   154(1-2) 223-225   2008年   [査読有り]
Diverse regulation of sensory signaling by C. elegans nPKC-epsilon/eta TTX-4
Okochi Y, Kimura KD, Ohta A, Mori I.
EMBO Journal   24(12) 2127-2137   2005年   [査読有り]
Molecular and Cellular Network Systems Underlying Cold Tolerance of Caenorhabditis elegans
Ohnishi K., Takagaki N., Okahata M., Fujita M., Ohta A., Kuhara A.
Cryobiology and Cryotechnology      [査読有り][招待有り]
Temperature response in cold tolerance of C. elegans
Kuhara A. and Ohta A.
IMPACT      [査読有り][招待有り]
低温耐性を司る組織ネットワーク
藤田茉優、大西康平、太田茜、久原篤
月刊「細胞」   50(9) 8(464)-11(467)   2018年   [査読有り]
線虫感覚受容器のグリアーニューロン相互作用と低温耐性
中台(鹿毛)枝里子、太田茜、宇治澤知代、孫思墨、西川禎一、久原篤、三谷昌平
月刊「細胞」   50(9) 24(480)-27(483)   2018年   [査読有り]
線虫 Caenorhabditis elegans の温度適応を制御する神経と腸を介した情報処理
久原篤、宇治澤知代、太田茜
比較生理生化学   32(2) 67-75   2015年   [査読有り]

書籍等出版物

 
匂いに慣れたらどうなるの?センチュウの匂い順応テスト:嗅覚順応行動の測定
太田茜、園田悟、久原篤 (担当:分担執筆, 範囲:研究者が教える動物実験 第1巻 感覚,p42-45)
共立出版 比較生理生化学会編   2015年   
緑色にキラリと光る細胞を見てみよう 緑色蛍光タンパク質GFPによる神経細胞の観察
久原篤、太田茜 (担当:分担執筆, 範囲:研究者が教える動物実験 第2巻 神経・筋,p20-23)
共立出版 比較生理生化学会編   2015年   
好きなにおいに向かっていく行動を見てみよう センチュウの走化性テスト:嗅覚応答行動の測定
太田茜、園田悟、久原篤 (担当:分担執筆, 範囲:研究者が教える動物実験 第3巻 行動,p32-35)
共立出版 比較生理生化学会編   2015年   
好きな温度に向かう行動を調べよう センチュウの温度走性テスト:温度応答行動の測定
久原篤、太田茜 (担当:分担執筆, 範囲:研究者が教える動物実験 第3巻 行動,p36-39)
共立出版 比較生理生化学会編   2015年   
遺伝子の突然変異のDNAを見てみよう PCR法と制限酵素による突然変異部位の可視化
太田茜、園田悟、久原篤 (担当:分担執筆, 範囲:研究者が教える動物実験 第3巻 行動,p40-43)
共立出版 比較生理生化学会編   2015年   

担当経験のある科目