基本情報

所属
芝浦工業大学 教育イノベーション推進センター 教授
学位
工学博士(東京大学)
工学修士(東京大学)
工学学士(東京大学)

J-GLOBAL ID
201101095045286514

新井民夫は自動組立システムに関する先駆的な研究とサービス工学の提唱者として知られている。1977年東京大学博士課程修了、組立作業の解析で工学博士を取得した。複数移動ロボットの群制御、RoboCupにおける協調動作において高い評価を得た。生産技術研究では一貫して組立システム開発に取組み、ホロニック自律分散生産システムやロボットと人間の協調によるセル生産を実現した。2000年より東京大学人工物工学研究センター長としてサービス工学を提唱し、サービスCADを開発した。2008~10年精密工学会会長。2012年に東京大学定年退職、名誉教授。現在、芝浦工業大学教授。国際廃炉研究開発機構副理事長、日本学術会議会員、サービス学会会長。

共同研究・競争的資金等の研究課題

  9

産業財産権

  12