基本情報

所属
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
学位
理学博士(早稲田大学)

J-GLOBAL ID
200901013611388570

【個人で行っている研究テーマ紹介】

 私の研究テーマは、数理視覚科学、AI(人工知能)、調和解析学、アート、画像処理、教育といった分野の融合的研究です。本研究は、文理というだけでなく、数理に根差した文理芸そして教育の融合研究です。特に数理視覚科学は私が作っている分野で、したがって、本研究は他では見ることのできない研究とも言えます。 

【詳しく】

この十数年、数学は新たな展開を見せています。それは数学の科学・技術・産業・芸術への応用です。私は特に脳と視知覚について先端的な数学を使った数理視覚科学とその応用を研究しています。「脳」は現代科学のファイナル・フロンティアの一つです。私の研究テーマは、脳の中の視覚に関する部分の数理モデルの構築、人の視覚を超える「超視覚システム」の開発、画像処理、視覚芸術への応用、人工知能(AI)との相互関連などです。また同時にこれらの基盤となる数学そのものも創り研究しています。  知覚心理学も関係するので、その意味で文理芸の融合型研究の側面も色濃くあります。  新井仁之研究室での学習・研究を、科学・技術・産業・芸術への活用は勿論のこと、数学教育の現場でも役立たせることを期待してます。

 新井仁之研究概要新井仁之の研究概略図

 

【参考サイト】

プロフィール:http://www.araiweb.matrix.jp/profile.html

個人のホームぺージ:http://www.araiweb.matrix.jp/

特に錯視関係⇩

ITmedia NEWS 連載『コンピュータで"錯視"の謎に迫る』:https://www.itmedia.co.jp/news/series/6504/

著書、論文、口頭発表その他はログインするとご覧いただけます。


産業財産権

  16

共同研究・競争的資金等の研究課題

  12