荒木仁志

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/04 14:15
 
アバター
研究者氏名
荒木仁志
eメール
arakihres.agr.hokudai.ac.jp
URL
http://lab.agr.hokudai.ac.jp/animalecology/
所属
北海道大学
部署
農学研究院
職名
教授
学位
博士(理学)(九州大学)
その他の所属
動物生態学研究室

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
北海道大学大学院 農学研究院 環境資源学部門 教授
 
2008年1月
 - 
2013年3月
スイス水圏科学技術研究所 魚類生態進化学科 グループリーダー
 
2004年7月
 - 
2007年12月
オレゴン州立大学 動物学科 ポストドクトラル・リサーチアソシエイト
 
2001年4月
 - 
2004年6月
シカゴ大学 生態進化学科 ポストドクトラル・フェロー
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2001年3月
九州大学 大学院 医学系研究科 分子生命科学専攻 
 
1995年4月
 - 
1997年3月
九州大学 大学院 理学研究科 分子集団遺伝学専攻 
 
1991年4月
 - 
1995年3月
九州大学 理学部 生物学科
 

委員歴

 
2018年8月
 - 
現在
日本進化学会  国内渉外幹事
 
2018年1月
 - 
現在
環境DNA学会  理事
 
2016年12月
 - 
現在
サケ学研究会  幹事
 
2016年4月
 - 
現在
日本生態学会  北海道地区会役員
 
2014年1月
 - 
2018年8月
日本進化学会  編集幹事
 

受賞

 
2007年
日本進化学会 研究奨励賞
 

論文

 
Castellani M, Heino M, Gilbey J, Araki H, Svåsand T, Glover KA
Evolutionary applications   11(6) 1010-1025   2018年7月   [査読有り]
Mizumoto Hiroki, Urabe Hirokazu, Kanbe Takashi, Fukushima Michio, Araki Hitoshi
LIMNOLOGY   19(2) 219-227   2018年4月   [査読有り]
Glover Kevin A., Solberg Monica F., McGinnity Phil, Hindar Kjetil, Verspoor Eric, Coulson Mark W., Hansen Michael M., Araki Hitoshi, Skaala Oystein, Svasand Terje
FISH AND FISHERIES   18(5) 890-927   2017年9月   [査読有り]
Miyamoto Kouta, Squires Theodore E., Araki Hitoshi
MARINE AND FRESHWATER RESEARCH   69(3) 446-454   2018年   [査読有り]
Mimura M, Yahara T, Faith DP, Vázquez-Domínguez E, Colautti RI, Araki H, Javadi F, Núñez-Farfán J, Mori AS, Zhou S, Hollingsworth PM, Neaves LE, Fukano Y, Smith GF, Sato YI, Tachida H, Hendry AP
Evolutionary applications   10(2) 121-139   2017年2月   [査読有り]
Turcotte MM, Araki H, Karp DS, Poveda K, Whitehead SR
Philosophical transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological sciences   372(1712)    2017年1月   [査読有り]
Yamamoto S, Masuda R, Sato Y, Sado T, Araki H, Kondoh M, Minamoto T, Miya M
Scientific reports   7 40368   2017年1月   [査読有り]
Kouta Miyamoto, Kouta Miyamoto, Hitoshi Araki
Fisheries Science   83(2) 1-6   2016年12月   [査読有り]
© 2016 Japanese Society of Fisheries SciencePredation after release is one of the major concerns of hatchery fish propagation. However, size-specific interaction between predator and prey on the survival of hatchery-released salmonid fish is large...
Yamamoto S, Minami K, Fukaya K, Takahashi K, Sawada H, Murakami H, Tsuji S, Hashizume H, Kubonaga S, Horiuchi T, Hongo M, Nishida J, Okugawa Y, Fujiwara A, Fukuda M, Hidaka S, Suzuki KW, Miya M, Araki H, Yamanaka H, Maruyama A, Miyashita K, Masuda R, Minamoto T, Kondoh M
PloS one   11(4) e0153291   2016年4月   [査読有り]
Matsumoto T, Mineta K, Osada N, Araki H
Frontiers in genetics   6(NOV)    2015年11月   [査読有り]
Yamamoto S, Minami K, Fukaya K, Takahashi K, Sawada H, Murakami H, Tsuji S, Hashizume H, Kubonaga S, Horiuchi T, Hongo M, Nishida J, Okugawa Y, Fujiwara A, Fukuda M, Hidaka S, Suzuki KW, Miya M, Araki H, Yamanaka H, Maruyama A, Miyashita K, Masuda R, Minamoto T, Kondoh M
PloS one   11(3)    2016年3月   [査読有り]
Castellani M, Heino M, Gilbey J, Araki H, Svåsand T, Glover KA
PloS one   10(9)    2015年9月   [査読有り]
Mineta K, Matsumoto T, Osada N, Araki H
Gene   562(1) 16-21   2015年5月   [査読有り]
Wang L, Si W, Yao Y, Tian D, Araki H, Yang S
PloS one   7(12)    2012年12月   [査読有り]
Bezault E, Balaresque P, Toguyeni A, Fermon Y, Araki H, Baroiller JF, Rognon X
BMC genetics   12 102   2011年12月   [査読有り]
Yue JX, Li J, Wang D, Araki H, Tian D, Yang S
BMC plant biology   10    2010年11月   [査読有り]
Wang WK, Ho CW, Hung KH, Wang KH, Huang CC, Araki H, Hwang CC, Hsu TW, Osada N, Chiang TY
The New phytologist   188(2) 488-500   2010年10月   [査読有り]
Gu T, Tan S, Gou X, Araki H, Tian D
Genetics   186(3) 1077-1084   2010年11月   [査読有り]
Blouin Michael S., Thuillier Virginie, Cooper Becky, Amarasinghe Vindhya, Cluzel Laura, Araki Hitoshi, Grunau Christoph
CANADIAN JOURNAL OF FISHERIES AND AQUATIC SCIENCES   67(2) 217-224   2010年2月   [査読有り]

Misc

 
荒木仁志, 水本寛基
Salmon情報   (12) 27‐28   2018年3月
荒木仁志, 水本寛基
海洋と生物   40(1) 35‐39   2018年2月
水本寛基, 荒木仁志, 宮正樹
日本生態学会大会講演要旨(Web)   65th ROMBUNNO.F01‐10 (WEB ONLY)   2018年
水本寛基, 荒木仁志, 宮正樹
水産海洋研究   81(4) 308   2017年11月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 荒木 仁志
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 荒木 仁志