サルカル アラニ

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/04 15:57
 
アバター
研究者氏名
サルカル アラニ

論文

 
サルカール アラニ モハメッド レザ
帝京大学教育学部紀要 = Journal of the Faculty of Education, Teikyo University   (2) 171-185   2014年3月
サルカール アラニ モハメッド レザ
中等教育研究部紀要   2 3-30   2010年3月
MOHAMMED mad Reza Sarkar Arani, FUKAYA Keisuke, LASSEGARD James P.
Nichibunken Japan review : Journal of the International Research Center for Japanese Studies   (22) 171-200   2010年1月
Th is research examines "lesson study" as a traditional model of creating professional knowledge in schools. "Lesson study," typically defi ned as teachers' classroom based collaborative research, has a long history in Japan as a shared profession...
的場 正美, サルカール アラニ モハメッド レザ, 花崎 恵理, 伊藤 久仁香, 白山 真澄, 可児 美佐子, Matoba Masami, Sarkar Arani Mohammad Reza, Hanasaki Eri, Ito Kunika, Shiroyama Masumi, Kani Misako
中等教育研究センター紀要   5 51-68   2006年3月
This paper examines current trends and challenges of Jugyou Kenkyuu (Lesson Study) in the United States. The objective is to examine what "American teachers" can learn from Japanese approach to improving teaching and enhancing learning, especially...

Misc

 
サルカール アラニ モハメッド レザ
中等教育研究部紀要   (4) 9-36   2012年3月
サルカール アラニ モハメッド レザ, アラガマンダン ジャファ, トウラニ ヘイダル, Sarkar Arani Mohammad Reza, Alagamandan Jafar, Tourani Heidar
名古屋高等教育研究   (6) 195-214   2006年3月
人的資源の開発をねらいとする「現職学習」(work-based learning)モデルは、今日大きな関心を集めており、近年では高等教育の分野において重要性を増しつつある。現職学習は、教育行政官や管理職およびカリキュラム開発者が、その意思決定の質や行動の体質を改善するのに大いに役立つ方法である。本稿では、ある現職学習プロジェクトとその研修モデルの実践事例を紹介する。このプロジェクトは、イラン教育省の教育研究計画局に勤務する24人の教育行政官とカリキュラム開発者の職業能力開発を目的としており...
Sarkar Arani Mohammad Reza, 深谷 圭助, Lassegard James P.
Nichibunken Japan review   (22) 171-200   2010年
サルカール アラニ モハメッド レザ
中等教育研究部紀要   (3) 5-42   2011年3月
Sarkar Arani Mohammad R., Alagamandan Jafar, Tourani Heidar
名古屋高等教育研究   (6) 195-214   2006年3月

講演・口頭発表等

 
播 良夫, 伊藤 茜, 槇口 馨, Sarkar Arani Mohammad Reza, 大野 栄三
北海道大学教職課程年報   2017年3月1日