IWAKAWA Arisa

J-GLOBAL         Last updated: Nov 29, 2019 at 02:52
 
Avatar
Name
IWAKAWA Arisa
URL
http://arisa-iwakawa.jimdo.com/
Affiliation
Hosei University
Section
Faculty of Intercultural Communication, Department of Intercultural Communication
Job title
Lecturer
Research funding number
10761405

Profile

専攻は、現代日本文学、クィア・スタディーズ、トラウマ研究。多和田葉子、大江健三郎などの作品を中心に、傷ついた経験をいかに語るのか、社会や言語、歴史との関わりにおいて研究しています。Feminist,Queer。
◆連絡先→http://bit.ly/1cMBOvl プロフィール写真は小宮山裕さんです。

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
Mar 2017
言語情報科学専攻, 総合文化研究科, 東京大学
 

Awards & Honors

 
Nov 2017
第1回立教大学教育活動特別賞受賞, 立教大学
 

Published Papers

 
岩川 ありさ, IWAKAWA Arisa
JunCture : 超域的日本文化研究   (10) 8-17   Mar 2019
前未来形の文学―小野正嗣『獅子渡り鼻』論
現代思想   47(3) 277-288   Feb 2019   [Invited]
名前の贈り物—『いとしの猫っ毛』シリーズをめぐって
ユリイカ   50(16) 219-225   Dec 2018   [Invited]
変わり身せよ、無名のもの―多和田葉子『献灯使』論
岩川ありさ
すばる   40(4) 164-173   Mar 2018   [Invited]

Misc

 
吉本ばななインタビュー「32年目の名人芸」
聞き手・インタビュアー
ユリイカ   51(2) 26-45   Feb 2019
大竹 昭子, 清水 良典, 岩川 ありさ
群像   74(1) 334-350   Jan 2019
大竹 昭子, 清水 良典, 岩川 ありさ
群像   73(11) 352-367   Nov 2018
「自分と対話すること」(書評・李琴峰『独り舞』)
岩川ありさ
群像   73(5) 312-313   Apr 2018   [Invited]

Books etc

 
午前四時のブルーⅡ 夜、その明るさ
小林康夫
水声社   Jan 2019   
『トラウマ研究論集第1巻 トラウマを生きる』
岩川ありさ (Part:Joint Work, クィアな記憶の継承―森井良「ミックスルーム」論)
京都大学学術出版会   Nov 2018   
『文学研究から現代日本の批評を考える―批評・小説・ポップカルチャーをめぐって』
岩川ありさ (Part:Joint Work, ポピュラー・カルチャーと歴史認識―清家雪子「月に吠えらんねえ」における裂け目)
ひつじ書房   Apr 2017   
谷崎潤一郎読本
五味渕典嗣・日高佳紀編・岩川ありさ (Part:Joint Work, クィア作家としての谷崎潤一郎)
翰林書房   Dec 2016   ISBN:4877374086
押野武志編著 岩川ありさ (Part:Joint Work, pixivという未来―「クィア・アダプテーション」としての二次創作」)
北海道大学出版会   Apr 2015   ISBN:9784832933897

Conference Activities & Talks

 
前未来形の文学―「近代文学研究」は誰の生にとって重要であるのか [Invited]
荒木優太、河野至恩、和田敦彦(ディスカッサント)
近代文学研究を縛るもの―制度の中の〈正当〉を問う   25 May 2019   日本近代文学会
"思い込み"から抜け出そう!LGBTと多様な社会を考える [Invited]
渡辺大輔・岩川ありさ
アムネスティ・インターナショナル日本総会   11 Mar 2017   
マンガから読み解く女(ひと)と男(ひと)・社会の変化 [Invited]
岩川ありさ
やまなし男(ひと)と女(ひと)とのフォーラム   18 Jun 2016   
魔術的リアリズムについて [Invited]
小林康夫、西山雄二、國分功一郎、大池惣太郎、森元庸介、佐藤朋子、西山達也、柳澤田実、岩川ありさ、橋本悟、デンニッツァ・ガブラコヴァ、金杭、王前、星野太、平倉圭、大橋完太郎、森田團
UTCPシンポジウム「新たな普遍性をもとめて―小林康夫との対話」   24 Jan 2015   
「朗読、笑い、お話——反対運動におけるユーモアの住処としての身体と言語」
多和田葉子、岩川ありさ
B&B   Nov 2014   

Research Grants & Projects

 
「現代日本文学における精神的外傷と記憶の研究―女性と性的少数者の問題を中心に」
日本学術振興会科学研究費助成事業(科学研究費補助金): 特別研究員奨励費
Project Year: Apr 2013 - Mar 2015    Investigator(s): 岩川ありさ
「現代日本文学におけるトラウマとジェンダー」
日本女性学会: 少額支援
Project Year: 2012       Investigator(s): 岩川ありさ
「クィア化された『被傷性』の比較文化的研究」
東京大学・グローバル・スタディーズ・プログラム: アメリカ・サンフランシスコでの調査
Project Year: Sep 2012       Investigator(s): 岩川ありさ