朝隈 光弘

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/24 21:15
 
アバター
研究者氏名
朝隈 光弘
eメール
sur105osaka-med.ac.jp
所属
大阪医科大学
科研費研究者番号
40559390

論文

 
Asakuma M, Komeda K, Yamamoto M, Shimizu T, Iida R, Taniguchi K, Inoue Y, Hirokawa F, Hayashi M, Okuda J, Kondo Y, Uchiyama K
Surgical innovation   1553350618797619   2018年9月   [査読有り]
Taniguchi K, Iida R, Ota K, Asakuma M, Uchiyama K, Takasu A
Medicine   97(13) e0269   2018年3月   [査読有り]
Span-1 and CA19-9 as Predictors of Early Recurrence and Lymph Node Metastasis for Patients with Invasive Pancreatic Cancer after Pancreatectomy.
Shimizu T, Asakuma M, Tomioka A, Inoue Y, Hirokawa F, Hayashi M, Uchiyama K
The American surgeon   84(1) 109-113   2018年1月   [査読有り]
Inoue Y, Asakuma M, Hirokawa F, Hayashi M, Shimizu T, Uchiyama K
Wideochirurgia i inne techniki maloinwazyjne = Videosurgery and other miniinvasive techniques   12(4) 357-365   2017年12月   [査読有り]
[REDUCED-PORT SURGERY].
Asakuma M, Uchiyama K
Nihon Geka Gakkai zasshi   117(5) 364-369   2016年9月   [査読有り]

Misc

 
IMV first approach腹腔鏡下膵体尾部切除術
朝隈 光弘, 清水 徹之介, 井上 善博, 廣川 文鋭, 林 道廣, 内山 和久
膵臓   33(3) 638-638   2018年5月
朝隈 光弘, 清水 徹之介, 井上 善博, 廣川 文鋭, 林 道廣, 内山 和久
手術   72(4) 553-559   2018年3月
腹腔鏡下膵体尾部切除術の定型化、特に術野展開の点から
朝隈 光弘, 清水 徹之介, 井上 善博, 廣川 文鋭, 林 道廣, 内山 和久
日本内視鏡外科学会雑誌   22(7) EP164-10   2017年12月
単孔式胆嚢摘出術の実際 他領域へのAdvanced Reduced Port Surgeryへむけて
朝隈 光弘, 飯田 亮, 谷口 高平, 井上 善博, 清水 徹之介, 廣川 文鋭, 林 道廣, 内山 和久
日本消化器外科学会総会   72回 RS3-169   2017年7月
機能温存腹腔鏡下膵切除術の定型化に向けた取り組み 膵実質温存よりも腹壁破壊の減少を目指した腹腔鏡下膵切除術の定型化
朝隈 光弘, 清水 徹之介, 井上 善博, 廣川 文鋭, 林 道廣, 内山 和久
日本内視鏡外科学会雑誌   21(7) PD3-6   2016年12月

競争的資金等の研究課題

 
次世代を担う単孔式腹腔鏡手術で用いる新規ポートの開発
経済産業省: 医工連携事業化推進事業(現AMED)
研究期間: 2012年1月 - 2014年12月    代表者: 朝隈 光弘

特許

 
特許第6311146号 : 単孔式腹腔鏡用装置
朝隈 光弘