MISC

2018年5月20日

腸炎における腸上皮細胞のオートファジーの役割

潰瘍
  • 柿本一城
  • ,
  • 窪田美紀
  • ,
  • 中沢啓
  • ,
  • 平田有基
  • ,
  • 太田和寛
  • ,
  • 坂中太輔
  • ,
  • 川上研
  • ,
  • 竹内利寿
  • ,
  • 中川孝俊
  • ,
  • 朝日通雄
  • ,
  • 樋口和秀

45
開始ページ
64‐66
終了ページ
66
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
(一社)日本潰瘍学会

腸上皮細胞におけるオートファジーと炎症との関連を明らかにするため、腸上皮細胞特異的にATG5をノックアウトしたマウスを用い、腸炎における腸上皮細胞のオートファジーの役割について検討した。さらにオートファジーが炎症に関わる機序を明らかにするため、ATG5をノックダウンした小腸上皮細胞を用いて検討した。ATG5 flox/+ではWTマウスと同程度の体重減少であったが、ATG5 flox/floxではwild typeと比較して体重減少が有意に増悪し、腸管長は有意に短縮した。オートファジーの抑制が腸上皮細胞に与える影響について検討するため、ラット小腸上皮細胞株IEC-6とAtg5をノックダウンしたIEC6shAtg5に過酸化水素水(H2O2)を添加してcell viabilityを測定したところ、IEC-6と比較してshAtg5IEC-6ではcell viabilityがH2O2濃度依存的に著明に低下した。また、IEC6shAtg5における炎症性サイトカイン遺伝子の発現をRT-PCR法で測定したところ、IEC-6と比較して炎症性サイトカイン遺伝子の発現が著明に上昇した。細胞内転写因子であるNF-κB p65のリン酸化をwestern blottingにて検討したところ、IEC6shAtg5ではIEC-6と比較してNF-κB p65のリン酸化が著明に亢進していた。

リンク情報
J-GLOBAL
https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201802262075098508
ID情報
  • ISSN : 2189-7956
  • 医中誌Web ID : 2018374660
  • J-Global ID : 201802262075098508

エクスポート
BibTeX RIS