朝倉 友海

J-GLOBALへ         更新日: 18/01/16 23:24
 
アバター
研究者氏名
朝倉 友海
 
アサクラ トモミ
eメール
asak_tmyahoo.co.jp
所属
神戸市外国語大学
部署
外国語学部
職名
准教授
学位
博士(文学)(東京大学)

プロフィール

研究分野は以下の通り:

一、概念の理論
私たちを根底から規定し続ける思考の枠組みを、特異性=個別性をめぐる概念の理論を中心として解明しています。
 参考:『概念と個別性 スピノザ哲学研究』(東信堂、2012年)

二、意味変化の理論
数理・生命科学の発展を背景とした自然哲学の構築に向けて、出来事と意味の変化に着目した生命理解を進めています。

三、東アジア的形而上学
西田幾多郎の「場所的論理」と牟宗三の「仏教的存在論」に代表される東アジア的形而上学がもつ「存在-場所-論的構成」を解明しています。
 参考:『「東アジアに哲学はない」のか 京都学派と新儒家』(岩波書店、2014年)

研究分野

 
 

書籍等出版物

 
朝倉 友海
岩波書店   2014年6月   ISBN:4000291378
朝倉 友海
東信堂   2012年3月   ISBN:4798901105
松永 澄夫 (監修),‎ 渡辺 誠 (編集),‎ 木田 直人 (編集) (担当:分担執筆, 範囲:意味はいかに到来するか 朝倉友海による第七の異議 pp. 287-306)
中央公論新社   2017年11月   ISBN:4120050289
上野修・米虫正巳・近藤和敬(編) (担当:分担執筆, 範囲:ドゥルーズにとってのスピノザ 『エチカ』の意味論的解釈をめぐって pp. 343-364)
以文社   2017年2月   ISBN:4753103382
蔡振豐・林永强・張政遠(編) (担当:分担執筆, 範囲:第五章 「存有-場所-論的」結構中之人格概念 pp.151-172)
國立臺灣大學出版中心   2015年12月   ISBN:9789863501244

論文

 
朝倉 友海
Chul Hak Sa Sang (哲学思想)   62 3-26   2016年11月   [招待有り]
朝倉 友海
学術月刊   48(3) 13-20   2016年3月   [査読有り]
朝倉 友海
流砂   (10) 118-132   2016年2月   [招待有り]
朝倉 友海
西田哲学会年報   (12) 151-165   2015年7月   [査読有り]
朝倉 友海
Taiwan Journal of East Asian Studies   12(1) 41-63   2015年6月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
朝倉 友海
京都ユダヤ思想学会   2017年12月   慶應義塾大学
朝倉 友海
RIMS共同研究「数学史の研究」   2017年9月   京都大学・数理解析研究所
朝倉 友海
International Association of Japanese Philosophy   2017年7月   國立臺灣師範大學
朝倉 友海
近代日本哲學與東亞   2016年11月   國立臺灣大學
朝倉 友海
渦の特徴付け   2016年7月   北海道大学・理学部

Misc

 
朝倉 友海
『リクール読本』法政大学出版会   272-280   2016年7月   [依頼有り]

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
神戸市外国語大学 外国語学部 准教授(哲学)
 
2012年4月
 - 
2017年3月
北海道教育大学 教育学部 准教授(釧路校・哲学)
 
2010年4月
 - 
2012年3月
東京大学 大学院人文社会系研究科 助教(哲学研究室)
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2009年3月
東京大学 大学院人文社会系研究科 基礎文化研究専攻 哲学専門分野
 
2000年4月
 - 
2001年3月
東京大学 文学部 中国思想文化学
 
1994年4月
 - 
2000年3月
京都大学 理学部 生物科学
 

委員歴

 
2013年4月
 - 
2016年3月
独立行政法人大学入試センター  教科科目第一委員会委員
 
2013年7月
 - 
2017年3月
北海道哲学会  幹事
 
2010年4月
 - 
2012年3月
哲学会  委員
 

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
科学研究費補助金: 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 朝倉 友海
科学研究費補助金: 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 越門 勝彦
科学研究費補助金: 若手研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 朝倉 友海
科学研究費補助金: 若手研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 朝倉 友海
科学研究費補助金: 基盤研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 一ノ瀬正樹