論文

査読有り
2017年3月

算数科「図形」と“伝承あそび”との関係に関する一考察:~折り紙遊びやシャボン玉遊びを事例として~

保育・教育の実践と研究(初等教育学科紀要)
  • 大貫 麻美
  • ,
  • 八嶋 真理子
  • ,
  • 前田 元子

1
開始ページ
9
終了ページ
16
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
白百合女子大学人間総合学部初等教育学科

算数科「図形」領域の基礎的概念の構築に影響を与えうる“伝承遊び”に関する基礎的研究として、折り紙遊びとシャボン玉遊びを事例として取り上げ考察した。折り紙遊びは小学校学習指導要領解説で算数教育との関連が示されている。教職志望学生が履修する講義「算数」で折り紙を折りながら現れる図形を見いだす活動を行った。活動後に学生が書いた振り返りから、折り紙遊びから遠ざかっている学生の実態や、今回の活動により算数的活動としての折り紙遊びの良さに気づいたり、授業実践に活用したいと考えたりする様子が示唆された。また、小学校第1学年の児童が生活科でシャボン玉遊びをした後の振り返りからは、使用する道具の平面と同じ形のシャボン玉ができることを予想していた児童の実態や、実際に生じたシャボン玉が予想に反していたことを表現する様子、生じるシャボン玉を「丸」や「ボールみたい」な形として表現する様子などが明らかになった。