論文

査読有り
2018年9月

チェコ語の所有文と存在文が表す全体部分関係

東京大学言語学論集 = Tokyo University linguistic papers (TULIP)
  • 浅岡 健志朗

40
0
開始ページ
1
終了ページ
19
記述言語
日本語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
出版者・発行元
東京大学大学院人文社会系研究科・文学部言語学研究室

チェコ語の HAVE 型他動詞文(所有文)は所有の中核的意味を表すが、これが表現しうる関係の範囲は明らかにされていない。中核的意味のうち全体部分関係には所有文と存在文のどちらでも表現できるものがあることに着目し、両者を対照すると、①所有文でのみ表現できる関係(例:机と脚)②両者ともに表現できる関係(例:城と堀)③存在文でのみ表現できる関係(例:机と本)があることが分かる。この振る舞いの違いには、二つの要因が関与している。すなわち、部分(存在物)が全体(場所)に対してどれだけ不可欠で不可分かという程度(内在性)と、この二者間の関係がどれだけ時間的に安定しているかという程度(恒常性)である。①の関係は②の関係よりも内在性が高く、②の関係は③の関係よりも恒常性が高いという一般化ができる。この二つの要因が、対象の関係を全体分関係として捉えるか存在として捉えるかに関わっている。一方、一時的な関係であるにもかかわらず所有文で表現される場合がある。このような事例の中には、それがコントロールを含む関係であるということによって動機づけられているもの、位置関係を示すという機能によって動機づけられているもの、主語の指示対象を対比される他の対象と区別するという機能によって動機づけられているものがある。恒常性と内在性は、典型的な全体部分関係のゲシュタルトを構成する特徴の一部として位置づけることができる。In the Czech language, the HAVE-type possessive verb mít expresses a broad range of relationships including the core meanings of ownership, whole-part relationship and kinship. The present paper points out that some whole-part relationships can be expressed both by the possessive sentence and the existential sentence and that there are (i) relationships that can be expressed only by the possessive sentence (e.g. table and legs), (ii) relationships that can be expressed both by the posssessive and existential sentence (e.g. castle and moat) and (iii) relationships that can be expressed only by the existential sentence (e.g. table and book). Two factors are involved in this behavior: the degree to which the part/theme is necessary for and inseparable from the whole/place (inherence), and the degree to which the relationship between the two participants is stable through time (permanence). The relationship in (i) is more inherent than the relationship in (ii) and the relationship in (ii) is more permanent than the relationship in (iii). These two factors determine whether a given relationship is construed as a whole-part relationship or as an existential relationship. Some relationships, however, could be expressed by the possessive sentence despite their temporary nature. Among these are relationships motivated by the fact that one participant has control over the other, the function of a participant as a spatial reference point, and the function of the possessive sentence in which the subject referent is differentiated from contrasted entities. Inherence and permanence can be viewed as being among the component parts of the experiential gestalt of the prototypical whole-part relationship.論文 Articles

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/120006529748
URL
https://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=51176&item_no=1&page_id=28&block_id=31
ID情報
  • ISSN : 1345-8663
  • CiNii Articles ID : 120006529748
  • identifiers.cinii_nr_id : 9000380123896

エクスポート
BibTeX RIS