芦田 久

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/06 17:48
 
アバター
研究者氏名
芦田 久
 
アシダ ヒサシ
所属
近畿大学
部署
生物理工学部 食品安全工学科
職名
教授
学位
博士(農学)(京都大学)
科研費研究者番号
40379087

プロフィール

1964年生まれ、兵庫県出身。血液型O型。
糖鎖を介した微生物とヒトの関わりについて研究しています。腸内細菌叢を改善して腸を健康にする食品成分やそのメカニズムの解明、さらには食品による健康長寿の達成を最終目標にしています。
自分自身では健康維持のために、1に運動(ランニング)、2に腸内細菌叢のコントロール(ヨーグルトなどの発酵食品の摂取)、3にカロリー制限(オートファジー活性化)を実践しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
近畿大学生物理工学部 教授
 
2008年6月
 - 
2012年3月
京都大学大学院生命科学研究科 准教授
 
2006年1月
 - 
2008年5月
京都大学大学院生命科学研究科 助手/助教
 
2004年4月
 - 
2005年12月
大阪大学微生物病研究所免疫不全疾患研究分野 助手
 
2001年9月
 - 
2004年3月
大阪大学微生物病研究所免疫不全疾患研究分野 博士研究員
 

学歴

 
2000年9月
 - 
2000年9月
京都大学博士(農学) 農論2331号  
 
1983年4月
 - 
1988年3月
京都大学 農学部 食品工学科
 

委員歴

 
2013年
 - 
現在
日本糖質学会  評議員
 
2013年
 - 
現在
果実酒・果実飲料と健康に関する研究会  世話人
 
2013年3月
 - 
2017年2月
日本農芸化学会  英文誌編集委員
 
2012年
 - 
現在
日本農芸化学会関西支部  参与
 
2012年
 - 
現在
日本乳酸菌学会  評議員
 

受賞

 
2012年3月
日本農芸化学会  Most-Cited Paper Award  Prebiotic Effect of Lacto-N-biose I on Bifidobacterial Growth
受賞者: Masashi KIYOHARA, Asaki TACHIZAWA, Mamoru NISHIMOTO, Motomitsu KITAOKA, Hisashi ASHIDA, Kenji YAMAMOTO
 
2010年3月
日本農芸化学会  2010年度大会トピックス賞  キチン加水分解物より見出したオートファジー誘導物質
受賞者: 芦田 久,新谷知也,山崎文義,加藤紀彦,梅川碧里,又平芳春,垣塚 彰,戸谷一英,山本憲二
 

論文

 
Komeno M, Hayamizu H, Fujita K, Ashida H
Applied and Environmental Microbiology      2019年1月   [査読有り]
Shintani H, Shintani T, Ashida H, Sato M
Nutrients   10(12)    2018年11月   [査読有り]
Ashida H, Tanigawa K, Kiyohara M, Katoh T, Katayama T, Yamamoto K
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   82(11) 2030-2039   2018年11月   [査読有り]
米野雅大, 伊藤あずさ, 大東夏海, 吉原侑希, 鈴木利雄, 永井宏平, 芦田 久
近畿大学生物理工学部紀要   (42) 1-12   2018年10月   [査読有り]
Shintani T, Kosuge Y, Ashida H
Journal of Applied Glycoscience   65(3) 37-43   2018年8月   [査読有り]
Higashiyama T, Umekawa M, Nagao M, Katoh T, Ashida H, Yamamoto K
Carbohydrate Research   455 92-96   2017年11月   [査読有り]
Katoh T, Maeshibu T, Kikkawa KI, Gotoh A, Tomabechi Y, Nakamura M, Liao WH, Yamaguchi M, Ashida H, Yamamoto K, Katayama T
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   81(10) 2018-2027   2017年10月   [査読有り]
Sato M, Liebschner D, Yamada Y, Matsugaki N, Arakawa T, Wills SS, Hattie M, Stubbs KA, Ito T, Senda T, Ashida H, Fushinobu S
The Journal of Biological Chemistry   292(29) 12126-12138   2017年7月   [査読有り]
Abe Y, Inoue H, Ashida H, Maeda Y, Kinoshita T, Kitada S
Journal of Invertebrate Pathology   142 71-81   2017年1月   [査読有り]
Sugiyama Y, Katoh T, Honda Y, Gotoh A, Ashida H, Kurihara S, Yamamoto K, Katayama T
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   81(2) 283-291   2017年2月   [査読有り]
Shimada Y, Ashida H
Mem. Faculty. B.O.S.T. Kindai University   (38) 1-10   2016年10月
Sugiyama Y, Gotoh A, Katoh T, Honda Y, Yoshida E, Kurihara S, Ashida H, Kumagai H, Yamamoto K, Kitaoka M, Katayama T
Glycobiology   26(11) 1235-1247   2016年11月   [査読有り]
島田良美、香川昂雅、普家崇史、堀西朝子、尾﨑嘉彦、芦田 久
近畿大学生物理工学部紀要   (37) 1-10   2016年5月
Gotoh A, Katoh T, Sugiyama Y, Kurihara S, Honda Y, Sakurama H, Kambe T, Ashida H, Kitaoka M, Yamamoto K, Katayama T
Carbohydrate Research   408 18-24   2015年5月   [査読有り]
Shimada Y, Watanabe Y, Wakinaka T, Funeno Y, Kubota M, Chaiwangsri T, Kurihara S, Yamamoto K, Katayama T, Ashida H
Applied Microbiology and Biotechnology   99(9) 3941-3948   2015年5月   [査読有り]
Tani Y, Amaishi Y, Funatsu T, Ito M, Itonori S, Hata Y, Ashida H, Yamamoto K
Biotechnology Letters   36 2507-2513   2014年12月   [査読有り]
Ashida H, Li YT
Advances in Neurobiology   9 463-484   2014年7月   [査読有り][招待有り]
Sakurama H, Kishino S, Uchibori Y, Yonejima Y, Ashida H, Kita K, Takahashi S, Ogawa J
Applied Microbiology and Biotechnology   98 4021-4032   2014年5月   [査読有り]
Katoh T, Takase J, Tani Y, Amamoto R, Aoshima N, Tiemeyer M, Yamamoto K, Ashida H
Glycobiology   23 1142-1151   2013年10月   [査読有り]
Sakurama H, Kiyohara M, Wada J, Honda Y, Yamaguchi M, Fukiya S, Yokota A, Ashida H, Kumagai H, Kitaoka M, Yamamoto K, Katayama T
Journal of Biological Chemistry   288 25194-25206   2013年8月   [査読有り]

Misc

 
カロリー制限模倣効果を発揮するヘキソース
新谷知也、芦田 久、佐藤正資
化学と生物   56(12) 777-778   2018年12月
芦田 久
化学と生物   54(12) 901-908   2016年12月   [依頼有り]
梅ポリフェノールのマウス腸内細菌叢に及ぼす影響
島田良美、香川昴雅、晋家崇史、尾﨑嘉彦、芦田 久
和歌山医学   66(3) 93   2015年9月
食品由来オートファジー誘導物質の寿命への効果
芦田 久
和歌山医学   66(3) 91-92   2015年9月
Lactobacillus sakei の学名について
芦田 久
乳酸菌学会誌   25(2) 141   2014年
梅川碧里、芦田 久、Lai-Xi Wang、山本憲二
応用糖質科学   3(2) 143-150   2013年5月
Glucosamine as an Autophagy Inducer
ASHIDA Hisashi
Functional and Medical Foods with Bioactive Compounds: Science and Practical Application   13 58-59   2013年5月
オートファジー誘導物質としてのグルコサミン
芦田 久
グルコサミン研究   8 6-11   2012年7月
Klionsky DJ, Ashida H, et al.
Autophagy   8(4) 445-544   2012年4月   [査読有り]
芦田 久
三島海雲記念財団研究報告書   (48) 51-55   2011年11月
芦田 久
生物工学会誌   89(1) 29   2011年1月
Kato T, Ashida H, Yamamoto K
Trends Glycosci. Glycotechnol.   119 145-169   2009年1月   [査読有り]
Ashida H, Kato T, Kawahara A, Tanaka Y, Umekawa M, Yamamoto K
J. Appl. Glycosci.   56 137-143   2009年
Suzuki R, Katayama T, Fushinobu S, Kitaoka M, Kumagai H, Wakagi T, Shoun H, Ashida H, Yamamoto K
J. Appl. Glycosci.   56, 105-110 105-110   2009年
Trechiama ion (Coleoptera, Trechinae), a remarkable new species from Chûgoku District, West Japan
Ashida H, Souma A
Elytra, Tokyo   36 381-386   2008年12月
Katayama T, Wada J, Fujita K, Kiyohara M, Ashida H, Yamamoto K
J. Appl. Glycosci.   55 101-109   2008年
Occurrence of the Trechiama yamajii complex of the group of Trechiama oni (Coleoptera, Trechinae) in the northwestern corner of Hyogo Prefecture, West Japan
Ashida H
J. speleol. Soc. Japan   32 1-8   2007年   [査読有り]
The complex of Trechiama kosugei (Coleoptera, Trechinae) from Hyôgo Prefecture, West Japan. (I) A remarkable new species from the western periphery of its distributional range
Ashida H
Elytra, Tokyo   33 659-664   2005年   [査読有り]
The complex of Trechiama fujitai (Coleoptera: Trechinae) from Hyôgo Prefecture, West Japan (III) -A new relative of Trechiama latilobatus Ashida-
Ashida H
Ent. Rev. Japan   60 17-21   2005年   [査読有り]
The complex of Trechiama fujitai (Coleoptera, Trechinae) from Hyogo Prefecture, West Japan (II) -Two new species and several new records from the Ibo-gawa drainage area-
Ashida H
Elytra, Tokyo   32 259-263   2005年   [査読有り]

書籍等出版物

 
糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック〜創薬・医療から食品開発まで〜
梅川碧里、芦田久、山本憲二 (担当:分担執筆, 範囲:エンド型グリコシダーゼを利用した糖鎖合成)
株式会社 エヌ・ティー・エス   2015年8月   
バイオ医薬品開発における糖鎖技術
梅川碧里、芦田久、山本憲二 (担当:分担執筆, 範囲:エンドM酵素による糖鎖の効率的な転移付加と均一化)
シーエムシー出版   2011年11月   
Comprehensive Glycoscience Vol. 3
Hisashi Ashida, Toshihiko Kato, Kenji Yamamoto (担当:分担執筆, 範囲:Biochemistry of Glycoconjugate Glycans - Degradation of Glycoproteins)
Elsevier   2007年   
Endoglycosidases -Biochemistry, Biotechnology, Application-
Hisashi Ashida, Su-Chen Li, Yu-Teh Li (担当:分担執筆, 範囲:An unusual GlcNAcα1-4Gal releasing endo-β-galactosidase)
Kodansha/Springer   2006年   
糖鎖科学の新展開
芦田 久、木下タロウ (担当:分担執筆, 範囲:GPIアンカーの生合成と関連疾患)
NTS出版   2005年   

講演・口頭発表等

 
大腸菌ヒスチジンキナーゼセンサー EvgS 活性化機構
稲田慎也、江口陽子、芦田 久
近畿大学大学院サイエンスネットワーク2017・第7回院生サミット   2017年9月2日   
オートファジーは炎症シグナル分子を分解することで炎症を抑制する
米野雅大、芦田 久
近畿大学大学院サイエンスネットワーク2017・第7回院生サミット   2017年9月2日   
梅ポリフェノールのマウス腸内細菌フローラ改善効果
芦田 久
石川県立大学腸内細菌共生機構学寄附講座(IFO)シンポジウム   2017年8月31日   
Bifodobacterium longum のアラビナン分解系の解析
米野雅大、芦田 久
2017年7月21日   
健康寿命のキーワード:オートファジーと腸内細菌
芦田 久
平成29年度 第1回 BOST Science Cafe   2017年6月17日   
ムチンの硫酸化糖鎖に作用するビフィズス菌由来スルフォグリコシダーゼ
加藤紀彦、前渋貴子、吉川慶一、後藤愛那、山口真範、芦田 久、山本憲二、片山高嶺
関西グライコサイエンスフォーラム   2017年5月13日   
GH129 α-N-アセチルガラクトサミニダーゼの金属結合サイトと阻害剤を用いた解析
佐藤真与、LIEBSCHNER Dorothee、山田悠介、松垣直宏、千田俊哉、荒川孝俊、芦田 久、伏信進矢
日本農芸化学会2017年度大会   2017年3月18日   
ムチン糖鎖に作用するビフィズス菌由来スルフォグリコシダーゼの同定と機能解析
加藤紀彦、前渋貴子、吉川慶一、後藤愛那、苫米地祐輔、芦田 久、山本憲二、片山高嶺
日本農芸化学会2017年度大会   2017年3月18日   
Isolation and identification of lactic acid bacteria from fermented fish and screening of bacteriocin-producing bacteria
Chaiwangsri, Koyanagi T, Ashida H, Matsuzaki C, Katayama T
The 2nd joint seminar. Core to Core Program A. Advanced Research Networks.   2016年11月14日   
食品成分によるオートファジー誘導と健康寿命伸長の可能性
芦田 久
第12回 日本食品免疫学会 学術大会   2016年11月10日   
GH129ファミリー α-N-アセチルガラクトサミニダーゼのX線結晶構造解析
佐藤 真与、Dorothee Liebschner、荒川 孝俊、山田 悠介、千田 俊哉、芦田 久、伏信 進矢
日本応用糖質科学会平成28年度大会   2016年9月14日   
Bifidobacterium longumのアラビノ多糖・オリゴ糖資化メカニズムと関連する酵素群の解析
米野 雅大、芦田 久
日本応用糖質科学会平成28年度大会   2016年9月14日   
Sda抗原/GM2に作用するビフィズス菌由来のバイファンクショナル酵素
米野 雅大、鈴木 里奈、芦田 久
第35回日本糖質学会年会   2016年9月2日   
アラビナン分解に関わる Bifidobacterium longum subsp. longumの2つの新奇 α-L-arabinofuranosidase
米野雅大、速水穂乃香、芦田 久
日本乳酸菌学会2016年度大会   2016年7月9日   
Bifidobacterium longum subsp. longum のヘミセルロース分解酵素遺伝子クラスターの解析
芦田 久、米野 雅大、速水 穂乃香
日本農芸化学会2016年度大会   2016年3月30日   
梅酢中の糖質に作用するビフィズス菌のグリコシダーゼの解析
米野 雅大、速水 穂乃香、芦田 久
地域イノベーション戦略支援プログラム 平成27年度シンポジウム   2016年1月29日   
梅ポリフェノールの腸内細菌フローラ改善効果
島田良美、香川昴雅、晋家崇史、堀西朝子、尾﨑嘉彦、芦田 久
地域イノベーション戦略支援プログラム 平成27年度シンポジウム   2016年1月29日   
梅酢に含まれる糖質のプレバイオティック効果
向井麻衣, 守田美咲, 前田直樹, 福永悟史, 島田良美, 芦田 久
第64回 日本応用糖質科学会大会   2015年9月16日   
Bifidobacterium longum longum がもつ新規のアラビノース含有糖鎖分解酵素遺伝子クラスターの解析
米野雅大、速水穂乃香、芦田 久
第64回 日本応用糖質科学会大会   2015年9月16日   
腸内における共生に関わるビフィズス菌の酵素群
芦田 久
第4回 石川県立大学 腸内細菌共生機構学特別セミナー   2015年9月10日   

競争的資金等の研究課題

 
微生物のエンドグリコシダーゼの変異酵素を活用した糖鎖医薬品の開発と調製法の確立
研究期間: 2008年 - 2010年
キチン二糖・オリゴ糖の新機能
研究期間: 2008年 - 2010年
ミルクオリゴ糖を分解するビフィズス菌由来の酵素の探索と応用
研究期間: 2005年 - 2009年

特許

 
特開2012-050428 : 消化管ムチンの糖鎖に特異的に結合するポリペプチド
藤田 雅也、土田 明子、芦田 久
ガングリオシドの定量方法
特許第3985021
体液中のマグネシウム測定用試験片
特許第3809484
カリウムイオン測定用試薬組成物および試験片
特許第3493411
リゾ糖脂質の製造方法
特開平7-107988
エンドグリコセラミダーゼおよびその製造方法
特開平4-126076