Hiroifumi Yamamoto

J-GLOBAL         Last updated: Jun 27, 2016 at 16:18
 
Avatar
Name
Hiroifumi Yamamoto
E-mail
yamainfo.kindai.ac.jp
Affiliation
Kindai University
Job title
Professer
Degree
Ph. D.

Research Areas

 
 

Misc

 
TSUBAKI Hajime, YASUDA Keiji, YAMAMOTO Hirofumi, SAGISAKA Yoshinori
IPSJ SIG Notes   2008(33) 99-103   Mar 2008
A possibility of objective study rating of Japanese learners' Japanese-English translation sentences was examined using evaluation criteria for statistical machine translation. Two statistic values were designed for the evaluation. One index was a...
TOMITA Tatsuhiko, OKIMOTO Yoshiyuki, YAMAMOTO Hirofumi, SAGISAKA Yoshinori
IPSJ SIG Notes   2005(69) 117-122   Jul 2005
Aiming at speech recognition with arbitrary OOV expressions, speech recognition experiments were carried out using speech with OOV expressions consisting of multiple words. For a TV program retrieval task, a hierarchical language model was newly c...
YAMAMOTO Hirofumi, KOKUBO Hiroaki, KIKUI Genichiro, OGAWA Yoshihiko, SAGISAKA Yoshinori
The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. D-II   87(12) 2104-2111   Dec 2004
本論文では,タスクに依存して生じる未登録語の問題を解決するための言語モデルを提案する.新規のタスクに言語モデルを対応させる手法としては,言語モデル適応が一般的であるが,この手法では,タスクに依存して現れる固有名詞等の未登録語の問題には対応できない.本論文ではこの問題に対し,階層化言語モデルを用いて解決する.階層化モデルでは,単語間遷移確率と未登録語の音韻列生起確率を与える制約として,独立した二つのマルコフモデルを用いており,未登録語の生起確率は両者を組み合わせた二重マルコフモデルの形で表現...
KOKUBO Hiroaki, HAYASHI Teruaki, YAMAMOTO Hirofumi, KIKUI Genichiro
The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. D-II   86(6) 787-795   Jun 2003
連続音声認識システムの省メモリ化を目的として,単語グラフに登録される単語仮説の仮説数削減と木構造辞書のfactoringテーブルのメモリ削減について検討した.単語グラフ内の単語仮説に対して後続仮説数に関する属性をもたせることにより,pruningで不要となった単語仮説を効率よく特定し,ガーベジコレクションを行う.この処理により,単語仮説生成に必要なメモリサイズを127MByteから6.9MByteへと削減した.また,factoringテーブルに格納するbigramの値をPOS bigram...
NAKAJIMA Hideharu, YAMAMOTO Hirofumi, WATANABE Taro
The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. D-II   86(4) 460-467   Apr 2003
統計的な言語モデルのタスク適応には,そのモデルを利用するタスク(ターゲットタスク)での小規模コーパスが必要となる.このコーパスは言語モデルと同じ言語で書かれていることが必要となる.しかし,この小規模なコーパスでさえ,特に話し言葉のコーパスはコストの点で集めることが困難な場合がある.この問題を解決するために,本論文では,ある一つの言語で書かれたターゲットタスクのコーパスを,タスク適応が必要な言語モデルと同じ言語に機械翻訳し,その翻訳結果をターゲットタスクのコーパスとして利用して,言語モデルの...