加藤 和弘

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/17 18:15
 
アバター
研究者氏名
加藤 和弘
 
カトウ カズヒロ
所属
放送大学
部署
自然と環境コース
職名
教授
その他の所属
放送大学自然環境科学プログラム

委員歴

 
2017年
 - 
現在
千代田区  ちよだ生物多様性大賞選定委員会副座長
 
2015年
 - 
2016年
日本環境アセスメント協会  平成27年度環境影響評価法に基づく報告書の在り方に関する検討会
 
2014年
 - 
現在
千代田区生物多様性推進会議  副座長
 
2014年
 - 
2015年
日本緑化工学会  理事
 
2013年
 - 
現在
一般社団法人 環境情報科学センター  理事
 

論文

 
Soil Net Nitrogen Mineralization at Different Ecosystem Development Stages after the Year 2000 Eruption on Miyakejima Island.
Journal of Ecosystem and Ecography   8(1)    2018年   [査読有り]
加藤和弘 若山睦月
ランドスケープ研究   80    2017年   [査読有り]
玉川上水緑道の鳥類種組成に影響する要因
奥村友佳 加藤和弘
ランドスケープ研究オンライン論文集      2017年   [査読有り]
Shigeki Kishi, Kazuhiro Katoh
Entomological News   125 186-190   2015年   [査読有り]
加藤和弘・吉田亮一郎・高橋俊守・笠原里恵・一ノ瀬友博
ランドスケープ研究   78 671-676   2015年   [査読有り]
加藤和弘 神山高義
ランドスケープ研究   77 613-618   2014年   [査読有り]
加藤 和弘・樋口広芳
日本生態学会誌   61: 177-183    2011年   [査読有り]
Trial of Educational Computer Simulation Software 'SimRiver' for Assessment of River Water Quality for Environmental Education in Schools.
Lee JH, Cheong C, Kwon NJ, Kim YJ, Park HG, Mayama S, Katoh K, and Ohmori H
Environmental Education   24(1): 40-48    2011年   [査読有り]
Progress toward the Construction of an International Web-based Educational System Featuring Improved“SimRiver” for Understanding of River Environments.
Mayama S, Katoh K, Omori H, Seino S, Osaki H, Julius M, Lee JH, Cheong C, Lobo EA, Witkowski A, Srivibool R, Muangphra P, Jahn R, Kulikovskiy M, Hamilton PB, Gao YH, Ector L
Asian Journal of Biology Education   5, 2-14    2011年   [査読有り]
加藤 和弘・吉田亮一郎
ランドスケープ研究   74 507-510   2011年   [査読有り]
高橋 俊守, 加藤 和弘, 上條 隆志
日本生態学会誌   61(2) 167-175   2011年
時系列的に観測した衛星画像を用いて、三宅島2000年噴火後の植生の変遷をモニタリングした。1994年から2009年にかけて、JERS-1/OPS及びTerra/ASTERによって観測された16時期の画像を用い、噴火前1時期および噴火直後2年まで、噴火後3〜5年、噴火後6〜9年の3時期分のNDVI画像に集成した。これらのNDVI画像をもとに、ISODATAクラスタリング法により教師無し分類を行った結果、NDVIの変遷パターンを分類することができた。分類された画像では、噴火後もNDVIの値が相...
都市の樹林地における鳥類の生息を規定する要因
加藤 和弘
都市計画   287    2010年   [招待有り]
小川直哉・加藤和弘
環境情報科学論文集   24 67-72   2010年   [査読有り]
山田 晋・榎本百利子・石川祐聖・南定雄・加藤和弘
日本緑化工学会誌   36: 33-38    2010年   [査読有り]
Response of epilithic diatom community to environmental gradients in subtropical temperate Brazilian rivers.
Lobo E.A., C.E. Wetzel, L. Ector, K. Katoh, S. Blanco & S. Mayama
Limnetica   29: 323-340    2010年   [査読有り]
加藤 和弘・鵜川健也
ランドスケープ研究   73: 763-766    2010年   [査読有り]
加藤 和弘
Diatom : the Japanese journal of diatomology   25 2-7   2009年12月
DAIpo (Diatom Assemblage Index to organic water pollution) is a biological index calculated from the species compositional data of a diatom assemblage. DAIpo itself is a simple index, but it is based on the original classification system of diatom...
真山 茂樹, 渡辺 剛, 加藤 和弘, 大森 宏
環境教育学研究   (18) 23-37   2009年3月
Kazuhiro Katoh, Sumire Sakai, Toshimori Takahashi
Biological Conservation   142: 1930-1936    2009年   [査読有り]
加藤 和弘
ランドスケープ研究   72(5) 805-808   2009年
都市に生息する鳥類の種組成や種多様性を規定する要因については、近年多くの知見が蓄積されている。もっとも主要な要因とされる生息地面積のほか、植生の構造、他の生息地までの距離や緑道による接続の効果が、特に樹林地を生息地として考慮することにより明らかにされている。最近では、生息地を取り巻く空間が動物にとっての移動経路となり他の生息地との連結性を変化させたり、あるいは補助的な生息場所となって面積の不足を補う可能性も指摘されている。一方で、生物の生息に配慮した緑地計画や地域計画に際しては、個々の緑地...
一ノ瀬 友博, 高橋 俊守, 加藤 和弘, 大澤 啓志, 杉村 尚
農村計画学会誌 = Journal of Rural Planning Association   27(1) 7-13   2008年6月
  Biotope (habitat) type maps are essential as base maps for land use planning and biodiversity conservation. Actual vegetation maps are often used as the base maps, though important information for biotope evaluation such as vegetation ...
真山 茂樹, 加藤 和弘, 大森 宏, 清野 聡子, 国府田 かおり, 押方 和宏
生物教育   48(1) 10-20   2008年1月
大澤 啓志, 一ノ瀬 友博, 高橋 俊守, 杉村 尚, 加藤 和弘
日本造園学会 全国大会 研究発表論文集 抄録   2008(0) 30-30   2008年
農村域の生物相保全・回復に向け、農村ランドスケープの代表的な生物群の一つとしてカエル類を用い、生息密度と生態的立地の関係を把握するための指標種の抽出を試みた。関東北部の喜連川丘陵を事例に2006年にカエル類の生息状況として種組成とその季節変化をまず明らかにし、種組成の豊富さの指標としてツチガエルの生息の有無が有効であること(ただし水田環境に限る)を示した。また、目撃確認法による量的評価が可能な種として、ニホンアカガエルとトウキョウダルマガエルの2種が指標種として抽出された。さらに、当歳個体...
大澤 啓志, 一ノ瀬 友博, 高橋 俊守, 杉村 尚, 加藤 和弘
ランドスケープ研究   71(5) 569-572   2008年
In this study, we tried selection the index species in frogs and toads, because it was necessary to verify the relation with the population density of the index species and the ecological location type in rural landscape planning. The fauna compos...
高橋 俊守, 加藤 和弘, 上條 隆志
ランドスケープ研究   71(5) 539-542   2008年
The vegetation of Miyake Island has been widely effected by the volcanic eruption in July 2000. This phenomenon is still going on and much of the vegetation cover has been changed. It is quite important to monitor the vegetation recovery process b...
鵜川 健也, 加藤 和弘
ランドスケープ研究   71(3) 299-308   2007年11月
山浦 悠一, 加藤 和弘
日本鳥学会誌 = Japanese journal of ornithology   56(1) 9-21   2007年4月
笠原 里恵, 加藤 和弘
日本鳥学会誌 = Japanese journal of ornithology   56(1) 51-57   2007年4月
伊藤 浩二, 加藤 和弘
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   70(5) 449-452   2007年3月
To clarify the interrelations between various semi-natural grassland types (verge meadows, ditch walls, paddy levees, fallow fields, abandoned rice fields and farm roads) maintained by traditional agricultural management methods, we conducted vege...
鵜川 健也, 加藤 和弘
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   70(5) 487-490   2007年3月
We examined relationship between bird species richness in urban woodlots and the conditions of matrix areas surrounding the woodlots as a case study. We surveyed bird communities and vegetation structures in 10 woodlots (2.26 - 2.78 ha) and 64 po...
加藤 和弘, 山本 裕, 樋口 広芳
Strix   25 125-132   2007年
岡崎 樹里, 秋山 幸也, 加藤 和弘
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   69(5) 519-522   2006年3月
We examined how vegetation structure and human activities influenced avian fauna in wooded open spaces in urban areas. Canonical Corresponding Analysis (CCA) revealed that factors such as coverage of lawn, pressure of human-utilization, and covera...
鵜川 健也, 加藤 和弘
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   69(5) 533-536   2006年3月
We examined relationship between avian diversity in urban woodlots and the surrounding environment. We surveyed bird communities and vegetation structures in 9 woodlots (6.87-52.26 ha) in Tokyo Metropolis and Saitama Prefecture during both winter...
冨田 満, 伊藤 浩二, 加藤 和弘
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   69(5) 557-560   2006年3月
Genji-firefly Luciola cruciata, a symbolic species in Japanese traditional agricultural landscapes, has recently been decreased. Therefore, conservation practices of this species have been tried in various parts of Japan. It was reported that the ...
加藤 和弘, 樋口 広芳
森林科学   46(0) 16-19   2006年
岡崎 樹里, 加藤 和弘
環境情報科学. 別冊, 環境情報科学論文集 = Environmental information science. Extra, Papers on environmental information science   (19) 353-358   2005年11月
高橋 俊守, 皆川 朋子, 畠瀬 頼子, 加藤 和弘
環境情報科学. 別冊, 環境情報科学論文集 = Environmental information science. Extra, Papers on environmental information science   (19) 365-370   2005年11月
森本 豪, 加藤 和弘
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   68(5) 589-592   2005年3月
The value of urban parks is currently reconsidered and the guidelines are required to institute plans for greenery and open spaces of high quality as habitat. In this study, we aimed at illustrating the relationship between bird species richness a...
鵜川 健也, 岡崎 樹里, 加藤 和弘, 百瀬 浩, 藤原 宣夫, 松江 正彦
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   68(5) 593-596   2005年3月
Models predicting biota from environmental factors are useful for assessing environment. We compared three kinds of bird distribution models based on grid cell data: multiple regression models predicting guild species richness, logistic regression...
本田 裕紀郎, 伊藤 浩二, 加藤 和弘
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   68(5) 693-696   2005年3月
Although Eupatorium japonicum Thunb. is a threatened plant species in Japan, conservation ecological studies on it have not been enough for conservation practices. Conservation of threatened plant species requires information on seed germination a...
本田 裕紀郎, 伊藤 浩二, 加藤 和弘
日本生態学会大会講演要旨集   52(0) 570-570   2005年
種子が植被の下で無益な発芽を回避するための生理的機構は総じてギャップ検出機構と呼ばれ、埋土種子集団の形成に寄与すると考えられている。多くの種子植物が発芽における光要求性、緑陰効果感受性および変温要求性をもち、特に温度の日変化は光量および光質よりもギャップシグナルとしての信頼性が高いことが明らかにされている。本研究では、過去に植生下に置かれて緑葉透過光を受光した種子は、その経験の無い種子と比較して発芽における変温要求性が強くなることを、コウゾリナ(キク科)を用いて発芽試験により検証した。発芽...
笠原 里恵, 加藤 和弘
日本生態学会大会講演要旨集   52(0) 691-691   2005年
イカルチドリ、コチドリ、イソシギは河川の砂礫地の地上に営巣する代表的な種であり、千曲川中流域、長野県埴科郡坂城町の鼠橋付近では3種が同所的に繁殖している。1999年に20年に1度規模の洪水が発生して繁殖適地である砂礫地が拡大し、3種の繁殖密度は大きく増加した。洪水後から2004年までイカルチドリ、イソシギの繁殖密度が増加傾向であったのに対し、コチドリは一時減少も見られるなど、他2種ほど増加しなかった。洪水後の繁殖密度変化の要因のひとつとして今回は3種の営巣環境、特に巣を中心とした1m<su...
本田 裕紀郎, 伊藤 浩二, 加藤 和弘
日本造園学会 全国大会 研究発表論文集 抄録   2005(0) 94-94   2005年
フジバカマは絶滅危惧II類に分類されているにもかかわらず、保全生態学的な研究例は少ない。植物保全の現場では、種子発芽および埋土種子集団に関する情報は不可欠なものであるため、光要求性、緑陰効果感受性の発現の有無を試験する光条件を組み合わせた段階温度法発芽試験、および土壌サンプルの撒き出し試験により基本的な発芽特性および埋土種子集団の形成可能性を試験した。その結果、永続的埋土種子集団の形成に寄与する生理的性質をもたないことが明らかになった。そのため、地上植生中の個体を最大限保全することが当面の...
加藤 和弘, 真山 茂樹, 大森 宏, 清野 聡子
日本教育工学会論文誌   28(3) 217-226   2005年
本研究は,生物群集の種組成と環境条件の関係をモデル化するプログラムを利用し,生物の種組成と生育環境,あるいは人為的影響との関係を学習するための教材を開発することを目的とするものである.著者らのフィールド調査データの多変量解析により,河川産珪藻群集の種組成と環境条件を対応づけるモデルの開発を行った.並行して流域環境と水質を対応づけるモデルの開発を行い,これらを統合した環境学習のための教材"SimRiver"を提案する.教材利用者はモデル河川の環境条件を設定し,その条件下で予測される種組成に基...
高橋 俊守, 加藤 和弘, 松下 容一郎, 村山 昌史, 安岡 善文
水工学論文集   49 1429-1434   2005年
In recent years, vegetation grows thickly in river channels even on originally gravel river beds. Riverine vegetation is one of the most important parameter for flood control, biodiversity conservation and so on. Consequently, it is quite importan...
國府田 かおり, 加藤 和弘
環境情報科学. 別冊, 環境情報科学論文集 = Environmental information science. Extra, Papers on environmental information science   (18) 31-36   2004年11月
岡崎 樹里, 加藤 和弘
環境情報科学. 別冊, 環境情報科学論文集 = Environmental information science. Extra, Papers on environmental information science   (18) 439-444   2004年11月
本田 裕紀郎, 伊藤 浩二, 加藤 和弘
日本緑化工学会誌 = / the Japanese Society of Revegetation Technology   30(1) 9-14   2004年8月
帰化植物の繁茂は生物多様性の消失の主要因ともなるものの,それに関する生態学的研究例は極めて乏しい。本研究では,永続的埋土種子集団の形成可能性を含めた植物の多くの生態的特性のうち,どの性質が帰化植物としての定着に寄与しているかを分析することを目的として,比較生態学および種子の永続性に関するデータベースに含まれる我が国における帰化植物を抽出した。それらを用いた分類樹木による解析結果において,攪乱依存性および種子の永続性は帰化植物として帰化定着する際に重要な生態的特性であることが明らかになった。...
加藤 和弘, 章 冬琴, 一ノ瀬 友博
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   67(5) 511-514   2004年3月
Agricultural reservoirs are now regarded as important habitats for some aquatic organisms, though their value as habitats of algae has clarified little. Diatom is often the most dominant component of freshwater algal communities and its contributi...
澤田 大介, 加藤 和弘, 樋口 広芳, 百瀬 浩, 藤原 宣夫
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   67(5) 523-526   2004年3月
The Genji-firefly (Luciola cruciata) is an endemic insect of high conservational interest. We discussed relations between the abundance of the adult L. cruciata and land covers in agricultural landscape in southeastern Tochigi prefecture, Japan. T...
小出 舞, 加藤 和弘, 渡辺 達三
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   67(5) 573-576   2004年3月
In order to suggest desirable openspaces in terms of biodiversity in urban riparian, it was studied that relationship between wintering avifauna and habitat structures and landuse around study sites. 24 study sites were located on 2 urban riparian...
本田 裕紀郎, 伊藤 浩二, 加藤 和弘, 倉本 宣
日本生態学会大会講演要旨集   51(0) 198-198   2004年
種子のギャップ検出機構は、実生の定着に適さないミクロサイトでの無駄な発芽を抑制し埋土種子集団として土壌中での永続性を獲得するための機構であり、発芽に好適なタイミングの検知に導く。そのため、この機構は種子植物の適応度を高めることに貢献すると考えられているものの、ギャップとの結びつきの強い植物でさえもこの機構をもたないという現象も見られる。そこで、ギャップ検出機構をもつ植物(あるいはもたない植物)が他種植物と種間競争をしながら生育する状況を模した単純なモデルを想定し、ギャップ検出機構をもたない...
植田 睦之, 加藤 和弘, 松野 葉月
Strix   22 1-20   2004年
山西 亜希, 加藤 和弘, 恒川 篤史, 樋口 広芳
環境情報科学. 別冊, 環境情報科学論文集 = Environmental information science. Extra, Papers on environmental information science   (17) 317-322   2003年11月
加藤 和弘, 谷地 麻衣子
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   66(5) 521-524   2003年3月
Field surveys on plant species richness and soil chemistry were carried out at 30 study sites in &ldquo;Satoyama&rdquo; deciduous forests and coniferous plantations in Ichikai Town, Tochigi Prefecture, Japan. In deciduous forests, tree (height > 1...
伊藤 浩二, 加藤 和弘, 高橋 俊守, 石坂 健彦, 藤原 宣夫
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   66(5) 591-594   2003年3月
In order to clarify the distribution pattern of soil seed bank and dispersion of seeds by river water flow, germination test were made by applying the surface soil collected from four sites (main channel side, bank marsh, remnant channel, bank low...
一ノ瀬 友博, 加藤 和弘
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   66(5) 631-634   2003年3月
Bird distributions in isolated woodlots and urban parks in an urban area were censused during a wintering season to identify the factors influencing the distribution of wintering birds. The study sites were located in Tokorozawa City, that is almo...
加藤 和弘, 一ノ瀬 友博, 高橋 俊守
応用生態工学 = Ecology and civil engineering   5(2) 189-201   2003年2月
多摩川中流部の水辺における鳥相及び植生の調査結果を「分類樹木」の手法により分析し,その有効性を検討した.分類樹木は,機能的には判別分析に相当するが,本研究において得られた判別精度は,両者でほぼ同等であった.一方,分類樹木は,Yes-No型の条件判断を繰り返すことで最終的な判別に至るという,わかりやすい構造を持っており,判別分析に比べてより広範囲に応用可能であると考えられた.また,説明変数問に交互作用がある場合にも有効な手法であることが確認された.結論として,ランドスケープ計画においては判別...
加藤 和弘, 樋口 広芳
Strix : 日本野鳥の会研究報告   21 81-98   2003年
一ノ瀬 友博, 高橋 俊守, 加藤 和弘
地理情報システム学会講演論文集 = Papers and proceedings of the Geographic Information Systems Association   10 337-340   2001年9月
加藤 和弘, 中村 孝
環境情報科学   30(1) 71-78   2001年3月
加藤 和弘
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   64(5) 607-610   2001年3月
河川の底生無脊椎動物は昆虫の幼虫をはじめ幅広い分類群を含み, 河川の動物相の主要な構成要素である。本研究では, 河川中流部において底生無脊椎動物の多様な群集が維持されるために必要な条件を, 多摩川における現状分析に基づき検討した。その結果, 水文学的条件である流速と水底の堆積物の変化に伴い群集の種組成が変化すること, および, 川岸の植生が特徴的な群集を成り立たせていることが明らかとなった。これは, 既に報告した付着珪藻類の群集多様性を支える条件とは異なっており, 河川の生物多様性を総体と...
増田 与志子, 加藤 和弘, 村上 暁信, 渡辺 達三
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   64(5) 627-630   2001年3月
千葉市とその周辺の, 環境教育に関心のあるとみられる小・中・高等学校の教員を対象に, 環境教育における都市緑地の利用に関するアンケートを行った。その結果, 都市緑地は, 環境教育の場として小~中規模の公園等を中心に利用されているが, できればより大きな公園や植物園・都市林等の多様な生物が見られる緑地を利用したいと考えられていること, 緑地の備えるべき条件として, 生物の豊富さ, 学校や家からの行きやすさ, 安全性が求められていることがわかった。また, 都市緑地が環境教育上果たすべき役割とし...
加藤 和弘
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   63(5) 523-526   2000年3月
河川における一次生産の多くを担いながら, 河川環境の保全や回復の際にはほとんど省みられない付着珪藻類に注目し, その種組成がどのように変動しているかを検討した。青梅市内の多摩川で調査を行った結果, 珪藻群集の種組成は, 主に水域の形状に対応して変化していた。その背景には, 水の化学性の空間的な不均一性があると推定された。付着基物や水際の植生, 水文学的条件も, 付着珪藻群集に影響を及ほしてはいたが, その程度は小さかった。多様な珪藻群集を維持するためには, 主流路の環境を多様にするだけでは...
加藤 和弘
哺乳類科学 = Mammalian Science   39(1) 75-83   1999年6月
加藤 和弘
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   62(5) 561-564   1999年3月
生物多様性は全ての生物に関わる問題であるが, 微生物を対象とした生物多様性の保全の研究はまれである。本研究では, 河川の付着微生物の中でも優占的な存在である付着珪藻類を対象として, 水文学的条件などが種多様性にどのように影響するか検討した。流路から切り離された止水域には, 本流とは異なった種組成の珪藻群集が見られ, その原因として, 水質汚濁以外の理由による水の化学性の違いが考えられた。流路では, 流速が遅いほど種多様性が高かった。結果に基づき, 珪藻類にとって川沿いの止水域が流路とは異な...
一ノ瀬 友博, 加藤 和弘
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   62(5) 577-580   1999年3月
樹林地内部の植生の種組成が鳥類の分布にどのような影響を及ぼしているか明らかにするために, 武蔵野台地および狭山丘陵に位置する比較的規模の大きな樹林地において, 鳥類の分布と植生の種組成の対応関係を調査した。 それぞれの樹林地に植生の異なる複数の調査地点を設定し, 1994年の繁殖期に鳥類の個体数調査を行った。 その鳥類調査地点内に方形区を設定し植生を調査した。 調査結果から, 樹林性の種の中には, ヤブサメやメジロのように, 常緑樹林への遷移が進行している二次林を特に好む種があることが明ら...
湯浅 岳史, 木下 猛, 池内 幸司, 徳山 英二, 加藤 和弘
環境情報科学. 別冊, 環境情報科学論文集 = Environmental information science. Extra, Papers on environmental information science   12 245-250   1998年11月
Katoh, K., Takeuchi, K., Jiang, D., Nan, Y.Kou, Z.Katoh, K., Takeuchi, K., Jiang, D., Nan, Y.Kou, Z.
Plant Ecology   139 133-144   1998年   [査読有り]
鈴木 武彦, 加藤 和弘
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   60(5) 535-538   1997年3月
東京都立東大和公園において, 皆伐から回復しつつあるコナラ林の種組成と植生構造を調査した. 皆伐時期の異なる林分の間で結果を比較し, 皆伐後の植生回復過程を推定した. コナラ林を構成する樹木の種組成や, 主要な樹種であるコナラ, エゴノキ, リョウブのサイズ分布は, 皆伐後十数年を経た林と皆伐後35年以上を経た林でおおむね類似していたが, 胸高断面積合計ではなお, 前者は後者の8割弱に過ぎなかった. また, 皆伐の数年後に開始される林床管理を境にして, 樹木の種組成がリョウブ優占型からコナ...
加藤 和弘, 一ノ瀬 友博, 大久保 悟
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   60(5) 539-542   1997年3月
埼玉県所沢市西部の小手指地区のコナラ高木林17ヶ所に40の調査地点を設け, 植生の組成と構造を調査して今後の植生遷移の可能性を考察した. 高木中ではコナラの個体数が多かったものの, 亜高木中ではエゴノキの個体数が多く, コナラの個体数はその2割弱であった. 調査地一帯では, コナラ林はやがてシラカシ林へ遷移すると言われているが, 低木や稚樹中には確かにシラカシの個体が多く見られ, コナラはほとんど見られなかった. 加えて, ヒノキも多くの個体が低木や稚樹として見られ, 亜高木や高木の個体も...
加藤 和弘
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   60(1) 46-55   1996年8月
都市や農村における環境計画では, 生物群集やその生息地の保全・再生は重要な課題の一つである。計画対象地域で生物群集調査を行い, 得られた種組成のデータに多変量解析を適用することで, 生物群集や生息地の現状を把握し, 計画策定のための判断材料を得ることができる。多変量解析により可能な作業として, 計画対象地域の生物相の広域的な位置づけ, 対象地域内部の環境構造の把握, 生息地 (またはビオトープ) 地図の作成, 計画代替案の有効性の相互比較, 環境モニタリング対象種の選択などをあげることがで...
大久保 悟, 加藤 和弘
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   59(5) 97-100   1996年3月
埼玉県所沢市内のコナラニ次林内で木本種の分布を調べ, 二次林の空間的な構造とそれに関与する要因を考察し, 二次林の遷移管理のあり方を検討した。二次林内には個体サイズの大きいシラカシの実生・稚樹や低木が多く確認され, 管理が放棄された場合シラカシ林への遷移が進む可能性が高いことがわかった。一方アオハダ, イヌシデ, エゴノキは亜高木から低木, 稚樹の各層で多くの個体が確認され, 一時的にもこうした種が優占する林分が出現する可能性が示唆された。また多くの種で空間的な分布が不均一であることがわか...
一ノ瀬 友博, 加藤 和弘
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   59(5) 73-76   1996年3月
孤立樹林地内部の植生構造が鳥類の分布にどのような影響を及ぼしているかを明らかにするために, 埼玉県所沢市の比較的面積の大きな孤立樹林地において鳥類の分布と植生構造の対応関係を調査した。樹林地を植生によっていくつかの林分に分け, それぞれの林分において点センサス法による鳥類群集調査を行った。既往の研究の多くは鳥類の繁殖期に調査を行っているが, 本研究では越冬期に調査を行った。植生構造は各階層の植物体量と胸高断面積によって把握した。その結果, 越冬期においても鳥類の種数は植物体量と有意な相関が...
加藤 和弘
ランドスケープ研究   59(5):77-80    1996年   [査読有り]
加藤 和弘
環境科学会誌 = Environmental science   8(4) 339-352   1995年11月
Takeuchi Kazuhiko/Katoh Kazuhiro/Nan Yinhao/Kou Zenwu, Katoh Kazuhiro, Nan Yinhao, Kou Zenwu
Geographical reports of Tokyo Metropolitan University   30 1-24   1995年4月
Historical and recent land degradation has been caused by human activities in semi-arid Kerqin Sandy Lands, Inner Mongolia. The purpose of the present study is to outline the process of land degradation in this area and to assess the efficiency of...
一ノ瀬 友博, 加藤 和弘
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   58(5) 117-120   1995年3月
生物群集に配慮した環境整備のためには, 生物相を広域的に分析し, 保全のための指針を作成することが必要である。本研究ではそのための方法を提案する。生物群集の分布のメッシュデータを群集生態学的な観点から多変量解析し, 分布に影響を及ぼしている環境要因を識別し, 生物群集にとって主要な生息地を抽出する。その結果を用いることによって, 保全上重要な地域を指摘できる。この方法の実効性を埼玉県所沢市の鳥類分布のメッシュデータを用いて検証した。同市域の鳥類にとって繁殖期・越冬期ともに樹林地が主要な生息...
加藤 和弘, 篠沢 健太
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   58(5) 105-108   1995年3月
各種の自然環境調査で生物相が調査されるが, その結果の分析と利用は現状では十分とは言えない。本研究では, 多変量解析により生物相の調査結果を分析し, 各種の応用に供し得ることを示す。多変量解析の適用のために, 分析の前提条件が少ない分類型の多変量解析を出発点とし, 正準判別分析を併用することにより, 生物相の分類と優占的な環境傾度の抽出を行う手順を提案した。この方法は, 将来的には生物相の予測にも利用できる。河川中流部の底生無脊椎動物相を対象とした事例研究では, 水質がほぼ一様な場合の, ...
神宮字 寛, 加藤 和弘, 千賀 裕太郎
農業土木学会誌   62(11) p1051-1056   1994年11月
一ノ瀬 友博, 加藤 和弘
造園雑誌   57(5) 235-240   1993年
孤立した樹林地において鳥類群集を調査し, その分布に影響を与えている要因を検討した。埼玉県所沢市西部の1ha程度またはそれ以上の樹林地20ケ所を対象とした。鳥類群集調査は, 越冬期の1993年の1~2月と繁殖期の同5~6月に行った。樹林地やその周辺の土地利用は空中写真より読み取った。分析の結果, 鳥類群集に最も強く影響を与えている要因は, 樹林地の面積であることが確認された。さらに, TWINSPANによって樹林地と鳥類を分類し, 鳥類出現パターン模式図を作成した。樹林地は4つのタイプに分...
大久保 悟, 加藤 和弘
造園雑誌   57(5) 205-210   1993年
薪炭林や農用林としての管理が放棄され, 他の土地利用によって強く分断されている平地二次林に補充されている高木種の, 種組成と個体の根元直径を調査した。特に近年の補充状況を把握するために, 樹高1.5m以下の実生及び幼齢木を対象とした。TWINSPANにより種と調査区を分類した結果, 種構成を特徴づけるのは二次林の外部から補充される種であり, 母樹からの距離と調査区内の植生構造によって規定されていることがわかった。また個体のサイズ分布から, シラカシ, 及びサワラ, ヒノキは群落への定着が良...
加藤 和弘
Diatom   8(0) 1-5   1993年
It is known that the deletion of rare species from a data matrix makes ecological analysis easier. The aim of the present study is to discuss the profitability of relative abundance (ratio of individuals of a species in a sample) as a criterion of...
加藤 和弘
環境科学会誌   5(2) 91-98   1992年
水質汚濁の評価を目的とした生物群集の解析手法のうち,多変量解析の一手法である対応分析と,生物指数のうちのベックの生物指数,パントル・バックの汚濁指数,シャノン及びシンプソンの多様性指数について,指標生物として珪藻と底生無脊椎動物を用い,指標生物間の違いも含めて各手法の性質を検討した。多様性指数はこれまで多くの研究で環境の指標として用いられてきたが,本研究においては,他の手法に比べて水質汚濁を指標する能力は劣っていた。また,生物群集の解析により得られる指数,スコアの変動は,単一の水質項目の測...
加藤 和弘
Diatom   7(0) 1-8   1992年
Ecological analyses using multivariate methods and some examples of their application to diatomological studies were reviewed in the present paper. Multivariate analysis has become popular in ecological studies of communities, including diatom com...
一ノ瀬 友博, 加藤 和弘
造園雑誌   56(5) 349-354   1992年
本研究は, 埼玉県狭山市において, 鳥類と土地利用の分布を比較し, 鳥類の分布を規定している要因を検討したものである。その結果, 鳥類は樹林型, 水辺型, 中間型の3つのグループに分けられ, 樹林型と水辺型の鳥類の種類は, その生息地の面積比の増加とともに増えることがわかった。中間型の鳥類は, いくつかの空間要素にまたがって生息していることが示唆された。また, 鳥類の分布からみた狭山市の空間区分を行い, 鳥類保全の視点からの生態環境管理計画の可能性について検討した。
伊藤 泰志, 武内 和彦, 井手 任, 加藤 和弘, 恒川 篤史, 斉藤 馨
造園雑誌   56(5) 319-324   1992年
本研究では, 機能論の立場から, 逗子市において自然環境から見た緑地の価値が, 土砂崩壊防止や土壌侵食防止を表す土地機能と, 植生自然度, 生物生息の多様性を表す生態系維持機能, さらに市街地周辺緑地の見え易さが景観上重要とする景観保全機能で評価されるとし, 緑地の持つ環境保全機能をこの3機能による階層的分類体系で規定した。そして, これらの各機能を環境情報システムを用いて計量化するとともに, 総合評価を行った。<BR>この結果は, 地域の開発と保全のバランスを図った緑地環境保全目標設定の...
加藤 和弘, 石川 幹子, 篠沢 健太
造園雑誌   56(5) 355-360   1992年
茨城県内の小貝川中流部において, 河辺植物群落の帯状分布と横断面方向の微地形変化との関係を調査し, その背後にある環境要因について検討した。堤外地の凹地では, 地下水位が高く, オギ・ヨシが優占したが, 地表部の土壌が硬くなるとシロザ, セイタカアワダチソウが優占するようになった。堤防から川岸まで凹地を持たずに傾斜する場合や, 堤外地内の高台では, 地下水位が低く樹林地か広葉草地となっていた。後者は主に樹林地の伐採跡地にみられた。以上より, 堤外地の植生が, 土壌硬度や地下水位と対応して変...
加藤 和弘
陸水学雑誌   52(3) p145-151   1991年7月
加藤 和弘
Diatom   6(0) 11-17   1991年
Three kinds of biotic indices, viz, diversity index, Beck's index (BI) and Pantle and Buck's saprobity index (SI), were compared and the ability of each index for indicating the phases of water pollution was discussed. Field surveys were conducted...
加藤 和弘, 武内 和彦
造園雑誌   54(5) 281-286   1990年
快適な水辺の創造のための環境管理では, 水域の生物群集を正当に評価し, これを健全に維持するための配慮を加えることが重要である。本研究では, 生物指標および生物群集情報の多変量解析により, 水辺環境の管理指針を得るための方法を検討した。生物指標は指標生物および算定手法によって性質が異なるので, その組合せにより評価対象水域の環境の異なった側面を評価できる。多変量解析により, 対象水域の生物群集が影響を受けている環境条件を知ることができる。これらの結果を地図情報と対応させて, 水系を生態的に...
加藤 和弘
日本水処理生物学会誌   24(1) 119-131   1988年
加藤 和弘
Diatom   4(0) 81-88   1988年
I surveyed the diatom assmblages in the River Asa-kawa from November 1986to September 1987, and found several characteristics of biological indices based on diatom assemblages. Indices calculated from relative frequency of species show higher corr...

Misc

 
竹本 和彦, 鎌形 浩史, 大塚 直, 加藤 和弘, 村上 暁信
環境情報科学 = Environmental information science   47(1) 57-68   2018年
2000年噴火が及ぼした影響とその後の回復 - 鳥類
加藤 和弘・樋口広芳
野鳥   80(6)(2015年7月号) 14-15    2015年   [依頼有り]
三宅島のスダジイ堅果における昆虫による食害率の地域間変異
岸茂樹・加藤 和弘
Miyakensis   15,9-14    2012年
三宅島におけるスダジイ堅果の地域間変異
岸茂樹・加藤 和弘
Miyakensis   15,15-24    2012年
三宅島におけるオオバエゴノキの種子の昆虫による食害率
岸茂樹・加藤 和弘
Miyakensis   15,25-30    2012年
都市近郊で繁殖するチョウゲンボウによるスズメの捕食
今井絢子 ・黒田貴綱・葉山嘉一・加藤和弘・勝野武彦
群馬県立自然史博物館研究報告   14: 45-50    2010年
東京大学本郷キャンパスで生じる落ち葉の堆肥化
石綱史子・南定雄・榎本百利子・柳潔・加藤 和弘・堤伸浩
日本植物園協会誌   44:146-149    2010年
山浦 悠一, 加藤 和弘, 高橋 俊守
日本森林学会大会発表データベース   117(0) 557-557   2006年
伊藤 浩二, 本田 裕紀郎, 加藤 和弘
日本生態学会大会講演要旨集   52(0) 514-514   2005年
河川氾濫原における土壌シードバンクの分布パターンを規定する要因として地上部植生の分布の他にも、河川水流による浸食・堆積作用が強く作用していることが予想される。本研究では茨城県つくば市を流れる低地河川である桜川氾濫原における土壌シードバンクの分布状態を明らかにし、そのパターンの形成要因を探ることを目的とした。 サンプルは2004年4月下旬に採取した。水流影響が異なると予測される22の河川微地形区分(低水敷、高水敷をさらに平面図形上の相対的位置と見かけの土砂粒径組成で区分したもの)ごとに表層堆...
榎本 百利子, 南 定雄, 増田 雅枝, 加藤 和弘
育種学研究   6(4) 205-210   2004年12月
加藤 和弘
日本生物地理学会会報   57 3-17   2002年12月
加藤 和弘, 樋口 広芳
遺伝   56(5) 31-36   2002年9月
加藤 和弘
Diatom : the Japanese journal of diatomology   15    1999年12月
加藤 和弘
Diatom : the Japanese journal of diatomology   15    1999年12月
加藤 和弘
農村計画学会誌   15(2) 81-82   1996年9月
加藤 和弘, 小林 章, 横張 真, 下村 彰男, 斎藤 馨, 高橋 新平, 宮城 俊作
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   59(1) 5-11   1995年8月
加藤 和弘
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   58(4) 368-369   1995年3月
加藤 和弘, 井手 任
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   58(3) 302-309   1995年2月
加藤 和弘
用水と廃水   31(12) p1045-1051   1989年12月
加藤 和弘
環境科学会誌   2(4) 301-310   1989年

書籍等出版物

 
ランドスケープの構造と生物多様性.「現代生物科学 - 生物多様性の理解 -」pp.229-247.
加藤 和弘
放送大学教育振興会   2014年   
生物群集の種多様性と種組成の分析の方法.「現代生物科学 - 生物多様性の理解 -」pp.213-228.
加藤 和弘
放送大学教育振興会   2014年   
都市生態学(「生物学事典」)
加藤 和弘
岩波書店   2013年   
回廊.(「生物学事典」)
加藤 和弘
岩波書店   2013年   
樋口 広芳, 黒沢 令子, 島崎 彦人, 鈴木 透, 高須 夫悟, 西海 功, 長谷川 理, 藤田 剛, 百瀬 浩, 山浦 悠一, 山口 典之, 天野 一葉, 植田 睦之, 江田 真毅, 加藤 和弘, 金子 正美, 小池 重人 (担当:共著)
北海道大学出版会   2009年10月   ISBN:4832981919

講演・口頭発表等

 
竹田 努, 青山 真人, 加藤 和弘, 杉田 昭栄
日本家畜管理学会誌・応用動物行動学会誌   2012年   
山浦 悠一, 加藤 和弘
日本森林学会大会発表データベース   2005年   
山浦 悠一, 加藤 和弘, 藤田 剛, 樋口 広芳
日本林学会大会発表データベース   2004年   
1.はじめに里山林管理は,雑木林で落ち葉かきや伐採を行なって林分構造を変化させ,林種転換などによってランドスケープ構造を変化させるプロセスととらえることができる。そこで,里山林において,林分構造とランドスケープ構造が鳥類の生息に及ぼす影響を調べた。2.調査及び解析方法栃木県東部の市貝町において,2001年の1月後半から2月に,雑木林25林分,針葉樹(スギ・ヒノキ)植林18林分で鳥類調査を行なった。調査はライントランセクト法を用いて行ない,ラインの両側20m以内に出現した鳥類を記録した。すべ...
南 定雄, 李 広弘, 加藤 和弘, 秋田 重誠
日本作物學會紀事   1997年10月18日   
蓮の開花時の花托の温度は野外で測定したところ開花後1-2日目までは花茎及び外気の温度より約10℃高かった。また, 40℃のグロースキャビネットに入れた場合も花托の温度はかわらなかった。
赤林 英夫, 加藤 和弘, 松田 神一, 湯下 道雄
年次大会講演要旨集   1986年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
都市の大規模樹林地は核となる生息場所となり得るのか
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究(C))
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 加藤 和弘
異なる時代や地域の標本とシミュレーションを複合させた国際河川環境教育
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究(C))
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 真山茂樹
都市緑地内のバードサンクチュアリは鳥類の生息場所として寄与するか
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 加藤 和弘
異なる時代や地域の資料とシミュレーションを複合させた国際河川環境教育
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 真山茂樹

社会貢献活動

 
非常勤講師(生態学・生態工学)
【】  東京大学工学部  2014年 - 現在
Editor
【】  International Consortium of Landscape and Ecological Engineering  2015年 - 現在
Associate Editor in Chief
【】  International Consortium of Landscape and Ecological Engineering  2011年 - 2015年