吉川厚

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 05:19
 
アバター
研究者氏名
吉川厚
URL
http://www.trn.dis.titech.ac.jp/~yoshi_lab/
所属
東京工業大学
部署
情報理工学院 情報工学系 知能情報コース
職名
特定教授
学位
工学博士(慶應義塾大学)

Misc

 
山本 秀男, 吉川 厚
国際プロジェクト・プログラムマネジメント学会誌   2(2) 39-48   2008年3月
企業価値を高めるプロジェクトを成功させるためには、プロジェクトに関わるメンバーの間の知識流通と知識共有が必要である。各メンバーは抽象化された知識を共有するだけでなく、プロジェクト遂行の価値観を共有し、それぞれの立場に応じた役割を果たさなければならない。通常、不確定な状況の中でプロジェクトメンバーとして活躍し高度な判断を下すためには、相当数の実務経験や複雑な環境での判断訓練が必要とされてきた。本論文では、ナラティブアプローチとマンガ技法を組み合わせた教材が、実践的な知識の流通と共有の手段とし...

書籍等出版物

 
MANGA-Case Training for Global Service Science
Springer   2016年   
Identifying the Images of Desirable Middle Managers: Persona Design Method for evaluating Business Competencies
Yasuhiro Sasaki, Masaaki Kunigami, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano (担当:共著)
Springer   2014年   
Agent-Based Approaches in Economic and Social Complex Systems VII
Satoshi Takahashi, Tomomi Kobayashi, Masaaki Kunigami, Takashi Yamada, Gaku Yamamoto, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano (担当:分担執筆, 範囲:Agent-based simulation of diversity and organizational performance)
Springer   2013年   
A Unified Agent-Based Model to Analyze Organizational Deviation and Kaizen Activities
Tomomi Kobayashi, Satoshi Takahashi, Masayuki Kunigami, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano (担当:共著)
Springer Verlag   2012年   

講演・口頭発表等

 
PBLを支援するICTの整理
高橋聡、吉川厚
第43回教育システム情報学会全国大会   2018年9月4日   
中学校統計教育におけるICTを活用したPBLの実践
西仲則博、吉川厚
第43回教育システム情報学会全国大会   2018年9月4日   
教材提示比較実験による学習者の理解に影響を与える要因の検討
岡崎泰久、吉川厚
第43回教育システム情報学会全国大会   2018年9月4日   
協調的な統計的問題解決型シナリオ狭隘を用いた教員研修での評価
西仲則博、吉川厚
日本科学教育学会年会論文集42   2018年8月19日   
科学教育の内容・活動に固有な否認知的スキルの評価法の開発-「証明すること」に関する調査結果の考察-
中川裕之、吉川厚、清水静海
日本科学教育学会年会論文集42   2018年8月19日   

論文

 
吉川厚, 高橋聡
教育システム情報学会誌   35(1) 5‐12(J‐STAGE)-12   2018年1月   [招待有り]
<p>This paper reviews the usage of agent technology for educational use from two perspectives. The first one is the design of educational policies and the second one is the implementation of educational systems. These two have been treated as diff...
Real Time Workers' Behavior Analyzing System for Productivity Measurement using Wearable Sensor
北澤正樹、高橋聡、高橋B.徹、吉川厚、寺野隆雄
SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration   10(6) 536-543   2017年12月   [査読有り]
Cognitive Investigation of Dynamic Educational Presentation toward Better Utilization of Presentation Characteristics
Okazaki Yasuhisa, Yoshikawa Atsushi
25TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTERS IN EDUCATION (ICCE 2017)   355-360   2017年12月   [査読有り]
高橋B.徹, 内田瑛, 甲斐康真, 高橋聡, 吉川厚, 宮部博史
教育システム情報学会誌   34(2) 172‐177(J‐STAGE)-177   2017年
矢野雄大, 山田隆志, 吉川厚, 寺野隆雄
教育システム情報学会誌   34(4) 302‐313(J‐STAGE)-313   2017年
<p>This paper makes comparisons between two educational policies, teacher allocation and teacher retraining, to see which works better to improve academic skills of students. For this purpose, an agent-based simulation model with student agents an...

競争的資金等の研究課題

 
教科教育学の学力論における,教科の内容・活動に固有な非認知的スキルの評価法の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 清水 静海
課題解決型説明カリキュラムと評価法のユニバーサルデザイン化
文部科学省: 科学研究補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 岩永 恭雄
統計教育における知識活用型授業の効果測定と評価方法の開発
文部科学省: 科学研究補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 西仲 則博
教材構造と学習者の理解特性に適した動的教材提示法の実証研究
文部科学省: 科学研究補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 岡崎 泰久
教材提示の認知分析に基づく新しい教育用プレゼンテーションの開発研究
文部科学省: 科学研究補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 岡崎 泰久

委員歴

 
2018年11月
 - 
現在
IPA  情報処理安全確保支援士カリキュラム検討委員会
 
2018年5月
 - 
現在
IPA  産業サイバーセキュリティセンター事業有識者委員会
 
2017年1月
 - 
現在
IPA  情報処理安全確保支援士講師認定委員会
 
2014年8月
 - 
2018年9月
ISO  PC288 国内審議委員会 委員長
 
2016年12月
 - 
2018年3月
IPA  産業系サイバーセキュリティ推進センター有識者委員会