礪波 亜希

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/07 03:03
 
アバター
研究者氏名
礪波 亜希
 
トナミ アキ
URL
https://www.akitonami.com/
所属
筑波大学
部署
ビジネスサイエンス系
職名
准教授
学位
博士(地球環境学)(京都大学), 修士(経済学)(京都大学), 理学士(商学)(サンタクララ大学)
Twitter ID
@atonton28
ORCID ID
0000-0001-8394-5226

経歴

 
2018年9月
   
 
早稲田大学 国際教養学部 非常勤講師(グローバル環境政治・政策)
 
2016年10月
   
 
筑波大学 ビジネスサイエンス系 准教授
 
2016年8月
 - 
2016年9月
コペンハーゲン大学 社会科学部政治学科 北欧アジア研究所 准教授
 
2011年8月
 - 
2016年7月
コペンハーゲン大学 北欧アジア研究所 研究員
 
2008年1月
 - 
2010年1月
在オランダ日本国大使館 政務班 専門調査員
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2007年3月
京都大学  大学院地球環境学舎
 
2002年4月
 - 
2004年3月
京都大学  大学院経済学研究科
 

委員歴

 
2019年7月
   
 
北極環境研究コンソーシアム(JCAR)  第5期運営委員会委員
 

論文

 
海外直接投資は脅威になり得るのか—欧州の対内投資規制制度を例に—
礪波,亜希
防衛学研究   (60) 21-41   2019年3月   [査読有り]
Tonami, Aki
Third World Quarterly   39(6) 1211-1225   2018年1月   [査読有り]
Japan remains a developmental state where the state guides and oversees economic development, and the strong bureaucracy and businesses in turn complement each other in leading and shaping policies to achieve developmental goals. Japan retains the...
Tonami,Aki
Polar Record   53(5) 489-497   2017年9月   [査読有り]
How does a state that is not a ‘natural’ Arctic or Antarctic state perceive the polar regions, interpret their roles in its foreign policy and translate this into actual polar policy? This paper seeks to answer these questions by comparing the Arc...
Future-Proofing Japan’s Interests in the Arctic: Scientific Collaboration and a Search for Balance
礪波, 亜希
Asia Policy   18 52-58   2014年7月
The Arctic policy of China and Japan: multi-layered economic and strategic motivations
礪波 亜希
The Polar Journal   4(1) 105-126   2014年7月
Trajectories of Japanese and South Korean Environmental Aid: A Comparative Historical Analysis
礪波 亜希, アンダース・リエル・ミュラー
The Journal of Environment & Development   23(2) 191-219   2014年1月
Japanese and South Korean Environmental Aid: What are their life stories?
礪波, 亜希; アナス・リエル・ミュラー
DIIS Working Paper   2013(8)    2013年4月
Japan og Singapore i Arktis: Overvejelser for Grønland
スチュワート・ワッターズ;礪波,亜希
Tidsskriftet Grønland   2013(1) 2-17   2013年1月
Singapore: An Emerging Arctic Actor
スチュワート・ワッターズ;礪波,亜希
Arctic Yearbook 2012   105-114   2012年11月
Japan's Arctic Policy: The Sum of Many Parts
礪波,亜希;スチュワート・ワッターズ
Arctic Yearbook 2012   93-103   2012年11月

書籍等出版物

 
Developmental states beyond East Asia
Tonami, Aki (担当:分担執筆, 範囲:Exporting the developmental state: Japan's economic diplomacy in the Arctic)
Routledge   2019年5月   
Emerging Legal Orders in the Arctic: The Role of Non-Arctic States
Tonami,Aki (担当:分担執筆, 範囲:The rise of Asia and Arctic legal order-making: political-economic settings)
Routledge   2019年4月   
Asian Foreign Policy in a Changing Arctic: The Diplomacy of Economy and Science at New Frontiers
礪波 亜希
パルグレイブ・マクミラン   2016年9月   ISBN:9781137537454
サステイナビリティの経済学―人間の福祉と自然環境
パーサ,ダスグプタ;礪波,亜希
岩波書店   2007年12月   ISBN:4000230204
環境ガバナンス論
松下,和夫;礪波,亜希
京都大学学術出版会   2007年10月   ISBN:4876987270

講演・口頭発表等

 
欧州の対内投資規制の動向
礪波,亜希
日本安全保障貿易学会 第26回研究大会   2018年10月20日   
The Choice is Yours: China’s investment in critical infrastructure in democracies
Tonami,Aki
2018年度 日本政治学会研究大会   2018年10月13日   
Japan's Arctic Policy [招待有り]
Tonami,Aki
Workshop on “Prospect of Arctic Issues in the Near Future” 2018   2018年5月6日   Canadian Trade Office in Taipei
The Nexus of Investment and Security: Chinese Investments in Hokkaido, Japan as an Example
Tonami,Aki
International Studies Association Annual Convention 2018: Power of Rules and Rules of Power   2018年4月4日   International Studies Association
The New Political Economic Order in the Making? The Arctic and the Asian States/actors [招待有り]
Tonami,Aki
Kobe University Polar Cooperation Research Centre 3rd International Symposium: The Role of Non-Arctic States/Actors in the Arctic Legal Order-Making   2017年12月7日   Kobe University Polar Cooperation Research Centre

競争的資金等の研究課題

 
北極圏を巡る米中ロの相克と日本への影響:安全保障環境の変遷を中心に
北極域研究共同推進拠点: 2019年度 研究者コミュニティ支援事業
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月    代表者: 竹内俊隆
本研究の目的は、最近の動向をふまえつつ、冷戦末期に締結された軍縮条約とその帰結としての北極協調の歴史と争点を検討し、その脆弱性の程度を米国とロシアだけでなく、経済力と同時に軍事力の強大化が見られる中国、日米同盟を外交・防衛政策の基盤とし、その拡大抑止(特に、核の傘)に依拠する日本、北極域最大規模の米軍基地が置かれる接受国デンマーク領グリーンランドの事例を相関させながら明らかにすることにある。こうした情勢を背景に、本研究は、国際政治学、特に安全保障の観点から、北極域における米中ロの現状を整理...
北極国際法秩序の構想:科学・環境・海洋・組織
文部科学省: 科研費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 柴田 明穂
本研究は、北極域に適用される国際規範・組織形成の急展開を「北極国際法秩序の構想」として体系的に提示することを試み、我が国北極国際法研究を飛躍的に進展させることを目的とする。そのため、本研究は北極評議会(AC)の動向を反映して2段階に分けて展開する。第1段階は、2015-17年AC議長国・米国が力を入れる①北極科学協力条約作成と②北極地域海化構想を重点的に考察する。また、ACの枠外で展開する中央北極海(CAO)での漁業管理条約の交渉過程もフォローする。後半第2段階では、③AC組織化の動向とオ...
多文化共生デモクラシーの社会基盤設計—制度・構造・規範の国際比較共同研究
日本学術振興会: 課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業(グローバル展開プログラム)
研究期間: 2017年2月 - 2019年9月    代表者: 大賀哲
経済外交の新領域:北極域等における日中対外インフラ投資および非国家アクターの役割
文部科学省: 科研費 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 礪波亜希