日沖 敦子

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/25 10:42
 
アバター
研究者氏名
日沖 敦子
 
ヒオキ アツコ
所属
文教大学
部署
文学部日本語日本文学科
職名
専任講師
学位
博士(人間文化)(名古屋市立大学)
科研費研究者番号
30448708

研究分野

 
 

経歴

 
2006年4月
 - 
2007年3月
一宮女子短期大学幼児教育・生活文化学科 兼任講師
 
2007年4月
 - 
2010年3月
日本学術振興会特別研究員PD
 
2010年4月
 - 
2012年3月
名古屋市立大学大学院人間文化研究科 研究員
 
2009年9月
 - 
2012年8月
金城学院大学文学部日本語日本文化学科 非常勤講師
 
2009年9月
 - 
2013年3月
愛知県立大学日本文化学部 非常勤講師(時間非常勤)
 
2009年4月
 - 
2014年3月
名古屋市立大学人文社会学部 非常勤講師(2009・2011・2013年度、時間非常勤)
 
2010年9月
 - 
2014年8月
愛知学院大学文学部日本文化学科 非常勤講師
 
2011年4月
 - 
2015年4月
放送大学愛知学習センター 非常勤講師
 
2012年4月
 - 
2015年3月
神戸学院大学人文学部人文学科 専任講師(任期制)
 
2015年4月
 - 
現在
文教大学 文学部日本語日本文学科 専任講師
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2006年3月
名古屋市立大学大学院人間文化研究科博士課程  
 

委員歴

 
2015年7月
 - 
現在
説話文学会  委員
 
2014年10月
 - 
現在
仏教文学会  監事
 

論文

 
幽霊からもらった杓子と駒の角―逆立ち幽霊譚の変奏―
日沖 敦子
『説話・伝承学』説話・伝承学会   26 p169-192   2018年3月   [査読有り]
文教大学文学部日本語日本文学科所蔵『花咲爺絵巻』について
日沖 敦子
『文教大学国文』   46 p57-88   2017年3月   [査読有り]
奈良県生駒市法薬寺蔵『矢田地蔵縁起並地獄絵』について
日沖 敦子
『文教大学国文』   45 p19-44   2016年3月   [査読有り]
袋中と民衆の信心―西寿寺蔵「当麻寺供養図」軸木内蔵品を端緒として
日沖 敦子
『アジア遊学 中世寺社の空間・技芸・テクスト』勉誠出版   174 p67-83   2014年6月
洛中における袋中の活動と民衆—異相智光曼荼羅を中心に—
日沖 敦子
『仏教文学』仏教文学会   38 p30-41   2013年10月   [査読有り]

Misc

 
(翻刻)(史料紹介)すみだ郷土文化資料館蔵『江戸名所記絵巻』(江戸寺院縁起絵巻)について
日沖 敦子
『すみだ郷土文化資料館研究紀要』   3 p30-41   2017年3月
巻頭①~⑩頁に、翻刻および絵巻の全編カラ―紹介あり。
(翻刻・紹介)堀家蔵『玉ものまへ』絵巻について
日沖 敦子・中嶋 美恵
『人文学部紀要』神戸学院大学人文学部   35 p247-284   2015年3月
(書評)山本陽子『絵巻の図像学―「絵そらごと」の表現と発想―』
日沖 敦子
『説話文学研究』説話文学会   49 p148-151   2014年10月
(翻刻・注釈)阿部泰郎監修・末松美咲編『『ちごいま』全注釈』
日沖 敦子
『名古屋大学比較人文学研究年報(別冊)』 p10、37-38、51-52、71、78-79、108-111、168-171頁〔第5段〕、14、39、55、83、117-118、178-179頁〔第9段〕、22-23、41、57-58、69、72-73、86-88、123-124、150-152、188-192頁〔第14段〕、28-29、45、62-63、95-96、132-135、208-210頁〔第20段〕担当      2012年3月
(講演録)毛髪で縫った曼荼羅―漂泊僧 空念の物語
日沖 敦子
『國文学論輯』國士舘大学国文学会   33 p1-43   2012年3月

書籍等出版物

 
日沖敦子
勉誠出版   2012年2月   ISBN:4585270094
当麻曼荼羅と中将姫に関する論文11本とボストン美術館所蔵『中将姫』(絵巻2巻)、檀王法林寺蔵『当麻踟供養図記』(折本2冊)の翻刻から成る専門書。本書に収載した論文に関わる絵巻・掛幅絵等のカラー図版を巻頭に付す。
日沖敦子
新典社   2010年3月   ISBN:4787967819
江戸時代前期に全国各地を行脚し、民衆の毛髪を集め、その毛髪で曼荼羅や涅槃図などの仏画を縫いあげ、寺社に奉納する活動を展開していた僧空念の足跡と活動の実態について検討した一般書。

講演・口頭発表等

 
ディスカッション(シンポジウム「紀州地域の道と景観・儀礼・芸能」)
日沖 敦子
和歌山大学   2015年8月27日   
廻国の僧と民衆―布教と信心のかたち(シンポジウム「寺社参詣の展開と変容―中世から近世へ」パネリスト)
日沖 敦子
仏教文学会(専修大学)   2012年12月8日   
『鞆浦観音堂縁起絵巻』の成立とその背景(シンポジウム「瀬戸内海の寺社縁起」パネリスト)
日沖 敦子
古代地域史フェスタⅡ(就実大学)   2012年11月10日   
毛髪で縫った曼荼羅 空念の旅(講演)
日沖 敦子
國士舘大学国文学会(國士舘大学)   2011年11月10日   
絵と画中詞―『ちごいま』絵巻の画中詞から(*共同研究報告『ちごいま』の総合的研究の内)
日沖敦子(共同研究メンバー:末松美咲・鹿谷祐子・江口啓子・出口游基・服部友香)
絵入り本研究集会(名古屋大学)   2011年9月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年4月 - 2018年3月    代表者: 日沖 敦子
紀州地域に存する古典籍およびその関連資料・文化資源の基礎的研究
国文学研究資料館: 歴史的典籍NW事業(公募型共同研究)研究分担者
研究期間: 2014年10月 - 2017年9月    代表者: 大橋直義
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 日沖 敦子
『当麻曼荼羅と中将姫』勉誠出版(出版助成)
日本学術振興会: 科学研究費補助金 研究成果公開促進費「学術図書」
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 日沖 敦子
文学作品に見る立山と精神世界―文学作品にみる立山と精神世界の俯瞰を目的とした通史的研究―
富山県立山博物館: 委託調査研究費
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 日沖 敦子

社会活動

 
2018年11月
子ども大学こしがや・まつぶし
【講座名】江戸時代の子どもたち—昔ばなしとあそび—
【対象】小学校高学年
【概要】江戸時代の子どもたちはどんな遊びを楽しんでいたのでしょうか? 実際に手作りしながら、 江戸時代の遊びを楽しんでみましょう。
【場所】文教大学越谷キャンパス
【日時】2018年11月24日
2018年10月
越谷市シルバーカレッジ
【テーマ】お伽草子の世界
【概要】①お伽草子って何だろう? ②お伽草子庶民物の世界
【場所】文教大学越谷キャンパス
【日時】2018年10月24日・31日
2018年6月
台東区文化財講座
【演題】念佛院の「髪繍六字名号」―江戸時代の中将姫信仰―
【概要】平成29年度に台東区文化財に指定された念仏院の秘仏「髪繍六字名号」の成り立ちと背景にある信仰を読み解く。
【場所】清川区民館・念佛院(台東区清川1丁目2番5号)
【日時】2018年6月30日
2017年11月
さいたま文学館
古典の日記念講演会
【演題】古典作品に見る食と暮らし
【日時】2017年11月11日
2015年9月
2015年度 文教大学市民フォーラム
【テーマ】文学作品をリアルに読み解く手がかり―作者が触れた 暮らし・自然・歴史
【タイトル】日本古典文学からみた食と暮らし
【日時】2015年9月19日