Atsunori Tsuchiya

J-GLOBAL         Last updated: Aug 19, 2019 at 12:14
 
Avatar
Name
Atsunori Tsuchiya

Published Papers

 
Nakajima N, Hashimoto S, Sato H, Takahashi K, Nagoya T, Kamimura K, Tsuchiya A, Yokoyama J, Sato Y, Wakatsuki H, Miyata M, Akashi Y, Tanaka R, Matsuda K, Tabata Y, Terai S
Regenerative therapy   11 41-46   Dec 2019   [Refereed]
Tominaga K, Tsuchiya A, Sato H, Kimura A, Oda C, Hosaka K, Kawata Y, Kimura N, Hayashi K, Yokoyama J, Terai S
Clinical journal of gastroenterology   12(3) 243-246   Jun 2019   [Refereed]
Tominaga K, Tsuchiya A, Sato H, Terai S
Gastrointestinal endoscopy      Jun 2019   [Refereed]
Yoshida T, Takamura M, Goto R, Takeuchi S, Tsuchiya A, Kamimura K, Tasaki M, Nakagawa Y, Saito K, Tomita Y, Terai S
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology      May 2019   [Refereed]
Yokoo T, Kanefuji T, Suda T, Nagayama I, Hoshi T, Abe S, Morita S, Kamimura H, Kamimura K, Tsuchiya A, Takamura M, Yagi K, Terai S
World journal of gastroenterology   25(20) 2503-2513   May 2019   [Refereed]
Tominaga K, Tsuchiya A, Mizuno KI, Terai S
Gastrointestinal endoscopy      Apr 2019   [Refereed]
Tsuchiya A, Lu WY
World journal of gastroenterology   25(9) 1037-1049   Mar 2019   [Refereed]
Nakamura T, Tsuchiya A, Kobayashi M, Naito M, Terai S
Clinical case reports   7(3) 570-572   Mar 2019   [Refereed]
Tsuchiya A, Ogawa M, Watanabe T, Takeuchi S, Kojima Y, Watanabe Y, Kimura N, Hayashi K, Yokoyama J, Terai S
Heliyon   5(3) e01325   Mar 2019   [Refereed]
Tsuchiya A, Suda T, Oda C, Kimura A, Hosaka K, Kimura N, Tominaga K, Hayashi K, Takamura M, Terai S
Case reports in gastroenterology   13(1) 118-124   Jan 2019   [Refereed]
Watanabe Y, Tsuchiya A, Seino S, Kawata Y, Kojima Y, Ikarashi S, Starkey Lewis PJ, Lu WY, Kikuta J, Kawai H, Yamagiwa S, Forbes SJ, Ishii M, Terai S
Stem cells translational medicine      Nov 2018   [Refereed]
Tominaga K, Tsuchiya A, Terai S
Gastroenterology      Sep 2018   [Refereed]
Tominaga K, Tsuchiya A, Kawata Y, Yokoyama J, Terai S
Digestive diseases (Basel, Switzerland)   1-5   Nov 2018   [Refereed]
Kohisa J, Tsuchiya A, Ikemi M, Terai S
Clinical case reports   6(9) 1898-1900   Sep 2018   [Refereed]
Tsuchiya A, Terai S
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(17) 2603   Sep 2018   [Refereed]
Tsuchiya A, Ogawa M, Watanabe Y, Kimura N, Hayashi K, Suda T, Terai S
Clinical case reports   6(8) 1643-1644   Aug 2018   [Refereed]
Nojiri S, Tsuchiya A, Terai S
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology      Aug 2018   [Refereed]
Kobayashi T, Kawai H, Nakano O, Abe S, Kamimura H, Sakamaki A, Kamimura K, Tsuchiya A, Takamura M, Yamagiwa S, Terai S
BMC cancer   18(1) 756   Jul 2018   [Refereed]
Kimura N, Tsuchiya A, Ogawa M, Watanabe Y, Hayashi K, Yokoyama J, Umezu H, Terai S
Clinical journal of gastroenterology      Jul 2018   [Refereed]
Kimura N, Tsuchiya A, Nakamura A, Ueda M, Yoshikawa S, Hoshi T, Takano A, Takagi S, Miura T, Yamada S, Yanagi M, Tani T, Hirahara H
Case reports in gastroenterology   12(2) 385-389   May 2018   [Refereed]
Setsu T, Yamagiwa S, Tominaga K, Kimura N, Honda H, Kamimura H, Tsuchiya A, Takamura M, Terai S
Journal of gastroenterology and hepatology   33(6) 1286-1294   Jun 2018   [Refereed]
Kamimura H, Setsu T, Kimura N, Yokoo T, Sakamaki A, Kamimura K, Tsuchiya A, Takamura M, Yamagiwa S, Terai S
Diseases (Basel, Switzerland)   6(2)    Jun 2018   [Refereed]
Seino S, Tsuchiya A, Watanabe Y, Kawata Y, Kojima Y, Ikarashi S, Yanai H, Nakamura K, Kumaki D, Hirano M, Funakoshi K, Aono T, Sakai T, Sakata J, Takamura M, Kawai H, Yamagiwa S, Wakai T, Terai S
Oncotarget   9(31) 21844-21860   Apr 2018   [Refereed]
Bleeding from a Small-Intestinal Ulcer Associated with Chronic Hepatitis C.
Kamimura H, Yamagiwa S, Tomohiro I, Higuchi W, Ogata N, Tsuchiya A, Kamimura K, Takamura M, Kawai H, Terai S
The American journal of case reports   19 234-237   Mar 2018   [Refereed]
Kobayashi T, Kawai H, Nakano O, Abe S, Kamimura H, Sakamaki A, Kamimura K, Tsuchiya A, Takamura M, Yamagiwa S, Terai S
Cancer management and research   10 2231-2239   2018   [Refereed]
Tominaga K, Tsuchiya A, Yokoyama J, Terai S
Gut      Mar 2018   [Refereed]
Tominaga K, Tsuchiya A, Honda Y, Abe T, Yokoyama J, Umezu H, Terai S
The American journal of gastroenterology   113(2) 173   Feb 2018   [Refereed]
Setsu T, Tsuchiya A, Yamagiwa S, Terai S
Internal medicine (Tokyo, Japan)   56(22) 3121-3122   Nov 2017   [Refereed]
A Case of Hepatorenal Syndrome and Abdominal Compartment Syndrome with High Renal Congestion.
Kamimura H, Watanabe T, Sugano T, Nakajima N, Yokoyama J, Kamimura K, Tsuchiya A, Takamura M, Kawai H, Kato T, Watanabe G, Yamagiwa S, Terai S
The American journal of case reports   18 1000-1004   Sep 2017   [Refereed]
Sakamaki A, Watanabe T, Abe S, Kamimura K, Tsuchiya A, Takamura M, Kawai H, Yamagiwa S, Terai S
Clinical journal of gastroenterology   10(3) 261-264   Jun 2017   [Refereed]
Sakamaki A, Kamimura K, Abe S, Tsuchiya A, Takamura M, Kawai H, Yamagiwa S, Terai S
World journal of gastroenterology   23(21) 3797-3804   Jun 2017   [Refereed]
Kamimura K, Suda T, Yokoo T, Kamimura H, Kanefuji T, Tsuchiya A, Takamura M, Kawai H, Waguri N, Yamagiwa S, Terai S
BMC cancer   17(1) 322   May 2017   [Refereed]
Yokoo T, Tsuchiya A, Sugitani S, Terai S
Digestive and liver disease : official journal of the Italian Society of Gastroenterology and the Italian Association for the Study of the Liver   49(4) 453-454   Apr 2017   [Refereed]
Terai S, Tsuchiya A
Journal of gastroenterology   52(2) 129-140   Feb 2017   [Refereed]
Setsu T, Tsuchiya A, Watanabe T, Nagoya T, Ikarashi S, Hayashi K, Yokoyama J, Yamagiwa S, Terai S
Case reports in gastroenterology   11(1) 142-147   Jan 2017   [Refereed]
Yamagiwa S, Ishikawa T, Waguri N, Sugitani S, Kamimura K, Tsuchiya A, Takamura M, Kawai H, Terai S
International journal of medical sciences   14(5) 403-411   2017   [Refereed]
Kamimura K, Yokoo T, Kamimura H, Sakamaki A, Abe S, Tsuchiya A, Takamura M, Kawai H, Yamagiwa S, Terai S
PloS one   12(6) e0178991   2017   [Refereed]
Tsuchiya A, Kojima Y, Ikarashi S, Seino S, Watanabe Y, Kawata Y, Terai S
Inflammation and regeneration   37 16   2017   [Refereed]
Takahashi K, Tsuchiya A, Terai S
Gastroenterology   151(6) 1077-1080   Dec 2016   [Refereed]
[Series: Diagnosis at a Glance].
Kobayashi T, Tsuchiya A, Kuraoka N, Yamamoto T, Honda Y, Yokoyama J, Kawai H, Yamagiwa S, Suda T, Terai S
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   105(11) 2263-2267   Nov 2016   [Refereed]
Seino S, Tsuchiya A, Natsui M
Gastroenterology   150(2) e11-3   Feb 2016   [Refereed]
Kuraoka N, Tsuchiya A, Suda T, Terai S
Internal medicine (Tokyo, Japan)   55(1) 89-90   2016   [Refereed]
Kobayashi T, Tsuchiya A, Suda T, Terai S
Internal medicine (Tokyo, Japan)   55(7) 843-845   2016   [Refereed]
Nakano O, Tsuchiya A, Yamagiwa S, Terai S
Internal medicine (Tokyo, Japan)   55(24) 3679-3680   2016   [Refereed]
Lu WY, Bird TG, Boulter L, Tsuchiya A, Cole AM, Hay T, Guest RV, Wojtacha D, Man TY, Mackinnon A, Ridgway RA, Kendall T, Williams MJ, Jamieson T, Raven A, Hay DC, Iredale JP, Clarke AR, Sansom OJ, Forbes SJ
Nature cell biology   17(8) 971-983   Aug 2015   [Refereed]
Kanefuji T, Takano T, Suda T, Akazawa K, Yokoo T, Kamimura H, Kamimura K, Tsuchiya A, Takamura M, Kawai H, Yamagiwa S, Aoyama H, Nomoto M, Terai S
World journal of gastroenterology   21(15) 4583-4591   Apr 2015   [Refereed]
Seino S, Tsuchiya A, Watanabe M
Gastroenterology   147(6) 1226-1227   Dec 2014   [Refereed]
Tsuchiya A, Lu WY, Weinhold B, Boulter L, Stutchfield BM, Williams MJ, Guest RV, Minnis-Lyons SE, MacKinnon AC, Schwarzer D, Ichida T, Nomoto M, Aoyagi Y, Gerardy-Schahn R, Forbes SJ
Hepatology (Baltimore, Md.)   60(5) 1727-1740   Nov 2014   [Refereed]
Takamura M, Kanefuji T, Suda T, Yokoo T, Kamimura H, Tsuchiya A, Kamimura K, Tamura Y, Igarashi M, Kawai H, Yamagiwa S, Nomoto M, Aoyagi Y
Hepatology international   8(2) 240-249   Apr 2014   [Refereed]
Yamagiwa S, Sato Y, Ichida T, Setsu T, Tominaga K, Kamimura H, Tsuchiya A, Takamura M, Matsuda Y, Aoyagi Y
Biomedical research (Tokyo, Japan)   35(3) 177-184   2014   [Refereed]
Takamura M, Watanabe J, Sakamaki A, Honda Y, Kamimura K, Tsuchiya A, Yamagiwa S, Suda T, Matsuda Y, Aoyagi Y
Internal medicine (Tokyo, Japan)   53(16) 1763-1768   2014   [Refereed]
Osaki A, Suda T, Kamimura K, Tsuchiya A, Tamura Y, Takamura M, Igarashi M, Kawai H, Yamagiwa S, Aoyagi Y
Cancer medicine   2(1) 86-98   Feb 2013   [Refereed]
Tsuchiya A, Imai M, Kamimura H, Takamura M, Yamagiwa S, Sugiyama T, Nomoto M, Heike T, Nagasawa T, Nakahata T, Aoyagi Y
Digestive diseases and sciences   57(11) 2892-2900   Nov 2012   [Refereed]
Kamimura H, Yamagiwa S, Tsuchiya A, Takamura M, Matsuda Y, Ohkoshi S, Inoue M, Wakai T, Shirai Y, Nomoto M, Aoyagi Y
Journal of hepatology   56(2) 381-388   Feb 2012   [Refereed]
Tsuchiya A, Kamimura H, Tamura Y, Takamura M, Yamagiwa S, Suda T, Nomoto M, Aoyagi Y
Cancer letters   309(1) 95-103   Oct 2011   [Refereed]
Tsuchiya A, Kanefuji T, Suda T, Aoyagi T, Osaki A, Togashi T, Kawauchi Y, Fushiki M, Watanabe G, Hirota M, Nomoto M, Ajioka Y, Aoyagi Y
Clinical journal of gastroenterology   4(2) 89-94   Apr 2011   [Refereed]
Kawai H, Nomoto M, Suda T, Kamimura K, Tsuchiya A, Tamura Y, Yano M, Takamura M, Igarashi M, Wakai T, Yamagiwa S, Matsuda Y, Ohkoshi S, Kurosaki I, Shirai Y, Okada M, Aoyagi Y
World journal of hepatology   3(1) 15-23   Jan 2011   [Refereed]
Osaki A, Kubota T, Suda T, Igarashi M, Nagasaki K, Tsuchiya A, Yano M, Tamura Y, Takamura M, Kawai H, Yamagiwa S, Kikuchi T, Nomoto M, Aoyagi Y
World journal of gastroenterology   16(23) 2918-2925   Jun 2010   [Refereed]
Takamura M, Yamagiwa S, Wakai T, Tamura Y, Kamimura H, Kato T, Tsuchiya A, Matsuda Y, Shirai Y, Ichida T, Ajioka Y, Aoyagi Y
International journal of oncology   36(1) 245-254   Jan 2010   [Refereed]
Tsuchiya A, Kamimura H, Takamura M, Yamagiwa S, Matsuda Y, Sato Y, Nomoto M, Ichida T, Aoyagi Y
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   39(11) 1080-1090   Nov 2009   [Refereed]
Tsuchiya A, Kubota T, Takizawa K, Yamada K, Wakai T, Matsuda Y, Honma T, Watanabe M, Shirai Y, Maruyama H, Nomoto M, Aoyagi Y
Case reports in gastroenterology   3(1) 105-110   Apr 2009   [Refereed]
Tsuchiya A, Imai M, Kamimura H, Togashi T, Watanabe K, Seki K, Ishikawa T, Ohta H, Yoshida T, Kamimura T
World journal of gastroenterology   15(14) 1779-1781   Apr 2009   [Refereed]
Therapeutic efficacy of continuous arterial infusion of the protease inhibitor and the antibiotics and via celiac and superior mesenteric artery for severe acute pancreatitis--pilot study.
Ishikawa T, Imai M, Kamimura H, Ushiki T, Tsuchiya A, Togashi T, Watanabe K, Seki K, Ohta H, Yoshida T, Kamimura T
Hepato-gastroenterology   56(90) 524-528   Mar 2009   [Refereed]
Tsuchiya A, Heike T, Baba S, Fujino H, Umeda K, Matsuda Y, Nomoto M, Ichida T, Aoyagi Y, Nakahata T
Biochemical and biophysical research communications   365(3) 595-601   Jan 2008   [Refereed]
Clinical efficacy of intra-arterial pharmacokinetic chemotherapy with 5-fluorouracil, CDDP, gemcitabine, and angiotensin-II in patients with advanced pancreatic cancer.
Ishikawa T, Kamimura H, Tsuchiya A, Togashi T, Watanabe K, Seki K, Ohta H, Yoshida T, Takeda K, Kamimura T
Hepato-gastroenterology   54(80) 2378-2382   Dec 2007   [Refereed]
Fujino H, Hiramatsu H, Tsuchiya A, Niwa A, Noma H, Shiota M, Umeda K, Yoshimoto M, Ito M, Heike T, Nakahata T
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   21(13) 3499-3510   Nov 2007   [Refereed]
Improved survival for hepatocellular carcinoma with portal vein tumor thrombosis treated by intra-arterial chemotherapy combining etoposide, carboplatin, epirubicin and pharmacokinetic modulating chemotherapy by 5-FU and enteric-coated tegafur/uracil: a p
Ishikawa T, Imai M, Kamimura H, Tsuchiya A, Togashi T, Watanabe K, Seki K, Ohta H, Yoshida T, Kamimura T
World journal of gastroenterology   13(41) 5465-5470   Nov 2007   [Refereed]
Ishikawa T, Kamimura H, Tsuchiya A, Watanabe K, Seki K, Ohta H, Yoshida T, Musya N, Tsubono T, Sakai Y, Takeda K, Ishihara N, Kamimura T
Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology   104(7) 1076-1081   Jul 2007   [Refereed]
Hokari M, Matsuda Y, Wakai T, Shirai Y, Sato M, Tsuchiya A, Takamura M, Yamagiwa S, Suzuki K, Ohkoshi S, Ichida T, Kawachi H, Aoyagi Y
Life sciences   81(4) 336-345   Jul 2007   [Refereed]
Angiotensin-II administration is useful for the detection of liver metastasis from pancreatic cancer during pharmacoangiographic computed tomography.
Ishikawa T, Ushiki T, Kamimura H, Togashi T, Tsuchiya A, Watanabe K, Seki K, Ohta H, Yoshida T, Takeda K, Kamimura T
World journal of gastroenterology   13(22) 3080-3083   Jun 2007   [Refereed]
Tsuchiya A, Heike T, Baba S, Fujino H, Umeda K, Matsuda Y, Nomoto M, Ichida T, Aoyagi Y, Nakahata T
Stem cells (Dayton, Ohio)   25(4) 895-902   Apr 2007   [Refereed]
Shiota M, Heike T, Haruyama M, Baba S, Tsuchiya A, Fujino H, Kobayashi H, Kato T, Umeda K, Yoshimoto M, Nakahata T
Experimental cell research   313(5) 1008-1023   Mar 2007   [Refereed]
Comparison of a new aspiration needle device and the Quick-Core biopsy needle for transjugular liver biopsy.
Ishikawa T, Kamimura H, Tsuchiya A, Togashi T, Watanabe K, Seki K, Ohta H, Yoshida T, Ishihara N, Kamimura T
World journal of gastroenterology   12(39) 6339-6342   Oct 2006   [Refereed]
Tsuchiya A, Heike T, Fujino H, Shiota M, Umeda K, Yoshimoto M, Matsuda Y, Ichida T, Aoyagi Y, Nakahata T
Gastroenterology   128(7) 2089-2104   Jun 2005   [Refereed]

Misc

 
【"適応&修復"のサイエンスと臨床応用の最前線】他家間葉系幹細胞投与臨床展開までの道のり 基礎研究展開も含めて
寺井 崇二, 土屋 淳紀
別冊Bio Clinica: 慢性炎症と疾患   8(1) 75-78   Jul 2019
肝臓は再生能力の高い臓器として知られているが、肝障害が遷延し進行した肝硬変に進展するとその再生能力は落ち、現在根本的に改善する治療は肝移植である。しかし肝移植はドナーの不足という深刻な状態に直面している。現在、肝硬変の線維化改善、再生促進を目指した新規治療が世界中で開発を目指して展開されているが、細胞治療もその一つである。本稿では我々が現在行っている他家間葉系幹細胞の臨床展開までの道のりを概説する。(著者抄録)
Acute-on-Chronic Liver Failure:我が国の診断基準の有用性と問題点 我が国の新診断基準を用いて解析した新潟大学でのACLF症例のReal World Data
土屋 淳紀, 高村 昌昭, 寺井 崇二
肝臓   60(Suppl.1) A116-A116   Apr 2019
当院における高齢発症原発性胆汁性胆管炎患者の予後予測マーカーについて
高村 昌昭, 木村 成宏, 薛 徹, 上村 博輝, 坂牧 僚, 横尾 健, 土屋 淳紀, 上村 顕也, 松田 康伸, 寺井 崇二
肝臓   60(Suppl.1) A407-A407   Apr 2019
消化器領域における幹細胞研究とその応用 間葉系幹細胞を用いた消化器疾患の再生医療の治療戦略
土屋 淳紀, 高村 昌昭, 寺井 崇二
日本消化器病学会雑誌   116(臨増総会) A86-A86   Mar 2019
肝疾患における画像診断の新展開 M2BPGiを用いた効率のよい拾い上げと専門機関でのUS、MRIを用いての肝硬度別の患者管理体制の確立に向けて
土屋 淳紀, 高村 昌昭, 寺井 崇二
日本消化器病学会雑誌   116(臨増総会) A211-A211   Mar 2019
新たなNASHモデルマウス開発及び間葉系幹細胞による治療効果の検証
渡邉 貴之, 土屋 淳紀, 寺井 崇二
日本消化器病学会雑誌   116(臨増総会) A363-A363   Mar 2019
高齢肝癌症例におけるソラフェニブの効果と有用性
横尾 健, 森田 真一, 木村 成宏, 薛 徹, 坂牧 僚, 上村 博輝, 上村 顕也, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 寺井 崇二
日本消化器病学会雑誌   116(臨増総会) A413-A413   Mar 2019
当院における肝癌に対する放射線治療の検討
柴田 理, 上村 顕也, 木村 成宏, 薛 徹, 横尾 健, 坂牧 僚, 上村 博輝, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 丸山 克也, 太田 篤, 海津 元樹, 青山 英史, 寺井 崇二
日本消化器病学会雑誌   116(臨増総会) A456-A456   Mar 2019
NAFLD診療体系構築における肝硬度測定の意義
大崎 暁彦, 渡辺 史郎, 須田 剛士, 和栗 暢生, 窪田 智之, 兼藤 努, 佐藤 俊大, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 寺井 崇二
肝臓   59(Suppl.3) A913-A913   Nov 2018
音響放射圧を用いた肝硬度測定の標準化に向けた取り組み
窪田 智之, 兼藤 努, 須田 剛士, 大崎 暁彦, 和栗 暢生, 渡辺 史郎, 佐藤 俊大, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 寺井 崇二
肝臓   59(Suppl.3) A916-A916   Nov 2018
9年間の経過観察を行った、全大腸に潰瘍性大腸炎類似のびまん性発赤粘膜を呈したCrohn病の1例
阿部 寛幸, 本間 照, 石川 達, 堀米 亮子, 阿部 聡司, 土屋 淳紀, 横山 純二, 西倉 健, 石原 紀子, 加藤 卓, 味岡 洋一, 寺井 崇二
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease   34(1) 82-82   Jun 2018
肝線維化:診断・治療の基礎と臨床 肝硬変改善を目指した細胞療法の基礎的研究と臨床への新たな展開
土屋 淳紀, 渡邉 雄介, 寺井 崇二
日本消化器病学会雑誌   115(臨増総会) A102-A102   Apr 2018
肝線維化の基礎と臨床 より効果的な肝線維化改善を目指した間葉系幹細胞を用いた基礎研究
土屋 淳紀, 小島 雄一, 寺井 崇二
肝臓   59(Suppl.1) A89-A89   Apr 2018
成因別の肝発がんリスクの臨床的評価法の確立と治療介入 M2BPGiを活用した肝細胞癌リスク患者拾い上げに引き続くMRエラストグラフィーによる詳細なリスク評価を目指した基盤研究
高村 昌昭, 土屋 淳紀, 寺井 崇二
肝臓   59(Suppl.1) A103-A103   Apr 2018
肝臓領域の基礎研究における新しい潮流と臨床応用 低酸素条件下で培養したヒト骨髄由来間葉系幹細胞による肝硬変治療の検討
小島 雄一, 寺井 崇二, 土屋 淳紀
肝臓   59(Suppl.1) A171-A171   Apr 2018
直接胆道鏡下での三脚鉗子を用いた結石除去術が有効であった胆管空腸吻合術後の肝内結石の1例
渡邉 貴之, 五十嵐 聡, 林 和直, 名古屋 拓郎, 薜 徹, 土屋 淳紀, 横山 純二, 寺井 崇二
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease   33(2) 131-131   Nov 2017
肝再生研究の進歩 骨髄由来間葉系幹細胞と誘導マクロファージの混合投与療法による肝再生機序
土屋 淳紀, 渡邉 雄介, 寺井 崇二
日本消化器病学会雑誌   114(臨増大会) A523-A523   Sep 2017
NAFLDにおけるイベント発生の前方視的検討
川合 弘一, 松田 康伸, 阿部 聡司, 坂牧 僚, 上村 顕也, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 石川 達, 山際 訓, 杉谷 想一, 渡辺 雅史, 寺井 崇二
日本消化器病学会雑誌   114(臨増大会) A769-A769   Sep 2017
肝再生研究の進歩 骨髄由来間葉系幹細胞と誘導マクロファージの混合投与療法による肝再生機序
土屋 淳紀, 渡邉 雄介, 寺井 崇二
肝臓   58(Suppl.2) A523-A523   Sep 2017
肝外転移を伴う肝細胞癌の予後予測因子の検討
竹内 卓, 高村 昌昭, 阿部 聡司, 坂牧 僚, 上村 顕也, 土屋 淳紀, 川合 弘一, 山際 訓, 寺井 崇二
肝臓   58(Suppl.2) A608-A608   Sep 2017
骨髄由来細胞による肝線維化改善機序の解析
渡邉 雄介, 土屋 淳紀, 小島 雄一, 清野 智, 川合 弘一, 山際 訓, 寺井 崇二
肝臓   58(Suppl.2) A652-A652   Sep 2017
消化器疾患における再生医療
土屋 淳紀, 小島 雄一, 清野 智, 渡邉 雄介, 川田 雄三, 五十嵐 俊三, 中島 尚, 橋本 哲, 横山 純二, 寺井 崇二
腎臓内科・泌尿器科   5(6) 587-593   Jun 2017
Serial liver biopsiesで確定診断に至った自己免疫性急性肝不全の一例
上村 博輝, 山際 訓, 中島 尚, 菅野 智之, 横尾 健, 上村 顕也, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 川合 弘一, 野本 実, 梅津 哉, 岩崎 友洋, 小方 則夫, 寺井 崇二
肝臓   58(6) 373-374   Jun 2017
骨髄由来間葉系幹細胞と誘導型マクロファージの混合投与療法による次世代型肝硬変治療開発のための基盤研究
渡邉 雄介, 土屋 淳紀, 寺井 崇二
肝臓   58(Suppl.1) A252-A252   Apr 2017
肝前駆細胞マーカー陽性肝細胞癌の臨床的特徴とAFP-L3分画を用いた拾い上げの可能性の検討
清野 智, 土屋 淳紀, 小島 雄一, 渡邉 雄介, 阿部 聡司, 坂牧 僚, 上村 顕也, 高村 昌昭, 川合 弘一, 山際 訓, 寺井 崇二
肝臓   58(Suppl.1) A268-A268   Apr 2017
肝動脈化学塞栓療法/肝動注化学療法にて治療した肝細胞癌患者におけるL3SMI6ヵ月間変化率による予後解析
小林 隆昌, 川合 弘一, 中野 応央樹, 阿部 聡司, 坂牧 僚, 上村 顕也, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 山際 訓, 寺井 崇二
肝臓   58(Suppl.1) A342-A342   Apr 2017
慢性肝疾患のそう痒症に対するナルフラフィン塩酸塩の長期的効果と安全性の検証
上村 顕也, 横尾 健, 上村 博輝, 坂牧 僚, 阿部 聡司, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 川合 弘一, 山際 訓, 寺井 崇二
肝臓   58(Suppl.1) A462-A462   Apr 2017
肝線維化治療と肝再生医療の最新知見 次世代型肝再生療法開発への基盤研究
渡邉 雄介, 土屋 淳紀, 寺井 崇二
日本消化器病学会雑誌   114(臨増総会) A182-A182   Mar 2017
高齢肝細胞癌患者における予後と治療アルゴリズム有用性について
高村 昌昭, 川合 弘一, 寺井 崇二, 阿部 聡司, 坂牧 僚, 土屋 淳紀, 上村 顕也, 山際 訓
日本消化器病学会雑誌   114(臨増総会) A389-A389   Mar 2017
肝炎治療に関する最近の進歩 新潟県のC型肝炎の実情及び助成に関して
土屋 淳紀, 寺井 崇二
新潟医学会雑誌   131(3) 139-143   Mar 2017
C型肝炎に関し新潟県は決して多い県ではではないが、肝硬変、肝癌の一番の原因であることは全国と変わりない。現在C型肝炎治療は画期的に進歩し、ウイルス検査で発見し専門医へと繋げられれば飲み薬のみで副作用少なく、12週間で95%以上の患者でウイルス消失が得られる時代になっている。手厚い医療費助成もあり現在がまさに治療すべき時と言え、またC型肝炎撲滅も夢の時代ではなくなって来た。本稿では新潟県肝疾患診療連携拠点病院である新潟大学医師学総合病院の肝疾患相談センターの取り組みおよび肝炎患者に対する医療...
患者まで届いている再生医療 間葉系幹細胞を用いた肝疾患再生医療の現状
土屋 淳紀, 小島 雄一, 清野 智, 渡邉 雄介, 寺井 崇二
再生医療   16(1) 28-38   Feb 2017
小林 隆昌, 土屋 淳紀, 倉岡 直亮, 山本 幹, 本田 穣, 横山 純二, 川合 弘一, 山際 訓, 須田 剛士, 寺井 崇二
日本内科学会雑誌   105(11) 2263-2267   Nov 2016
C型肝炎撲滅に向けた地域の取り組み 新潟県でのC型肝炎の撲滅に向けたモデル地域づくり 佐渡プロジェクトの立ち上げ
土屋 淳紀, 山際 訓, 寺井 崇二
肝臓   57(Suppl.3) A686-A686   Oct 2016
AFP-L3分画陰性化後の再上昇から肝細胞癌の再発を早期に予知し得た2例
薛 徹, 土屋 淳紀, 寺井 崇二
肝臓   57(Suppl.3) A742-A742   Oct 2016
間葉系幹細胞、マクロファージの相互作用による新しい肝硬変治療を目指して
土屋 淳紀, 渡邉 雄介, 寺井 崇二
肝臓   57(Suppl.3) A746-A746   Oct 2016
IFN関連精神症状と診断された既往があり、DAA治療中にも精神症状を呈したC型慢性肝炎の1例
坂牧 僚, 上村 顕也, 酒井 規裕, 冨永 顕太郎, 阿部 聡司, 水野 研一, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 川合 弘一, 山際 訓, 寺井 崇二
肝臓   57(Suppl.3) A772-A772   Oct 2016
進行肝細胞癌に対するアイエーコールとミリプラの併用肝動注療法の意義 多施設共同研究による第II相試験
上村 顕也, 横尾 健, 坂牧 僚, 阿部 聡司, 上村 博輝, 兼藤 努, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 川合 弘一, 山際 訓, 須田 剛士, 和栗 暢生, 石川 達, 寺井 崇二
肝臓   57(Suppl.2) A560-A560   Sep 2016
肝幹前駆細胞マーカー陽性肝細胞癌の臨床的意義とAFP-L3での陽性患者予測
土屋 淳紀, 小島 雄一, 上村 顕也, 高村 昌昭, 熊木 大輔, 平野 正明, 青野 高志, 酒井 剛, 川合 弘一, 山際 訓, 若井 俊文, 寺井 崇二
肝臓   57(Suppl.2) A589-A589   Sep 2016
新規サルコペニアマーカー骨格筋量年間変化率は肝動脈化学塞栓療法/肝動注化学療法にて治療された肝細胞癌患者の予後予測に有用である
小林 隆昌, 川合 弘一, 荒生 祥尚, 横尾 健, 上村 顕也, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 山際 訓, 寺井 崇二
肝臓   57(Suppl.2) A607-A607   Sep 2016
DPP4発現は膵臓癌予後予測に有用である
林 和直, 土屋 淳紀, 寺井 崇二
日本消化器病学会雑誌   113(臨増大会) A693-A693   Sep 2016
内臓脂肪と皮下脂肪のCT断面積によるTACE・TAIにて治療された肝細胞癌患者の予後解析
小林 隆昌, 川合 弘一, 中野 応央樹, 阿部 聡司, 坂牧 僚, 上村 顕也, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 山際 訓, 寺井 崇二
肥満研究   22(Suppl.) 203-203   Sep 2016
【浮腫-そのむくみ、放っておいて大丈夫?-】 腹水の薬物療法
小島 雄一, 土屋 淳紀, 寺井 崇二
診断と治療   104(8) 989-994   Aug 2016
Headline 1 非代償性肝硬変では腎への有効循環血液量は低下し、レニン-アンジオテンシン(RA)系の活性化による尿細管でのNa・水再吸収増加と、バゾプレシン上昇による集合管での水再吸収増加により腹水の貯留や肝性浮腫をきたす。2 治療として栄養療法、塩分と水分制限、利尿薬などが使用されてきた。難治性の場合は、腹水穿刺や腹水濾過濃縮再静注法、腹腔-静脈シャント術なども行われてきたが、コントロールが容易でない症例も多かった。3 既存の利尿薬に加え、バゾプレシンV2受容体拮抗薬であるトルバプ...
五十嵐 俊三, 土屋 淳紀, 中野 応央樹, もたい 陽介, 山本 幹, 横山 純二, 横尾 健, 上村 顕也, 高村 昌昭, 川合 弘一, 山際 訓, 寺井 崇二
肝臓   57(6) 287-294   Jun 2016
症例は関節リウマチの診断で外来加療中の76歳女性。当科受診2ヵ月前から全身倦怠感、1ヵ月前から軽度右季肋部痛を自覚していた。近医を受診し、腹部超音波検査で肝右葉に35mm大の腫瘤を指摘された。造影CTでは肝右葉から右腎に及ぶ造影効果の乏しい腫瘤に加え、両側腎、左肺に腫瘤を認めた。悪性腫瘍を疑い、肝生検目的で当科に入院した。腹部超音波検査では約2週間で肝腫瘤が16mmに縮小していたが、診断目的で経皮的肝針生検を施行した。検体内には軽度炎症細胞浸潤を伴う高度線維化領域を認めたが、腫瘍性病変は指...
ウステキヌマブ(UST)初回投与後に上行結腸憩室炎を発症した尋常性乾癬の1例
土田 裕子, 重原 庸哉, 濱 菜摘, 藤本 篤, 櫻井 晋介, 土屋 淳紀
日本皮膚科学会雑誌   126(6) 1139-1140   May 2016
ラジオ波焼灼術を施行した肝細胞癌患者に対するNomogramを用いた生命予後予測モデルの開発と術前ICG-PDR測定の臨床的意義
安住 基, 須田 剛士, 横尾 健, 上村 博輝, 土屋 淳紀, 上村 顕也, 高村 昌昭, 川合 弘一, 松田 康伸, 山際 訓, 寺井 崇二
肝臓   57(Suppl.1) A158-A158   Apr 2016
当院における自己免疫性肝炎の診断、予後について
木村 成宏, 山際 訓, 菅野 智之, 倉岡 直亮, 本田 博樹, 上村 顕也, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 寺井 崇二
肝臓   57(Suppl.1) A171-A171   Apr 2016
ソラフェニブによる手足症候群に対する"濃厚鰹だし"の予防効果
上村 顕也, 品川 陽子, 小川 光平, 阿部 寛幸, 小林 雄司, 横尾 健, 坂牧 僚, 阿部 聡司, 上村 博輝, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 川合 弘一, 山際 訓, 寺井 崇二
肝臓   57(Suppl.1) A218-A218   Apr 2016
新潟県地域保健・健康増進事業のデータから見るC型肝炎の傾向と対策
土屋 淳紀, 横尾 健, 上村 顕也, 高村 昌昭, 川合 弘一, 山際 訓, 寺井 崇二
肝臓   57(Suppl.1) A426-A426   Apr 2016
【腎機能を悪化させない日常診療】 肝疾患における腎機能のみかたと対策
上村 博輝, 山際 訓, 高村 昌昭, 横尾 健, 土屋 淳紀, 上村 顕也, 川合 弘一, 寺井 崇二
成人病と生活習慣病   46(3) 370-375   Mar 2016
肝臓は蛋白質の合成・代謝と物質の解毒・排泄などの重要な役割を担っている。また、門脈を介してすべての消化器(消化管、胆道、膵臓)と網内系臓器である脾臓と連携しているため肝臓の機能低下は多くの臓器に影響を与える。抗ウイルス療法の進歩によりC型肝炎患者の肝硬変への進展が抑えられることが予想されるが、いまだ肝硬変、肝細胞癌患者の治療対象者数は多い。そのため肝細胞癌早期発見のための造影MRI使用やプラチナ製剤による抗癌剤治療の選択に腎予備能を考慮しなければいけない機会が多い。本企画の意図に則り、肝疾...
【肝臓とアンチエイジング】 老化と肝再生
土屋 淳紀, 小島 雄一, 清野 智, 渡邉 雄介, 寺井 崇二
アンチ・エイジング医学   11(6) 815-820   Dec 2015
小型肺癌から多発肝転移をきたした2例
倉岡 直亮, 小林 隆昌, 山本 幹, 土屋 淳紀, 須田 剛士, 寺井 崇二, 長谷川 剛, 梅津 哉
新潟医学会雑誌   129(10) 619-619   Oct 2015
食事によりくり返し誘発された門脈ガス血症の1例
小林 隆昌, 倉岡 直亮, 山本 幹, 本田 穣, 土屋 淳紀, 須田 剛士, 寺井 崇二
新潟医学会雑誌   129(10) 627-627   Oct 2015
B-RTOの止血効果に対するリスク因子解析
渡邉 雄介, 盛田 景介, 林 和直, 兼藤 努, 上村 博輝, 横尾 健, 上村 顕也, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 川合 弘一, 山際 訓, 須田 剛士, 鈴木 健司, 野本 実, 寺井 崇二
新潟医学会雑誌   129(10) 628-628   Oct 2015
効率的なDrug-eluting beadsの調整法
横尾 健, 兼藤 努, 須田 剛士, 上村 博輝, 上村 顕也, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 川合 弘一, 山際 訓, 野本 実, 寺井 崇二
新潟医学会雑誌   129(10) 628-628   Oct 2015
当科における門脈圧亢進症を伴った骨髄増殖性疾患症例の予後に関する検討
清野 智, 川合 弘一, 横尾 健, 佐藤 裕樹, 本田 穣, 兼藤 努, 上村 博輝, 上村 顕也, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 山際 訓, 須田 剛士, 野本 実, 寺井 崇二, 増子 正義, 田中 研介, 柳 雅彦, 佐藤 直子, 矢野 敏雄
新潟医学会雑誌   129(10) 631-632   Oct 2015
各種肝疾患における肝細胞ロゼット形成の臨床的意義
野本 実, 上村 博輝, 土屋 淳紀, 寺井 崇二, 松田 康伸
新潟医学会雑誌   129(10) 632-633   Oct 2015
薬剤師が知っておくべき臓器別画像解析の基礎知識 肝臓分野 肝嚢胞の画像診断
横尾 健, 土屋 淳紀, 山際 訓, 寺井 崇二, 青柳 豊
医薬ジャーナル   51(9) 2049-2052   Sep 2015
肝嚢胞は、内壁を一層の上皮に覆われた漿液成分を内包する病変である。多くは無症候性であり、健診などで発見される。超音波検査では後方エコー増強を伴う無エコー域として、CT(computed tomography)では水と同等の均一な低吸収域として、MRI(magnetic resonance imaging)ではT2強調画像で著明な高信号を示す。基本的には経過観察が可能であるが、有症状であれば治療を検討する。不均一な嚢胞内容物や壁不整を認める場合は、嚢胞内出血、感染、嚢胞腺癌などを鑑別にあげる...
B型慢性肝炎における核酸アナログ投与後の発癌因子とキャリアにおける水平感染リスクの評価
上村 博輝, 山際 訓, 高村 昌昭, 横尾 健, 兼藤 努, 上村 顕也, 土屋 淳紀, 川合 弘一, 須田 剛士, 野本 実, 寺井 崇二, 小方 則夫, 大越 章吾, 渡辺 順, 高木 律男
肝臓   56(Suppl.2) A763-A763   Sep 2015
ハイドロダイナミック細胞内遺伝子送達システムの開発
上村 顕也, 阿部 寛幸, 小林 雄司, 兼藤 努, 横尾 健, 須田 剛士, 上村 博輝, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 川合 弘一, 山際 訓, 寺井 崇二
肝臓   56(Suppl.2) A776-A776   Sep 2015
先天性心疾患における器質的な肝障害に関連する因子の同定
須田 剛士, 杉本 愛, 横尾 健, 上村 博輝, 兼藤 努, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 川合 弘一, 山際 訓, 白石 修一, 渡邉 マヤ, 文 智勇, 高橋 昌, 寺井 崇二
肝臓   56(Suppl.2) A784-A784   Sep 2015
肝再生 基礎から臨床 肝幹前駆細胞nicheで産生されるstromal cell derived factor-1(SDF-1)は肝再生促進に関わる
清野 智, 土屋 淳紀, 寺井 崇二
日本消化器病学会雑誌   112(臨増大会) A640-A640   Sep 2015
当科と関連施設に於けるC型慢性肝炎に対するIFN治療後発癌の現状
薛 徹, 山際 訓, 横尾 健, 上村 博輝, 兼藤 努, 上村 顕也, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 川合 弘一, 須田 剛士, 石川 達, 阿部 聡司, 吉田 俊明, 寺井 崇二
日本消化器病学会雑誌   112(臨増大会) A860-A860   Sep 2015
当科における門脈圧亢進症を伴った骨髄増殖性疾患症例の臨床的特徴と予後に関する検討
清野 智, 川合 弘一, 横尾 健, 兼藤 努, 上村 博輝, 上村 顕也, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 山際 訓, 須田 剛士, 野本 実, 寺井 崇二
日本消化器病学会雑誌   112(臨増大会) A863-A863   Sep 2015
慢性腎臓病合併肝細胞癌の予後解析
木村 成宏, 川合 弘一, 上村 博輝, 兼藤 努, 土屋 淳紀, 上村 顕也, 高村 昌昭, 山際 訓, 須田 剛士, 野本 実, 寺井 崇二
日本消化器病学会雑誌   112(臨増大会) A870-A870   Sep 2015
肝細胞癌の予後に影響する栄養学因子
兼藤 努, 須田 剛士, 横尾 健, 上村 博輝, 上村 顕也, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 川合 弘一, 山際 訓, 寺井 崇二
日本消化器病学会雑誌   112(臨増大会) A872-A872   Sep 2015
Drug-eluting beadsの調整法の検討
横尾 健, 兼藤 努, 須田 剛士, 上村 博輝, 上村 顕也, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 川合 弘一, 山際 訓, 寺井 崇二
日本消化器病学会雑誌   112(臨増大会) A903-A903   Sep 2015
薬剤師が知っておくべき臓器別画像解析の基礎知識 肝臓分野 肝膿瘍の画像診断
上村 博輝, 山際 訓, 横尾 健, 土屋 淳紀, 上村 顕也, 高村 昌昭, 川合 弘一, 青柳 豊, 寺井 崇二
医薬ジャーナル   51(8) 1847-1852   Aug 2015
肝・胆道感染症は適切な治療が選択できない場合、敗血症へと進展しやすい緊急性の高い疾患である。肝膿瘍は「肝内に細菌、真菌、原虫などが侵入・増殖し、肝組織が融解・壊死を起こして形成された膿瘍」と定義される。総胆管結石などに対する内視鏡的治療が進歩し、胆管炎に伴う肝膿瘍の発生頻度は減少しているが、肝細胞癌に対するラジオ波治療後に肝膿瘍を併発する症例もあり、特徴的画像所見や鑑別ポイントの把握は依然として重要である。(著者抄録)
難治性胸・腹水の治療法とその適応 肝細胞癌合併難治性胸腹水症例に対する治療戦略と有効性
上村 博輝, 山際 訓, 高橋 俊作, 横尾 健, 上村 顕也, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 川合 弘一, 寺井 崇二
日本門脈圧亢進症学会雑誌   21(3) 86-86   Aug 2015
薬剤師が知っておくべき臓器別画像解析の基礎知識 肝臓分野 限局性結節性過形成の画像診断
土屋 淳紀, 兼藤 努, 小島 雄一, 清野 智, 渡邉 雄介, 寺井 崇二, 青柳 豊
医薬ジャーナル   51(5) 1241-1244   May 2015
限局性結節性過形成(focal nodular hyperplasia:FNH)は血管腫に次いで多い、基本的には非慢性障害肝に生じる、悪性に変化することのない良性結節である。典型的には中心瘢痕を持つこと、中心瘢痕から放射状に分布する中隔内に拡張する動脈(車軸様血管)を持つことが特徴とされる。近年の画像の進歩により、大きな結節での診断能は向上しているが、小結節では鑑別診断が難しいケースもある。特に臨床的には同じ多血性病変である肝細胞癌との鑑別が最も重要なポイントになる。(著者抄録)
【炎症と線維化】 肝線維化に対する骨髄由来細胞を用いた治療戦略
寺井 崇二, 高見 太郎, 土屋 淳紀, 坂井田 功
細胞   47(4) 176-179   Apr 2015
2003年より非代償性肝硬変症に対する自己骨髄細胞投与療法(Autologous Bone Marrow Cell infusion、ABMi療法)の開発を行ってきた。山口大学および多施設にて臨床研究を推進することで、安全性、有効性を明らかにしてきた。さらに現在保険収載をめざし先進医療Bとして多施設無作為臨床研究を推進している。一方で、さらに低侵襲な治療法開発をめざし、培養自己骨髄細胞由来細胞を用いた治療法の開発を進めてきた。本項では現在までの状況、今後の展開について紹介する。(著者抄録)
Virtual Touch Quantificationによる肝硬度測定における伝搬速度の測定部位ならびに測定ポイント数の検討
横尾 健, 兼藤 努, 須田 剛士, 上村 博輝, 上村 顕也, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 川合 弘一, 山際 訓, 野本 実, 寺井 崇二
肝臓   56(Suppl.1) A429-A429   Apr 2015
【肝胆膵分野の再生医療・人工臓器】 肝 細胞治療による肝再生療法の現状と今後の展開
土屋 淳紀, 小島 雄一, 清野 智, 渡邊 雄介, 高見 太郎, 坂井田 功, 寺井 崇二
肝・胆・膵   70(3) 369-374   Mar 2015
【肝胆膵分野の再生医療・人工臓器】 肝胆膵分野の再生医療・人工臓器
田中 真二, 土屋 淳紀, 相島 慎一, 小島 伸彦
肝・胆・膵   70(3) 473-484   Mar 2015
Shear Wave(SW)とVirtual Touch Tissue Quantification(VTTQ)の相関性に基づいたせん断弾性波速度(SWV)方式肝硬度測定における適正測定回数の検討
兼藤 努, 須田 剛士, 川合 弘一, 横尾 健, 上村 博輝, 上村 顕也, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 山際 訓, 野本 実
日本消化器病学会雑誌   112(臨増総会) A417-A417   Mar 2015
鰹だしの末梢血流増加作用は手足症候群の予防に寄与する
上村 顕也, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 川合 弘一, 山際 訓, 須田 剛士, 野本 実, 青柳 豊, 寺井 崇二
日本内科学会雑誌   104(Suppl.) 245-245   Feb 2015
新WHO分類に基づく混合型肝癌再分類でのAFP-L3、臨床経過の違いの考察
土屋 淳紀, 小島 雄一, 安住 基, 横尾 健, 山本 幹, 上村 博輝, 兼藤 努, 上村 顕也, 田村 康, 高村 昌昭, 五十嵐 正人, 川合 弘一, 山際 訓, 須田 剛士, 野本 実, 青柳 豊
日本消化器病学会雑誌   111(臨増大会) A930-A930   Sep 2014
肝細胞癌に対するミリプラとアイエーコール肝動注の併用効果に関する検討
上村 顕也, 須田 剛士, 上村 博輝, 兼藤 努, 土屋 淳紀, 田村 康, 高村 昌昭, 五十嵐 正人, 川合 弘一, 山際 訓, 野本 実, 青柳 豊, 和栗 暢生, 石川 達
新潟医学会雑誌   128(9) 472-472   Sep 2014
当科における肝炎・肝癌治療の現状
上村 博輝, 上村 顕也, 兼藤 努, 土屋 淳紀, 田村 康, 高村 昌昭, 五十嵐 正人, 川合 弘一, 山際 訓, 須田 剛士, 野本 実, 青柳 豊
新潟医学会雑誌   128(9) 472-473   Sep 2014
Hepatic stem/progenitor cellに発現するpolySia-NCAMの発見とその役割の紹介 エジンバラ留学研究 Stem cell研究と肝腫瘍との接点を含めて
土屋 淳紀
新潟医学会雑誌   128(9) 475-475   Sep 2014
当科で経験したCombined HCC/CCCに関して新しいWHO分類、HCC with progenitor featureも含めて
小島 雄一, 土屋 淳紀, 安住 基, 横尾 健, 山本 幹, 上村 博輝, 兼藤 努, 上村 顕也, 田村 康, 高村 昌昭, 五十嵐 正人, 川合 弘一, 山際 訓, 須田 剛士, 野本 実, 青柳 豊, 若井 俊文
新潟医学会雑誌   128(9) 475-476   Sep 2014
身近に潜むE型肝炎
横尾 健, 高橋 祥史, 上村 顕也, 五十嵐 正人, 須田 剛士, 安住 基, 山本 幹, 土屋 淳紀, 青柳 豊, 石川 晶子, 田崎 正行, 中川 由紀, 齋藤 和英, 布施 香子, 増子 正義, 山崎 和秀
新潟医学会雑誌   128(9) 478-479   Sep 2014
肝硬度測定のピットフォール
須田 剛士, 廣瀬 奏恵, 高村 昌昭, 杉本 愛, 兼藤 努, 横尾 健, 上村 博輝, 土屋 淳紀, 上村 顕也, 田村 康, 五十嵐 正人, 川合 弘一, 山際 訓, 野本 実, 高橋 昌, 青柳 豊
新潟医学会雑誌   128(9) 479-480   Sep 2014
音響放射圧を用いた肝内せん断弾性波速度測定による非アルコール性脂肪肝疾患の肝細胞癌発癌リスク評価
高村 昌昭, 須田 剛士, 兼藤 努, 横尾 健, 上村 博輝, 土屋 淳紀, 上村 顕也, 田村 康, 五十嵐 正人, 川合 弘一, 山際 訓, 野本 実, 青柳 豊
新潟医学会雑誌   128(9) 480-480   Sep 2014
当院における他科依頼肝疾患の現状
安住 基, 須田 剛士, 横尾 健, 山本 幹, 土屋 淳紀, 五十嵐 正人, 田村 康, 高村 昌昭, 川合 弘一, 山際 訓, 野本 実, 青柳 豊, 松田 康伸
新潟医学会雑誌   128(9) 484-484   Sep 2014
肝細胞癌に対するミリプラとアイエーコール肝動注の併用効果に関する検討
上村 顕也, 須田 剛士, 上村 博輝, 兼藤 努, 土屋 淳紀, 田村 康, 高村 昌昭, 五十嵐 正人, 川合 弘一, 山際 訓, 野本 実, 青柳 豊, 和栗 暢生, 石川 達
肝臓   55(Suppl.2) A612-A612   Sep 2014
慢性腎臓病合併肝細胞癌の予後解析
木村 成宏, 川合 弘一, 上村 博輝, 兼藤 努, 土屋 淳紀, 上村 顕也, 田村 康, 高村 昌昭, 五十嵐 正人, 山際 訓, 須田 剛士, 野本 実, 青柳 豊
肝臓   55(Suppl.2) A616-A616   Sep 2014
当科における非B非C型肝細胞癌の臨床的特徴
川合 弘一, 上村 顕也, 上村 博輝, 兼藤 努, 土屋 淳紀, 田村 康, 高村 昌昭, 五十嵐 正人, 山際 訓, 須田 剛士, 野本 実, 青柳 豊
肝臓   55(Suppl.2) A633-A633   Sep 2014
臨床応用を視野に入れた肝再生研究の新たな展開 PolySia(ポリシアル酸)-NCAMは肝前駆細胞nicheで細胞遊走を促進し肝の発生や再生効率に影響する
土屋 淳紀, 青柳 豊
肝臓   55(Suppl.1) A74-A74   Apr 2014
ソラフェニブの手足症候群に対する、濃厚鰹だしの有効性の検証
上村 顕也, 須田 剛士, 上村 博輝, 兼藤 努, 土屋 淳紀, 田村 康, 高村 昌昭, 五十嵐 正人, 川合 弘一, 山際 訓, 野本 実, 青柳 豊
肝臓   55(Suppl.1) A394-A394   Apr 2014
エネルギー代謝状態によるNAFLDの病態選別と治療候補分子の動態評価
須田 剛士, 横尾 健, 兼藤 努, 上村 博輝, 上村 顕也, 土屋 淳紀, 田村 康, 高村 昌昭, 五十嵐 正人, 川合 弘一, 山際 訓, 野本 実, 青柳 豊
日本消化器病学会雑誌   111(臨増総会) A333-A333   Mar 2014
肝細胞癌に対する肝動注療法における安全で効果的なシスプラチン量の設定(A safe and effective dose of cisplatin in hepatic arterial infusion chemotherapy for hepatocellular carcinoma)
須田 剛士, 大崎 暁彦, 上村 顕也, 兼藤 努, 土屋 淳紀, 田村 康, 高村 昌昭, 五十嵐 正人, 川合 弘一, 山際 訓, 青柳 豊
日本癌学会総会記事   71回 353-354   Aug 2012
当科で経験した肝硬変に深部出血を合併した3例
渡邉 順, 高村 昌昭, 松尾 祐治, 野澤 優次郎, 橋本 哲, 佐藤 祐一, 坂牧 僚, 本田 譲, 上村 顕也, 土屋 淳紀, 須田 剛士, 青柳 豊
日本消化器病学会雑誌   109(臨増総会) A326-A326   Mar 2012
【変わったぞ「消化管出血のマネジメント」】 上部消化管 腫瘍出血の対処法
小林 正明, 橋本 哲, 河内 裕介, 本田 穣, 野澤 優次郎, 山田 一樹, 土屋 淳紀, 塩路 和彦, 竹内 学, 横山 純二, 佐藤 祐一, 須田 剛士, 青柳 豊
消化器内視鏡   23(11) 1904-1909   Nov 2011
腫瘍出血は、緊急内視鏡が必要な上部消化管出血の約5%を占め、進行胃癌の頻度が高い。腫瘍出血の多くは慢性的な少量出血であるが、腫瘍表面の潰瘍形成に伴う大量出血に対しては、緊急内視鏡が必要である。検査前には腫瘍の存在が確認できていないことも多く、出血源同定と止血処置を優先しつつ、消化性潰瘍との鑑別を行う。緊急内視鏡における止血の手順や止血法の選択は、消化性潰瘍に対する場合と大きく異なるものではないが、一般に腫瘍出血では観察や治療の条件が不良であり、より簡便で確実な止血法が望まれる。近年、ESD...
肝細胞癌におけるNK細胞活性化レセプターリガンド発現低下とその臨床的意義
山際 訓, 上村 博輝, 土屋 淳紀, 高村 昌昭, 松田 康伸, 白井 良夫, 野本 実, 青柳 豊
肝臓   52(Suppl.2) A624-A624   Sep 2011
肝細胞癌に対するミリプラチン使用経験とその治療効果についての検討
田村 康, 土屋 淳紀, 上村 顕也, 矢野 雅彦, 高村 昌昭, 五十嵐 正人, 川合 弘一, 山際 訓, 須田 剛士, 大越 章吾, 野本 実, 青柳 豊
日本消化器病学会雑誌   108(臨増大会) A945-A945   Sep 2011
Gd-EOB-DTPA造影MRIの肝細胞相で低信号を示した慢性肝疾患における乏血性結節の経過 長期経過観察を含めた検討
高野 徹, 山崎 元彦, 佐藤 章子, 青山 英史, 土屋 淳紀, 上村 顕也, 矢野 雅彦, 田村 康, 高村 昌昭, 五十嵐 正人, 山際 訓, 野本 実, 青柳 豊, 加村 毅, 山本 哲史
新潟医学会雑誌   125(6) 339-339   Jun 2011
部分的脾動脈塞栓術後の血小板数予測の試み
大崎 暁彦, 須田 剛士, 石川 達, 和栗 暢生, 川合 弘一, 土屋 淳紀, 上村 顕也, 矢野 雅彦, 田村 康, 高村 昌昭, 五十嵐 正人, 山際 訓, 松田 康伸, 大越 章吾, 野本 実, 青柳 豊
新潟医学会雑誌   125(6) 339-340   Jun 2011
非アルコール性脂肪肝炎(NASH)における肝内せん断弾性波速度(SWV)の4次元的測定
須田 剛士, 上村 顕也, 土屋 淳紀, 矢野 雅彦, 田村 康, 高村 昌昭, 五十嵐 正人, 山際 訓, 野本 実, 青柳 豊, 長崎 啓祐, 菊池 透, 川合 弘一, 原田 浩一, 窪田 智之, 石川 達, 上村 朝輝
新潟医学会雑誌   125(6) 340-340   Jun 2011
Gd-EOB-DTPA造影MRIで乏血性かつ肝細胞造影相で低信号を示す病変の自然経過
須田 剛士, 高野 徹, 土屋 淳紀, 上村 顕也, 矢野 雅彦, 田村 康, 高村 昌昭, 五十嵐 正人, 川合 弘一, 山際 訓, 青柳 豊
肝臓   52(Suppl.1) A224-A224   Apr 2011
肝細胞癌におけるLiver-intestine(LI)-cadherinの発現とその臨床病理学的意義
高村 昌昭, 山際 訓, 若井 俊文, 上村 博輝, 土屋 淳紀, 松田 康伸, 白井 良夫, 青柳 豊
肝臓   52(Suppl.1) A324-A324   Apr 2011